母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

子なし夫婦は羨ましい?子どもがいなくてよかったと思うのはどんなとき?

      2019/09/27

結婚して子供ができることは幸せなことではありますが、時に彼らは子供のいない夫婦を羨ましく感じることがあります。

実際に、子供のいない夫婦達は「子供がいなくてよかった」と思うこともあるようです。

みなさんは、子供がいない夫婦を羨ましいと思ったり、子供がいなくてよかったと感じるのはどんなときだと思いますか?

私には子供が3人いますので「もしも子供がいなかったらどんな人生だっただろう」と想像することはもちろんあります。

子供がいない生活や夫婦二人だからこそ手に入るメリットを考えると、そんな人生もアリだなと羨ましく思うこともあります。

隣の芝生は青く見える…ということで、今回は「子なし夫婦を羨ましいと思うとき」「子なし夫婦が子供がいなくてよかったと実感するとき」について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

子供のいない夫婦を羨ましいと思うことがある?子なしでよかったと思うのはどんなとき?

冒頭でも述べましたが私には3人の子供がいます。

私の生活は子供を中心に回っているようなものですから、子供がいない夫婦と比べたら自分の時間はほんのわずか。

「今日はアレもコレもしたかったのに、結局家事と育児で一日が終わってしまった…」というようなとき、自分の時間を持てる子なし夫婦を羨ましいと私は思います。

実際に子供のいない夫婦は「子供がいなくてよかった」と思うことが多々あるようですよ。

ここでは、子なし夫婦ならではの特権やメリットについてご紹介します。

子供がいないからこそ得られる夫婦の特権・メリット10個

◇自分の時間が持てる

育児に追われる夫婦とは対照的に、子供のいない夫婦には時間的余裕があります。

自分のための時間、夫婦二人の時間をたっぷり取ることができるのは子供がいない夫婦ならではの特権だと思います。

 
◇自由である

子供がいると「家に帰って食事を作らなければならない」「子供のために買い物に行かねばならない」「子供のために家にいなければならない」といったように家庭に縛られることが多くなります。

その点子供がいなければ、好きなときに遊びに行くことができ外出先から早く帰る必要もなく、飲みに行ったり休日は朝寝坊したりと自由に過ごすことができます。

自分の行動が制限されないのは子なし夫婦の特権です。

 
◇経済的余裕がある

子供を産み・育てるにはお金がかかります。

子供の人数が増えれば増えるほど家計も厳しくなりますよね。

子供がいない夫婦はこういった子育てにかかる費用がまるまる必要ないわけですから、その分を遊びや貯蓄に回すことができます。

実際に、私の知人の子なし夫婦は長期休みのたびに海外旅行へ行ってますし贅沢な食事も楽しんでいます。

また、子供よりお金の方が頼りになるのも事実ですから、老後のためにしっかり貯蓄することもできますよね。

経済的に余裕を持てるという点は、子なし夫婦の一番の特権かもしれません。

 
◇予定通りに物事が進みやすい

子供がいると病気やケガで予定が狂ったり、子供の気分や体調によって予定がキャンセルになるなど予期せぬことが多々あります。

もしも子供がいなければ、基本的に自分のペースで予定を組み進めることができますから予定が狂いにくいというメリットがあります。

スポンサーリンク

 
◇責任がいらない

子供がいれば親としていろいろな責任が出て来ます。

子供が成人するまでは何か問題が起こったときの責任はすべて親です。

子供にまつわる問題(事件、事故、友達関係、いじめ、引きこもり、ニートなど)の心配をしなくていいのは子なしの特権ですね。

 
◇ママ友の付き合いやPTA活動がない

子供がいれば、多かれ少なかれママ友と付き合うことになります。

公園デビューや幼稚園への送迎、保育園の保護者会など親同士で顔を合わせることは避けて通れないでしょう。

また、小学校に上がればPTAの役員などが回ってくることもあります。

こういった煩わしさがないのは子なしのメリットです。

 
◇一人になれる

子どもがいたら一人になる時間を作るには周囲の人の協力が欠かせません。

一人で過ごす時間が大好きな人や一人の時間が欠かせない人であれば、子供がいたら気持ちの余裕がなくなるかもしれませんね。

 
◇夫婦仲が悪くなりにくい

子供の誕生をきっかけに夫婦関係は大きく変わります。

そこでうまくいくカップルもいれば、家事や育児に非協力的な夫に嫌気がさしたり子供中心になる妻に物足りなさを感じたりして夫婦関係が悪くなるカップルもいます。

産後クライシスという言葉あるくらい子供の誕生が夫婦関係をマイナスに向かわせることもあり、例えば出産をきっかけに夜の夫婦生活がなくなったり浮気問題が浮上することもあります。

もしも子供がいなければ、そんなクライシスに陥ることはないわけですから、いつまでも恋人同士のような関係を維持できるでしょう。

 
◇夫婦喧嘩が少ない

子供がいれば育児や家事の分担でもめたり子供の教育について対立するなど喧嘩のタネが増えます。

その点夫婦二人であれば無用な喧嘩は起こらないわけですから平穏に過ごすことができそうです。

 
◇離婚しやすい

万が一パートナーとうまく行かなくなった場合、子供がいるために離婚できないというカップルは多いものです。

「子供がいなかったから離婚を決意できた」という離婚経験者の声を聞くと、子供がいないことは新たな人生を踏み出すための特権となります。

まとめ


今回は子供がいなくてよかったと思う瞬間や場面について見て来ました。

子供がいるからこそ楽しいこともある代わりに、子供がいないことで得られる喜びもあるということです。

どちらがいいとか悪いとかではなく、どんなことにもメリットとデメリットがあるということですね。

子供がいるから夫婦仲がいいというカップルもいれば、子供がいないからこそ仲良しのカップルもいます。

もちろんその逆もあり。

子供がいるいないに関わらず、まずは夫婦としての絆をしっかりと築いて行きましょう!

スポンサーリンク

 - 友達夫婦・周りの夫婦

  関連記事

友達のような夫婦関係の特徴は?友達夫婦が増えているのはなぜ?

まるで友達のように仲がいい夫婦を「友達夫婦」といい、ここ数年で友達夫婦は増えてい …

友達みたいな夫婦は離婚のリスクが高い?

友達から恋人へ発展し、そして結婚。 そんなカップルは少なくありません。 &nbs …