母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児のメリットとは?

      2017/05/20

「わが子を母乳で育てよう」と決めたみなさん!

母乳育児は大変なことも多いですが、赤ちゃんにとって数多くのメリットがあるのをご存じですか?

さらに、赤ちゃんだけでなく、ママ自身の体へのメリットもあるのです!

これから完母を目指すのであれば、母乳育児のメリットを知っておくと自分の子育てに「価値」を見出せるかと思います!

 

今回は、「母乳育児のメリット」についてご紹介して行きます。

 

※「母乳 対 ミルク」のような優劣を論じているのではないのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

【母乳育児】赤ちゃんのメリット

・赤ちゃんとママの絆

赤ちゃんはママから母乳をもらうことでこの上ない安心感と幸福感、ママへの信頼感を得られると言われています。

ママの方も、乳首を吸われることで分泌されるホルモンの影響により、母性が芽生え赤ちゃんへの愛情が深まるそうです。

わが子が自分の胸元に吸い付く姿は、本当に愛おしいものですよね。

 

・優れた栄養面

母乳は、赤ちゃんに必要な栄養がほぼ全て含まれた「完全栄養食品」だそうです。だからこそ、赤ちゃんは母乳だけで育つことができるのです。

 

・病気になりにくい

初乳に含まれる「免疫物質」は、ウイルスや細菌から赤ちゃんを守ってくれるので、赤ちゃんが病気になりにくいと言われています。

 

・アレルギーになりにくい

母乳は消化吸収に優れているので、アレルギーになりにくいそうです。

 

・あごの筋肉が発達する

母乳を吸う動きによって顎の筋肉が発達します。

それと同時に脳が鍛えられ、将来的に運動神経や頭がよくなるとも言われています。

 

・乳幼児突然死症候群の予防

原因が明らかになっていない「乳幼児突然死症候群」ですが、厚生労働省では予防対策として母乳育児を推奨しています。

 

・将来、肥満や糖尿病になるリスクが抑えられる

厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」 によると「母乳栄養児の方が人工栄養児に比べ、肥満となるリスクが低い」「2型糖尿病の発症の検討では小児及び成人での糖尿病の発症リスクが低い」という報告がされています。

 

【母乳育児】ママのメリット

・産後の回復が早い

赤ちゃんに母乳を与えることによって、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

オキシトシンは、子宮収縮を促進し産後の出血を減少させる作用があります。

 

・閉経前の乳がん、卵巣がん、子宮体がんのリスクが減る

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が抑制されるため、がんのリスクが低減できると言われています。

(「母乳育児は乳がんの原因になる?授乳経験と乳がんの関係は?」に関連記事を書いています。)

 

・産後ダイエットに効果的

母乳を出すために多くのエネルギーを消費します。

そのため、妊娠中に増えた体重を戻すのに役立ちます。

(関連記事に「母乳育児でも体重が減らないのはなぜ?」や「母乳育児中の激やせは危険?」があります。)

 

 

スポンサーリンク

 

【母乳育児】日常生活におけるメリット

日常生活の中では、こんなメリットもあります。

 

◆ミルクを用意する、哺乳瓶を洗うなどの手間がない

◆ミルク代がかからず経済的

◆外出の際に荷物が少なくて済む

◆添い乳ができるようになれば、夜中の授乳が横になってできる

◆赤ちゃんがお腹すいたら待たせることなくすぐに授乳できる

◆自分さえいればどこでもあげられる

 

私は、外出する際ミルクの用意をしなくて済むことが大きなメリットでした。

ミルクの場合、「哺乳瓶」や「粉ミルク」「お湯」など、とにかく荷物が重たくなります。

さらに、「赤ちゃんの着替え」や「オムツ」などを入れると大荷物ですよね。

「赤ちゃんを抱っこして、大荷物を抱えて…」となると、出かけるまでにクタクタになってしまい、もう外出が嫌になります…。

その点母乳の場合は、「身体一つあればいい」のでとても楽だと思います。

 

(「母乳育児中で出かける時のポイントは?」に関連記事を書いています。)

 

【母乳育児】その他のメリット

日本では母乳育児が推奨されており、母乳育児のメリットについて研究・報告されています。

同じように、海外でも母乳育児に関するおもしろいメリットが報告されていました。

 

アメリカのボストン小児病院の研究者によると「1歳まで母乳育児を行うことで子供のIQが4ポイントほど向上することが期待できる」と報告されています。

この場合、完母に限らず赤ちゃんの飲食物に母乳が含まれていればいいそうです。

さらに、「生後6か月頃まで母乳のみで育った子は、IQがより高くなる傾向が見られた」そうです。

この結果について「母乳にしか含まれない何らかの成分が影響している」という意見や「母乳の成分ではなく、母乳育児による母子の絆が脳の発達に効果的である」という専門家もいて、その理由はわからないそうですが。

いずれにせよ、母乳育児を行うだけで子供の知能が高くなるとしたら・・・?

子供3人を完母で育てた私は「この研究結果が本当ならいいなあ」と期待しています。

子供の将来を楽しみながら子育てできるのも、母乳育児のメリットですね。

おわりに

母乳育児でも、うちの子はよく風邪を引いていましたし、ミルクで育った友人の赤ちゃんはとても体が丈夫でした。

つまり、母乳育児だからと言ってこれら全てのメリットを教授できるわけではないのです。

しかし、母乳育児のメリットを知っておくことは、母乳育児が辛くなったときの「励み」になると思います。

赤ちゃんが母乳を飲む期間は、長くても2年くらいでしょうか。

その短い期間、悩みやトラブルが必ず出てくるはずです。

そんなときに、一人でも多くのママが母乳育児のメリットを思い出し乗り越えることができたらいいな~と思います。

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児のメリット・デメリット

  関連記事

母乳育児のデメリットとは?

母乳育児には、赤ちゃんにとってもママにとってもたくさんのメリットがあります。 & …