母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の妊娠線を消すにはどうしたらいい?

      2015/10/09

妊娠中「妊娠線は絶対に作らない!」と励んでいた方も、ある時期から一気に出来始めた妊娠線を前に「なす術がなかった…」という方が、ほとんどではないでしょうか?

妊娠線は、約70%の妊婦さんにできる、と言われているので、妊娠線ができない方が稀なのです。

どんなにケアを行っても、体重管理に気を付けていても、出来る時は出来てしまうのが妊娠線です。

妊娠線は「母の勲章」と言われてはいるものの、その一方で、妊娠線を「できることなら消したい」「目立たなくしたい」と願っている方は、実は多いのではないでしょうか?

今回は「産後にできてしまった妊娠線を消すにはどうしたらいいのか」「何をすべきか」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後の妊娠線は消えるの?

出来てしまった妊娠線。

産後、しばらくすると、消えるのでしょうか?

 

残念ながら、答えは「NO」です。

妊娠線は消すことができません。

 

妊娠線を消すことができない理由は、妊娠線は皮膚の表面の傷ではなく、皮膚の内部の「真皮」と呼ばれる箇所の傷だからです。

包丁で深く手を切ってしまった傷痕や、手術の傷痕が消えないのと同じように、妊娠線は皮膚の奥が裂けてしまった傷なので、消えることはないのです。

 

皮膚の表面の傷ならば、消毒薬を塗ったり、絆創膏を貼ることで、治りを早めることができます。

しかし、皮膚の内部が傷ついた場合は、皮膚の新陳代謝を上げ、皮膚自身の力で治して行かなければなりません。

皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)は、約28日と言われていますが、これは表面の皮膚だそうです。

妊娠線で傷つけられた「真皮」の場合は、皮膚が生まれ変わるのに、数年かかると言われていることからも、妊娠線を完全に消すことはできないと言われています。

 

出産直後、赤紫色だった妊娠線は、時間の経過とともに、白っぽくなり、さらにキラキラと光るようになってきます。

この「キラキラ」が意外と目立つのです。

人によっては、妊娠線の本数が多かったり、お腹だけでなく、太ももやヒップ、バスト、二の腕にもできる人がいます。

お腹は洋服で隠せるとしても、二の腕や太ももの妊娠線を隠すには、ファッションも選ばなければなりません。

この先ずっと、妊娠線を気にしながら生活して行くのが嫌であれば、妊娠線をできるだけ目立たなくするように、産後にしっかりとケアをしていきましょう!

産後の妊娠線を消すためにすべきことは?

産後の妊娠線を消すためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

産後のママがすべきことは「肌の保湿」と「肌の新陳代謝を上げる」ことです!

 

肌を保湿する際に気を付けたいのは、肌の表面だけを保湿するのではなく、肌の内部まで保湿することが重要です。

肌の内部まで保湿し、水分と栄養を届けることで、肌が柔らかくなり、肌の新陳代謝を上げることに繋がります。

肌の新陳代謝が上がれば、新しい肌に生まれ変わるスピードが速くなるので、真皮にできた「傷」(妊娠線)を早く治癒できるのです。

 

スポンサーリンク

 

産後の妊娠線を消すためのお勧めの方法は?

産後に妊娠線を消すためにすべきことは、「肌の保湿」と「肌の新陳代謝を上げる」ことです。

では、具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

産後からできる妊娠線を消す方法は「肌の保湿と新陳代謝に効果的なクリームを塗ること」しかありません!

妊娠線ができてしまった箇所に、保湿クリームを塗って、少しずつ目立たなくしていくのです。

かなり地道なやり方ですが、何もしないよりは、やった方がいいでしょう。

肌を保湿するには、ローション、クリーム、オイルがありますが、使いやすさと効果を考えると、個人的にはクリームをお勧めします。

 

保湿クリームと言っても、安いものから高級なもの、ドラッグストアで買えるものから通販限定なものまで、さまざまです。

「肌の内部まで保湿する」ことと「肌の新陳代謝を上げる」ことがクリアできるクリームであれば、何を使っても構わないでしょう。

しかし、一般的なクリームには、香料や添加物が多く含まれているものがたくさんあります。

保湿成分が肌の内部まで浸透しなかったり、合成成分だらけで肌への負担が大きい場合は、妊娠線に対して全く効果が得られないばかりか、肌荒れなどのトラブルに繋がる可能性もあります!

妊娠線を目立たなくする効果があり、尚且つ、安心して使える商品を見つけるのは、産後のママにとって難しいのではないでしょうか?

その点、妊娠線を消す専用のクリームには、高い保湿効果はもちろん、肌の新陳代謝を促し、肌の細胞を活性化する成分が含まれているものが多く、実際に、効果を実感できたという専用クリームもありますので、専用クリームの方が、効果が得られやすいように思います。

寒い季節や、日焼けにした後、入浴後は、特に肌が乾燥しますので、必ずクリームを塗るようにしましょう。

産後の妊娠線を消すためにおすすめな食べ物は?

肌の新陳代謝を上げるには、食生活も大切です。

肌の新陳代謝に関わる栄養素には、ビタミンB2(豚肉、納豆、卵など)、ビタミンE(ナッツ類、ゴマなど)亜鉛(牡蠣、ゴマなど)、マグネシウム(のり、大豆製品など)などがあります。

その他、肌の粘膜を丈夫にするビタミンA(レバー、にんじん、かぼちゃ、チーズなど)、肌の保湿効果があるビタミンC(果物やブロッコリー、キャベツなど)を十分に摂取することで、体の内側からも、妊娠線ケアを行っていきましょう。

(「産後のお腹の皮膚がヒリヒリ痛いのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

まとめ

妊娠中、私は妊娠線予防専用のクリームを使っていましたが、3回の妊娠中、3回ともひどい妊娠線ができてしまいました。

 当時は「できてしまった妊娠線にいいと言われる産後専用のクリーム」などなかったので、できてしまった妊娠線を見て、ただ諦めることしかできませんでした。

私の場合、妊娠線の跡だけでなく、ヒリヒリとした痛みもあったので、妊娠線のでき具合はひどかったと思います。

 

そんな私でも、お腹のたるみや乾燥対策のために毎日クリームを塗り続けたおかげで、あんなにたくさんあった妊娠線が今では目立たなくなりました。

もし産後すぐから「産後専用クリーム」を使っていたら、もっときれいなお腹になっていたかもしれませんね。

 

私は、妊娠線があってもあまり気にしませんが、妊娠線の深い悩みを抱えている人がいるのも事実です。

妊娠線が完全に消えることはありませんが、何かしらの努力を行うことで、妊娠線を薄くしていくことは可能ですよ!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後のトラブル

  関連記事

産後の便秘!会陰の傷が怖くていきめない!?

出産でたくさんいきんだママ達、お疲れ様でした! 赤ちゃんを産むために、しっかりい …

産後のお腹の皮膚がヒリヒリ痛いのはなぜ?

シワシワでたるんだ産後のお腹に、ショックを受けない方はいませんよね? それだけで …

妊娠線を病院で消す方法は?

産後にできた妊娠線で悩んでいる方は、意外と多いものです。 お腹ならまだ隠すことが …

産後のお腹の黒ずみは治らないの?

あるとき、産後の自分のお腹を見て「なんだか黒い?」と気付いた方はいませんか? 中 …

産後に頭が悪くなった?頭が働かないのはなぜ?

産後「物忘れが激しくなった」「頭が回らない」「頭がぼーっとする」ということはあり …

産後に便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?

産後は便秘になる方が多くいらっしゃいますが、その一方で、下痢に悩まされている方も …

妊娠線を消す!?馬油の効果とは?

できてしまった妊娠線で、悩んでいる方はいませんか? 妊娠線は消えないとわかってい …

産後の足の痛みは骨盤の歪みが原因?

出産してから「足が痛くてまともに歩けない!」と困っていませんか? 実は、「足の付 …

産後の関節痛は女性ホルモンのせい?!

出産してからというものの、関節痛に悩まされていませんか? 関節痛が起きる場所は、 …

断乳・卒乳後の胸がかゆい!?原因と対処法は?

長いようで短かった母乳育児が終わり、授乳という役目を果たした胸は、見事に「小さく …