母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後に花粉症になった or 花粉症が治った?

      2016/01/01

「出産すると体質が変化する」と言われますよね?

大きな体質の変化の一つとして、産後からアレルギーを発症する方がいらっしゃいます。

その中でも、出産してから「花粉アレルギー=花粉症」になったというケースはよくあります。

その一方で、出産してからは「これまで悩まされていた花粉症の症状が現れなくなった!」と喜んでいる方もいらっしゃるのです。

今回は「産後に花粉症が悪化したり、治ったりするのは、どうしてなのか」その理由について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後は花粉症になりやすい?

出産後、「花粉症の症状が現れた」という方はいらっしゃいませんか?

 

例えば

 

・これまで花粉症ではなかったのに、出産をきっかけに花粉症を発症した

・もともと花粉症であったが、産後は症状が悪化した

 

というように、産後から花粉症に悩まされ始める方がいらっしゃいます。

出産を機に、花粉症を発症する方は意外と多く、花粉症の辛い症状に悩まされながら赤ちゃんのお世話をしているようです。

 

では、花粉症の発症は、本当に「出産」が影響しているのでしょうか?

 

一般的に、スギ花粉の発症は男性より女性に多く、発症年齢のピークは、20~30代だそうです。

この事実を考えると、妊娠・出産・子育て世代の女性は、「花粉症を発症しやすい時期」と重なっているため、「たまたま産後に花粉症を発症した」とも、受け取ることができます。

それとも、産後に花粉症を発症するメカニズムがあるのでしょうか?

 

産後に花粉症が悪化するのは出産による体質変化のせい?

一般的に「出産で体質が変化する」と言われますよね?

出産してから、「風邪を引きやすくなった」とか「生理痛が軽くなった」とか「冷え性になった」とか、体が大きく変化することがあります。

産後に花粉症になったり、花粉症が悪化するのも、出産によって起こった「体質の変化」が原因なのでしょうか?

 

出産によって、花粉症を発症したり、花粉症が悪化するケースがあるのは事実です。

しかし、その科学的根拠や理由は、明らかにされていません。

 

「出産」と「花粉症」について、その因果関係は明らかにされていませんが、産後に花粉症が悪化する原因として、次のようなことが考えられます。

 

◎ホルモンバランスの変化

ホルモンとアレルギー反応には、何らかの関係があると言われています。

産後、大きく変化するホルモンバランスによって、アレルギー反応が生じてしまうのは、可能性として考えられます。

 

◎免疫力の低下

産後は、免疫力が低下しています。

免疫力の低下は、ホルモンバランスに大きな影響を与え、外からの刺激(花粉)を受けやすくなります。

 

◎睡眠不足やストレス

産後の生活は、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりやすく、育児ストレスも溜まりがちです。

睡眠不足やストレスは、免疫力を低下させ、自律神経を乱し、ホルモンバランスを乱してしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、体温が低くなりやすいことから、外からの刺激に対する抵抗力が弱まることが考えられます。

 

◎既に花粉に対する抗体が作られていた

花粉症は、花粉に対する抗体が、体内である一定量を超えたときに、花粉症として発症します。

花粉に対する抗体は、ある日突然作られるのではなく、数年前から少しずつ作られ続けているのです。

産後に花粉症を発症した場合、妊娠・出産前から既に花粉への抗体が体内で作られており、「たまたま花粉症を発症したのが産後だった」ということが考えられます。

 

スポンサーリンク

 

産後に花粉症が治るケースも?!

産後に花粉症が悪化して悩まされる方がいる一方で、「産後から花粉症の症状が出なくなった!」と喜んでいる方もいらっしゃいます。

 

例えば、

 

・毎年ひどい花粉症だったのに、出産してから何の症状も出なくなった

・1人目を出産した後はひどい花粉症だったが、2人目を出産してから花粉症の症状がやわらいだ

・数十年もの間悩まされた花粉症が、3人目を出産してからピタリと治まった

 

このように、出産してから、花粉症の症状がみられなくなったり、症状が軽くなるケースもあります。

 

花粉症が軽減される理由として考えられるのは「出産による免疫抗体の変化」です。

妊娠中は、胎児を体内の異物と見なさないよう、体の免疫力が低下しています。

産後は、この免疫抗体が正常に戻ってきますので、その反動として、アレルギー反応が治まってくることが考えられます。

また、出産や授乳を終え、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻ってくると、アレルギー症状が軽減されることもあります。

 

このように、産後に花粉症が治ってしまったり、症状が軽減されるケースがあるのは事実ですが、この原因もやはり「謎」だそうです。

 

まとめ

出産をきっかけに、花粉症を発症したり、ひどい花粉症が治ってしまったり、産後の体の変化って、すさまじいものですよね?

ホルモンバランスや、免疫抗体のバランス、自律神経のバランス…ほんちょっとしたバランスの変化が劇的に行われている産後の女性の体は、神秘的だと思います。

幸いにして、私は花粉症ではありませんので、花粉症の辛さはまだ未体験ですが、私の体内にも少しずつ花粉への抗体が蓄積されていると思うと、「今年は花粉症になるのではないか?」と毎年、花粉の時期はヒヤヒヤしています…。

 

花粉症だけでなく、鼻炎や風邪など、「鼻詰まり」で苦しいときは、蒸しタオルなどで鼻を直接温めたり、首の後ろや背中を温めるといいですよ。

また、授乳中は、花粉症の薬は控えた方がいいので、食生活から花粉症を改善して行きましょう。

花粉症に効果が期待できる、「無添加」「ノンカロリー」「ノンカフェイン」のお茶なら、授乳中のママが飲んでも安心なので、お勧めです!

 

 

 - 産後の関節痛・花粉症

  関連記事

産後のひどい花粉症!薬に頼らない対処法は?

「出産してから、花粉症に悩まされるようになった」という方はいらっしゃいませんか? …

産後の関節痛は女性ホルモンのせい?!

出産してからというものの、関節痛に悩まされていませんか? 関節痛が起きる場所は、 …