母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児中でも甘いものが食べたい!

      2017/05/20

スイーツ好きのみなさん!

「甘いものは母乳をまずくする」「スイーツは乳腺炎などトラブルの元!」などと言われてしまい、甘いものを我慢していませんか?

もちろん、食べ過ぎはいけませんが、我慢できず甘いものが食べたくなるときだってありますよね?

「母乳育児中はスイーツ禁止」なんていう、過酷なやり方では楽しく母乳育児ができませんよ!

 

母乳にとって、本当にスイーツは食べたらよくないのでしょうか?

どうしても甘いものが食べたくなったときはどうすればいいのでしょうか?

 

今回は「母乳育児と甘いもの」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

甘いものがダメな理由は?

母乳育児中は、なぜ甘いものを控えなければならないのでしょうか?

授乳中のスイーツが「危険」な理由はこちらです。

 

1、乳腺炎などトラブルに繋がる

甘いものや糖分の取り過ぎは、母乳をベタベタにするそうです。

また、洋菓子によくあるお菓子やデザート類には、砂糖だけでなく、バターや乳製品などの油脂や脂肪分が多く含まれており、油脂や脂肪は母乳をドロドロにしてしまうのだそうです。

「ベタベタ&ドロドロ」の母乳は、乳腺内で詰まりやすくなるため、乳腺炎を発症しやすい非常に危険な状態です。

 

特に、

 

・第一子の場合(母乳育児初心者の方)

・母乳育児が軌道に乗っていない方

・乳房が張り気味の方

・赤ちゃんがまだ上手に飲めていない

・赤ちゃんが母乳を飲みきれない

・赤ちゃんの吸う力が弱い

・乳腺炎になりやすい

・乳腺が細い

 

という方は、一口のスイーツでもトラブルを招くことになりかねないので注意が必要です。

 

2、母乳の味を悪くする

ママが甘いものを食べると、母乳の味が甘ったるくなったり、逆に塩辛く(しょっぱく)なったりするそうです。

これは、実際に母乳を味見してみたママ達のリアルな感想です。

「ケーキを食べた後の母乳を味見してみると、まずくて飲めたものじゃない!」と言う意見もありますので、母乳の味が悪くなるのは本当のようです。

 

3、白砂糖は体を冷やす

市販のスイーツで使われている砂糖は、ほとんどが白砂糖です。

精製された白砂糖は、体を冷やす働きがあるのですが、体が冷えると、乳腺炎などのトラブルが起こりやすくなります。

砂糖によって、母乳がベタベタになるだけでなく、更に「冷え」が加われば、ますますトラブルが起きやすい状態になりますね。

 

4、太る

甘い物の食べ過ぎは肥満の原因になります。

産後しばらくは、妊娠中に増えた体重が戻っていない方も多いと思いますので、ますます体重が戻りにくくなってしまいます。

また、市販のお菓子には添加物もたくさん含まれていますので健康にもよくありません。

母乳育児中にフルーツなら食べてもいいの?

甘いお菓子の代わりに、フルーツを食べる方も多いでしょう。

フルーツにはビタミンなどの栄養もありますし、添加物もないので母乳のためにいいと思います。

ただ、南国フルーツは体を冷やしてしまうので食べ過ぎて体が冷えてしまった場合、母乳の詰まりを引き起こす可能性があります。

一年中手に入る南国フルーツと言えば、バナナ、キウイ、パイナップル、アボカドあたりでしょうか。

私は、よくバナナを食べていましたが、バナナのせいで体が冷えて母乳の出が悪くなったとは感じませんでしたが。(冷えるほど食べていなかったから?)

アボカドも大好きなのでよく食べていましたが、大量に食べる食材ではないので(1回に半分~1個くらい?)特に体が冷えることはありませんでした。

「冬」の時期に南国フルーツを「大量」に食べなければ、そこまで神経質にならなくていいような気がします。

フルーツはお菓子よりよっぽどいいですから、お好きなフルーツを食べればいいと思います!

 

スポンサーリンク

どうしても甘いものが食べたいときは?

「フルーツでは満足できない!」「どうしても甘いものが食べたい!」というときは、食べたいものを「少しだけ」食べてみてはいかがですか?

「乳腺炎になるかならないか」「何を食べたら乳腺炎になるか」「どれくらい食べたら詰まるか」は人それぞれです。

母乳の味に敏感な子もいれば、ママが何を食べても美味しく母乳を飲んでくれる子もいます。

一口食べて乳腺炎になるママもいれば、ドーナツ1個までなら大丈夫というママもいます。

ママの体質にもよりますが「甘いものがすべてダメ」というわけではないはずなので、「自分は何を食べると乳腺炎などのトラブルに繋がるか」「どの程度までなら食べても平気か」を、失敗や経験を繰り返しながら、探して行くしかありません。

「母乳育児=甘いのも厳禁」なイメージがありますが、あまり神経質にならず、ご自身の体質を見極めながら「適量」を楽しむようにしましょう。

乳腺炎になりやすい方は、スイーツを食べる時に乳腺炎を予防するハーブティを一緒に飲んでおくと安心です。

おわりに

私もみなさん同様、甘いものが大好きです。

私の場合は、乳製品を摂るとほぼ必ず乳腺炎になるので、生クリームなどの洋菓子はできるだけ我慢しました。

その代り、羊羹、大福、おまんじゅうなど、和菓子専門になりました!(注:大福はお餅なので人によっては詰まります!)

母乳育児中の間食は和菓子がいい!?」でも書いていますが、和菓子に使われる「あんこ」は母乳の分泌をよくしますし、食物繊維も豊富なので授乳中のスイーツにお勧めです。

このほか、プリンやゼリー、寒天でできたデザートも母乳に影響がなかったように思います。

一口に「スイーツ」と言っても、材料によってはトラブルなく食べることができますし、一定量以下であればOKという場合もありますので、母乳の状態を見ながら食べて行くしかありませんね。

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児中の食生活

  関連記事

授乳中にカフェインを控えるのはなぜ?

コーヒーや紅茶が大好きなみなさん! 慌ただしい子育ての合間に、ほっと一息つきたい …

母乳育児のママ注意!正月のおせち料理と餅は危険?

母乳育児中のママにとって、年末年始は、危険な時期です。 クリスマスのチキンとケー …

母乳育児中にお寿司や刺身はダメなの?

母乳育児に励んでいるみなさん!   授乳期間中は「寿司や刺身を食べない …

母乳育児はお腹が空く!食べ過ぎても大丈夫?

母乳育児をしているみなさん!   お腹、空きませんか?   …

授乳中のカニ!母乳と赤ちゃんへの影響は?

母乳育児を行っているママさんにとって、年末年始は「危険」ですよね? クリスマス、 …

乳腺炎の時に果物はダメ?

母乳育児に付きまとう「乳腺炎」。 乳腺炎を予防したり、少しでも早く治すためには「 …

乳腺炎の時でも食べられるおやつは?

母乳育児をしているママが、一番恐れているのが「乳腺炎」。 乳腺炎で高熱が出ている …

母乳育児中に辛いものはダメなの?

母乳育児をしている、みなさん!   「辛い料理」は好きですか? &nb …

母乳育児のママに欠かせない!酵素の効果とは?

出産後、「なかなか痩せない」「冷え性になった」「便秘がひどい」というみなさん! …

母乳育児中に蜂蜜はダメなの?

皆さん蜂蜜は好きですか? トーストやホットケーキに塗ったり、飲み物や料理に使った …