母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳が出ないのはストレスのせい?やってはいけないストレス発散法は?

      2016/10/04

赤ちゃんとの生活は、喜びに溢れているのは確かだと思いますが・・・。

 

子育ては、楽しいことばかりではないのが現実ですよね?

ガマンガマンの毎日ではありませんか?

 

私は子供が大好きですし、特にねんねの時期は、我が子がかわいくて仕方がありませんでした。

 

しかし、子育てというのは「95%は大変なもの」だと思います。

「5%の喜び」のために、95%の大変さを日々乗り越えなければならないのが、育児ではないでしょうか?

 

特に、相手が赤ちゃんであるうちは、ママは常に百歩譲らなければならないため、ストレスがたまります。

 

しかし、ストレスは母乳の出を悪くします!

母乳育児を楽しむためには、ストレスは大敵なのです!

 

一日の大半を赤ちゃんのお世話に費やしているママにとっては、限られた時間ではありますが、上手にストレスを発散して行けるといいですね。

 

今回は「ストレスで母乳が出にくくなる理由」や「絶対やめたいストレス発散法」についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児中のママのストレスの原因は?

産後、特に母乳育児を行っているママたちの中には「ストレスが溜まって爆発しそう!」という方は多いのではないでしょうか?

多くのママが抱えるイライラやストレスの主な原因は、次のようなことではありませんか?

 

<母乳育児に関するストレス>

・母乳が出ない、出ていない気がする

・赤ちゃんが吸ってくれない

・授乳間隔が空かなくて疲れる

・乳腺炎などの母乳トラブルが起こる

・母乳のための食事管理がつらい

・夜間の授乳による睡眠不足

 

<育児に関するストレス>

・赤ちゃんと二人きりの時間がつらい

・やりたいことができない

・ゆっくり食事や入浴ができない

・赤ちゃんを預けることができない、一人の時間がない

・赤ちゃんの泣き声にイライラする

・子育てへの不安

・赤ちゃんへイライラする自分に対する自己嫌悪

 

<家族に関するストレス>

・パートナーが手伝ってくれない、

・パートナーが育児への理解がないため孤立感がある

・親族との意見の食い違い、気疲れ

 

「あるある」とうなずいている方は多いのではないでしょうか?

さらに、人によっては、ホルモンバランスの影響で気分が落ち込んだり、妊娠中に太ってしまったことがストレスになっていたり、産後の体質の変化(抜け毛、肌荒れなど)などもストレスの原因になるでしょう。

 

こうしてみると、産後の生活はストレスの素が山ほどあることがわかりますね。

 

こんな症状があればストレスが溜まっているサイン?

自分では「ストレスが溜まっていない」と思っても、ただ「気付いていないだけ」ということもあります。

次のような症状が見られたら、ストレスが溜まっているサインかもしれませんよ。

 

・疲れがとれない、異常なほど疲労感がある

・すぐにカッとなり、八つ当たりしてしまう

・毎日が憂鬱に感じる、何も楽しくない

・食欲減退、または過食になる

・子育てをしたくなくなる

・頭痛、便秘、下痢などのマイナートラブルが頻繁に起こる

・母乳が出なくなった

 

などがあげられます。

 

母乳育児を行っているママにとって、特に気になるのは「ストレスによって母乳が出にくくなる」ということではないでしょうか?

母乳が出なくなると、それがまたストレスとなり、悪循環に陥ってしまいます。

 

なぜ、ストレスがたまると母乳が出にくくなるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

母乳とストレスの関係は?

母乳の出は、ストレスの影響を大きく受けます。

例えば、いつもと違う環境で緊張しながら授乳したり、夫婦喧嘩の後など気分が沈んでいるときに授乳すると、母乳の出が悪くなったと感じることはありませんか?

 

私たちの体は、ストレスがたまると、血行が悪くなります。

母乳を作るには血液が必要ですので、血液の流れが悪くなると、母乳が作られにくくなるのです。

また、緊張しているときは、自然と体に力が入っており、体が固くなっています。

体が固くなると血行が悪くなるため、母乳の出が悪くなってしまうのです。

 

ストレスによる母乳不足は、血行が悪くなること以外にも関係があります。

それは、ストレスによって、母乳を出すホルモン「オキシトシン」の分泌が抑制されてしまうということです。

オキシトシンは、母性を芽生えさせたり、安らぎを感じさせるホルモンなので、ストレスによってオキシトシンの分泌が減ることで、母乳が減るだけでなく、よりイライラや不安を感じるようになってしまいます。

ストレスによる母乳不足を改善するには?

ストレスによる母乳不足の原因は、ストレスによって起こる血行不良が考えられます。

そのため、体を温めて、固くなっている体を緩めてあげることが大切です。

湯船にゆっくり浸かれないのであれば、赤ちゃんが寝ている間に足湯をしたり、湯たんぽを抱いているだけでも、リラックスできますよ。

余裕があれば、ストレッチやマッサージなどもお勧めです。

 

また、ストレスによって減ってしまった、安らぎホルモン「オキシトシン」は、赤ちゃんが乳首を吸うことで分泌量が増えて行きます。

そのため、授乳回数を増やすと、オキシトシンが増えて行き気持ちが穏やになる効果があるそうです。

つまり、授乳行為というのは、リラックス効果を得られるものなのです。

ストレスで母乳が出ないときほど、たくさん授乳してみて下さいね。

 

母乳が出ない人というのは、2万人に1人の割合で存在するのは事実です。

しかし、ほとんどのママは、母乳が出ます。

「母乳が出ていないのかしら」と勝手に思い込み、自分を責めてしまうのが一番よくありません。

母乳不足がストレスとなっているのであれば、ティータイムに母乳の量をアップする「たんぽぽコーヒー」を飲んだり、良質な母乳に欠かせない葉酸を含んだ「たんぽぽサプリ」を習慣にしておくと、安心感が得られると思います。

 

もし、精神的ストレスで母乳が出なくなっても、それは一時的なものです。

ストレスから解放されば元に戻りますので、再び母乳が出始めるのをおおらかな気持ちで待っていましょう。

 

母乳育児中のママがやってはいけないストレス発散法は?

母乳の出をよくするために、ストレスはこまめに発散することが大切です。

 

しかし、次のようなストレス解消はしないでください。

 

・たばこを吸う

・お酒を飲む

 

たばこやお酒でストレスを発散するママもいらっしゃるようですが、たばことお酒はママの健康だけでなく、赤ちゃんへの健康被害も報告されています。

たばことお酒以外で、ストレス発散するようにして下さい!

 (「たばこは母乳に影響ないの?ミルクなら安全?」「授乳中のお酒!アルコールは赤ちゃんの脳へ影響する?」に関連記事を書いています。)

 

 

授乳中のママが行っているストレス発散法は、

 

・テレビやDVDを見る

・本を読む

・ママ友や実母とおしゃべりする

・赤ちゃんの洋服や小物を手作りする

・日記を書いて自分の正直な気持ちを書きだす

・赤ちゃんが昼寝中に美味しいものを食べる

・ネットショッピング、カタログショッピング

・歌う

・スーパーで買い物する

 

などが定番です。

 

テレビやドラマ、本の世界に集中することで、一時でも育児の大変さを忘れることができればリフレッシュになります。

また、悩みや愚痴を誰かに聞いてもらったり、同じ悩みを共有するだけで「自分だけじゃない」と励まされますよ!

買い物が好きな方は、通販サイトを眺めているだけでも楽しいですよね?

ちょっと高価なスイーツを食べて贅沢な気分を味わば、明日への活力にもつながります。

 

母乳が出なくなるほどのストレスを溜める前に、上手にストレス発散してくださいね。

 

まとめ

私は完母で3人の子供を育てましたが、それなりにストレスは感じていました。

おまけに、私は思い悩むタイプで、一旦悩みだすとその悩みからなかなか抜け出せない性格なのです。

そんな私のストレス発散法は「食べること」でした。

もちろん授乳中ですので、何でも好き放題食べることはできませんでしたが、いくら食べても太らなかったため「白いご飯」は好きなだけ食べていました。

白いご飯なら、たくさん食べても母乳トラブルにならないどころか、母乳の出がよくなったので、イライラしたときは白米に走っていましたね・・・。

 

授乳期間中は「スイーツバイキングに行きたい」「焼き肉食べ放題に行きたい」「デパートでゆっくり買い物したい」と、やりたいことがたくさんありましたが、もちろんガマンでした。

しかし、もし子供と離れて好きなことができたとしても「子供に悪いな・・・」という気持ちになって、心から楽しめなかったと思います。

 

産後は体が疲れています。

気持ちも疲れています。

ストレス発散のために「○○しなきゃ」と思うのは逆効果です。

周りの人と比べず「あなたが心地いいと思うこと」「あなたが楽になること」「あなたが楽しくなること」を見つけて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳を増やす方法

  関連記事

母乳だけでは足りない?上手なミルク追加の方法は?

出産後、母乳育児を開始してしばらくの間は、母乳の分泌が少ないのはよくあることです …

よく寝る赤ちゃんは母乳が足りない?起こして授乳すべき?

赤ちゃんといえば・・・ 「おっぱい飲んでねんねして」の繰り返しだと思っていません …

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶!実は母乳に効果なし?

「母乳が出ていないかも?」 「赤ちゃんが泣き止まないのは母乳が足りないから?」 …

母乳が出ない人もいる?母乳を増やす薬があるって本当?

母乳が出ないと悩んでいるみなさん! 妊娠中や産後直後のママの90%以上は、母乳育 …

母乳育児が軌道に乗るには?

「母乳の出が悪いかも?」「赤ちゃんに母乳が足りていないのではないか?」「授乳間隔 …

母乳量を増やす食べ物とは?

母乳不足に悩んでいる方は「何を食べたら母乳量が増えるのだろうか」と気になりますよ …

母乳が出ないと赤ちゃんは泣く?母乳不足のサインは?

母乳をあげたばかりなのに、赤ちゃんがすぐに泣くことはありませんか? 授乳後すぐに …

頻回授乳でも母乳が出なくて辛い!頻回授乳はいつまで続ける?

「頻回授乳」という言葉を聞いたことがありますか? おそらく、初産の方や母乳育児に …

母乳を増やす水分は?

「母乳不足」だと感じていませんか?   母乳はママが「口にしたもの」か …

母乳が出ない方必見!母乳をよく出す方法は?

赤ちゃんを完母で育てるには、たっぷりの母乳が必要です。 では、どうしたらミルクを …