母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後のにきびが治らない!授乳中でも飲めるサプリは?

      2017/05/04

産後は、肌が極度に乾燥してガサガサになってしまったり、原因不明のかゆみや湿疹が生じることがあります。

産後は、全身に渡って肌荒れが起こりやすいのですが、産後の肌荒れの悩みで多いのが、産後の「にきび」です。

 

妊娠中は肌がきれいだったのに、出産してからにきびができるようになってしまったという方はいらっしゃいませんか?

 

にきびが出来ると、とても気になりますし、鏡を見るのも嫌ですよね?

にきびのせいで、自分に自信が持てなくなったり、気分が沈んでしまうことだってあります。

産後のにきびは思春期にきびとは異なりますので、大人のにきびに適切なケアをしなければなりません。

 

今回は、「産後のにきびの原因とセルフケアのやり方」と「授乳中でも安心して飲める肌荒れ改善のサプリメント」について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

産後はニキビの悩みが急増?

出産後から、にきびが出来始めたということはありませんか?

 

例えば

 

・産後から顔中ににきびが出来始めた

・顔中がにきびで真っ赤になってしまった

・あごや口のまわりに白にきびができる

・おでこを出していても、おでこににきびができる

・特にスキンケアを変えたわけではないのに、にきびが出来始めた

 

このように、産後は顔中どこにでも、にきびができやすくなります。

私も産後しばらくは、おでこやあごににきびが出来てしまいました。

特にあごにきびは、髪の毛があたるとかゆくなってしまい、ついにきびを触ったりかいたりしてしまいました。

にきびができると、見た目も悪く、とてもストレスになったのを覚えています。

 

産後のニキビはなぜできる?

これまでにきびとは無縁だった方でも、産後はにきびができてしまうことがあります。

出産すると、なぜにきびができやすくなるのでしょうか?

 

一番大きな原因は、「ホルモンバランスの影響」です。

妊娠から出産にかけて、女性ホルモンのバランスが一気に変化しますので、肌が敏感になり、にきびができやすくなります。

産後のホルモンバランスがもとに戻るには、個人差がありますが、一般的には「産後1年かかる」と言われています。

産後1年間は、ホルモンバランスが不安定な状態が続きますので、にきびができやすい状態です。

 

二つ目の原因は、「産後の生活環境」です。

産後しばらくは、赤ちゃんのお世話で疲労がたまりますし、睡眠不足が続きます。

忙しさのあまり、まともな食事が取れなかったり、ストレスが溜まって甘いものを食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

母乳育児を行っている方は、授乳によって体内の水分が不足するため、肌が乾燥しやすくなり、便秘もしやすくなります。

産後の乱れた生活、偏った食生活によって、肌のバリア機能が低下すると、にきびができやすくなります。

 

三つ目の原因は、「スキンケアの時間が取れない」ことです。

産後の生活は、赤ちゃん優先になりますので、どうしてもママ自身のケアが手抜きになってしまいますよね?

朝起きてから「昼まで顔すら洗えなかった」ということも、起こります。

赤ちゃんと一緒に入浴するようになると、「自分の体すら、ろくに洗えない」ということもあります。

私も、入浴後は、わが子に服を着せたり、授乳したりとバタバタしていたため、わが子を抱きながら片手で化粧水をつけたり、化粧水すらつけることができずに、肌がカピカピの状態で放置しまうことがありました。

このように、十分なスキンケアができなくなることも、にきびの原因となります。

産後の乾燥肌がにきびを作る?

産後のにきびの原因は、ご紹介したように、ホルモンバランスの変化や生活環境の変化が大きく関わっています。

しかし、このような環境であっても、にきびが出来ない人もいらしゃいます。

にきびが出来る人と出来ない人の違いは何なのでしょうか?

 

にきびが出来る人と出来ない人の違いは、肌の潤いの違いです。

 

産後のにきびは、思春期にきびとは違います。

過剰な皮脂の分泌によって、にきびが出来てしまうわけではありません。

 

産後のにきびは、「肌の乾燥」が原因で出来てしまうのです。

産後、にきびが出来にくい人の肌は、適度に潤っていることが考えられます。

 

では、肌が乾燥するとどうしてにきびが出来てしまうのでしょうか?

 

肌の内部も表面も、水分が足りなくなると、肌が固くなります。

すると、皮膚が厚くなったり、毛穴に汚れが詰まりやすくなります。

少しの皮脂や汚れでも、にきびの原因となってしまうのです。

 

また、顔がテカる、脂っぽいと感じていても、実は、肌の内部は乾燥していることがあります。

肌が乾燥すると、皮脂が余計に分泌されますので、肌の内部は乾燥しているのに表面だけはオイリーな状態になってしまいます。

乾燥によって固くなった毛穴と、過剰な皮脂によってにきびができてしまいます。

 

このように、産後のにきびの原因は「肌の乾燥」が大きく関わっています。

 

スポンサーリンク

 

産後のニキビを改善するには?

産後のにきびの原因がわかったら、次は改善方法です。

産後のホルモンバランスの乱れは、どうすることもできませんので、産後の生活習慣やスキンケアを改善することで、にきびを減らしていくようにしましょう。

 

<シンプルなスキンケア>

にきびができているからといって、ごしごし洗顔をし過ぎるのはよくありません。

特に、朝の洗顔は水だけでも十分です。

にきび用の洗顔フォームは、皮脂を取り除く力が強いので、肌がカサカサになって逆効果になることもあります。

産後のにきびには、保湿効果の高い洗顔フォームや、材料がシンプルな石鹸を使いましょう。

 

にきびができている肌は、過敏な状態です。

あれもこれも肌に付けると肌に負担となることもありますので、保湿剤は、なるべく無添加で低刺激なものを使い、シンプルなスキンケアを行って下さい。

つまり、洗顔+化粧水+乳液(またはクリーム)で十分なのです。

産後の忙しい時期は、保湿効果に優れたにきびケア用オールインワンが役に立ちますよ。

もちろん私も使っていました。

 

<肌の保湿>

肌が乾燥すると、にきびができやすくなります。

にきびが出来にくい状態を保つために、保湿力の高いオーガニック化粧品を選びましょう。

保湿に重点を置いたスキンケアを行うだけで、にきびが改善されることもあります。

 

<水分摂取>

肌の水分を補うだけでなく、全身の水分が不足しないよう、十分な水分を摂取しましょう。

しっかり水分を取ることで、尿の回数が増え、便秘解消に繋がります。

体内の老廃物をしっかり排出すれば、にきび改善に繋がるでしょう。

しっかり水分を取れば、母乳の詰まりを防ぎ、母乳の分泌を増やすことにも期待できます。

もちろん、ジュースやコーヒーでは意味がありません。

水を中心に、ノンカフェインのルイボスティや、体内の浄化作用が期待できる「たんぽぽ茶」がお勧めです。

(「母乳育児中のママは脱水に注意!?」に関連記事を書いています。)

 

<食生活の見直し>

産後のにきびは、ママが食べたものも影響しています。

母乳にいいと言われている「あっさり目の和食」を中心とした食生活は、にきび肌の改善にも繋がります。

また、ストレスは、体内のビタミンやミネラルを消費してしまいます。

育児ストレスが溜まっている方は、ビタミンやミネラルを積極的に取る必要があります。

(「乳腺炎の治し方 その3食べ物」に関連記事を書いています。)

授乳中でも飲める肌荒れ・ニキビに効くサプリメントは?

産後の乾燥した肌に潤いをあたえ、にきびを改善するために、サプリメントは効果的なのでしょうか?

栄養バランスを考えた食事を取りにくい、産後の忙しい時期だからこそ、サプリメントの力を借りたいところだと思います。

 

乾燥肌にお勧めの成分は、

 

・コラーゲン ⇒ 肌のはり、潤いに欠かせない

・ビタミンA ⇒ 乾燥による肌荒れ改善

・ビタミンB ⇒ 過剰な皮脂を抑制

・ビタミンC ⇒ 肌のハリを保つ

・ビタミンE ⇒ 肌のシワを改善

・ミネラル(カルシウム、鉄分、亜鉛など)⇒くすみを改善

・アミノ酸 ⇒ 肌のコラーゲンを作る

・たんぱく質 ⇒ 肌のターンオーバーを早くする

 

などがあります。

サプリメントの種類によっては、授乳中は飲めないものもありますし、栄養成分がわずかで添加物のかたまりみたいなサプリメントもあります。

星の数ほど売られているサプリメントから、授乳中でも飲める、本当に効果が期待できるサプリメントを選ぶのは至難の業ですよね?

もし、サプリメントを試すのであれば、授乳中でも安心な、乾燥肌に効果的な成分が配合されているサプリメントを選んで下さい。

まとめ

私も産後の時期、にきびができてしまいました。

おでこではなく、鼻の周りや口元が多かったように思います。

にきびが肌の表面にできるのではなく、肌の内部にできてしまうので、肌の汚れや過剰な皮脂などの外的な要因ではなく、にきびの原因は「体内にある」ような気がしていました。

 

現れては消え、現れては消え・・・を繰り返すにきびは、本当に嫌ですよね?

産後のにきびの原因は、一つではありませんし、ホルモンバランス、疲労、ストレス、睡眠不足は、仕方がありません。

今すぐできないことは時間が解決してくれるを待ち、今は前向きに、スキンケアをしっかり行ってみましょう。

といっても、面倒なケアではなく、保湿に重点を置いたシンプルなケアで十分です。

洗顔後や入浴後に、肌を放置せず、とにかく「塗る!」のです。

そのためには、オールインワンは本当に優れた保湿剤だと思いますよ!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の肌荒れ・にきび

  関連記事

産後のしわしわお腹!皮まで剥けるのはなぜ!?

出産後の伸びきったお腹を見て、驚き、ショックを受けた方は、数知れず… 私も、その …

産後の肌荒れの原因と乾燥肌の対処法は?

出産は、母体に大きな変化を及ぼします。   体の変化の一つに、「産後か …

授乳中の肌荒れ(カサカサ・にきび)は化粧水で治せる?

産後、化粧水をつけると肌がひりひりしたり、頬がザラついたり、顔中ににきびが出来て …

産後の肌荒れでかゆい!かゆみの対処法は?

産後から「肌の状態が変わった」と感じませんか? 特に、産後は肌が乾燥したり、かゆ …

産後にきび!授乳中に漢方薬を飲んでいいの?

産後しばらくしてから、急ににきびができ始めることがあります。   突然 …

産後に化粧「しない?」「する?」産後の化粧のメリットは?

「出産後しばらくは、化粧をしない」という女性は多いものです。 産後は赤ちゃんのお …

産後のにきびはおでこだけではない!鼻の下や体にも?

産後から、にきびが出来始めたということはありませんか? しかも、にきびのできやす …

産後にきびは皮膚科で治療?授乳中に塗り薬は使える?

「産後のにきび」にお困りですか? 妊娠中は、にきび知らずの美しい肌をキープしてい …

産後の肌荒れ!あごにきびの原因と対処法は?

産後から、「にきびがたくさんできるようになった(泣)」ということはありませんか? …

授乳中のにきびは生理再開のサイン?

産後、しばらく経つと、顔だけではなく全身ににきびができ始めることがあります。 & …