母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

友達みたいな夫婦は離婚のリスクが高い?

   

友達から恋人へ発展し、そして結婚。

そんなカップルは少なくありません。

 

もともと友達から始まったカップルというのは「気が合う」「一緒にいて楽しい」「趣味が一緒」など結婚後も仲のよい関係を築く傾向が強いようです。

 

しかし。

 

そんな親友みたいな夫婦にもリスクがあります。

 

実は、こういった「友達夫婦」こそ離婚しやすいというのです。

 

なぜ、仲が良さそうに見える友達夫婦は離婚しやすいと言われているのでしょうか?

 

今回は「友達夫婦が離婚しやすい原因」について見て行きます。

 

スポンサーリンク

 

”友達夫婦”が抱える離婚リスクとは?

友達夫婦とは、お互いをまるで親友のように感じている夫婦のことを言います。

まるで親友のように何でも話し、相手を尊重し、お互いが対等な立場であることが大きな特徴だと言えるでしょう。

このように、一見理想的な夫婦のように見える友達夫婦ですが、その裏には夫婦関係を悪化に導くリスクがあることを忘れてはなりません。

 

ではさっそく、友達夫婦に起こり得る離婚のリスクについて見て行きましょう。

 

相手に深入りし過ぎる

友達夫婦の最大の特徴。

それは「何でも話せる間柄」だということ。

真面目な話もくだらない話も、親友に話すように何でも言い合える仲であるということです。

夫婦の会話がないと悩んでいる人からしてみれば、何でも話せて話題が尽きないのは非常にうらやましいことですが、ただ何でも相手に話せるからと言って深入りし過ぎるのは考え物。

たとえ親友であっても、言ってはいけないこともありますし話題も選ぶべきですよね?

「夫婦である」そして「親友のようである」という安心感から、友達夫婦は相手の懐に入り過ぎる傾向にあるようです。

さらに、女性同士で話すようなとりとめのない話や突っ込んだ話を聞かされるのは、男性からしてみれば苦痛でしかないという意見も。

友達のように仲がいいと思っていたのは妻だけで「実は夫は我慢していた」とか「妻の言葉に傷ついていた」ということがあるのかもしれません。

このような「何でも言い合える関係」が裏目に出ると離婚に繋がるリスクが高まります。

 

対等意識が強い

友達夫婦の特徴として、「夫婦が対等」であることが挙げられます。

最近では共働き夫婦が増加しており、仕事を持って経済的に自立している女性は多いですよね?

そのため、夫婦の財布は別というケースも珍しくなく、家計も家事も子育ても全て「分担・分業・平等・対等」に行うカップルも増えています。

確かに夫婦は対等であってしかるべきですが、それでも男性は女性から立てて欲しいと心の中では思っているようですから、重大な決断をするときですら夫を頼りにしないでいると夫は男としての立場や自信を失ってしまうでしょう。

一方、パートナーを尊重しようといつも妻の意見に従ってばかりいる夫であれば、妻は「頼りない人」と夫を物足りなく感じでしまうかもしれません。

こういった「対等意識」や「ライバル意識」をパートナーに持ってしまうと、結婚生活にヒビが入る可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

ライフスタイルの違い

友達夫婦のいいところは、「互いの意見や行動を尊重し合える」ところ。

互いの交友関係や趣味、休日の過ごし方など、お互いを尊重し合い束縛もしません。

ですから、例えば休日は別々の予定が入ったり、それぞれが行きたいところへ旅行に行ってしまっても不満を感じないのです。

互いの自由を尊重することはいいことですが、あまりに自由過ぎる生活を送っていると、やがて二人の間にすれ違いが生じたり夫婦としての在り方に疑問を感じて夫婦として成り立たなくなる可能性があります。

 

相手を異性として見れない

友達夫婦というのは、相手を異性ではなく「友達として見ている」わけです。

もしくは、「仲のいい兄弟」といった感覚でしょうか。

つまり、妻は夫を男性として見ていないわけですから、夫の前で甘えたり女性らしさを出すことに抵抗があるはず。

もちろん夫側も、妻を女性として見ることができなくなっているでしょう。

このように互いを異性として感じることができないということは、スキンシップが減るということです。

つまり、夜の夫婦生活が減ってレスに繋がるということです。

もしも、どちらか一方が子供が欲しいと希望しているならば、このまま友達夫婦を続けて行くことは困難になって来るでしょう。

 

まとめ

友達夫婦は、お互いに気を使わず何でも対等に話せて、精神的に安定できる理想的な関係でもあります。

しかし、夫婦から家族になり、そこから居心地のいい”ただの同居人”になってしまわないよう気を付けなければなりませんね。

ただ、友達夫婦でなくてもお互いを異性として見ていないカップルは多いでしょうし、スキンシップのないカップルだって少なくありません。

そう考えれば「仲がいい」というだけでも、友達夫婦をうらやましいと私は思いますが。

友達のような夫婦関係を当人同士が満足しているのであれば、離婚のリスクは低いはず。

ただもしも友達夫婦に疑問を感じているのであれば、友達ではなく「夫として」「妻として」パートナーを愛していくよう心掛けてみるといいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 - 友達夫婦・周りの夫婦

  関連記事

子なし夫婦は羨ましい?子どもがいなくてよかったと思うのはどんなとき?

結婚して子供ができることは幸せなことではありますが、時に彼らは子供のいない夫婦を …

友達のような夫婦関係の特徴は?友達夫婦が増えているのはなぜ?

まるで友達のように仲がいい夫婦を「友達夫婦」といい、ここ数年で友達夫婦は増えてい …