母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

スキンシップがない!妻から夫への効果的なスキンシップの方法は?

   

恋人時代はラブラブだったのに結婚してからめっきりスキンシップが減ってしまった…と悩む妻は少なくありません。

スキンシップが減ったことで、夫婦の距離が開いてしまったと感じている人もいるのでは?

そんな妻たちは「できることなら元の状態に戻りたい」「夫とのスキンシップを増やしたい」と願っているはず。

しかしその一方で、夫婦のスキンシップを既に諦めている人もいるようです。

 

スキンシップというのは何も夜の夫婦生活に限ったことではありません。

スキンシップは日々の生活の中に自然と在るものであり、夫婦円満に欠かせないものでもあるでしょう。

 

今回は「夫婦のスキンシップの大切さ」と「夫とスキンシップをとる効果的なアプローチ方法」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

夫婦にスキンシップは必要?スキンシップのメリットは?

「ラブラブだった新婚時代は遠い昔、今となってはもうパートナーの肌のぬくもりなど忘れてしまったわ」という妻のみなさん!

たとえ「スキンシップなんて必要ない!」と思っていても、スキンシップはした方がいいそうですよ。

なぜならスキンシップは夫婦円満に役立つメリットがあるから。

 

スキンシップというのは肌と肌の触れ合いを通じてコミュニケーションを図ることですが、スキンシップには相手への信頼感や親近感を高め、心のコミュニケーションをはかるといった効果が期待できます。

また、スキンシップを取るということは相手を受け入れているというサインでもありますから、パートナーへ安心感を与えることもできるでしょう。

このほか、スキンシップをはかることでオキシトシンというホルモンが分泌されるのですが、オキシトシンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、心を幸せで満たしてくれる働きがあるのだそうです。

つまり、スキンシップを取るほど幸福感が高まるというわけです。

さらにスキンシップの相乗効果として「夫婦の会話が増える」「夫婦間の愛情が強まる」「お互い感謝の気持ちを持てるようになる」といったメリットもあるようですから、肌と肌が触れ合うことによって心の距離まで近づいて行くと言えそうですね。

また、夫との距離感が近くなれば浮気予防にも繋がるのでは?

 

このようにスキンシップには夫婦の距離を近づけて幸せな気持ちをもたらすというメリットがあります。

「最近、あまり幸せじゃない」「夫と距離を感じる」という妻のみなさんは、ぜひ旦那様と積極的にスキンシップをはかってみてはいかがですか?

あなたが旦那様へ優しく触れることで、旦那様もあなたへ優しさを返してくれかもしれませんよ。

スポンサーリンク

夫婦になるとスキンシップが減ってしまうのはなぜ?

結婚前や結婚当初は互いに積極的にスキンシップを取ろうとしていたのに、いつの間にかスキンシップを取ることすら忘れるようになってしまった…という夫婦は少なくありません。

私達夫婦も、軽いボディタッチやハグといったスキンシップはしなくなってしまいましたねえ。

それはなぜでしょうか?

 

私達のケースで言うと、まずは子供が生まれたことが大きなきっかけになっていると思います。

例えば「子供とのスキンシップが増えたせいで子供がいないときくらい自由でいたい」とか「子供とのスキンシップで心が満たされているため夫とのスキンシップを欲しない」など。

このほか「互いに自分のことで忙しく、スキンシップをとること自体が面倒くさくなった」という理由もあります。

こういった気持ちになる根底には、結婚生活が長くなるにつれて夫婦関係が安定してきたことやスキンシップなどなくても今の夫婦関係に満足しているからだと思います。

また、人によっては「パートナーを異性として見ることができなくなったから」とか「もともとスキンシップが好きではない」という人もいるでしょうし、中には「愛情が外に向いているから」という人もいるかもしれませんが。

 

こうしてみると、夫婦のスキンシップが減ったのはパートナーへの愛情が減ったからというよりただ単にスキンシップを欲しなくなったからと言えそうです。

妻ができる夫へのスキンシップ法は?

「夫はスキンシップに興味がないようだけど…本当は夫とスキンシップをはかりたい!」

「だからと言って、今更肌と肌が触れ合うなんて照れくさい!」

という妻のみなさん。

勇気を出してパートナーへスキンシップをはかってみませんか?

ここからは、日常的にできる夫への効果的なスキンシップ法についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

 
1、肩に触れる

行ってらっしゃいの挨拶に肩をポンポンとたたいたり、後ろから肩に手をかけてみませんか。

また、「お仕事お疲れ様」と肩をマッサージしてあげるのもいいでしょう。

肩に触れるのは友達同士でもするスキンシップですから気軽に試すことができそうです。

 
2、手をつなぐ

二人で外出することがあれば、ぜひ手をつないでみて下さい。

手をつなぐのが恥ずかしければ、腕を組んでもいいでしょう。

「外出時は人目が気になる」というのあれば、家の中で手指のマッサージをしてあげたり、寝るときに手をつなぐのもお勧めです。

(関連記事:中年になっても手をつなごう!夫婦で手をつなぐメリットは?

 
3、寝るときに足をからめる

一緒に寝ている夫婦であれば、寝るときにパートナーの足に自分の足を絡めるのもお勧めです。

寒い時期であればパートナーのぬくもりを感じることができますよ。

 
4、軽くキスをする

ちょっと勇気がいるかもしれませんが、「行ってらっしゃい」「おかえり」「おやすみ」のときの挨拶として軽いフレンチキスをしてはいかがですか。

最初はびっくりされるかもしれませんが、キスも習慣になってしまえば普通にできるようになります。

(関連記事:夫婦っていつまでキスするの?キスしない理由は? /  いつまでもキスしよう!夫婦でキスするメリットは?

 
5、ハグをする

前からハグしたり、後ろからハグしたり・・・ハグにもいろいろありますが、軽いハグなら抵抗なくできそうです。

嬉しい時など自分のテンションが高いとき、その勢いでパートナーへハグしてみるといいでしょう。

(関連記事:夫婦で毎日ハグするといい?ハグの効果は?

 

ここでは代表的なスキンシップ法をご紹介しましたが「スキンシップの習慣がない夫婦がいきなりこういったことをするのはかなりハードルが高いのでは?」と個人的には思います。

だからと言って諦めてしまうのはもったいないこと。

なぜならあなたと同じように夫だって「スキンシップを取りたい!」と心の中では思っているかもしれないから。

ですからまずは、あなたからスキンシップのきっかけを作ってみてはいかがですか?

例えば、「肩が凝ったからマッサージして!」「ストレッチしたいから背中を押してくれる?」など、夫があなたに触れるよう仕向けてみてもいいでしょう。

このほか、ソファなどに肩が触れ合う距離に二人で座ってみたり、たまには二人で外出しレストランのカウンター席に横並びで座れば自然と肩や膝に触れることができますよ。

大げさなスキンシップでなくても、ちょっと体が触れ合うだけでも、それをきっかけにスキンシップが習慣になることもあります。

ぜひ勇気を出して、旦那様と触れ合ってみて下さい!

まとめ

私達夫婦も、結婚して子供が生まれたり日々の生活の忙しさに追われるにつれ、キスやハグや手を握るといったスキンシップが減ったように思います。

というより、スキンシップをとること自体が面倒になったというのが本音でしょうか。

私の周りには四六時中子供がまとわりついているため、さらに夫とまでスキンシップを取るなんて煩わしいと感じてしまうからです。

ただ、安心感や幸福感を得られるといったスキンシップのメリットを考えるとスキンシップは取った方がよさそうですね。

もちろんそこには「愛」があることが前提ですが。

互いのことを知り尽くしているというベテラン夫婦であればスキンシップなんて必要ないと思うかもしれませんが、スキンシップを取ることは無駄ではありません。

もしもあなたがスキンシップを必要とするのであれば、いくつになっても、どんなに年月が経っても、夫婦のスキンシップは大切にするべきだと思います。

スポンサーリンク

 - 夫婦の会話・スキンシップ・コミュニケーション

  関連記事

中年になっても手をつなごう!夫婦で手をつなぐメリットは?

日本において「夫婦で手をつなぐ」というのは、若い夫婦や新婚夫婦だけがするものとい …

夫婦の話し合いを拒否る夫。黙り込むのはなぜ?

夫に対し、不満や要望などがあるときや夫婦間の問題を解決したいとき。 みなさんはど …

夫婦で話し合うベストタイミングは?夜はNG?

結婚すると、夫婦で話し合わなければならないことが山ほど出て来ます。 例えば、夫婦 …

夫婦の会話が減るのは離婚の前触れ?

結婚したばかりの頃は毎日たくさん話をしていたという夫婦であっても、結婚してしばら …

無言で食事をする夫婦!会話が面倒くさいの?

みなさんは食事中、”夫婦の会話”を楽しんでいますか? 私 …

妻とのスキンシップを拒否る夫の本音とは?

前回の記事『夫とのスキンシップが嫌!妻がスキンシップを嫌がるのはなぜ?』では、夫 …

夫婦の会話を面倒くさいと感じるのはなぜ? 

夫婦のコミュニケーションの基本中の基本、それは「会話」ですよね? 夫婦と言えど、 …

離婚は避けたい!夫婦の会話を増やすには?

「前回の記事」でご紹介したように、夫婦の会話が少なくなると離婚のリスクが高まると …

夫婦っていつまでキスするの?キスしない理由は?

夫婦のみなさん、結婚前と変わらずパートナーとキスをしていますか? ちょっと古いデ …

夫婦で毎日ハグするといい?ハグの効果は?

みなさん、夫婦でハグしていますか? 恋人時代とは違い、結婚するとキスやハグと言っ …