母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後1年が経過!痩せないのは何故?

      2015/10/09

産後のママの関心事と言えば、赤ちゃんのお世話や赤ちゃんの健康に関すること、母乳や母乳トラブルに関することが多いのではないでしょうか?

それと同じく、産後のママにとって、高い関心事の一つに「産後ダイエット」が上げられます。

妊娠中に増えた体重を元に戻すために、出産したら「いざ、ダイエット!」と思ってはいるものの、日々の生活に追われ、気が付けば産後1年が経過してしまい、ぜんぜん体重が戻っていない…なんていう方はいませんか?

産後のダイエットは「半年以内」とか「1年以内」とか言われていますが、本当に、産後の1年はダイエットに適しているのでしょうか?

今回は、痩せないまま産後1年が経過してしまった人へ向けて、産後の痩せる時期についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後1年間はダイエットに適している!?

一般的に、産後ダイエットのチャンスは「産後半年~1年」と言われています。

なぜなら「妊娠中に増えた皮下脂肪が落ちやすい時期」だからです。

産後半年を過ぎると、妊娠中に増えた皮下脂肪が硬化してしまい(いわゆるセルライト化)、皮下脂肪を落とすのが難しくなってしまうそうです。

 

また、産後の開いた骨盤が自然と元に戻るのに、産後半年かかると言われています。

骨盤を正しい位置に戻すことは、全身の基礎代謝を上げるので、痩せやすい体を作ることができます。

開いた骨盤をしっかり締めるためにも、産後の半年は大切な期間です。

産後半年、遅くとも産後1年の間は、体のメンテナンスを行うのに適しているため、この時期に産後ダイエットを行うと、成功しやすくなります。

(「産後の骨盤ケアはいつからいつまでに行うべき?」に関連記事を書いています。)

 

また、産後ダイエットを始める時期は、早ければ早い方がいいそうです。

とは言え、産後は赤ちゃんのお世話で運動などできませんし、食事制限は母体の回復や母乳の分泌を悪くします。

まずは、赤ちゃんとの生活に慣れること、そして母体の回復と健康を考え、産後の1カ月検診で医師から「普段の生活を行っていい」という指示が出てから、ゆっくり始めることにしましょう。

産後の体は痩せにくい!?

産後の半年~1年は、「脂肪を落とす」「骨盤を締める」という二つの点において適した時期であることはご説明した通りです。

しかし、ここで問題があります!

産後の体は、妊娠中からの運動不足によって、筋肉量が落ちています。

筋肉量が落ちているということは、基礎代謝が落ちているということなので、痩せにくく太りやすい状態と言えます。

つまり、産後の体はダイエットしにくい体なのです。

さらに、妊娠中に増えた食欲や食事量が戻らなかったり、赤ちゃんのお世話で家に籠りっきりだったりすると、ダイエットに適した時期とはいえ、ダイエットを実行するには難しい時期でもあるのです。

産後半年~1年が過ぎても間に合うの?

では、産後半年~1年が過ぎてしまっては、痩せることは難しいのでしょうか?

答えは「NO」です!

産後半年間は脂肪が落ちやすいと言われてはいますが、産後の脂肪も一般的な脂肪も、同じ「皮下脂肪」です。

食生活を見直したり、運動をすることで、減らすことは可能です。

激しい運動をしなくても、腹筋やスクワットなどの部分的な筋トレやストレッチを、赤ちゃんのお昼寝の間に行うことから始めてみて下さい。

また、筋肉を作るには、たんぱく質が必要です。

肉、魚、卵、大豆製品などから、積極的にたんぱく質を取るようにしましょう。

 

産後に開いた骨盤は、約半年間かけて、元の位置に戻ろうとします。

このとき、骨盤を正しい位置に戻さなければ、ダイエットだけでなく、全身の不調に繋がってしまいます。

骨盤ベルトなどのサポートグッズを利用して、骨盤を正しい位置に戻すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

産後半年~1年後に痩せ始めるケースは?

「痩せないまま産後1年が経過してしまった」からと言って、諦めなくて大丈夫です!

産後しばらくしてから痩せ始めた人が、たくさんいらっしゃいますよ!

例えば

・授乳中はお腹が空いて食べ過ぎてしまい痩せなかったけれど、子供が1歳過ぎて卒乳し、自分の食べる量が減ったら自然と痩せて行った

・子供が1歳過ぎて、動きが活発になってから、ママの運動量も増えて痩せて行った

・子供がハイハイし始めて、追いかけるようになったら痩せ始めた

・子供を連れて公園へ行くようになってから痩せ始めた

と、半年~1年過ぎてから、痩せ始める人もいます。

このように、産後しばらく経ってから痩せる人は、自然と運動量が増えたことが考えられます。

食生活を見直し、運動量が増えて行けば、痩せることに繋がっていくと思いますので、産後すぐに体重が戻らないからといって、焦る必要はないと思います。

体重を戻すことだけを考えてしまうと、栄養が偏ったり、体力が落ちてしまい育児へのエネルギー不足に繋がる可能性があります。

産後ダイエットは、赤ちゃんとママの健康を第一に考えて、行うようにしましょう。

まとめ

私は、母乳育児を行っていたせいか、産後1年かけて体重は減って行きました。

母乳育児以外に、痩せた原因として思い当たるのは、母乳のために行っていた食事管理と子育てです。

まず、食事管理については、母乳の質を良くすると言われている、ご飯と野菜を中心とした和食を心がけ、外食やテイクアウトはほとんどしませんでした。

食べる量は多かったですが、食べる内容は粗食だったと思います。

また、うちの子供たちは3人とも、いわゆる「手がかかる」タイプだったので、一日中抱っこしていたり、寝かしつけはもちろん母乳をあげないと寝てくれないし、夜中は何度も起きるし、愚図れば「ママじゃないと泣き止まない」という子供達でした。

とくに月齢の小さいうちは、「置いておく」とすぐ泣いてしまうので、とにかく抱っこかおんぶをしていました。

おんぶで掃除機をかけたり、おんぶしながら調理したり、洗濯を干したりするのは、重労働です。

私はいつも、おんぶで階段を上るときに「まるで登山のようだ」と思っていました。

赤ちゃんを抱っこしたりおんぶするのは、それだけ体に負荷がかかっているということなので、その状態で動き回るのは、かなりな運動量になるのだと思います。

抱っこばかりしているとできる「抱っこ筋」(二の腕の筋肉)もかなり盛り上がりましたよ!

私は「うちの子は手がかかる」「すぐ母乳が詰まる」と感じるときは「なんで自分だけ?」と、ほかの人に比べて苦労しているように思ったこともありますが、その分「産後ダイエット」という意味では得をしていたのかもしれません。

育児もダイエットも、産後1年で終わるものではありません。

痩せる時期やタイミングも人それぞれですので、痩せたい気持ちがあるのであれば、いつからでも始めることができると思います!

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のママの体重・ダイエット

  関連記事

母乳育児のママに欠かせない!酵素の効果とは?

出産後、「なかなか痩せない」「冷え性になった」「便秘がひどい」というみなさん! …

母乳育児でも体重が減らないのはなぜ?

妊娠すると、ほとんどの女性は平均で10キロくらいは体重が増えます。 中には15キ …

産後の体は代謝が悪い?産後の代謝をあげるには?

「産後、痩せにくくなった」と感じていませんか? 妊娠前と比べて、「出産してから、 …

母乳育児中の激やせは危険?

母乳育児中は、ダイエットに最適なのをご存じですか? 母乳を作るのに、普段より多く …

産後の痩せない下半身をどうする!?

産後の下半身太りで悩んでいませんか? 産後ダイエットの悩みには「体重が戻らない」 …

母乳育児中に「断食ダイエット」してもいいの?

「食を断つ」という断食ダイエット。 簡潔に言うと「食べないダイエット」です。 本 …

産後に痩せない原因はストレスだった!?

「出産したら妊娠前の体重に戻すぞ!」と張り切っていたみなさん! 産後、しばらく経 …

産後に痩せないのはホルモンの乱れ!?

「産後しばらくしても痩せない」とがっかりしている方はいませんか? 赤ちゃんとの忙 …

産後にお勧め?授乳中でも出来る酵素ダイエットとは?

出産したその日から、赤ちゃんのお世話が始まります。 そんな、息つく暇もないほど忙 …

赤ちゃんが声を出して笑うようになる時期と笑わせるコツは?

生後間もない赤ちゃんは、基本的には無表情ですよね。 そんな赤ちゃんも生後1~2か …