母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

ノコア アフターボディトリートメント

産後の「妊娠線」と「お腹のたるみ」で悩んでいませんか?

妊娠から出産までの10か月間、大きなお腹を抱えて過ごして来たママ達、お疲れ様でした!

そして、出産を終え、赤ちゃんのいなくなったお腹と言えば…

「ああ~スッキリ!」では、ないですよね?

赤ちゃんの代わりに残っているのは、お腹のたるみと余分な皮…そして妊娠線(泣)!

「もう、水着どころか、温泉にも行けない!」と嘆いているママ達の声が聞こえてくるようです。

でも、大丈夫!

個人差はあるものの、きちんと対処すれば、妊娠線もお腹のたるみも少しずつよくなってきます!

時間はかかるかもしれませんが、妊娠線とお腹のたるみを改善して「キレイなお腹」を取り戻しませんか?

 

産後のたるみ肌に!無添加で安心のボディクリームはこちら!

共通

妊娠線とお腹のたるみの原因は?

妊娠線とお腹のたるみは、どうしてできてしまうのでしょうか?

★妊娠線ができる原因

1、大きくなるお腹のスピードに皮膚が追いつかない

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り立ちます。

一番表面にある「表皮」はある程度、伸びるのですが、肌の奥にある「真皮」や「皮下組織」は柔軟性がないので伸びにくいという特徴があります。

妊娠5~6か月頃から、お腹が大きくなり始めるとともに、少しずつ皮膚も伸びて行きます。

しかし、お腹が急激に大きくなったときは、皮膚の伸びるスピードが追いつかず、「真皮」や「皮下組織」が断裂してしまうのです。

このように、皮膚の内部が傷つくことが、妊娠線の原因です。

 

2、妊娠中は肌の新陳代謝が抑制される

妊娠すると「ステロイドホルモン」の分泌が増えます。

このステロイドホルモンには、肌の新陳代謝を抑える働きがあります。

肌の再生(ターンオーバー)が遅くなり、コラーゲンの生成までも抑制されてしまうのです。

そのため、肌の弾力がなくなり、断裂しやすくなります。

 

★お腹の皮がたるむ原因

1、お腹の大きさの変化に皮膚の収縮スピードが追いつかない

妊娠中の10か月の間、大きくなるお腹に合わせて、お腹の皮膚も伸びて行きます。

妊娠中のお腹の中は、赤ちゃんだけでなく、羊水や胎盤も含まれていますし、妊娠中の体はホルモンの影響で、体内に水分や脂肪を溜めこみやすくなるため、お腹周りの大きさは90センチを超えてきます。

パンパンにはち切れそうになった臨月のお腹が、出産を堺に、一気に小さくなります。(実際は、まだ妊娠6か月くらいの大きさですが。)

すると、お腹の皮膚の収縮スピードが間に合わず、皮膚が余ってしまい、たるみとなります。

産後のお腹のたるみは「脂肪+余った皮膚」によるものなのです。

 

2、腹筋の衰え

妊娠中は、なるべくお腹に負荷がかからないよう過ごしますよね?

「重たい荷物も持たない!」ような生活をしばらく続けてきたのですから、腹筋が落ちてしまうのも仕方ありません。

筋力が落ちると、皮膚のハリを保つことができず、たるみへと繋がります。

 

★妊娠線にもお腹のたるみにも共通する原因

1、皮膚の厚さ

皮膚が分厚い人よりも、皮膚が薄くて伸びやすい人の方が、妊娠線もできやすく、たるみやすいそうです。

 

2、出産の回数

出産の回数が多いほど、お腹の皮膚が伸縮を繰り返しているということになります。

経産婦の方ほど、妊娠線ができやすく、お腹はたるみやすくなります。

 

3、年齢

若ければ、新陳代謝が活発なので、妊娠線で傷ついた皮膚やたるみは、早く回復できます。

高齢になればなるほど、新陳代謝が落ちて行きますので、妊娠線の治癒や伸びた皮膚の戻りに時間がかかります。

 

4、多胎妊娠

多胎妊娠の場合は、胎児の人数分、お腹が大きくなるので、妊娠線もできやすく、産後のたるみも目立ちます。

産後の妊娠線もお腹のたるみもなくならないの?

妊娠線やたるみの原因は「出産」だけでなく「体質」や「年齢」なども影響しているがわかりますね。

では、産後の妊娠線やお腹のたるみをなくすことはできるのでしょうか?

★妊娠線は消せない!?

残念ながら、妊娠線を完全に消すことはできません!

なぜなら、妊娠線は皮膚の表面の傷ではなく、皮膚の内部の「真皮」と呼ばれる箇所の傷だからです。

皮膚の表面の傷ならば「治療」ができますが、皮膚の内部が傷ついた場合は「治療」ができません。

皮膚の新陳代謝を上げ、皮膚の自然治癒力に任せるしかないのです。

皮膚の再生(ターンオーバー)は、約28日と言われていますが、これは表面の皮膚の場合です。

妊娠線ができている「真皮」や「皮下組織」のターンオーバーは、数年(5~6年とも?)かかると言われていることから、妊娠線を完全に消すことは難しいと言われています。

★たるみは消せる!?

お腹のたるみは「努力」することで、かなり改善されます。

芸能人でも、出産したとは思えないほどのスタイルを保っている方がいらっしゃいますよね?

たるみを放置しておくと、お腹周りに脂肪が付きやすくなって、お腹の大きさが戻りにくくなってしまいます。

そうなる前に、何かしら手を打っておきましょう。

産後の妊娠線とお腹のたるみを改善するには?

妊娠線を目立たなくしたいあなたも、お腹のたるみをなくしたいあなたも、すべきことは一緒です!

ポイント①スキンケア

肌へダイレクトに働きかけるには、スキンケアは欠かせません!

あなたに必要なのは「肌の新陳代謝を良くする」ために「肌を保湿すること」です。

妊娠線も、お腹のたるみも、お肌の新陳代謝を良くし、肌細胞を活性化させることが大切です。

肌の新陳代謝が良くなれば、肌の再生(ターンオーバー)が促され、妊娠線の傷も治りやすくなり、皮膚が縮むスピードも早くなるでしょう。

肌を保湿するときに気を付けたいのは、肌の内部まで水分と栄養を届けること!

肌の表面だけを保湿しても意味がありません。

肌の内部までしっかり保湿して、肌の新陳代謝を上げるのです!

そのためには、「肌の内部まで保湿する成分」や「肌の新陳代謝を上げる成分」が含まれたスキンケア商品を使うことが効果的です。

 

ポイント②生活習慣

皮膚の新陳代謝を良くするために、肌細胞を構成している「たんぱく質」をしっかり取り、たんぱく質の代謝を促す「ビタミン類」も積極的に取るようにしましょう。

また、皮膚の再生は夜間に行われるので、成長ホルモンが分泌される「22時~2時」の間は眠っていたいものです。

産後のママは、赤ちゃんへの夜間の授乳で睡眠不足になりがちなので、昼寝をするなど、とにかく休養を心がけましょう。

血行が悪いと肌の新陳代謝へ悪影響を与えますので、冷えを予防し、血流をよくすることも大切です。

産後のお腹のたるみに関しては、腹筋を鍛えることも必要になってきます。

腹筋が付くと、肌のハリを保てますし、皮下脂肪を燃焼させる効果もあるので、お腹周りが引き締まってきます。

しかし、産後すぐに筋トレなどを行って、無理をするのはよくありません。

そんなときに簡単でお勧めなのは「腹式呼吸」です。

息を出来る限り吐いて、お腹を精一杯凹ませ、それを5秒くらいキープし、後は自然に息を吸うだけです。

簡単そうですが、出産後の腹筋が落ちているときに行うと、お腹を凹ませるだけでもキツイですよ。

「腹式呼吸」でお腹周りの筋肉を動かすだけでも、たるみに効果がありますし、立ったままでもできるので便利です。

 

産後のたるみ肌に!無添加で安心のボディクリームはこちら!

共通

「ノコア アフターボディトリートメント」の特徴は?

「ノコア アフターボディトリートメント」という商品をご存じですか?

「ノコア アフターボディトリートメント」は妊娠線や肉割れ線が出来てしまった皮膚の、アフターケアを目的としたクリームです。

妊娠線や肉割れ線だけでなく、産後のたるんだお腹の皮膚をケアできる「出産後」のための美容クリームなんです!

これまで「妊娠線を予防する」クリームやオイルはたくさん見てきましたが、「出産後に使う」クリームはなかったように思います。

妊娠線や産後のおなかのたるみを目立たなくするために「出産後こそ、ボディケアが大事!」というコンセプトで作られているので、妊娠線や産後のお腹のたるみでお悩みの方に、ぜひお勧めします。

多くの方が、妊娠中のボディケアはしっかり行っても、産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、ママ自身のケアを怠ってしまうのではないでしょうか?

何十種類もある美容クリームの中から、「肌の内部まで保湿し、新陳代謝を上げる成分が含まれた商品」を探し出すのは、はっきり言って時間的な余裕がありません!

「ノコア アフターボディトリートメント」のように「産後のボディケア専用」「妊娠線やお肌のたるみに効果的」とはっきり特徴を示してくれる商品は、産後のママにとってありがたいと思います。

 

「ノコア アフターボディトリートメント」には

 

・肌の深層部まで保湿してくれる

・肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進してくれる

・コラーゲンを生成してくれる

・肌の引き締め作用がある

 

という特徴があります。

 

妊娠線と肌のたるみ対策に必要な成分がしっかり含まれているだけでなく、美肌にも効果が期待できるのです!

「ノコア アフターボディトリートメント」で、お腹の皮膚をケアすれば、肌の新陳代謝が活発になって、妊娠線が目立たなくなり、皮膚が縮むスピードが早まることに繋がります。

「ノコア アフターボディトリートメント」の優れた保湿力の効果で、すべすべなお腹が手に入れば、ビキニだって夢じゃありませんよ!

「ノコア アフターボディトリートメント」をお勧めする理由は?

私が「ノコア アフターボディトリートメント」をお勧めする理由は「保湿成分の浸透力の高さ」「肌の新陳代謝を高める成分」「最新の美容原料により美肌が期待できる」うえ「界面活性剤などの添加物が使用されていない」からです。

 

★ママにも赤ちゃんにも安心・安全

「ノコア アフターボディトリートメント」には

・界面活性剤
・パラベン
・アルコール
・鉱物油
・合成香料
・合成着色料
・動物性原料
・紫外線吸収剤
・サルフェート ※硫酸塩のこと。皮膚に炎症を起こす可能性があります。

は一切使用されていません!

ボディだけでなく、フェイス用の美容クリームとしても使えるくらい、肌にやさしいのです。

ボディも顔も「コレ1本」で保湿できれば、時短にもなって便利ですよね?

さらに嬉しいのは、赤ちゃんに使っても問題がない、ということ!

万が一、クリームが赤ちゃんについてしまったり、クリームを塗ってすぐに赤ちゃんを抱っこしたり、母乳をあげたとしても安心です。

ママが使うものは、赤ちゃんにも触れる可能性があります。

ママだけでなく赤ちゃんにとっても「安全なもの」「安心して使えるもの」しか、私はお勧めしません!

 

★ほんのり香るネロリの精油

「ノコア アフターボディトリートメント」は、ほんのりネロリの香りがします。

ネロリとはビターオレンジのアロマオイルです。

ネロリにはリラックス効果があるので、ボディケアをしながらホッと一息つきたい方にもお勧めです。

このネロリの香りは「かすか」です。

「無香料派」の方でも気にならないでしょう。

赤ちゃんが一番好きな香りは「ママの匂い」ですよね?

ママの匂いがわからなくなるほどのキツイ香料は、赤ちゃんにとって必要ありませんよね?

クリームを付けた瞬間だけかすかに香り、その後はさっと香りが消える…そんなところも「ノコア アフターボディトリートメント」をお勧めしたいところです。

 

★使いやすい

「ノコア アフターボディトリートメント」は、とても伸びがいいので、少量でも全身のお手入れができます。

伸びが悪くてケアに時間がかかったり、ベタベタしては、忙しいママには使いにくいだけ!

「使いやすい」ということは、継続することに繋がりますので、妊娠線やお腹のたるみが改善されるまで、諦めずに使うことができます!

「ノコア アフターボディトリートメント」の購入方法は?

「ノコア アフターボディトリートメント」は店頭では販売されていません。

通信販売での購入のみとなります。

「ノコア アフターボディトリートメント」は、キャンペーンなどでお値段が安くなっていたり、まとめ買いするとお得な値段になる場合があります。

キャンペーンの期間は変動しますので、詳しくは販売サイトをご覧ください。

「ノコア アフターボディトリートメント」で妊娠線やお腹のたるみが改善したら?

「ノコア アフターボディトリートメント」で産後の妊娠線やお腹のたるみが少しでも改善できたら、お腹を見るのが楽しくなると思いませんか?

もちろん、産後の妊娠線やたるんだお腹を、放置しておくこともできます。

「水着は着ない!」「温泉に行かない!」という方もいるでしょう。

たとえ、筋の入ったたるんだお腹を人前で晒さないとしても、そのお腹を、トイレや入浴のたびに目にするのは「あなた自身」です!

毎日毎日、そのお腹を見るのか、キレイなお腹を見るのか…気分が変わってきますよね?

あなたが抱えている「お腹の悩み」が改善できたら、気分も明るくなり、おしゃれも楽しくなるでしょう!

そんな、明るいママでいることが、赤ちゃんや家族にとっての喜びへと繋がっていくように思います!

 

産後のたるみ肌に!無添加で安心のボディクリームはこちら!

共通

公開日:
最終更新日:2015/08/28