母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

乳腺炎と食事は関係ない!?

      2017/05/14

母乳育児しているママの悩みの一つに「乳腺炎」があります。

「乳腺炎さえなければ、好きなものが食べられるのに!」というのが、食事制限を行っているママ達の「本音」だと思います。

 

しかし「乳腺炎の原因は、食べ物とは関係ない」とも言われているのを、ご存じですか?

これまで好きなものを食べずに我慢してきたママ達は「拍子抜け」してしまうかもしれませんね。

 

いったいどちらが、本当なのでしょうか?

 

今回は「乳腺炎や白斑の原因」と「食事の関係」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

乳腺炎や白斑の原因は「食事」なの?

白斑やしこりから始まる「乳腺炎」。

ひどくなると、突然高熱が出て、赤ちゃんのお世話どころではなくなるほど、辛いですよね?

「乳腺炎と食事は、深く関係している」と一般的には言われています。

なぜなら、母乳は血液で作られているため、ママが高カロリーな食事をすると、ドロドロになった母乳が、乳腺内で詰まりやすくなります。

詰まった母乳は、やがて出口を失い、乳腺炎となって現れますので、ママの食事は母乳に影響を与える、と言われるのです。

乳腺炎を予防するためには、血液をサラサラにするような食事(糖分や脂質を控えた食事)がいいと言われています。

乳腺炎と食事は一切「関係ない」とも?

その一方で「乳腺炎の原因が食事であるという、科学的根拠はない」という意見もあります。

乳腺炎の原因は食事ではなく「授乳間隔の開き」や「授乳姿勢」がよくなかったり、またはママの「ストレス」や「疲労」が原因であり「食べたものは母乳に影響しない」と言われるのです。

「食べたものは、母体の体内で消化吸収されてから母乳になるのであって、食べたものがそのまま母乳に出てくるのではない」というのが理由だそうです。

言われてみれば、確かにそうだなあと思います。

乳腺炎の原因の真実は?

「何を食べても乳腺炎にならない人」もいれば「食事に気を付けても乳腺炎になる人」もいます。

乳腺炎と無縁の人は「乳腺炎と食事の関係はない」と思うだろうし、乳腺炎に苦しんでいる人は「乳腺炎と食事の関係はある」と感じるでしょう。

 

私は「乳腺炎と食事の関係について科学的根拠はない」と言われても、科学で解明できない何かが、母乳と食事の関係にはあると思います。

私自身、乳製品(生クリームやバターやヨーグルト)を食べると、毎回乳首がチクチクなりましたし、ピザに乗ってるチーズを食べただけで、乳腺炎になった経験があるからです。

揚げ物や焼肉などのコッテリ系を食べても乳腺炎にならないのに「乳製品を食べたときだけ乳腺炎になる」のは、私も不思議です。

乳製品を食べるときに限って、私は毎回「授乳姿勢が悪く」「授乳間隔が開き」「ストレスが溜まって」「疲れていた」のでしょうか?

そんなことはありませんよね?

 

「母乳と食事」「乳腺炎と食事」について、個人的にはやはり「関係がある」ように思います。

 

スポンサーリンク

 

食事以外の乳腺炎の原因は?

乳腺炎の原因は、もちろん食事だけではありません。

例えば、

・赤ちゃんに乳首を噛まれて、乳首に傷ができた
・授乳回数が少なくなり、母乳が溜まりがちだった
・授乳姿勢が悪く、もしくはいつも同じ態勢で飲ませているため、飲み残しのある乳腺があった
・赤ちゃんの体調不良、もしくは離乳食が始まるなどの理由で、母乳を飲む量が減っていた
・もともと乳腺が細い
・ママのストレス
・ママの血行不良、冷え
・ママの疲れや寝不足

なども、考えられます。

肩や首が凝っている状態も、乳腺炎を引き起こすそうです。

こうして見てみると、食事だけでなく様々な要因が積み重なって乳腺炎を引き起こしていることがわかります。

乳腺炎を防ぐためには?

一番いいのは「赤ちゃんにしっかり母乳を飲んでもらうこと」です。

赤ちゃんが美味しく飲める母乳を出すために、ママの食事を見直すことはもちろんですが、授乳のやり方や生活習慣も見直してみることをお勧めします。

例えば、

・授乳の際、赤ちゃんの抱き方を変えてみる
・授乳間隔を短くしてみる
・飲み残しがあれば搾乳し、古い母乳は処分する
・ママ自身の体調をチェックしてみる

など、授乳環境もチェックしてみて下さい。

産後のママは、赤ちゃんのお世話で忙しく、自分のことは全て後回しになりがちですが、ぜひママ自身の体調にも、関心を持つようにして下さい。

母乳を与えることも、乳腺炎を予防することも、赤ちゃんとママの二人三脚で行っていくものです。

疲れていたりストレスが溜まっていても「仕方がない」と我慢せず、美味しい母乳のためにもしっかり休養を取るようにしましょう。

まとめ

乳腺炎や白斑の原因は一つではありませんし、その人の体質や生活環境も関わってきます。

総合的に考えて、トラブルの元を改善していくしかありません。

母乳育児中のママが、今日からでもできることと言えば「食事を改善し」「体を温め」「赤ちゃんにしっかり母乳を飲んでもらう」ということでしょうか?

シンプルですが、これが乳腺炎や白斑を予防する、一番の近道だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児で気になること, 母乳育児中のトラブル(白斑・しこり・乳腺炎など)

  関連記事

母乳育児中のつらい偏頭痛をどうする?

母乳育児に関わらず、誰でも頭痛の経験はあると思います。 特に「偏頭痛」を訴える女 …

母乳育児は眠れない?睡眠不足対処法!

母乳育児の大変さはいくつかありますが、その中でも「夜中の授乳が一番辛い!」と感じ …

母乳が出過ぎる人が控えたい食事とは?

母乳が出過ぎる「母乳分泌過多」のママの悩みは大きいものです。 私も母乳分泌が増え …

乳腺炎を防ぐ食事メニューは!?

母乳育児を行っているママにとって、一番厄介なトラブルが「乳腺炎」ですよね? 乳腺 …

授乳中に赤ちゃんが頭を振るのはなぜ?

赤ちゃんに母乳をあげている最中、赤ちゃんが頭を振って暴れ出したり、自分の髪の毛を …

授乳中に赤ちゃんが泣くのは母乳の出過ぎ!?

母乳育児を始めて間もないママの中に、これまで抱いていた「授乳に関するイメージ」と …

乳腺炎で熱が出た時の治し方!

母乳育児に付きまとうトラブルの一つに、乳腺炎があります。 乳腺炎と言っても、「乳 …

母乳育児のチクチクする痛みは?

母乳育児を開始してから、初めて経験する痛み・・・。   「乳首がチクチ …

白斑や乳腺炎の原因は?

母乳育児を行っているママの多くが経験する、白斑やしこりなどの「乳腺炎」。 &nb …

母乳を与える時間は何分?その理由は?

母乳育児が初めての新米ママは「自分が授乳にかけている時間は長いのか?それとも短い …