母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の尿漏れがひどい!大量な尿漏れの原因と改善策は?

      2016/01/16

産後、尿漏れに悩まされていませんか?

赤ちゃんを抱っこした時、くしゃみをしたとき、笑ったときなど、お腹に力を入れたふとした瞬間に、尿漏れを起こすことがあるかと思います。

このように、腹圧がかかった時に起こる尿漏れを「腹圧性尿失禁」といいます。

もう一つ、尿意を感じると我慢できずに起こる尿漏れを「切迫性尿失禁」といいます。

尿漏れには、この二つのタイプがありますが、産後のママの7割が、尿漏れを経験していると言われています。

このように、産後の尿もれは、珍しいことではないので、あまり気にし過ぎないようにしてくださいね。

とは言え、尿漏れのせいで日常生活を快適に過ごせず、深刻な悩みに発展することもあります。

産後の尿漏れを改善するために、早めの対策を取っておきましょう。

今回は「産後の尿漏れの原因と改善法」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後の尿漏れ!大量に漏れるのはよくあること?

産後、尿漏れに悩まされている方は、以外と多いものです。

 

例えば、

・尿意を感じると我慢できずに出てしまう

・無意識のうちにおしっこが出てしまう

・お風呂の後にちょろちょろ出てくる

 

というように、尿意を自分でコントロールすることが出来なくなっているようです。

 尿漏れの量が少量ならば、まだ我慢出来ますが

 

・立った途端に、ザーっと大量に流れ出てくる

・大きなくしゃみや咳をすると、溜まっていたほとんどの量が出てきてしまう

 

というように、大量の尿が出てきてしまうこともあります。

 大量に出てしまったときは、尿漏れ専用のシートやパッドでは吸収しきれない場合もあるようです。

尿意をコントロール出来ないため、寝ている間に漏れてしまうこともあり「朝起きたらおねしょをしていた」という方もいらっしゃいます。

産後の尿漏れは、多くの方が経験するとはいえ、家族にも言うことができず、一人で悩んでいる方もいらっしゃいます。

産後の尿漏れの原因は?

産後の尿漏れは、たとえ漏れる量が少なかったとしても、嫌ですよね?

尿漏れのたびに、下着を変えなければならないし、外出もままならない、ということもあるでしょう。

では、産後の尿漏れはどうして起こるのでしょうか?

いくつか原因がありますのでご紹介します。

 

★骨盤底筋の緩み

産後は、赤ちゃんが産道を通ることによって、骨盤の下にある「骨盤底筋」が引き伸ばされた状態です。

骨盤底筋は、尿道の開閉に使う筋肉とつながっているため、骨盤底筋が緩んでいると、尿道のコントロールができなくなり、尿漏れを引き起こしてしまうのです。

また、骨盤底筋は、尿意を感じる神経に影響を及ぼすため、骨盤底筋が緩んでいると、尿意を感じにくくなり、「気付いたときには間に合わなかった」という事態が生じてしまうのです。

子宮口が開いてから出産までの時間が5時間以上かかった方や、3500g以上の大きな赤ちゃんを出産した方は、骨盤底筋への負担が大きく、骨盤底筋が緩んでいる可能性が高くなります。

 

★骨盤の歪み

妊娠と出産によって、骨盤は大きく緩みます。

骨盤は下のほうが開くのですが、骨盤の下方が開いていると、骨盤底筋が緩む原因となります。

 

スポンサーリンク

 

産後の尿漏れはいつまで続く?

産後の尿漏れは「産後の時期限定」とはいえ、いつまで続くのでしょうか?

 

一般的に、「産後1ヶ月ほどで回復してくる」と言われています。

しかし、産後の体の回復や、骨盤の回復は個人差が大きいため、「産後半年くらい続く」という方もいらっしゃれば、「産後しばらく経ってから尿漏れが始まった」という方もいらっしゃるようです。

産後の尿漏れを長引かせないためには、産後の痛んだ骨盤底筋に負担をかけないよう、少なくとも産後1ヶ月間は重いものを持たず、できるだけ横になるようにしましょう。

また、産後1ヶ月以内に、コルセットやウエストニッパーでお腹回りを締め付け過ぎてしまうと、内臓が下がってしまい、骨盤底筋に負担がかかりますので、使用の際は注意して下さい。

産後の尿漏れを改善する運動は?

産後の尿漏れを放置しておくと、慢性化してしまう可能性があります。

そうなる前に、改善しておかなければなりません。

産後の尿漏れを改善するには、骨盤底筋を鍛える必要があります。

骨盤底筋を鍛える運動はこちらです。

 

★骨盤底筋運動

骨盤底筋を鍛えるトレーニングをしましょう。

尿道、膣、お尻の穴に5秒間ほど力を入れ、5秒間休憩してください。

おしっこを我慢するときのように、股全体やお尻の穴に力を入れるのです。

これを10回繰り返しましょう。

わかりにくい場合は、実際におしっこをしている最中に、数秒おしっこを止めてみましょう。

骨盤底筋を鍛えるには、最低でも3カ月間ほどトレーニングを続ける必要があります。

立っている時、座っている時、横になっている時、いつでもできますので、日常生活の中で取り入れることができます。

骨盤底筋トレーニングのおかげで「尿漏れが治まった!」という方はたくさんいらっしゃいますので、ぜひ3か月間続けてみて下さいね。

 

★骨盤矯正運動

産後の尿漏れが長く続く方の中には、「産後の骨盤ケアを一切行わなかった」という方がいらっしゃいます。

尿漏れを改善するには、産後の開いた骨盤を正しい位置に戻してあげましょう。

骨盤を正しい位置に戻すには、立ったまま、腰を左右に大きく回す運動がお勧めです。

右10回、左10回ほど、家事の合間に回してみて下さいね。

産後1ヶ月を過ぎたら、骨盤体操と合わせて、骨盤ベルトを使用して、骨盤を締めてあげると効果的です。

骨盤ベルトを着用する際は、骨盤が歪んだまま骨盤ベルトで固定していまうと逆効果になりますので、気を付けて下さい。

「超」簡単な骨盤体操のDVDがセットになった「骨盤ベルト」なら、産後のママでも簡単に取り組むことができるでしょう。

 

大量の尿漏れの対処法は?

尿漏れは、産後に起こる身近なトラブルです。

時期がきて、自然に尿漏れが治まるまでは、うまく対処していくしかありません。

産後の尿漏れへの対処法はこちらです。

 

★こまめにトイレに行く

産後は尿意を感じにくかったり、尿意を感じたら我慢できない、ということが起こるので、時間を見計らってこまめにトイレに立つようにしましょう。

 

★尿漏れ専用シートや尿漏れおむつを使う

尿漏れシートやおむつを使用することに抵抗があるかもしれませんが、最近では「女性専用」の尿漏れシートやおむつがたくさん売られています。

尿漏れシートやおむつを使用すれば、尿漏れに怯えることなく生活できますので、ぜひ活用してください。

 

★尿漏れ専用ショーツを使う

尿漏れシートやおむつが肌に合わない方、蒸れが気になる方、尿漏れシートやおむつを使用することに抵抗がある方は、尿漏れ専用のショーツを使ってみて下さい。

見た目では、普通のショーツと同じなので、洗濯物を干していても気づかれることがありません。

尿漏れ防止と同時に、骨盤底筋を鍛える機能のある尿漏れ専用ショーツなら、産後の尿漏れの回復を早めてくれるかもしれませんね。

まとめ

産後によくある「腹圧性尿失禁」は、産後ママの40%の方が経験するそうです。

産後の尿漏れは、年齢に関係なく、誰にでも起こる可能性がありますので、深刻に悩まずうまく乗り切って行きましょう!

産後の尿漏れにナプキンを使う方もいらっしゃいますが、ナプキンと尿漏れシートの目的は異なりますので、尿漏れ専用シートを使うようにして下さいね。

私は、産後の尿漏れはありませんでしたが、産後数年経った現在でも、お風呂やプールの後に、ちょろちょろと水が出てくることがあります。

骨盤底筋が緩んでいるのでしょうね…。

骨盤底筋トレーニングは、コツを掴むのが難しいですが、3か月後に尿漏れの悩みから解放されるのであれば、やってみる価値はありそうですね!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の多汗・尿漏れ

  関連記事

産後の尿漏れで病院を受診する目安と治療方法は?

産後の尿漏れで悩む女性は、産後の女性のうち40%に上ると言われています。 尿漏れ …

産後の尿漏れが臭い!消臭スプレーは効果的?

産後、尿漏れに悩んでいる方は、意外と多くいらっしゃいます。 産後の尿漏れは、くし …

産後に汗が止まらないのはなぜ?

産後、「汗っかきになった」「冬でも汗が止まらない」という方は、意外と多いものです …

産後は尿漏れだけではない!便漏れの原因と対処法は?

産後によくあるトラブルの一つに、尿漏れがあります。 そして、尿漏れと同様に、「便 …

産後の汗が臭い!?脇汗の臭いへの対処法は?

産後のママは、汗っかきになります。 「赤ちゃんが汗っかきなのは知っていたけど、自 …

産後の汗かき!あせも対策は?

産後は、ホルモンバランスの乱れによって、汗っかきになることがあります。 あまりに …

産後は頭から大量の汗!頭の臭い対策は?

出産してから、「大量の汗をかくようになった!」と驚いていませんか? 産後は、ホル …