母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の骨盤にNGな座り方は?

      2015/10/09

出産後は、ホルモンの影響で、骨盤が緩んでいます。

骨盤を緩めるホルモンの分泌は、産後2~3日でなくなりますが、その影響は産後2か月ほど続くそうです。

なるべく早く、骨盤を正しい位置に戻すために、骨盤ケアを行っていきたい気持ちはわかりますが、産後1カ月の産褥期は、母体を回復させることを最優先に考え、休養をとらなければなりません!

(「産後のお腹の引き締めはいつから?その理由は?」で関連記事を書いています。)

とは言え、赤ちゃんのお世話は既に始まっていますよね?

日常生活の中には、骨盤の歪みを引き起こす動作がたくさんあります。

骨盤が緩んでいるこの時期に、知らず知らず、骨盤を歪ませる動作を取っていると、後が大変になります!

今回は、産後にありがちな「骨盤を歪ませる危険な座り方」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後の骨盤の歪みの原因は床での生活スタイル?

妊娠前は、テーブルや椅子など、立って生活するスタイルだったのに、赤ちゃんが産まれてから、床での生活スタイルに変わったという方はいませんか?

赤ちゃんのおむつ替えや、赤ちゃんの昼寝など、床で生活することが増えるのではないでしょうか?

赤ちゃんがハイハイするようになったり、お座りするようになったりと、今後の赤ちゃんの成長を考えても、床での生活スタイルの方が適しています。

そんな事情から、産後のママは、椅子ではなく、床に座る機会が増えると思いますが、何気ない床での座り方は、骨盤に大きな影響を与えるのです。

毎日の座り方を間違えると、骨盤を歪ませることになります。

産後の骨盤を歪ませる座り方は?

骨盤が緩んでいる産後の時期は、普段と比べて何倍も骨盤が歪みやすい時期です。

次のような座り方はやめましょう。

★横座り

横すわり(お姉さん座り)は、股関節がねじれます。

股関節がねじれることで、骨盤が歪んでしまいます。

横座りをして骨盤が歪むと、腰痛や膝の痛みの症状が出ます。

★ペタンコ座り

ペタンコ座りは、股関節が内側にねじれます。

股関節のある骨盤が歪み、ひざや足首までねじれてしまいます。

ペタンコ座りをしていると、O脚になったり、お尻が大きくなりやすくなります。

骨盤ケアをしても、効果が出にくいのが、このペタンコ座りをしている人だそうです。

★椅子に浅く座る

椅子に浅く座っていると、骨盤が後ろに倒れます。

重心が後ろに行くので、バランスを取るために、頭が前方へ出ます。

あごが上がって、猫背を引き起こし、腰痛の原因となります。

また、前方へ出た頭を首や肩で支えようとするため、肩こりや首こりにもなります。

★椅子に座って足を組む

足を組むと、骨盤が歪むだけでなく、血流が悪くなり、むくんでしまいます。

腰への負担もかかるので、腰痛を悪化させます。

 

特に、母乳やミルクを授乳しているときは、このような座り方になりがちなので、気を付けるようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

産後の骨盤を整える座り方は?

骨盤や腰への負担が少ない座り方は、こちらです。

★椅子に深く座る

椅子に座るときは、深く座ってください。

お尻だけで座るのではなく、太ももから一緒に座るイメージです。

体の重心を、おしりの骨ではなく、太ももの付け根あたり、骨盤の上に持ってくるようにしましょう。

こうすると、骨盤が後ろに倒れず、無理せずに背筋を伸ばすことができます。

★ペタンコ座り+クッション

床に座るときは、ペタンコ座りの体勢で、足の間にクッションや座布団を挟み、お尻を高くして座りましょう。

馬にまたがっているようなイメージです。

こうすることで、股関節のねじれを小さくすることができます。

★あぐら+クッション

あぐらだけでは、骨盤が後ろに倒れてしまいます。

あぐらをかいたら、お尻の下にクッションを敷きましょう。

こうすることで、骨盤が後ろに倒れたり、猫背になるのを予防できる上、腰への負担が軽くなるので腰痛予防にもなります。

★正座

骨盤にとって一番いい座り方は、正座です。

正座の場合は、猫背になりやすいので、その点だけ気を付けましょう。

まとめ

産後は、赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりと、骨盤に負担のかかる生活になりがちです。

赤ちゃんが小さいうちは、家の中で過ごす時間も長くなりますし、赤ちゃんのそばで座っている時間も長くなるでしょう。

座り方一つで、骨盤の歪み方が異なってきますので、できるだけ骨盤や腰に負担がかからないように、工夫してみて下さいね。

そのために、お気に入りのクッションを手に入れるのもいいかもしれませんよ!

育児に追われて「座り方」どころではない、という人は、骨盤ベルトを装着するのもお勧めです。

なぜなら、骨盤ベルトを着けていると、横座りもペタンコ座りも足を組むことも、できなくなるからです。

このようなNGな座り方をクセにしないために骨盤ベルトを使う、というのも効果的ですよ!

骨盤の歪みは、腰や足の骨だけでなく、頭の骨までも歪ませてしまうそうです!

頭の骨が歪むと、顔も歪む…。

「出産して顔が変わった」なんてホラーなことが起きないよう、座り方を意識してみて下さいね!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の体型戻し・骨盤ケア

  関連記事

産後に痩せないのはホルモンの乱れ!?

「産後しばらくしても痩せない」とがっかりしている方はいませんか? 赤ちゃんとの忙 …

産後のお腹のたるみにクリームは効く?

「産後のお腹のたるみ…」 ほんっとに嫌ですよねっ!! 「このたるみはどうしたらい …

産後の骨盤ケアはいつからいつまでに行うべき?

出産すると骨盤が開くのは、当たり前のことです。 しかし、開いた骨盤をそのままにし …

産後のお腹の膨らみはすぐ戻らない!?

出産を終えて、間もないママ達! 「まだ、お腹が膨らんでいる!」「お腹の大きさが戻 …

産後の骨盤ベルトは夜寝るときもつけるの?

産後、腰や足の痛みに悩まされていませんか? 「痛くて仰向けになって寝れない」とか …

産後の足の痛みは骨盤の歪みが原因?

出産してから「足が痛くてまともに歩けない!」と困っていませんか? 実は、「足の付 …

産後のお腹のたるみは「腹筋」で戻る?

みなさんは、出産後の「シワシワなお腹」を見て、どう思われましたか? 「赤ちゃんを …

産後の痩せない下半身をどうする!?

産後の下半身太りで悩んでいませんか? 産後ダイエットの悩みには「体重が戻らない」 …

産後に骨盤ケアした人は若返る?

出産して「老けた」と言われる人がいる反面、「若返った」「キレイになった」と言われ …

産後のお腹のたるみ対策!いつまでに行うべき?

「出産後のお腹をどうにかしたい!」と思っているみなさん! 体重が戻っても、体型が …