母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児中にヘアカラーしても大丈夫?

      2017/05/29

母乳育児を行っているママの中には「そろそろ美容院へ行きたいなあ」「髪の毛の色をキレイにしたいなあ」と思っている方がいらっしゃるでしょう。

たとえ短い時間であっても、赤ちゃんのお世話から解放され、一人で美容院へ行くのはリフレッシュにもなりますよね!

しかし「妊娠中や産後はヘアカラーを控えた方がいい」という意見もあります。

本当のところ「授乳中にヘアカラーを行っても平気なの?」「母乳を通じて赤ちゃんに与える影響は?」と気になりませんか?

今回は「母乳育児中にヘアカラーを行うこと」について、考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児中にヘアカラーはできる?

母乳育児中のママがヘアカラーを行うに当たって、一番気になるのが「母乳への影響」「赤ちゃんへの影響」ですよね?

「ヘアカラーが母乳に影響するのか?」という疑問に対する答えは

「ヘアカラーをしても母乳への影響はない」

というのが、一般的な回答です。

理由は「カラーリング剤が母乳へ何らかの影響を与えると関連付けられる、医学的な根拠はない」からだそうです。

母乳育児中のママがカラーリングを行うことで、赤ちゃんに影響があるとは言い切れないのが現状です。

産後のヘアカラーを控えた方がいいと言われるのはなぜ?

一方で「産後しばらくはヘアカラーを控えるべき」とも言われます。

その理由は「母乳育児中だから」「赤ちゃんへの影響が考えられるから」というのではなく「産後はホルモンバランスが不安定な時期であり、ママの肌が敏感になっているから」という理由からです。

妊娠前はトラブルのなかったカラーリング剤であっても、産後に使用したら、皮膚がかぶれたり、かゆみを生じたりする場合があるからです。

 

カラーリング剤は授乳中でも安全なの?

先程述べたように「カラーリング剤が母乳に与える影響について医学的に根拠はない」と言われています。

しかし、市販のカラーリング剤には「妊娠中の方の使用は控えるように」と記載されているものもあります。

このような注意書きがされている商品を、授乳中に使用することは、ちょっと抵抗がありませんか?

また、カラーリング剤は「100%石油系の化学物質」です。

微量であったとしても「化学物質」は、頭皮の毛穴や皮膚を通じて、ママの体内に吸収されます。

吸収された「化学物質」はママの体内を巡り「少なからず母乳にも影響を与える可能性がある」とも考えられませんか?

「全く母乳への影響がない」「授乳中のヘアカラーは安全」とも言い切れないのであれば、なるべく「化学物質」の使用を控える方がいいと私は思います。

食べ物の吸収率が人それぞれ異なるように「化学物質」の吸収率も人それぞれ異なるでしょう。

中には「化学物質」を吸収しやすいタイプの人がいるかもしれません。

母乳育児中のヘアカラーについては「使用しても問題ない」という意見がある一方で「使用を控えるべき」という意見があるのも事実です。

「母乳への影響が少しでも気になる」という方は、母乳育児が終わるまでの期間は、ヘアカラーを行うのを待ってみてはいかがでしょうか?

 

母乳育児中にカラーリングするときの注意点は?

1、ヘアカラーは美容院でやってもらおう!

ヘアカラーを行う場合は、美容院でやってもらう方法と、市販のカラーリング剤を買ってきて自分で行う方法の、二通りあります。

母乳育児中に行うのであれば、美容院でやってもらう方法をお勧めします。

なぜなら、市販のカラーリング剤は、美容院で使われているものよりも、薬剤が強く作られているそうです。

市販のカラーリング剤の方が、頭皮への刺激が強く、ママの頭皮にもダメージが強いので、できれば避けるようにしましょう。

母乳育児は髪の脱毛に注意!?」の記事でもご紹介していますが、頭皮にダメージを与えることは、産後の抜け毛をひどくさせる原因となります。

 

2、ヘアカラーが頭皮に付かないようにしよう!

母乳育児中のママが美容院でヘアカラーを行う際は「授乳中であること」を伝えましょう。

そして、カラーリング剤が、直接頭皮に付かないように、やってもらいましょう。

 

3、ママの体調がいいときにヘアカラーをしよう!

産後のママの体が完全に元通りになるには、約半年ほどかかると言われています。

ただでさえ、母乳育児は体力を消耗しますし、睡眠不足も重なって、体が疲れているはずです。

母体の状態が安定するまで、ヘアカラーは控えましょう。

ちょっと疲れていたり、睡眠不足なときにヘアカラーを行うと、ママの体調が悪くなったり、皮膚がかぶれたりトラブルになる可能性が強くなります。

ママの調子が崩れることが、結果的に赤ちゃんへのスムーズな育児を妨げることになりますので、ヘアカラーは体調のいい日に行うようにして下さい。

 

4、ヘアカラー後の髪の毛が赤ちゃんに触れないように気を付けよう!

カラーリング剤には「PPD」という、アナフィラキシー(急性のショック状態)を招く、非常に毒性の強い物質が含まれています。

新生児や乳児が、カラーリング剤を誤って口に入れてしまった場合は、最悪の場合死亡する可能性もあります。

ヘアカラーを行った後は、ママの髪の毛が、赤ちゃんに触れないように気を付けて下さい。

カラーリング剤が付いたママの髪の毛を、赤ちゃんがなめてしまったり、おんぶのときにママの髪の毛が赤ちゃんの口に入ったりするのは危険ですので、注意が必要です。

また、カラーリング剤を自宅に置かないようにするためにも、ヘアカラーは美容院で行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児中のママが美容院へ行く時の注意点は?

美容院でヘアカラーを行うには、だいたい2~3時間くらいかかりますよね?

母乳育児を行っている場合、授乳間隔が3時間以上開くようにならないと、美容院でヘアカラーを行うのが難しくなります。

美容院へ行く直前に授乳をし、次の授乳までに帰って来れるよう、授乳のタイミングを見計らい、赤ちゃんにもママにも負担が少ないスケジュールを考えましょう。

おわりに

髪の色を変えておしゃれしたり、気分転換をするのはいいことだと思います。

私も妊娠前までは、長い間ヘアカラーをしていました。

しかし、出産後は赤ちゃんのお世話で忙しく美容院へ行く時間がなかったことや、皮膚が敏感になっていたり、薬剤のきついニオイが苦手になってしまったことから、ヘアカラーはしばらく行いませんでした。

「カラーリング剤と母乳の関係について医学的根拠がない」としても「絶対に安全だ」とも証明されていない以上、安易にヘアカラーを行うのは危険だと思います。

産後の母体のことや、母乳を通じて赤ちゃんに及ぼす影響などを総合的に考えてみると、ヘアカラーを行うのは母乳育児を卒業してからでもいいのではないかと、個人的には思います。

ヘアカットだけでもイメージチェンジできますし、黒髪も素敵だと思いますよ!

 

スポンサーリンク

 - 産後の抜け毛・かゆみ・フケ

  関連記事

授乳中の抜け毛対策!育毛にいい栄養素は?

授乳中の抜け毛、気になりますよね? 髪の毛をとかしたときや、髪の毛を洗ったときに …

母乳育児は髪の脱毛に注意!?

出産してから「髪の毛がよく抜ける!」「髪の毛が薄くなった気がする!」と悩んでいま …

産後の抜け毛!市販のシャンプー選びのコツは?

産後しばらくすると、ママ自身の「産後の体」について、気になることが増えて来ません …

産後の抜け毛中にヘアカラーはいいの?

授乳中の忙しい時期であっても「おしゃれをしたい!」「キレイでいたい!」と思うのは …

抜け毛だけではない!産後は頭皮がかゆくなる!?

産後の抜け毛に伴って「頭がかゆい!」と訴えるママがたくさんいます。 「産後の抜け …

授乳中の抜け毛がごまかせる髪型は?

出産後、ほとんどの方が経験する「髪の抜け毛」。 これは、産後によくある「女性ホル …

授乳中の抜け毛はいつから?いつまで?

授乳中のみなさんの中には、現在「抜け毛」でお悩みの方がいらっしゃると思います。 …

抜け毛だけではない!授乳中のフケをどうする!?

産後、ごっそり抜ける髪の毛に加えて、フケが気になっている方はいませんか? 「産後 …