母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

乳腺炎の治し方 その3食べ物

      2017/03/19

母乳育児は、「ミルク育児よりも、外出時の荷物が少なくて身軽」「産後の身体が回復しやすい」などのメリットがある一方で、母乳育児ならではデメリットもあります。

 

そして、母乳育児「最大のデメリット」とも言えるのが「乳腺炎」ではありませんか?

 

乳腺炎の辛さは、母乳育児を経験した人にしか分からないですよね(泣)。

私も、母乳育児は楽しかったものの、常に乳腺炎の不安と隣合わせでした・・・。

 

乳腺炎の原因はさまざまですが、「ママが食べたもの」の影響は大きいと思います。

 

もしも、乳腺炎、乳口炎、白斑、乳首がチクチク痛む、などの症状が見られたときは、ここ数日、脂っこいものや乳製品、甘いものを食べ過ぎていなかったかどうか、振り返ってみて下さい。

 

私は「なんとなくいつもと様子が違う」と感じたときは、これ以上悪化させないために、2~3日の間は食事をあっさりめにしたり、甘いものを極力食べないように努力しています。

乳腺炎はひどくなってしまうと、完治するのに時間もかかりますし、ママ自身、本当に辛い思いをしますからね。

また、赤ちゃんにも美味しい母乳を飲ませてあげることができなくなるので、ひどくなる前に改善しておくことが大切です。

 

今回は、乳腺炎の大きな原因の一つである「食事」にスポットを当て、「乳腺炎の時にお勧めな食事と飲み物」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

乳腺炎の時に適した食べ物は?

乳腺炎とは、「乳腺の詰まり」や「乳腺内の炎症」が起きている状態ですので、非常に母乳が流れにくくなっています。

このような「ドロドロした母乳」「詰まりやすい母乳」になってしまった主な原因は「食事」によるところが大きいと思います。

出口がふさがれかかった状態のときに、母乳がたくさん生産されてしまうと、母乳が乳房の中に溜まり、やがて「高熱」や「痛み」となって、あなたの全身を襲ってくるでしょう。

乳腺炎が疑われるときは、赤ちゃんへの頻回授乳を行うと同時に、食生活の見直しを行って下さい。

 

乳腺炎のときの食事のポイントは、いつもより「低カロリーなもの」「あっさり目な味付け」「できれば和食」にし、母乳が過剰に作られないようにすることが大切です。

 

逆に、温かい飲み物、汁物、水分の摂り過ぎは、母乳をたくさん分泌させてしまうので、控えめにしましょう。

 

乳腺炎のときに適しているもの

・旬の野菜

・白身魚

・肉ならササミ

・大豆製品

・海藻類

・ご飯

・うどん

 

乳腺炎のときに控えた方がいいもの

・揚げ物(からあげ、てんぷら、フライドポテト、ドーナツなど)

・乳製品(生クリーム、チーズ、ヨーグルト、牛乳など)

・お餅やもち米を使った食品(赤飯、おはぎ、だんご、大福など)

・お菓子類(クッキー、スナック菓子、おせんべい、チョコレートなど全般)

・ファーストフード(高カロリーで脂質が多いもの)

・パン(デニッシュ系はバターたっぷり、サンドイッチは具にマヨネーズが使われることが多い)

・カレーやシチュー(市販のルーは脂質や油脂、添加物がたっぷり)

 

調理法に気を付ける

乳腺炎のときは、食品やメニューを避けるだけでなく、調理法の工夫も必要です。

揚げるのではなく「焼く」、炒めるより「茹でる」「蒸す」など、脂質が減らせるような調理をして下さい。

味付けも、オイリーなソースやマヨネーズよりも、無添加のしょうゆや味噌、岩塩や黒砂糖(精製された塩や砂糖はやめましょう)、純粋はちみつ、質のいい油(オリーブオイルやエゴマオイルなど)を使うと乳腺炎の悪化を防ぐことができるでしょう。

食べたいものを我慢して食事制限を行うのは、まるでダイエットのようで辛いと思いますが、乳腺炎のトラブルが完治するまでの期間だけですので、ぜひ乗り切って下さい!

 

 

パンよりご飯を中心にする

女性は「パン好き」な方が多いですよね?

しかし、乳腺炎のときは、パンよりも脂質の少ないご飯がお勧めです。

私はパンが大好きなので、ランチには「野菜たっぷりサンドイッチ」を作ってよく食べていましたが、乳房にトラブルがあるときは3食ともご飯にしていました。

そして、ご飯を中心にしておかずを減らし、小腹が空いたときも小さめのおにぎりを食べていました。

どうしてもパンが食べたいときは、ホームベーカリーなどを利用して手作りできるといいのですが、自宅で手作りできないときやお店で買ってくるときは、「油分の少ない」ベーグルやフランスパンを選ぶといいでしょう。

逆に、クロワッサンなどのデニッシュパンや菓子パンは「油分たっぷり」なのでよくありません。

パンを選ぶときは、バターが多く使われていないもの、原材料がシンプルなものを選び、できれば「天然酵母」や「無添加」にして、上質な原料で作ったパンをお勧めします。

美味しいパンであれば、シンプルな食べ方でも、パンの美味しさを十分に味わうことができますからね。

もしも、そのまま食べるのが物足りないのであれば、バターの代わりに「オリーブオイル&岩塩」や「はちみつ」を付けて食べると、乳腺炎を悪化させにくいと思います。

 

(「母乳育児中に蜂蜜はダメなの?」に関連記事を書いています。)

 

 

スポンサーリンク

 

乳腺炎の時に適した飲み物は?

乳腺炎をいち早く治すためには、食事だけでなく、飲み物にも気を付ける必要があります。

 

乳腺炎の時に適しているもの

・白湯

・たんぽぽコーヒー

・たんぽぽ茶

・ほうじ茶

・番茶

・ドクダミ茶

・ルイボスティ

・ごぼう茶

※ごぼう茶とは、ごぼうの種(牛蒡子)を煎じて作るお茶です。私が乳腺炎になり、助産院で母乳マッサージを受けた時に「ごぼう茶が乳腺炎に効くから飲んでみて下さい」と、牛蒡子を頂きました。
ごぼう茶を作るには、牛蒡子を自分で煮出して煎じるのですが、においが強く煮出す時間もかかります(30分くらい?)。乳腺炎により高熱と悪寒がひどいときに、キッチンに立って煮出すのは一苦労ですし、味もまずくて私には合いませんでした。

牛蒡子よりも、ティーパックで簡単に入れることができ、味も飲みやすい乳腺炎予防のハーブティの方がお勧めです。

 

乳腺炎のときに適していないもの

・甘いジュース(清涼飲料水、フルーツジュース、野菜ジュース)

・コーヒーなど、カフェインが含まれているもの

・ノンシュガーのジュース類

・牛乳、豆乳などカロリーのある飲み物

 

※「ノンシュガー」「ゼロカロリー」などのジュースもありますが、砂糖の代わりに人工甘味料や香料などの添加物がたくさん使われているので、要注意です。甘い飲み物はさらに喉が渇く原因になりますので、甘味のない飲み物を選んでください。

 

まとめ

「母乳の様子がいつもと違う」「小さくてもしこりがある」というときは、たとえ症状が軽くても、乳腺炎の初期症状のサインです。

そのまま好きなものを好きなだけ食べていると、すぐに症状が悪化して行きますので、すぐにでもあっさり目の食事に切り替えて下さい。

既に「乳腺炎経験済み」な方であれば、乳腺炎が悪化していくのが怖くて「こってり系」も「スイーツ系」も食べたいと思わなくなると思いますが。

 

乳腺炎は、食事だけで完治するものではありませんが、食生活を変えることで「悪化を予防し、改善して行く」ことはできます。

一日も早く、母乳の質を改善し、母乳の詰まりを解消するように頑張ってみて下さいね!

 

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児中のトラブル(白斑・しこり・乳腺炎など)

  関連記事

乳腺炎で熱が出た時の治し方!

母乳育児に付きまとうトラブルの一つに、乳腺炎があります。 乳腺炎と言っても、「乳 …

乳腺炎の治し方 その2しこり

母乳育児に励んでいるみなさん!   母乳育児を楽しんでいますか? &n …

母乳が出過ぎる人が控えたい食事とは?

母乳が出過ぎる「母乳分泌過多」のママの悩みは大きいものです。 私も母乳分泌が増え …

母乳育児中のつらい偏頭痛をどうする?

母乳育児に関わらず、誰でも頭痛の経験はあると思います。 特に「偏頭痛」を訴える女 …

母乳が出過ぎる原因と出なくする方法は?

母乳の悩みと言えば「母乳不足」がダントツ1位ですが…。 「母乳が出過ぎて悩んでい …

母乳育児中の胸の痛みの種類は?

母乳育児をしていると、どうしても付きまとうのが「乳房のトラブル」。 その中でも、 …

白斑や乳腺炎の原因は?

母乳育児を行っているママの多くが経験する、白斑やしこりなどの「乳腺炎」。 &nb …

乳腺炎を防ぐ食事メニューは!?

母乳育児を行っているママにとって、一番厄介なトラブルが「乳腺炎」ですよね? 乳腺 …

授乳中のママがインフルエンザ!赤ちゃんへ授乳できる?

母乳育児を行っている最中に、ママがインフルエンザにかかることがあります。 インフ …

乳腺炎の時に果物はダメ?

母乳育児に付きまとう「乳腺炎」。 乳腺炎を予防したり、少しでも早く治すためには「 …