母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

悪露のにおいの原因とおすすめナプキンは?

      2015/10/09

産後の悪露は、約1カ月ほど続きます。

その間は、お風呂に入れませんし、コマメに産褥パッドや生理用ナプキンを取り替えなければなりません。

赤ちゃんのお世話もあって、悪露自体がとても面倒に感じますよね?

産後の悪露の間は、悪露の量が気になったり、悪露の色が気になったりするものです。

その中でも、特にデリケートな悩みが「悪露のにおい」ではないでしょうか?

今回は「正常な悪露のにおい、危険なにおいと、かゆみやかぶれを軽減するナプキン」について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後の悪露はどんなにおい?

産後の悪露のにおいは、独特なにおいがします。

血液が混じっているので、鉄のようなにおいを感じることもあれば、血生臭いにおいを感じることもあります。

生理の経血よりもにおいが強く、トイレに行く時以外でも、気になる人もいます。

産後のママの中には「パジャマに付く悪露のにおいが気になり、入院中は同室のママさん達に申し訳ない思いをした」と感じる人もいるくらいです。

産後の悪露のにおいを防ぐには?

産後の悪露がにおうのは、仕方がありません。

悪露の量が多い産後すぐ~1週間くらいは、どうしてもにおいが気になるものなのです。

においを減らすには、こまめに産褥パッドや生理用ナプキンを交換し、トイレのたびに洗浄綿やウォシュレットで清潔にするしかありません。

産後は汗もかきやすいので、蒸れるとにおいの原因にもなります。

特に問題がなければ、毎日シャワーを浴びたり、通気性のいい下着をつけるようにしましょう。

悪露のにおいを防ぐのにおすすめのナプキンは?

悪露の間は、においだけでなく、ナプキンによる痒みやかぶれにも悩まされますよね?

かぶれている場合は、ナプキンをこまめに交換し、トイレのたびに洗浄して清潔に保つようにしましょう。

それでもかゆみやかぶれが治まらない場合は、肌にやさしいナプキンや「布ナプキン」を使用してみて下さい。

布ナプキンは、動いてもこすれにくく、肌に優しいのが特徴です。

ただ、洗濯の手間が増えるので、普通のナプキンと併用するといいかもしれませんね。

肌に優しく蒸れにくいので、悪露のにおいを軽減するには「布ナプキン」をお勧めします!

 

スポンサーリンク

 

産後の悪露の危険なにおいとは?

産後の悪露は、血液だけでなく、傷ついた産道からの分泌物や子宮内膜など、出産後に不要になったものが混ざっているため、いろいろなにおいが混ざっています。

血液のにおいだけど、それだけではない「独特なにおい」がするのは当たり前です。

しかし、気になって仕方がないくらい、強いにおいの場合は注意が必要です。

たとえば、「強い、酸っぱいにおい」や「腐った魚のようなにおい」です。

このような場合は、子宮内に傷があったり、子宮の収縮が順調に進んでいなかったり、子宮内に胎盤の一部が残っている可能性があります。

さらに、産後はホルモンバランスの乱れや、ストレス、免疫力低下などによって、膣内環境が悪くなり「細菌性膣炎」になる人もいます。

細菌性膣炎の場合は「腐った魚のような強烈な悪臭」がしますので、悪露とは違うにおいだ、と気付く人もいるでしょう。

「におい」は、非常にデリケート悩みでありますが、恥ずかしいことではありません。

母体の状態を知るための、大切な体からのサインの一つです。

悪露の量や色だけでなく、悪露のにおいについても、しっかりチェックしましょう!

まとめ

産後の悪露は、約1か月間続きます。

それ以上、続く方もいます。

その間、ずっとナプキンを付けているなんて、肌にもよくないし、蒸れる原因にもなります。

においが気になるのも、仕方ありませんよね。

布ナプキンは肌触りがいいので、ナプキンを付けている不快感が軽減できますよ!

私も産後の悪露のにおいが気になり、子供への授乳中や寝返りをうったときに、ふと「におう」ことがありました。

入院中、医師の回診で「会陰部の診察」や「会陰切開の抜糸」のときは、病院の先生に申し訳ない気持ちになりましたよ。

しかし、悪露のにおいは、悪露が排出されている間は、なくなりません。

過度に気にし過ぎるのは、やめましょう。

ただ、子宮の中に胎盤が残っていたり、感染症の場合は、においの原因が悪露とは別のところにありますので、適切な処置をしない限り、においが改善されません。

悪露が減って来ているのににおいが強かったり、気になるにおいを感じるのであれば、早目に病院へ行くようにして下さいね!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後のトラブル

  関連記事

母乳育児の母親の便秘解消法は?

産後「便が硬くて出ない」「1週間も便が出ていない」と便秘で困っていませんか? 妊 …

産後のしわしわお腹!皮まで剥けるのはなぜ!?

出産後の伸びきったお腹を見て、驚き、ショックを受けた方は、数知れず… 私も、その …

産後の悪露はいつまで?色と量は?

産後の出血を悪露(おろ)と言います。 悪露が続いている間は、母体が回復している期 …

産後の下腹部痛はいつまで続く?

産後しばらくは、下腹部の痛みに悩まされる方がほとんどです。 「陣痛を乗り越えたば …

産後のお腹の黒ずみは治らないの?

あるとき、産後の自分のお腹を見て「なんだか黒い?」と気付いた方はいませんか? 中 …

産後の妊娠線を消すにはどうしたらいい?

妊娠中「妊娠線は絶対に作らない!」と励んでいた方も、ある時期から一気に出来始めた …

断乳・卒乳後の胸がかゆい!?原因と対処法は?

長いようで短かった母乳育児が終わり、授乳という役目を果たした胸は、見事に「小さく …

産後の関節痛は女性ホルモンのせい?!

出産してからというものの、関節痛に悩まされていませんか? 関節痛が起きる場所は、 …

産後に便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?

産後は便秘になる方が多くいらっしゃいますが、その一方で、下痢に悩まされている方も …

産後の便秘解消!母乳にも安心な食べ物は?

産後のママは、便秘になりやすいそうです。 その原因は、水分不足やホルモンバランス …