母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後のうつ症状は母乳育児が原因?

      2016/02/15

産後、気持ちが落ち込んだり、イライラしたり、疲れが取れなくて悩んでいませんか?

産後の時期に起こるこのような気分の変調は「マタニティブルー」と言われることもあります。

 

しかし、産後うつ病はマタニティブルーとは大きく異なります。

マタニティブルーは、産後1週間ほどに見られるもので、数日から1~2週間ほどでおさまりますが、産後うつ病は、産後しばらくしてから(2~3カ月以内)に見られ、一過性のものではありません。

軽度であれば、産後1年ほどで自然に回復していくこともありますが、産後うつ病にかかった方の15%程度は、産後うつ病が慢性化してしまったり、悪化していってしまうそうです。

 

産後うつ病の原因は、怠けや甘えによって発症するのではなく、身体的な要因によって生じるものです。

また、産後の生活の変化、環境の変化なども、産後うつ病を発症する要因になりますが、「母乳育児」という子育ても、産後うつ病の発症の大きな原因の一つになっているのではないでしょうか?

 

今回は、「産後のうつ病は母乳育児も原因になりうるのか」「母乳育児を継続していくための産後うつ病の治療法」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後はうつ病になりやすい?

産後、うつ病を発症する女性は、全体の10~15%程度と言われています。

4人に1人が産後うつ病にかかると思うと、決して少ない数字ではないと思います。

 

産後、うつ病を発症する最大の原因は、ホルモンバランスの変化です。

妊娠中は、「胎児を育てるためのホルモン」が増加していますが、出産した直後から、このホルモンが減少し始めます。

ホルモンの減少に伴い、臨月までに約2500倍にも大きくなった子宮は、元の大きさに戻ろうと、一気に収縮を始めます。

そして、「母乳を出すためのホルモン」が、新たに分泌され始めるのです。

 

このように、内分泌(ホルモン)の大きな変化によって自律神経が影響を受け、気分の変調をきたし、うつ病が引き起こされることから、産後はうつ病になりやすい時期と言えます。

 

(「産後うつ病の症状と発症しやすい時期は?」に関連記事を書いています。)

 

母乳育児が産後のうつ病を引き起こす?

産後の時期は、うつ病にかかりやすいのは、ご紹介した通りです。

さらに、母乳育児を行っているママの場合は、産後うつ病になるリスクが増えるのではないでしょうか?

 

例えば

 

・「母乳が出ない」ことへのストレス

・「ちゃんと母乳が出ているの?」「がんばって母乳をあげなさい!」と周囲から言われることへのプレッシャー

・乳腺炎などのトラブルを予防するため、食事や日常生活に気を使わなければならないストレス

・乳腺炎、白斑などトラブルが生じた場合、痛みに対するストレス

 

など、母乳育児は様々なストレスを招きます。

 

特に、妊娠中から完母を目指していた方ほど、産後うつ病にかかりやすい傾向にあるようです。

完母への思いが強ければ強いほど、「母乳をあげても赤ちゃんがうまく吸い付けない」「母乳をあげても赤ちゃんが泣き止まない」「母乳の出が悪い」という場合、母乳育児がうまく行かないことへのストレスが大きくなります。

その気持ちがエスカレートすると「母乳が出にくい=母親失格」などという思い込みへ繋がって行ってしまうのす。

 

母乳育児へのストレス、プレッシャー、ジレンマに耐えきれなくなると、ホルモンバランスの乱れと相まって、産後うつ病を発症してしまうと言えます。

 

母乳育児は、母としての最大の喜びでもあると同時に、産後うつ病を引き起こす要因の一つになりかねないと考えられますね。

産後うつ病のせいで母乳が出なくなる?

産後うつ病を発症すると、母乳の分泌に影響を与えるのでしょうか?

 

答えは、「NO」です。

産後うつ病と母乳の分泌に関する因果関係はありません。

 

しかし、精神的なストレスは、母乳の分泌に影響を与えます。

 

環境の変化(引っ越しや里帰りなど)や精神的ストレスは、少なからず体に影響を及ぼすため、母乳の出が悪くなることは十分に考えられます。

また、ストレスによって睡眠不足になったり、食欲が落ちたり、過食になったり、体が冷えてしまうことも、母乳の出に影響を与えます。

 

産後うつ病にかかり、ココロもカラダも元気が出ない間は、母乳の分泌が悪くなる可能性は否定できません。

しかし、産後うつ病の症状が改善すれば、母乳の分泌を取り戻すことが可能だと思います。

 

スポンサーリンク

 

産後うつ病の治療中は母乳育児ができない?

産後うつ病は「病気」ですので、適切な治療を行うことで改善できます。

適切な治療とは、「薬による治療」ですが、薬の種類によっては、母乳育児をお休みしなければならない場合もあります。

母乳育児と産後うつ病の治療を考えたとき、優先しなければならないのは、産後うつ病の治療ではないでしょうか?

ママ自身が元気で過ごすことが、赤ちゃんにとって最大のメリットであることを考えると、「母乳育児をやめる」という選択肢も考える必要があると思います。

 

しかし、薬の中には、副作用が少なく、安全性の高い薬もあるそうです。

「薬が与える母乳への影響がゼロではない」ことには変わりませんが、授乳を継続できる薬もあるようです。

 

産後うつ病の改善、母乳とミルクのメリットとデメリット、薬による母乳への影響・・・などトータルに考えて、医師とよく相談しながら、ご自身が納得のいく治療法を選択してくださいね。

母乳育児を継続するための産後うつ病の治療法は?

どうしても、薬による治療法を行いたくない、授乳を継続したい、という方は、食事療法による産後うつ病の改善法もあるそうです。

 

産後うつ病を改善するには、産後うつ病の方に不足している脳内物質「セロトニン」の量を増やすと効果的だと言われています。

 

セロトニンの材料になるのは、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)や肉類(特にレバー)があります。

これらの食品を多く摂取することで、セロトニンを増やすことが期待できます。

 

また、セロトニンの吸収を促進させるには「ビタミンD」が欠かせません。

ビタミンDは、更年期の女性のうつ病にもお勧めだそうですよ。

 

ビタミンDを含む食べ物は、魚(さんま、イワシ、鮭など)、卵などがあります。

気分が落ち込んだり、イライラしたり、疲労感が強い場合、その原因は産後うつ病ではなく、産後の母体の「貧血」や「ビタミンD不足」が原因だという場合もあります。

これらの栄養素を補給してあげるだけで、産後のうつ症状が改善する場合もありますので、足りない栄養素がないか、バランスのいい食事が取れているか、確認してみて下さいね。

 

(「産後のうつ病!薬に頼らない治療方法は?」に関連記事を書いています。

 

まとめ

私も、産後のある時期、子供と二人きりの時間を苦痛に感じたり、泣きわめくわが子を目の前にイライラしてしまうことがありました。

特に、子供の月齢の低い時期は、夜中の授乳が辛過ぎて、何度も母乳を欲しがるわが子に「母乳育児を諦めよう」と思ったことが何度もあります。

わが子が泣きやまないと「何で泣いているんだ?」と家族に聞かれ、「私だって知りたい!」と泣きたい気持ちになったこともあります。

母親だからと言って、すべて赤ちゃんの事がわかるわけではありませんよね?

相手は赤ちゃんと言えど、「一人の人間」ですから、子育ては思うようにいかなくて当たり前です。

 

母乳育児に関しても「母乳が出ないから」と自分を責めないで下さいね。

母乳が出ないなら「どうやったら出るかな?」「どうやったら赤ちゃんが吸い付いてくれるかな?」「こんな食生活を試してみようかな?」と、実験するような感覚で、楽しみながら挑戦して行って欲しいと思います。

 

産後うつ病にかかりやすい方は、育児や母乳に関すること、夫婦や親せきとの新たな関係について、真面目に悩み過ぎてしまう方、責任感の強い方、完璧でありたいという方に、多いようです。

体や心が疲れてしまったときは、無理をせず、周囲に助けを求める勇気を持ってください!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後うつ病・マタニティブルー・育児ノイローゼ・ガルガル期

  関連記事

育児ノイローゼになりやすいのはいつから?

赤ちゃんとの生活は、楽しさと喜びにあふれているとは言え、子育てというのは「ものす …

育児ノイローゼで離婚!?後悔する前に出来ることは?

育児ノイローゼが原因で、離婚に発展するカップルがあるのをご存知ですか? 「育児」 …

薬に頼らない育児ノイローゼの治療方法は?

育児ノイローゼは、特別な症状ではなく、誰にでも起こり得る、身近なものです。 産後 …

産後のうつ病!薬に頼らない治療方法は?

産後はうつ病を発症しやすい時期だということをご存知ですか? 実際に、産後うつ病に …

産後うつ病は夫にもある?夫のうつ症状と対処法は?

産後の一時期、気分が落ち込んだり、イライラしたり、赤ちゃんへ愛情がわいてこないこ …

産後のマタニティブルーはいつまで続く?

赤ちゃんとのハッピーな生活を思い描いていたみなさん!   出産したもの …

もしかして育児ノイローゼ?診断チェックしてみよう!

育児に悩みはつきものです。 赤ちゃん時代、幼児時代、児童時代、少年・少女時代、学 …

【ガルガル期】の意味は?終わらないのは甘えや言い訳?

産後の女性のみなさん!   夫婦の絆を強める「赤ちゃん」のはずが、出産 …

育児ノイローゼは正当な離婚理由になる?

育児ノイローゼが原因で、離婚に発展するケースがあるのをご存知ですか? 幸せな家庭 …

産後のマタニティブルーに夫がすべき妻への対応は?

出産後、「妻が怒りっぽくなった」「妻の元気がない」「妻がすぐ泣くようになった」な …