母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の尿漏れで病院を受診する目安と治療方法は?

      2016/01/25

産後の尿漏れで悩む女性は、産後の女性のうち40%に上ると言われています。

尿漏れの程度は、「ちょろちょろ漏れる」くらいの方から、「大量に漏れてしまい、洋服までびしょ濡れになってしまう」という方までさまざまです。

また、「寝ているときに尿漏れしてしまう」「尿漏れの臭いが気になる」など、尿漏れにまつわる悩みも多岐に渡ります。

尿漏れは、産後の一時期に起こるものとはいえ、恥ずかしいという理由から、1人で抱え込んでいる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、尿漏れを放っておくと、症状が悪化してしまう可能性があります。

自宅で産後の尿漏れ対策を行っていても、なかなか改善されない場合は、病院へ行くことも考えなければなりません。

今回は、「産後の尿漏れで病院へ行く目安」や「病院で行う尿漏れの治療方法」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後の尿漏れで病院を受診する目安は?

産後の尿漏れの原因は、骨盤底筋の緩みだと考えられています。

妊娠中は大きくなる子宮によって膀胱が圧迫され続けていましたし、出産によって、骨盤底筋に負担がかかることで、骨盤底筋が伸びてしまうのです。

そのため、産後の尿漏れは、くしゃみや咳をしたとき、赤ちゃんを抱っこしたときなど、お腹に圧力がかかったときに、漏れてしまう「腹圧性尿失禁」であることがほとんどです。

産後の尿漏れは、骨盤底筋の回復によって、自然に解消されることが多く、骨盤底筋トレーニングを3カ月ほど行うと、改善されていくようです。

しかし、次のような場合は、病院で検査をする必要が出てきます。

 

◎産後しばらく経ってから尿漏れが始まった/尿漏れが4カ月以上続く/大量に漏れる

骨盤底筋トレーニングを行っても改善されない場合は、「骨盤底筋の障害」が考えられます。

 

◎尿意を感じると我慢できない(切迫性尿失禁)

切迫性尿失禁の場合、膀胱や尿道の神経が弱っていたり、膀胱の容量が小さすぎることが考えられます。

 

◎尿の臭いが強烈である

膀胱炎などの「感染症」の疑いがあります。

 

◎腹痛を伴う

尿漏れと同時に腹痛を伴う場合は、「膣炎」などが考えられます。

また、膣炎によって尿漏れを引き起こしていることもあります。

 

◎尿漏れが長引く

自律神経の乱れ、ストレスなど、「精神疾患」が原因になっている可能性があります。

 

 

これらに当てはまる場合は、尿漏れが回復されるのを待たず、専門医へ相談するようにしましょう。

 

産後の尿漏れは何科に行けばいいの?

産後1~2年経っても、尿漏れに悩んでいる方は、30%近くいらっしゃるそうです。

適切な処置を受けることで、尿漏れから解放されるのですから、恥ずかしがらずに病院へ行くようにして下さい。

病院へ行きたいけど「何科に行けばいいのかわからない」という方は

・産婦人科
・婦人科
・泌尿器科

に行くようにして下さい。

特に、女性の尿漏れや排尿障害を専門に見てくれる病院だと安心です。

 

スポンサーリンク

 

 

産後の尿漏れはどんな治療を行う?

産後の尿漏れに改善するために、病院ではどのような治療を行うのでしょうか?

腹圧がかかったときに尿漏れを起こす「腹圧性尿失禁」の場合は、尿道を閉じる筋力を強くするお薬のほか、手術も有効だそうです。

尿意を感じたら我慢できない「切迫性尿失禁」の場合は、膀胱や尿道の働きを正常に保つお薬が処方されるようです。

そのほか、電気療法や、排尿トレーニングなどもあるそうです。

症状に合わせた治療を行うことで、尿漏れで悩む方の80%ほどは完治するそうです。

1人で悩まず、前向きに治療に取り組むようにしましょう。

産後の尿漏れを自分で改善するには?

産後の尿漏れは、妊娠と出産によって生じた「骨盤底筋の緩み」が主な原因です。

しかし、産後の便秘や、妊娠中に太りすぎてしまったことも、尿漏れの原因となっています。

産後の尿漏れを改善するために、気を付けたいことはこちらです。

 

◎骨盤底筋トレーニングを行う

骨盤底筋トレーニングを行うことで、産後の尿漏れは改善される可能性が高くなります。

骨盤底筋トレーニングは、最低でも3カ月続けると変化を実感できるそうなので、コツコツ続けるようにしましょう。

(「産後の尿漏れがひどい!大量な尿漏れの原因と改善策は?」に関連記事を書いています。)

 

◎水分をしっかり取る

尿漏れが心配で、水分を控えるのはよくありません。

体が脱水気味になると、尿の臭いがきつくなったり、便秘の原因になる可能性があります。

適度な水分を取るようにしましょう。

(「産後の尿漏れが臭い!消臭スプレーは効果的?」に関連記事を書いています。)

 

◎便秘を改善する

便秘をしていると、便が溜まった腸によって、膀胱が圧迫されます。

便秘を改善し、いつも腸内をすっきりさせておきましょう。

(「母乳育児の母親の便秘解消法は?」に関連記事を書いています。)

 

◎太り過ぎないようにする

肥満は、内臓に圧力がかかっている状態です。

膀胱が常に圧迫されていることになりますので、尿漏れしやすくなります。

また、産後太りは骨盤低筋にも負担がかかり、骨盤底筋の力が戻りにくくなる可能性もあります。

無理な産後ダイエットはお勧めできませんが、妊娠中に体重が増えすぎてしまった方は、ゆっくり体重を戻すように心がけましょう。

 

◎気にし過ぎない

産後の尿漏れを気にするあまり、精神疾患に発展するケースも否定できません。

「出産という大仕事を成し遂げたのだから仕方がない」と、尿漏れについて悩み過ぎないようにしましょう。

 

最近では、女性用の尿漏れパッドも数多く売られていますし、ふつうの下着と同じように使える「尿漏れ専用ショーツ」もありますので、周囲に知られることなく尿漏れケアをすることが出来ます!

まとめ

産後の尿漏れは、20代でも40代でも、年齢に関わらず、誰にでも起こり得ることです。

産後の尿漏れは、骨盤底筋が回復するに従って、時間と共に回復してくることが多いそうです。

しかし、出産によって骨盤底筋の損傷が激しかった方や、お産が長引いた方、出産回数の多い方は、尿漏れの程度がひどく、長引く可能性もあります。

骨盤底筋は、加齢とともに低下していくので、産後の時期にしっかり治しておかないと、将来、尿漏れに悩まされることになるかもしれません!

尿漏れが原因で、家にこもりがちになったり、人と会いにくくなったり、職場復帰できなくなるなど、深刻な悩みに発展する前に、専門の医療機関で、適切な処置を受けるようにして下さいね。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 産後の多汗・尿漏れ

  関連記事

産後は頭から大量の汗!頭の臭い対策は?

出産してから、「大量の汗をかくようになった!」と驚いていませんか? 産後は、ホル …

産後は尿漏れだけではない!便漏れの原因と対処法は?

産後によくあるトラブルの一つに、尿漏れがあります。 そして、尿漏れと同様に、「便 …

産後の汗が臭い!?脇汗の臭いへの対処法は?

産後のママは、汗っかきになります。 「赤ちゃんが汗っかきなのは知っていたけど、自 …

産後の汗かき!あせも対策は?

産後は、ホルモンバランスの乱れによって、汗っかきになることがあります。 あまりに …

産後の尿漏れがひどい!大量な尿漏れの原因と改善策は?

産後、尿漏れに悩まされていませんか? 赤ちゃんを抱っこした時、くしゃみをしたとき …

産後の尿漏れが臭い!消臭スプレーは効果的?

産後、尿漏れに悩んでいる方は、意外と多くいらっしゃいます。 産後の尿漏れは、くし …

産後に汗が止まらないのはなぜ?

産後、「汗っかきになった」「冬でも汗が止まらない」という方は、意外と多いものです …