母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳が出過ぎる原因と出なくする方法は?

      2015/09/06

母乳の悩みと言えば「母乳不足」がダントツ1位ですが…。

「母乳が出過ぎて悩んでいる」「乳房がいつも張って痛い」「赤ちゃんが飲み難そう」と悩んでいるママもいます。

母乳が出過ぎる場合、どうしたら母乳の量を減らすことができるのでしょうか?

「母乳の量を減らすためにできること」「乳房がパンパンに張った時にすべきこと」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

母乳が出過ぎるママの悩みとは!?

母乳が良く出るママは「母乳がたくさん出て羨ましい!」と言われがちですが、実は「母乳の出過ぎ」は深刻な悩みでもあるのです。

そんなママの悩みとは、

・常に乳房がパンパンに張っている
・授乳のたびに、赤ちゃんがむせて泣いてしまう
・赤ちゃんが授乳を嫌がる
・赤ちゃんが乳首を吸い付きにくそう
・授乳後、赤ちゃんの吐き戻しの量が多い
・母乳が詰まりやすく、乳腺炎などのトラブルによくなる
・母乳パッドが手放せない
・母乳パッドでは間に合わず、母乳が漏れて洋服まで汚れる
・「出ないよりマシ」と相談に乗ってもらいにくい

母乳不足で悩むママと同じくらい、母乳が出過ぎで困っているママも多くいます。

母乳が出過ぎる原因は?

母乳が「出るか」「出ないか」は、ママの食生活やママと取巻く環境、乳腺の太さ、冷えやすいママの体質など、様々な要因が関係していると思います。

「母乳が出過ぎる原因」を特定するのは難しいですが、一般的に考えられることを上げてみます。

1、母乳が一気に作られる時期

ほとんどの場合、母乳が出過ぎて困っているのは「産後すぐ~産後3か月くらい」のママが多いのではないでしょうか?

なぜなら、母乳が徐々に出始める産後1週間を過ぎたあたりから、今度は2、3か月頃をピークに、母乳の生産量が一気に増えるからです。

しかし、日に日に増える母乳の生産量に、赤ちゃんの成長は追いつきません。

生後1、2か月の赤ちゃんは、まだ母乳の飲み方が下手ですし、母乳を一度にたくさん飲むこともできません。

どうしても、赤ちゃんが必要な母乳の量よりも、ママの体内で作られる母乳の方が多くなってしまいます。

そうすると、乳房が張ったり、母乳がシャワーのように溢れ出してしまうのです。

2、食生活

脂っこいものや、甘いものを取り過ぎていませんか?

高カロリーなものは、母乳の分泌を増やすだけでなく、母乳が詰まる原因にもなって危険です。

また、母乳育児中は、とても喉が渇きますが、水分の取り過ぎは母乳の分泌を増やしてしまいます。

3、搾乳のやり過ぎ

母乳が出過ぎるときや、乳房が張って痛いときに「搾乳」すると、楽になります。

しかし!

搾乳をやり過ぎていませんか?

搾乳をし過ぎると「もっと母乳を作らなければならない」と体が勘違いしてしまい、さらに母乳が作られてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

母乳の分泌を減らすには?

では母乳の分泌を減らすには、どうしたらいいのでしょうか?

1、食生活に気を付ける

油ものや甘いものを控えて、あっさり目の和食を食べるようにしましょう。

特に、夜間は母乳が作られる時間ですし、授乳間隔も開きがちになるので、夕食は低カロリーなものを、早目の時間に食べるようにして下さい。

母乳の分泌を抑えるハーブティもありますので、自分で母乳量を抑えたい方は試してみてはいかがですか?

水分を取りすぎないよう控えめにしたり、汁物やスープなどのメニューは、具だけ食べて汁は残すなど、工夫してみて下さい。

2、体を温め過ぎない

血行が良くなると、母乳の分泌を促すので、お風呂に浸からずシャワーで済ませて下さい。

温かい飲み物も控え、常温か冷たい飲み物が安心です。

3、赤ちゃんの成長を待つ

乳房が張って辛いのは、一時的なものです。

赤ちゃんの成長と共に、赤ちゃんの哺乳量が増えて、母乳をしっかり飲めるようになるまでの辛抱です。

また、個人差はありますが、徐々にママと赤ちゃんの「授乳リズム」が出来てくると、乳房の張りが治まってくると思います。

(「母乳育児が軌道に乗るには?」で授乳リズムについて書いています。)

赤ちゃんが乳首を吸い付くと母乳が作られる「差し乳」に変わってくれば、もう安心です!

乳房が張って痛いときは?

乳房がパンパンに張って痛いときの対処法はこちらです。

1、冷やす

保冷剤や濡れタオルで冷やして下さい。

冷やしたキャベツの葉も効果的です。

キャベツの捨てる部分(外葉)を洗い、乳房に当てるだけなので簡単ですし、保冷剤や氷のように固くないので、気持ちいいです。

2、適度な搾乳

搾乳は「すっきり」するほど絞ってはいけません!

搾乳するのは、片方50mlくらいまでです。

搾乳の際、乳首を触ると、その刺激で母乳がさらに作られてしまうので、乳房や乳輪のあたりから絞るようにしてみて下さい。

3、授乳の前は赤ちゃんが飲みやすいように

乳房が張って固いときは、赤ちゃんが飲みにくく、授乳を嫌がるようになります。

授乳の前は、少し搾乳して、乳房や乳首のあたりを柔らかくしてから、母乳をあげて下さいね。

まとめ

私は産後すぐ母乳が出なかったのですが、産後3か月を過ぎたあたりから急に出が良くなり、娘を抱っこするのも辛いほど、乳房が張った時期があります。

当時は、もちろん母乳パッドが手放せなかったのですが、ある朝気付くと、母乳パッドの中身の「吸収ポリマー」が出てきてしまったことがありました。

私は朝まで気付かず、その状態で、娘に夜間の授乳をしていたのです!

「もしかして、吸収ポリマーが娘の口に入ったのではないか!」と焦り、朝急いでメーカーに問い合わせたことがありました。

「吸収ポリマーは赤ちゃんが飲み込んだとしても影響はない」という回答を頂いたので、一安心でしたが、口の中に吸収ポリマーが入るのはよくありませんし、万が一、喉にでも詰まってしまったら大変なことになります。

それ以来、布の母乳パッドに変えました。

私のような例もありますので、母乳パッドは使い捨てではなく「布製の母乳パッド 」をお勧めします!

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児中のトラブル(白斑・しこり・乳腺炎など)

  関連記事

授乳中のママがインフルエンザ!赤ちゃんへ授乳できる?

母乳育児を行っている最中に、ママがインフルエンザにかかることがあります。 インフ …

乳腺炎の治し方 その3食べ物

母乳育児は、「ミルク育児よりも、外出時の荷物が少なくて身軽」「産後の身体が回復し …

母乳が出過ぎる人が控えたい食事とは?

母乳が出過ぎる「母乳分泌過多」のママの悩みは大きいものです。 私も母乳分泌が増え …

母乳育児のトラブル!乳房が張って痛いときは?

母乳育児をスタートしたみなさん! 始めたばかりの頃は「母乳が出ない!」と母乳不足 …

乳腺炎の治し方 その1白斑

母乳育児をスタートしたばかりのみなさん! 母乳育児が軌道に乗りようやく完母でやっ …

母乳育児中の胸の痛みの種類は?

母乳育児をしていると、どうしても付きまとうのが「乳房のトラブル」。 その中でも、 …

断乳・卒乳後の胸がかゆい!?原因と対処法は?

長いようで短かった母乳育児が終わり、授乳という役目を果たした胸は、見事に「小さく …

白斑や乳腺炎の原因は?

母乳育児を行っているママの多くが経験する、白斑やしこりなどの「乳腺炎」。 &nb …

母乳が出過ぎるママ必見!「片方だけ授乳」とは?

産後の疲れた身体に鞭を打ち、乳首の痛みと睡眠不足に耐えながら、努力の甲斐あって、 …

母乳育児中のつらい偏頭痛をどうする?

母乳育児に関わらず、誰でも頭痛の経験はあると思います。 特に「偏頭痛」を訴える女 …