母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

授乳中に生理を再開させ生理周期を整えるには?

      2015/10/09

「授乳中は生理が来ない」というのを、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

確かに授乳中は、産後の生理の再開が遅れる傾向にあり、産後1年以上も生理が来ないという人もたくさんいます。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、授乳で体力を消耗しますので、生理が来ない方が助かると感じることもあるでしょう。

しかし「次の子が欲しい」「早く妊娠したい」という方は、生理が戻って来てほしいですよね?

また、産後の生理周期が不安定で心配だという方もいると思います。

今回は「授乳中の生理を再開させるにはどうしたらいいのか?」「生理周期が不安定な場合」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

授乳中に生理が来ないのはなぜ?

母乳育児を行っていると、生理の再開が遅くなります。

母乳育児を行っている方の、生理再開の時期は、だいたい「産後1年~1年2か月」が平均だと言われているので、産後1年以上、生理が来ないのは、よくあることなのです。

産後の生理が来ないのは、排卵していないことが原因です。

母乳を分泌するホルモン「プロラクチン」は、排卵を抑制する作用があるので、母乳を出せば出すほど、生理の戻りが遅くなると考えられます。

(「授乳中に生理がきたら母乳の量が減る?」に関連記事を書いています。)

このホルモンの影響で、母乳育児の場合は、ミルク育児や混合の場合と比べて、生理の再開が遅くなる傾向にありますが、普通分娩と帝王切開による分娩方法の違いにおいては、生理再開の時期に影響を及ぼすことはないそうです。

授乳中に生理が来るにはどうしたらいい?

授乳中のママの中には「次の子を妊娠したい」など、早く生理を再開させたい人もいるでしょう。

いつ生理が再開するかどうかは、自分でコントロールすることはできませんが、生理が再開しやすい環境を作ることはできます!

授乳中の生理を再開するには、どんな点に気を付けたらいいのでしょうか?

★授乳回数を減らす

母乳を分泌し、排卵を妨げる「プロラクチン」というホルモンを減らすために、授乳の回数を減らしてみましょう。

授乳間隔を3時間以上、開けるようにしてみて下さい。

夜間は、ホルモンの分泌が盛んになるので、夜間の授乳を止めるだけでも、排卵が起こり生理が戻る人もいます。

授乳回数を減らすために、ミルクを併用することも一つの方法です。

★卒乳する

卒乳後、約1カ月でプロラクチンの値が正常に戻りますので、排卵が起こるようになります。

一般的に、卒乳後、1~3か月くらいで生理が再開すると言われています。

次の子の妊娠を考えるのであれば、思いきって「母乳育児をやめる」ことも考えてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

授乳中の生理周期は乱れる?

産後の生理が再開したものの、なかなか生理周期が安定しないという方はいませんか?

逆に、産後からは生理周期が安定してきたという嬉しい方も!

妊娠前と産後では、生理の周期や症状が、大きく異なるケースはよくあります。

例えば、「産後の生理周期が60日」と長かったり「1カ月に2回来たと思ったら、2か月来なかった」など、周期が不安定なことがあります。

また「産後は生理痛が軽くなった(重くなった)」とか「生理の量が増えた(減った)」など、症状が変化することもあります。

このように産後の生理が不安定なのは、ホルモンバランスの影響です。

では、ホルモンバランスを整えるにはどうしたらいいのでしょうか?

ホルモンバランスを整えるコツはこちらです。

★ストレスを溜めない

ホルモンバランスをコントロールしてるのは、脳です。

脳でストレスを感じると、直接ホルモンの働きに影響を与え、ホルモンバランスを乱すことに繋がります。

ホルモンバランスを整えるために、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

(「産後に痩せない原因はストレスだった!?」に関連記事を書いています。

★体を温める

血行が悪く、体が冷えていると、ホルモンバランスが乱れます。

お風呂に使ったり、足湯をしたり、靴下をはいたり、下半身を重点的に温めるようにしましょう。

温かい飲み物や食べ物を摂取することも効果的です、

★栄養をしっかり取る

母乳育児中は、母乳に栄養を取られるため、痩せて行く方がたくさんいます。

体が栄養不足の場合、生命維持に必要なところに優先的に栄養が回されるので、生命維持に関係のないところ(子宮や卵巣)まで栄養が届かず、生理周期が乱れる原因となります。

授乳中は激やせする場合もありますので、栄養不足にならないよう、気を付けましょう。

(「母乳育児中の激やせは危険?」に関連記事を書いています。)

★骨盤の歪みを整える

産後の骨盤が開いたままでいると、内臓が下がってしまい「内臓下垂」となります。

子宮や卵巣が内臓に押されてしまうと、働きが悪くなり、生理周期が乱れる原因となります。

子宮や卵巣の働きをよくするために、産後の開いた骨盤を締めることが大切です。

(「産後に痩せないのはホルモンの乱れ!?」に関連記事を書いています。)

まとめ

産後の生理を再開させたい理由は、人それぞれあると思います。

しかし、産後の生理が戻らないのは、母乳を出すホルモンの影響以外に「産後の母体の回復がまだ完了していない」とも考えられます。

まだ、あなたの体は「妊娠できる」ほど、回復していないのかもしれません。

それだけ、出産というのは、母体に負担のかかる大仕事なのですね!

母体の回復力を信じて、自然に生理が戻るのを待ってみるものいいと思います。

ただ、産後1年半以上経っても生理が再開しなかったり、卒乳後3か月以上経っても生理が戻らない場合は「ホルモンバランスや卵巣の機能に、何らの問題がある」可能性があります。

その場合は、医師に相談することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のママの体, 産後の生理

  関連記事

母乳育児は老ける?

産後「老けた?」と感じることがありませんか? 特に「母乳育児を始めてから、何だか …

母乳育児中のママは脱水に注意!?

母乳育児をしていると、とても喉が渇きますよね? これは「授乳で体の水分を奪われる …

母乳育児で免疫力が低下する?

母乳育児を始めてから「風邪を引きやすくなった」という方はいらっしゃいませんか? …

授乳中に胸が垂れるのを予防するには?

断乳・卒乳すると、「胸が小さくなる」「垂れてしまう」と言われますよね? しかし、 …

母乳育児中にママが風邪をひいたら?

母乳育児を始めてから「風邪を引きやすくなった」という方は、いらっしゃいませんか? …

母乳育児中の激やせは危険?

母乳育児中は、ダイエットに最適なのをご存じですか? 母乳を作るのに、普段より多く …

母乳育児中のだるさは鉄分不足が原因?

母乳育児中は、まるで「赤ちゃんにエネルギーを吸い尽くされる」ように感じますよね? …

母乳育児は眠れない?睡眠不足対処法!

母乳育児の大変さはいくつかありますが、その中でも「夜中の授乳が一番辛い!」と感じ …

授乳中のにきびは生理再開のサイン?

産後、しばらく経つと、顔だけではなく全身ににきびができ始めることがあります。 & …

母乳育児の疲労感の正体は?

母乳育児中のママの中には「授乳し終わるとフラフラになる」という方が多くいらっしゃ …