母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

骨盤ウォーカーベルト

産後は「美スタイル」になるチャンス!?

出産、おめでとうございます!

「我が子の可愛さ」を噛みしめながらも「赤ちゃんのお世話って大変!」と、思い通りに進まない赤ちゃんとの生活に、いっぱいいっぱいな方もいらっしゃるでしょう。

しばらくすれば、赤ちゃんのお世話にも慣れて、少しずつ生活に余裕が出てくると思います!

余裕が出てきたときに、ふと気付くこと。

 

それは…。

 

産後の「たるんだお腹」ですか?

産後の「垂れ下がったお尻」ですか?

産後の「おばさん体型」ですか?

 

出産で体型が崩れるのは、仕方ありません。

これは誰にでもあることです。

 

産後の体というのは、妊娠中の運動不足もあり、全身がたるんでいます。

出産のときに骨盤は大きく開くため、開いた骨盤の中に内臓が下がって、ポッコリお腹になっています。

 

「赤ちゃんの通り道を確保する」という立派な役目を果たしたママの骨盤ですが、開いたままにしておくと、悲しい未来を迎えることになりますよ!

 

大きく開いた骨盤は、体型の崩れやスタイルの悪さだけでなく、全身の不調にも影響してくるのです。

 

産後半年間は、骨盤が柔らかく、骨盤が動きやすい時期です。

骨盤を元に戻すのに、最も適しているんですよ!

 

出産は、大仕事を成し遂げたママだけに与えられる、美スタイルになれるチャンス!

「出産は体型を崩すもの」と捉えず、この機会に、体型を戻し、健康的な美しさを手に入れませんか?

 

産後の体型戻しと健康のために「骨盤ウォーカーベルト」を!  

 

産後のお腹の「肉」の原因は?

産後の体型で一番気になる箇所と言えば「お腹」ですよね?

産後のポッコリお腹の原因はいくつかあります。

・お腹周りの脂肪

妊娠中は、赤ちゃんを守るために、お腹周りに皮下脂肪が付きやすくなります。

さらに、妊娠中から出産にかけて骨盤が開くことによって、新陳代謝が悪くなり、お腹周りについた脂肪が落ちにくくなります。

・お腹周りの余った皮膚

産後のポッコリお腹を見ると「まだお腹の中に赤ちゃんがいる」ように見えませんでしたか?

産後のお腹は、すぐには凹みません。

妊娠によって大きくなったお腹と同時に、お腹の皮膚も伸びて行くのですが、出産によって一気に小さくなったお腹のスピードに皮膚の収縮は付いていけず、お腹の皮膚が余ってしまっているのです。

・開いた骨盤

出産によって、骨盤が開くことによって、内臓が下がってしまいます。

下腹部に落ちた内臓は、ポッコリお腹の原因になります。

さらに骨盤周りの筋力が落ちているので、姿勢が悪くなり、ポッコリお腹を悪化させていることも考えられます。

体型戻しのカギは「骨盤」にある?

産後のポッコリお腹を解消していくには、新陳代謝を上げることが大切です。

なぜなら、新陳代謝を上げることで、お腹周りの脂肪が燃焼しやすくなりますし、皮膚の再生力を上げて、産後の伸びた皮膚の収縮スピードを早めることに繋がるからです。

新陳代謝を上げるには「開いた骨盤を締めること」が欠かせません。

骨盤を締めることで、内臓が正しい位置に上がり、内臓機能が活発になって新陳代謝が上がるのです。

また、骨盤を締めることで、姿勢がよくなり、猫背も解消され、ポッコリお腹の改善に繋がるからです。

産後の骨盤のゆがみを放っておくと?

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ、身体の中心の骨です。

骨盤は「体幹」を支える、体の「土台」となる骨なので、骨盤が歪んでいると、体の不調が全身に及んでしまうのです。

骨盤の歪みが与える全身への影響はこちらです。

★美容面

・姿勢が悪い(猫背など)
・クビレがない
・下半身がどっしり
・O脚やX脚
・バストが垂れる
・ヒップが垂れる
・左右の目の大きさや頬骨の高さが違ってくる

★健康面

・肩こり、腰痛
・頭痛
・かみ合わせが悪い
・むくみ
・冷え症
・便秘
・内臓下垂
・生理痛、生理不順
・太りやすい
・疲れやすい

体型や姿勢など「キレイなママ」でいることはもちろんですが、この先長い子育てをしていくうえで「健康なママ」でいることが、何よりも大切ですよね?

子育ては、とにかく気力も体力も必要です!

そのために、ママの健康を支える「骨盤」を正しい位置に戻しておくべきではないでしょうか?

 

産後の体型戻しと健康のために「骨盤ウォーカーベルト」を!  

産後の骨盤のゆがみを治すには?

産後の骨盤を締める「骨盤ケア」にはいくつか方法があります。

骨盤矯正をするための筋トレを行ったり、整体に通ったり…。

ヨガやピラティスで、産後の体型戻しを行っているママさんタレントも多くいますよね?

時間とお金に余裕があれば、ジムや整体に通うのも効果的だと思います。

しかし、赤ちゃんのお世話で忙しいママにとっては、時間とお金を確保するのは難しく、だからと言って、自分で骨盤矯正エクササイズを行うのも「やり方がわからない」「面倒で続かない」という問題が出てくると思います。

産後の開いた骨盤を締め、正しい位置に戻すために、一番簡単で継続しやすいのが「骨盤ベルトを使うこと」ではないでしょうか?

「骨盤ウォーカーベルト」をお勧めする理由は?

「自分で」「簡単に」「お金をかけずに」「継続して」骨盤ケアを行うのであれば「骨盤ベルト」の使用をお勧めします。

しかし「骨盤ベルト」にもいろいろあって、中には使いにくいものもあります。

私が使いにくいと思う骨盤ベルトは

・装着が難しい
・サイズ選びが難しい
・効果を実感しにくい

ものです。

「骨盤ウォーカーベルト」をお勧めするのは、この使いにくい点をクリアしているからです。

1、装着が簡単!

「骨盤ウォーカーベルト」には「仙骨パッド」が付いています。

「仙骨パッド」は仙骨を支えるためについているのですが、仙骨パッドを仙骨(背中側)に当てるので「骨盤ウォーカーベルト」を装着するとき、ベルトの前後左右上下が一目でわかります。

また、仙骨パッドのおかげで歩きやすく、正しい姿勢をキープできます。

2、サイズ選びの必要がない!

「骨盤ベルト」のサイズ選びって、意外と難しいですよね?

しかも、産後は妊娠前よりも体重が増え、サイズが大きくなっていることでしょう。

長く使う上で「今のサイズに合わせるか」「妊娠前のサイズに合わせるか」悩んでしまいます。

大き目のサイズを買って、もしサイズダウンしたら、また新しいサイズを買い替えるなんて、経済的ではありません。

その点「骨盤ウォーカーベルト」はワンサイズなので、身体のサイズが変わっても、長く使うことが出来ます。

骨盤のサイズが70センチ~105センチという幅広いサイズに対応しているので、「サイズ選びに悩む」「サイズ選びを間違える」ということがありません。

3、効果を実感している人が続出!

「骨盤ウォーカーベルト」のモニターさんだけでなく、口コミを見ても、多くの方が効果を実感されています。

一般的には「骨盤ウォーカーベルト」を使用して、2週間くらいで効果を実感できるそうですよ!

中には、10分でサイズダウンしたという方もいるとか!?

使い始めてから早い段階で「少しでも変化がある」「効果を実感できる」というのは、骨盤ケアを続けて行く上での励みになりますし、「骨盤ウォーカーベルト」への信頼にも繋がりますね。

 

「骨盤ウォーカーベルト」は装着するだけも効果があるそうです。

「骨盤ウォーカーベルト」を装着して、家事をしたり、赤ちゃんのお世話をするだけでも、その動きが骨盤の歪みを整えるのに効果的だそうです。

 

本格的に骨盤ケアを行うのであれば、「骨盤ウォーカーベルト」に付属してくる「骨盤体操」をあわせて行うことをお勧めします。

「骨盤体操」と言っても、ほんの数分でできる、たった3パターンしかない、とっても簡単な体操なので、産後の忙しい時期でもできそうです!

産後のママの中には「産後の半年間が過ぎてしまった!」という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、大丈夫です!

「骨盤ウォーカーベルト」の使用者の中には、産後しばらく経ってる方や男性の方もいらっしゃいます。

多くの方が、サイズダウンや美スタイルを手に入れているので、今からでも遅くありませんよ!

「骨盤ウォーカーベルト」で、骨盤を正しい位置に戻し、あなた自身の体で、サイズダウンを実感してみませんか?

「骨盤ウォーカーベルト」で骨盤矯正できたら?

「骨盤ウォーカーベルト」を装着するだけで骨盤ケアができたら、産後の家事や赤ちゃんのお世話など、動くのが楽しくなりますよね?

骨盤が締まってくれば、気になるポッコリお腹が解消されるかもしれません!

さらに、姿勢がよくなったり、冷え性が改善されたり、腰痛が緩和されたり、疲れにくくなったりと、全体的に体調がよくなって行くことでしょう。

 

骨盤を整えて「スタイル美人」に!

新陳代謝を上げて「健康」に!

 

「産後のお腹のたるみはママになった証!」として放置しておくのもアリかもしれませんが、長い目で「身体の土台を整える」「健康的な美しさを手に入れる」ことを考えたときに「骨盤を元の位置に戻して正しい位置をキープする」ことは、必要不可欠なのではないでしょうか?

そのために「自分で」「簡単に」「好きな時に」骨盤ケアができる「骨盤ウォーカーベルト」をお勧めします!

 

産後の体型戻しと健康のために「骨盤ウォーカーベルト」を!  

公開日: