母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

授乳中にカフェインを控えるのはなぜ?

      2015/10/09

コーヒーや紅茶が大好きなみなさん!

慌ただしい子育ての合間に、ほっと一息つきたいですよね?

本格的にドリップしたコーヒーや、好きなリーフで濃いめに入れたミルクティなど、好きな飲み物でリラックスする時間を、生活の中に取り入れたいものです。

しかし!

コーヒーも紅茶も、気になるのが「カフェイン」です。

「授乳中はカフェインを控えましょう」と言われてしまうと、コーヒーを飲む気も引けてしまいますよね?

カフェインは、赤ちゃんのためにできるだけ控えたいものですが、実は母乳育児中のママにとっても、控えた方がいいものなのです。

今回は「授乳中のカフェインはなぜいけないのか?」について、ママの体を中心に、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

授乳中のカフェインで赤ちゃんが寝ない!?

授乳中にママがカフェインを取ると、母乳の中にカフェインが移行します。

「カフェイン入り母乳」は、赤ちゃんにカフェインを与えることになります。

では、「カフェイン入り母乳」を飲んだ赤ちゃんは、興奮したり、寝なくなったりするのでしょうか?

ママがカフェインを含む飲み物を飲んでから授乳した場合、「普段と違って、赤ちゃんの寝つきが悪くなった」「機嫌が悪くなった」と感じる方もいれば、「普段通り、良く寝てくれる」「あまり泣かないし、穏やかなまま」と、特に変わった様子を感じない方もいます。

ママが摂取したカフェインの量にもよりますが、たとえ少量のカフェインであっても、赤ちゃんの体内に入ったのであれば「赤ちゃんが寝ない」「興奮気味になる」という可能性は否定できないのではないでしょうか?

赤ちゃんの個性にもよりますが、体が敏感な赤ちゃんの場合は、何かしらの変化が生じるのかもしれませんね。

授乳中のママにカフェインはなぜいけないの?

授乳中のママがカフェインを摂取した場合、母乳を介してカフェインが与える「赤ちゃんへの影響」については「授乳中に飲んでいいカフェインの量は?」の記事で、ご説明しています。

ここでは、カフェインが与える「母乳育児中のママへの影響」についてご紹介します。

★カフェインで脱水になる!?

カフェインは、興奮などの「覚醒作用」だけでなく「利尿作用」があります。

母乳育児中のママは、ただでさえ、母乳を通じて体から水分を奪われています。

(「母乳育児中のママは脱水に注意!?」に関連記事を書いています。)

水分補給のためにカフェイン入りの飲み物を飲んでいた場合、水分補給どころか、脱水症状に繋がる可能性もあるのです。

逆に、水分が不足ぎみなときは、体内の水分を逃さないようにと体が水分を保持しようとするため、むくみに繋がることもあります。

★カフェインで貧血になる!?

カフェインは鉄分の吸収を妨げます。

授乳中は、母乳に栄養を取られるため、貧血になりやすい状態です。

(「母乳育児中のだるさは鉄分不足が原因?」に関連記事を書いています。)

また、カフェインと同じく、鉄分の吸収を妨げるのは「タンニン」です。

タンニンは、紅茶や緑茶などのお茶に含まれています。

貧血を防ぐ意味でも、食事中や食事の前後1時間くらいは、カフェインやタンニンを避けるようにしましょう。

★カフェインで体力が低下!?

カフェインは、ビタミンの吸収を妨げ、カルシウム(ミネラル)を尿として、排出しやすくさせます。

カフェインによる利尿作用のせいで、ビタミンやミネラルが体外に排出されやすくなり、その結果、必要な栄養が吸収されず、体力や免疫力の低下、疲労回復の低下に繋がる可能性があります。

★カフェインで睡眠不足に!?

カフェインに、覚醒作用があることは、ご存じの通りです。

母乳育児中は、夜間の授乳もあって、まとまった睡眠が取れません。

慢性的な睡眠不足を解消するには「昼寝」をすることをお勧めします。

(「母乳育児は眠れない?睡眠不足の対処法!」で関連記事を書いています。)

赤ちゃんが昼寝をしたタイミングで「自分も一緒に昼寝しよう!」と思っても、カフェインを摂取していては、すぐに寝付けなくなってしまいます。

せっかくの赤ちゃんの昼寝を、ママの睡眠に充てられないのは、残念ですよね。

★カフェインで自律神経が狂う!?

カフェインは自律神経を乱します。

ただでさえ、産後のママは、ストレスのせいで自律神経のバランスが乱れがちなのに、カフェインの影響を受けたら、自律神経のバランスが更に狂ってしまいます。

自律神経が乱れると、肩こりや頭痛などの症状が起こるだけでなく、産後、痩せにくくなります。

産後ダイエットを成功させるためには、カフェインの取り過ぎには気を付けましょう。

(「産後に痩せない原因はストレスだった!?」に関連記事を書いています。)

 

スポンサーリンク

 

授乳中に影響がないカフェインは緑茶?

カフェインが含まれる飲み物には、コーヒー、紅茶、お茶、ココアなど、いくつかあります。

「カフェイン」という点だけを考えた場合、一番カフェインが少ないのは「緑茶」です!

正しくは、「緑茶」に含まれるカフェインが少ないのではなく、緑茶に含まれる「タンニン」という成分が、カフェインと結びついて吸収されるので、カフェインの作用が抑えられるのです。

貧血予防という点から考えると、緑茶はお勧めできませんが…。

まとめ

私はコーヒーも紅茶も大好きですが、今はノンカフェインの飲み物がたくさんあるので、カフェインのない生活も苦ではありません。

産後は体質が変わったのか、本格的なコーヒーを飲むと、心臓がどきどきしたり、気分が悪くなったりするようになってしまいました。

私はもっぱら「たんぽぽコーヒー」ですが、母乳の分泌もよくなりますし、体が温まって、お勧めです。

カフェインと言えば「飲み物」が思い浮かびますが、盲点なのが「チョコレート」です。

チョコレートの「カカオマス」という成分にはカフェインが含まれていますので、いくらノンカフェインの飲み物で我慢していても、おやつにたくさんチョコレートを食べていては、努力も無駄になってしまいますよ。

また、お茶は、高温で淹れるとカフェインが抽出されやすいので、お湯の温度を低めにするといいそうです。

授乳中のカフェインは「1日2~3杯のコーヒーくらいなら大きな影響はない」と言われていますので、過度に心配することはありませんが、できれば赤ちゃんのためにも、ママのためにも、カフェインを控えたほうが、安心だと思います!

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中の食生活

  関連記事

授乳中のカニ!母乳と赤ちゃんへの影響は?

母乳育児を行っているママさんにとって、年末年始は「危険」ですよね? クリスマス、 …

母乳量を増やす食べ物とは?

母乳不足に悩んでいる方は「何を食べたら母乳量が増えるのだろうか」と気になりますよ …

母乳育児のママ注意!正月のおせち料理と餅は危険?

母乳育児中のママにとって、年末年始は、危険な時期です。 クリスマスのチキンとケー …

母乳育児中でも甘いものが食べたい!

スイーツ好きのみなさん! 「甘いものは母乳をまずくする」「スイーツは乳腺炎などト …

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶!実は母乳に効果なし?

「母乳が出ていないかも?」 「赤ちゃんが泣き止まないのは母乳が足りないから?」 …

授乳中でも安心なクリスマスメニューとケーキは?

年に一度のクリスマス! 今年は「赤ちゃんと初めて過ごすクリスマス♪」という方もい …

母乳育児のママに欠かせない!酵素の効果とは?

出産後、「なかなか痩せない」「冷え性になった」「便秘がひどい」というみなさん! …

母乳育児中にお寿司や刺身はダメなの?

母乳育児に励んでいるみなさん!   授乳期間中は「寿司や刺身を食べない …

乳腺炎の時に果物はダメ?

母乳育児に付きまとう「乳腺炎」。 乳腺炎を予防したり、少しでも早く治すためには「 …

母乳育児中にヨーグルトはダメなの?

手軽にカルシウムを摂取できる食品と言えば「ヨーグルト」。 便秘対策のためにも、ヨ …