母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

離婚は避けたい!夫婦の会話を増やすには?

      2019/07/21

前回の記事」でご紹介したように、夫婦の会話が少なくなると離婚のリスクが高まると一般的に言われています。

また、離婚は考えていなかったとしても夫婦の会話が少ないと「一緒にいても楽しくない」「パートナーに物足りなさを感じる」「結婚している意味がわからない」など、パートナーへの愛情が冷めてしまう原因にもなりかねません。

そして本当にパートナーへの愛が冷め切ってしまうと、そこからパートナーへの”無関心”が始まり、やがて”まったく会話のない生活”がやってくることになります。

結婚しても夫婦関係を楽しむために、そして離婚のリスクを遠ざけるために、夫婦の会話を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

今回は妻向けに「夫との会話を増やすヒント」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

夫婦の会話を増やすには?

『夫婦の会話が減るのは離婚の前触れ?』でご紹介したように、夫婦の会話時間が減るというのはコミュニケーション不足へ発展するため、結果的に離婚へ発展しやすいと言われています。

実際、会話のない生活なんて「夫婦でいる意味がない」と思ってしまいますよね?

 

では離婚を避けるために、夫婦の会話を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、結婚してから会話が減ってしまったと悩んでいる妻に向けて、話をしない夫への対処法をご紹介します。

 

話題がないならテレビやラジオに頼る

長年連れ添っている夫婦であれば、夫のことは知り尽くしているため今更話す話題などないという人がいるかもしれません。

そんな人は、テレビやラジオの内容から話題を探してみましょう。

テレビやラジオの中には、ニュースなどの堅苦しいものだけでなく、天気やCM、聞こえてくる音楽など夫婦の話題になりそうなものがあふれています。

そして、例えば天気であれば「今日は暑くなるみたいだね」と話しかけると夫の返事が「うん」で終わってしまうので、「暑いけど、あなたの体調はどう?」「暑いから今週末は涼しいところに行きたいのだけど、どこがいいと思う?」など質問形式で話しかけ、夫に”返事+α”の答えを求めるようにしましょう。

 
夫に感想を聞く

今日の一日の出来事や今夜の夕飯の味など、夫に感想を聞いてみましょう。

仕事の話をしたがらない夫であれば「今日はどんなランチを食べたの?」「電車(道路)は混んでた?」など、仕事から外れた質問でもいいですね。

意外と「こんなおいしい店があってさ…」「今日は運よく電車の中で座れたよ」「電車の中にこんな変わった人を見かけて驚いたよ」など、夫からの返事が返ってくるかもしれません。

夫が現状に満足しているのか、昼間どのような生活パターンを送っているのか知らない妻は多いものです。

妻が知らない夫の一日を覗いてみてはいかがでしょうか?

 
「私は」という主語を入れる

「私はこうして欲しい」「私はこう思った」「私はこうしたい」というように、主語に「私」を持って来て自分の気持ちを素直に表現するようにしましょう。

「今日はこんなことがあった」という事実を述べるだけでなく、「だから私はこう感じた」という感情を伝えた方が夫も反応しやすくなると思います。

そして「私はこう思ったのだけど、あなたはどう思う?」と最後に夫の意見を聞いてみて下さい。

私はいつも自分の考えや感じ方が誤っていないか、「どう思う?」と夫の意見を聞くようにしています。

 

スポンサーリンク

 

夫婦で共通の話題をする

夫が興味のない話ばかりしていると、だんだん夫の反応が悪くなってきます。

自分に置き換えてみても、興味のない話を毎日繰り返されたら「もうこの人の話は聞きたくない」と思いますよね?

まずは、自分が話している内容について夫が興味を持っているかどうかを確認し、できれば夫婦共通の悩みや目標や課題について話をするといいでしょう。

例えば、「今日の夕飯は何を食べたい?」「休日はどこへ行く?」といった日常的なことから、住居やお金や子育てのことなど家族全員に関わる話題を提供してみましょう。

 
夫婦二人の時間を持つ

子供を持つ夫婦であっても、夫婦二人の時間を持つことは大切です。

それぞれが、親としての立場ではなく男女という立場で話をした方が適度な距離感を保ちやすくなります。

ただ、家で過ごしているとどうしてもテレビの音や家事に邪魔されてしまうので、カフェやレストランや車の中など誰にも邪魔されない場所で夫婦二人きりの時間を持つといいでしょう。

 
話をするときは相手の目を見る

「おはよう」「おやすみ」などの些細な挨拶であっても、相手の目を見るようにしましょう。

相手が顔を上げないときは名前で呼びかけ、相手がこちらを向いてから声を掛けるといいですね。

 
メッセージでコミュニケーションを増やす

会話をする時間がないのであれば、メールやメッセージで相手に気持ちを伝えてみましょう。

「たまにはゆっくり話がしたいから、いつなら時間取れる?」と夫に約束させるのもお勧めです。

ただ、メッセージのやりとりがメインになってしまったり、業務連絡のみのメッセージばかりにならないよう気を付けましょう。

 
スキンシップを取る

夫婦のコミュニケーション法は会話だけではありません。

会話がなくても、手をつないだりハグをするだけで愛情を伝えることはできるはず。

ただ、お互いの気持ちが冷めてからではスキンシップは取りにくいので、お互いの気持ちが冷める前に実行してくださいね!

まとめ

会話がなくても夫婦として成り立っているカップルもいますが、個人的には夫婦の会話は夫婦円満度を測るバロメーターだと思います。

我が家の夫はマイペースなため、いつでも同じペースで私に話しかけてきますが、私はそうではありません。

夫に腹が立っているときや夫への気持ちが冷めているときは夫と口をきくことがとても嫌です。

夫からの質問に返事をするのも嫌なくらいで、内心では「話しかけないで」と思うほど。

しかし夫婦仲が順調に行っているときは、相手の話や意見も素直に聞き入れることができますし、また自分からも「話したい、聞いて欲しい」と思うのです。

誰だって好きでもない相手や興味のない相手と話をしようと思わないでしょうが、夫婦だって同じです。

会話がないというのはお互いへの興味や関心、さらには愛情が薄れているサインでもありますから、離婚に至る前に夫婦の会話を取り戻したいものですね。

スポンサーリンク

 - 夫婦の会話・スキンシップ

  関連記事

夫婦の話し合いを拒否る夫。黙り込むのはなぜ?

夫に対し、不満や要望などがあるときや夫婦間の問題を解決したいとき。 みなさんはど …

夫婦の会話がないのは寂しいこと?妻は対策すべき?

「夫婦であれば何でも話しあえるのは当然」と思いきや…。 「会話がない」という夫婦 …

夫婦の会話が減るのは離婚の前触れ?

結婚したばかりの頃は毎日たくさん話をしていたという夫婦であっても、結婚してしばら …

夫婦で話し合うベストタイミングは?夜はNG?

結婚すると、夫婦で話し合わなければならないことが山ほど出て来ます。 例えば、夫婦 …

夫婦の会話を面倒くさいと感じるのはなぜ? 

夫婦のコミュニケーションの基本中の基本、それは「会話」ですよね? 夫婦と言えど、 …

無言で食事をする夫婦!会話が面倒くさいの?

みなさんは食事中、”夫婦の会話”を楽しんでいますか? 私 …