母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

夫婦の呼び方!子供の前ではどう呼び合うべき?

   

夫婦の呼び方で最も定番なのは、やはり「下の名前を呼び捨て」とか「名前+君・ちゃん」もしくは「あだ名」ではないでしょうか?

中には「ダーリン」「ハニー」と呼び合うカップルもいますよね。

しかし子供が生まれると、そうはいきません。

夫婦の呼び方は「お父さん」「お母さん」、「パパ」「ママ」などに変化します。

子供の前であれば「お父さん」「お母さん」と呼び合うのは当然のことですが、実は夫婦円満のためにはこういった呼び方はNGだそうですよ!

その理由はなぜでしょうか?

 

今回は「子供の前と夫婦二人きりの時で夫婦の呼び方を変えたほうがいい理由」について書いて行きます。

 

スポンサーリンク

夫婦の呼び方!子供の前と夫婦二人のときは変えるべき?

子供が生まれると、お互いのことを「お父さん」「お母さん」「パパ」「ママ」と呼び合いますよね?

例えば、旦那さんが子供に「ママに聞いてごらん」と言ったり、奥さんが旦那さんに「パパ~!ご飯できたよ!」というのは普通のことです。

しかし、子供がいない夫婦二人きりのとき「パパ」「ママ」と呼び合っていたら…?

ちょっと違和感を覚えませんか?

例えば、私が夫と二人きりのときに夫から「ママ」と呼ばれたら、私は「え?!」と驚くと同時に「むかっ!」と苛立ちを覚えると思います。

なぜなら私は、夫の母親ではないからです。

母親というのは「子供を育てる役割」「家族のお世話をする役割」がありますから、夫からママと呼ばれるということは、夫から「お世話係」と見なされているということ。

私は夫とは「子供の母親としてではなく、一人の女性として対等な立場でありたい」と思いますから、「ママ」と呼ばれるのが嫌なのだと思います。

また、名前ではなくお互いを「お父さん」「お母さん」といった役割で呼び合うということは、個人を尊重していないとも見てとれますよね?

せっかくの“個人を表す名前”があるのですから、役割名ではなく個人名で呼びかけた方が、呼ばれた方も嬉しいでしょう。

子供の前では「お父さん」「お母さん」「パパ」「ママ」でいいですが、夫婦二人きりのときはこれまで通りの呼び方を続けて行く方がよいと思います。

 

スポンサーリンク

夫婦の呼び方は夫婦関係を左右する?

夫婦二人きりのときは、名前で呼び合う方が好ましいとお話ししてきました。

「たかが呼び方じゃない」と思う人がいるかもしれませんが、実はこの夫婦の呼び方というのは夫婦関係を左右するものなのです。

例えば、互いを「パパ」「ママ」と呼んでいると、相手を異性として見れなくなる可能性があります。

また、「パパ」「ママ」と呼ばれる側は「お父さん」「お母さん」という自覚が増す一方で、男女としての意識が薄れて男らしさ・女らしさが失われて行くキケンがあります。

そこから、夜の夫婦生活がなくなるレスに繋がったり、浮気に走ったり、身なりや言動も粗雑になって行き夫婦関係を悪くすることだってありうるのです。

また、「パパ」「ママ」という役割が大きくなり過ぎると、夫婦の関係が「子供在りき」にもなりかねません。

すると、子供が成長し夫婦二人きりの時間が増えてきたとき、夫婦の会話がなくなったり二人きりでいることが苦痛になり、離婚に発展する恐れもあるでしょう。

ですから、夫婦が互いに名前で呼び合うということは、夫婦というのは家族である前に「二人の男女」であることを思い出させてくれる大切なことだと私は思います。

 

(関連記事:夫婦の呼び方!「〇〇君」「〇〇ちゃん」はおかしい? )

 

「パパ・ママと呼ばれたい!」という人もいる?

ここまで書いてきた「夫婦水入らずのときは名前で呼び合う方がよい」というのは私の個人的な意見です。

当然ですが、子供が生まれてから「パパ」「ママ」と呼び合っている夫婦もいますし、「家族からお母さんと呼ばれたい」「パパ・ママと呼び合う方が自然でいい」という人も中にはいます。

特に、子供が生まれると男女の愛から家族愛に変化し、「妻を愛しているけれど女性として見れない」とか「夫のことは好きだけど異性と見ることに嫌悪感がある」と気持ちが変化する場合もありますから、そういった場合は個人名で呼ぶより「お父さん」「お母さん」や「パパ」「ママ」の方がしっくりくるのかもしれませんね。

そんなカップルは、子供が小さいうちは「パパ」「ママ」と呼び合い、子供の成長に伴ってまた呼び方を変化させていくという方法もあります。

結婚生活の途中で呼び方を変えることにより新鮮味が増し、夫婦のマンネリ化防止にも役立つことでしょう。

 

(関連記事:夫婦仲は何年で冷める?妻が夫に冷めた瞬間とは?

 

まとめ

世の中に「お父さん」「お母さん」「パパ」「ママ」はたくさんいますが、一つの名前をもった個人は世の中にあった一人しかいないのですから、個人的には名前で呼び合いたいと思っています。

しかし夫婦の中には、「お父さん」「お母さん」すら言わず、「おい」「ねえ」と呼びかけるだけの夫婦もいます。

こういった夫婦は、パートナーの名前を呼ぶことに照れがあるだけでなく、名前すら口に出したくないほど夫婦関係が冷え切っているのかも…?!

もしも夫婦関係を良好にしたいと思うのであれば、「お父さん」「お母さん」や「おい、おまえ」ではなく、ぜひパートナーの個人名で呼んでみて下さい!

優しくパートナーの名前を呼びかけるだけでも、愛情を伝えることができるはずですよ!

 

スポンサーリンク

 - 友達夫婦・周りの夫婦

  関連記事

結婚生活にお金は必要!でもお金がない夫婦にもメリットがある?

安定した結婚生活に欠かせないもの・・・それはお金ですよね。 大金こそ必要なかった …

友達のような夫婦関係の特徴は?友達夫婦が増えているのはなぜ?

まるで友達のように仲がいい夫婦を「友達夫婦」といい、ここ数年で友達夫婦は増えてい …

友達みたいな夫婦は離婚のリスクが高い?

友達から恋人へ発展し、そして結婚。 そんなカップルは少なくありません。 &nbs …

子供いない夫婦の方が仲良し?それとも離婚率が高い?

離婚率の上昇が目立つ現代ですが…。 離婚率と子供のあり・なしは関係あるのでしょう …

夫婦の年齢差は離婚率と関係ある?歳の差夫婦は離婚しやすい?

みなさんご夫婦の年齢差はいくつですか? 私達夫婦の年齢は5歳差で、夫の方が年上で …

夫婦の呼び方!「〇〇君」「〇〇ちゃん」はおかしい?

みなさんご夫婦は、お互いのことをどうやって呼び合っていますか? 「下の名前」「あ …

若い夫婦が羨ましい!?それって本当?

みなさんは、周りの夫婦を見て羨ましいと思うことがありますか? 特に、若い夫婦を見 …

子なし夫婦は羨ましい?子どもがいなくてよかったと思うのはどんなとき?

結婚して子供ができることは幸せなことではありますが、時に彼らは子供のいない夫婦を …