母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

パルクレールジェル

 

産後、「にきびが出来始めた・・・」という方はいらっしゃいませんか?

産後、「にきびがどんどん悪化していく・・・」という方はいらっしゃいませんか?

 

妊娠中は、にきびのない美肌をキープしていた方も、出産後しばらくしてからにきびが出来始めてくることがあります。

 

にきびは見た目も気になりますし、悪化すると痛みもあって、とっても不快なものですよね?

にきびが炎症を起こしてしまうと、にきび跡として肌に凹凸が残ってしまう可能性もあります。

にきび跡がシミになってしまうと、永遠にシミが消えなくなることも!

 

事実、私の顔には数年前にできたにきび跡が、シミとなって残っています…。

もう、このまま消えることはないのでしょうか…。

 

また、にきびというのは、顔だけでなく、首や胸元、お尻や背中など、全身に出来てしまうものです。

あなたの気付かないところにも、にきびが出来ているかもしれません!

胸元の開いた服やキャミソールからにきびが見えてしまったら、おしゃれも台無しになってしまいます。

 

ママになっても美しい肌でいたいのは、女性なら誰もが願うことだと思います。

 

産後のにきびを改善し、すべすべ肌を取り戻すために、「にきびの出来ない肌作り」を始めませんか?

 

産後ニキビケアならパルクレールジェル

 

 

産後にきびの原因は?いつまで続く?

「産後は肌荒れしやすい」というのをご存知ですか?

 

産後の肌荒れは、肌の乾燥、湿疹、かゆみ、痛みなどがありますが、その中でも多いのが「産後のにきび」です。

 

「出産とにきび」なんて、あまり関係ないように思われますよね?

特に、これまでの人生、にきび知らずだった方は「まさか出産してにきびに悩まされるとは!」と、予想もしていなかったことでしょう。

 

女性にとって大人にきびができやすいのは、生理前や生理中であるケースが多いのですが、実は「産後」もにきびができやすい時期なのです。

 

では、出産すると、どうしてにきびが出来るのでしょうか?

 

産後にきびの原因は

 

・出産によるホルモンバランスの変化

・産後の肌のバリア機能の低下

 

が2大要因として上げられます。

 

妊娠中から出産にかけて、女性ホルモンのバランスは大きく変化します。

妊娠中に増加を続けた女性ホルモンは、出産と同時に一気に体外へ排出されます。

そして、ママの体内では、「胎児を育てるホルモン」から、「母乳を出すホルモン」へと、分泌されるホルモンが変化して行きます。

妊娠~出産~産後にかけてのダイナミックなホルモンの変化は、産後の体に大きな影響を与えるのです。

 

ホルモンバランスの変化による体への影響はたくさんあるのですが、その中の一つとして、肌質の変化があります。

産後は皮脂の分泌量が変化したり、肌の状態が不安定になってしまうことがあるのです。

産後の肌は乾燥しやすくなるため、肌のバリア機能が低下してしまい、肌が固くゴワついて行きます。

固くなった毛穴には、少しの皮脂でも詰まってしまい、にきびの原因となってしまうのです。

 

では、産後にきびの原因であるホルモンバランスの変化は、いつになったら元に戻るのでしょうか?

 

一般的に、母体が出産によるダメージから回復するのは「産後1年」と言われています。

産後1年経つ頃には、卒乳してホルモンバランスが妊娠前の状態に戻ってきたり、授乳を継続していても生理が再開することが多くなってきます。

初めての育児に慣れてきたり、赤ちゃんとお出かけする機会が増えてくるのが産後1年なので、この時期からママのストレスが多少なりとも軽くなり始め、ストレスによるホルモンバランスの乱れも、徐々に戻り始めてくる時期でもあります。

 

ホルモンバランスが整い始めるおよそ産後1年後から、産後にきびが改善したり、肌の状態が良好になり始めると考えられます。

産後にきびはおでこ、鼻の下、あごだけではない!お尻や体にも?!

にきびと言えば、おでこ、あご、鼻のまわりなど、顔や顔周辺にできることが多いのですが、産後にきびは顔だけではありません。

 

胸元、背中、お尻など、体にも出来ることがあります。

 

おでこ、鼻の下、あごにできるにきびの原因は、やはりホルモンバランスの影響によるものです。

そのほか、あごにきびができるのは、胃腸の機能が低下(暴飲暴食、便秘、下痢など)していたり、甘いものの食べ過ぎ(体内のビタミンやミネラルを消費してしまいます)と言われています。

 

おでこや鼻の下にできるにきびは、過剰な皮脂の分泌や、洗顔料の洗い残しなどが考えられます。

 

では、体にできるにきびの原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか?

 

胸元、背中、お尻などにできるにきびの原因は、過剰な皮脂の分泌や、シャンプーやリンス、ボディソープの洗い残しが考えられます。

また、汚れを取り除こうと洗浄力の強いボディソープを使っていたり、ナイロンタオルでゴシゴシ洗っていると、肌への負担が大き過ぎるため、にきびができることもあります。

産後の体形を戻すために、キツイ衣類を着用していたり、授乳や赤ちゃんのお世話で長時間座り続けていると、お尻にきびの原因となります。

 

産後にきびは顔だけでなく、全身にできる可能性がありますので、「気付いたら、全身にきびだらけだった!」なんていうことのないよう、気を付けなければなりません。

産後にきびは皮膚科で治療すべき?授乳中に漢方薬は飲める?

産後にきびにお悩みの方の中には、皮膚科に行って治療をする方もいらっしゃいます。

皮膚科で処方されるにきび薬の中には、授乳中は控えたいものもありますので、注意が必要です。

また、産後にきびの主な原因はホルモンバランスに因るものなので、にきびそのものに薬を塗っても「まったく改善しない」という事態も起こりうるのです。

 

では、漢方薬ならどうでしょうか?

漢方薬は、にきびに直接働きかけるというよりは、体のバランスを整えて、にきびのできにくい体質へと導いていくためのものです。

漢方薬は、西洋薬と違って副作用が少ないため、授乳中でも服用できるものもあります。

しかし、母乳の中に、まったく薬が移行しないわけではありません。

赤ちゃんを連れて皮膚科に行く手間や、授乳による赤ちゃんへの影響を疑いながら薬を服用することを考えると、薬に頼らず、セルフケアで、何とかにきびを改善して行きたいものですね。

産後にきびを改善するには○○が欠かせない?

産後にきびの原因は、ホルモンバランスの乱れであることはご紹介した通りです。

薬の服用が制限されている母乳育児中は、薬によってにきびを治療するのは難しいですよね?

 

しかし、同じ「産後」という条件の中でも、にきびが出来ない方もいらっしゃいます。

 

出産後のホルモンバランスの変化は、産後の女性なら誰もが同じですが、産後にきびが「できる人」と「できない人」の違いはどこにあるのでしょうか?

 

産後にきびができる人とできない人の違いは、「肌の潤い」にあります。

 

肌が十分に潤い、肌の状態が良好で、肌のバリア機能が正常に働いていると、にきびの出来にくい肌になります。

逆に、肌が乾燥し、毛穴が詰まりやすく、肌のバリア機能が低下していると、にきびの出来やすい肌となってしまいます。

 

つまり、産後にきびを改善するには、肌の保湿が欠かせないのです。

 

産後にきびを改善するスキンケア用品は?

産後の肌は、とっても過敏になっています。

産後にきびを改善するには、肌に合ったスキンケア用品を選ぶことが大切です。

 

産後の敏感肌にお勧めしたいスキンケア用品は

 

・刺激の少ないもの

・無添加なもの

・ノンアルコールなもの

・保湿成分が配合されているもの

 

です。

 

産後の肌を保湿するには、肌に負担を与えない低刺激なものを使って、シンプルなスキンケアを行うことが重要です。

 

産後ニキビケアならパルクレールジェル

 

パルクレールをお勧めする理由は?

「パルクレール」をご存知ですか?

パルクレールは、産後にきびにお悩み中のママにお勧めしたい「にきび専用オールインワンジェル」です。

 

パルクレールは、顔だけでなく、胸元や背中にきびにも使うことが出来ます。

クリームやオイルと違ってべたつかず、さらっとしたジェルなので、ボディに塗る際も使いやすいと思います。

パルクレールなら、コレ一つで全身のにきびケアが出来るので、にきびケアアイテムとして持っておくと便利です。

 

 

パルクレールの特徴は

 

・にきびを防ぐ

・肌にうるおいを与える

・無添加(鉱物油、合成香料、石油系界面活性剤、タール系色素、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤が無添加)

・日本製なので日本人の肌に合う

・有効美容成分(プラセンタ、アラントイン)が配合されている

・美白効果(メラニンの生成を抑えシミそばかすを防ぐプラセンタ配合)

 

が上げられます。

 

パルクレールは美白効果が期待できるため、にきび改善やにきび予防だけでなく、できてしまったにきび跡にもお勧めです。

にきびケアをしながら、全身のシミそばかす対策も出来たら嬉しいですね。

 

パルクレールは産後のママこそ使うべき?

パルクレールは、産後のママこそ使ってほしいにきび用ジェルです。

 

その理由はこちらです。

 

1、シンプルな「オールインワン」

パルクレールは、オールインワンのにきび用ジェルです。

 

パルクレールには

・化粧水

・乳液

・クリーム

・美容液

・化粧下地

・マッサージジェル

・パック

・ニキビケア

の8つの役割があります!

つまり、洗顔後、パルクレールたった一つで、「にきびケア」「保湿ケア」「毛穴ケア」「にきび跡ケア」「シミそばかすケア」「美肌ケア」が出来てしまうのです。

産後の忙しい時期に、とても便利だと思いませんか?

 

2、「永久全額返金保証」

万が一、パルクレールが肌に合わなかった場合は「永久全額返金保証」が付いています。

初回に限り、使用何日経っても、全額返金保証してくれます。

産後の時期は、化粧品をアレコレ選ぶ時間もないと思いますので、万が一肌に合わなくても「無駄使い」の心配がいりません。

まずは気軽に試してみて下さい。

 

3、注文の手間を省ける「定期便」

産後の慌ただしい時期は、うっかり注文し忘れてしまうこともあるでしょう。

パルクレールは、毎回の発注の手間がない「定期便」があるので便利です。

定期便なら、「料金割引」&「送料無料」になるだけでなく、「パルクレールカラーコントロール」のおまけが付いてきます。

パルクレールカラーコントロールは、保湿成分や美肌成分が配合された、無添加のカラーコントロールです。

コレひと塗りで、にきびやにきび跡を消し、きれいな肌色に整えてくれるうえ、一日中肌の潤いをキープしてくれるそうです。

昼間も夜間も、一日中にきび対策ができますね。

 

4、安心の「ベルタシリーズ」

パルクレールは、妊娠中や産後の女性のためのブランド「ベルタシリーズ」の一つです!

ベルタと言えば、ベルタ葉酸サプリや、ベルタ育毛剤、ベルタ酵素などで有名ですよね?

女性の美と健康を応援してくれるベルタの商品なので、安心です!

パルクレールで産後の肌がきれいになったら?

パルクレールでスキンケアを行えば、「にきびを改善」できるだけでなく、「にきび予防」にも繋がるでしょう。

つまり、パルクレールを使うことで、次第に「にきびの出来にくい肌質」へと変えていくことが期待できます!

にきびの出来にくい肌作りができれば、「つるつるの美肌」が手に入るかもしれません!

 

パルクレールは、産後の敏感肌だけでなく、アレルギー肌にも使えるほどの低刺激です。

産後にきびができるのは、体に出産のダメージが残っているサインではないでしょうか?

そんな弱ったママの肌と体に安心なパルクレールなら、産後にきびを改善し、ママの肌と心を元気にしてくれるかもしれませんよ!!

 

パルクレールで、産後にきびの悩みから解放されませんか?

 

産後ニキビケアならパルクレールジェル

公開日: