母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

たばこは母乳に影響ないの?ミルクなら安全?

      2016/08/03

妊娠前までたばこを吸っていたみなさんの中には、妊娠をきかっけに禁煙された方がほとんどだと思います。

そして「出産したら、たばこを再開しよう!」と楽しみにしてた方もいらっしゃるでしょう。

実際に、お産の入院中にたばこを吸い始めた方、退院日にたばこを吸い始めた方、など出産して「すぐに」たばこを吸い始めるケースは少なくありません。

しかし、産後にたばこを吸っている方はの多くは「たばこを吸いながら母乳をあげていいのだろうか」「母乳にニコチンが含まれるか気が気ではない」と不安や疑問を抱えながら母乳育児をしているようです。

 

「たばこに不安を感じながら母乳育児を行うくらいなら、きっぱり禁煙すればいい」と思われますが、それができないから喫煙者のママ達は悩んでいるのでしょうね。

 

たばこはママにとって悪いだけでなく、生まれてきた赤ちゃんにとっても悪い、ということは確かです。

そして、ママがどんなに気を付けていても、赤ちゃんはたばこの悪影響から免れることはできません。

 

今回は「たばこが与える母乳への影響」「喫煙するママの母乳が及ぼす赤ちゃんへの影響」「母乳育児ではなくミルクなら安心してたばこを吸えるのか」についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

たばこは母乳に影響する?母乳が止まる?  

「妊娠が発覚してから禁煙したが、産後またたばこを吸い始めてしまった」という女性は意外と多くいらっしゃるようです。

産後、たばこを吸い始めたママが一番気になっているのは「たばこは母乳にどんな影響があるのか」ということではないでしょうか?

たばこが母乳に与える影響はこちらです。

 

1、母乳の量が減る

たばこを吸うと、母乳の分泌量がへってしまいます。

母乳は血液から作られているのですが、たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血流を悪くする働きがあるため、母乳が出にくくなってしまうのです。

さらにニコチンは、母乳を分泌するホルモンを抑制する働きがあります。

 

2、母乳の栄養価が低下する

たばこを吸うと、母乳に含まれる脂肪の量が減ってしまうため、母乳の栄養価が下がります。

また、たばこを吸うと、胃腸の働きが阻害されるだけでなく、ビタミンCが破壊されます。

ママが母乳のために、どんなにバランスのいい食事を心がけていたとしても、栄養素が体内に吸収されず、ビタミン類が破壊されてしまっては、結果的に栄養価の高い母乳は作られなくなってしまいます。

 

3、母乳の味が落ちる

ママが口にしたものは、母乳の味にも影響します。

これは科学的に証明されているわけではありませんが、私自信を含め、多くの母乳育児経験者が実感していることです。

特に日頃から、ご自身で母乳の味をチェックされている方は、食べたものと母乳の味の関係をご存じでしょう。

赤ちゃんの食事は母乳のみですから、些細な味や匂いの変化に敏感です。

たとえば「○○を食べると赤ちゃんが嫌がって母乳を飲まなくなった」ということはよくあるケースですが、同じように「たばこを吸うと赤ちゃんの母乳の飲みが悪くなる」と感じている方がいらっしゃいます。

たばこを吸ったママの母乳が臭くてまずいのは、当然です。

おいしくない母乳は、赤ちゃんも嫌がりますので、その結果母乳を飲む量が低下し、赤ちゃんの発育に影響を与える可能性があります。

 

4、母乳の質が落ちる

たばこに含まれるニコチンは血液中に溶け込み、母乳に移行します。

喫煙しているママの母乳は、ニコチン入り母乳となります。

ニコチンは、化学物質であり、毒物です。

たばこを吸っているママの母乳は、毒物を含んだ母乳ということになります。

 

このように、たばこに含まれる大量の有害物質は、母乳へ悪影響を及ぼします。

さらに、たばこを吸うとママの血液中の酸素が不足しますので、動くとすぐにふらふらしたり、疲れやすくなり、育児をする体力が低下します。

たばこを吸っているママは、吸わないママと比べて、育児が一層辛くてしんどいものに感じるでしょう。

そんな不健康な状態では、母乳の質や量が低下するだけでなく、母乳育児そのものに悪影響を与えてしまうと考えられます。

下痢や嘔吐?ニコチン入り母乳が与える赤ちゃんへの影響は?

喫煙によって血液中に吸収されたニコチンは、全身を巡り、やがて母乳となって出てきます。

母乳に含まれるニコチンの濃度は、ママの血液中のニコチンの濃度に比べて、1.5~3倍も濃いそうです。

ニコチンが含まれた母乳は、赤ちゃんへどのような影響を与えるのでしょうか?

 

ニコチン入り母乳を飲んだ赤ちゃんに心配なのは、「急性ニコチン中毒」です。

体の機能が未熟な赤ちゃんにとって、わずなか量であってもニコチンは負担になります。

そのため、体内でニコチンを代謝できなかった場合、赤ちゃんはニコチン中毒になってしまいます。

ニコチン中毒になると、嘔吐、下痢、不眠、不機嫌などの症状が現れ、ひどい場合、意識障害を起こすと後遺症が残る可能性もあります。

赤ちゃんの健康を害するだけでなく、赤ちゃんのお世話をするママの方も大変になりますよ。

 

スポンサーリンク

 

産後、ミルクならたばこを吸ってもいいの?

「ニコチン入り母乳を上げるのは赤ちゃんがかわいそう…それなら母乳をやめてミルクにしよう」と考えている方がいらっしゃると思います。

しかし、母乳育児をやめてミルク育児に切り替えたとしても、安心はできません。

なぜなら、たばこから出る「副流煙」のリスクがあるからです。

 

たばこから直接出る煙や、たばこを吐き出す煙のことを「副流煙」と言います。

喫煙者の周りのいる人が、この副流煙を吸ってしまうことを「受動喫煙」と言います。

 

実は、赤ちゃんとって、ニコチン入りの母乳を与えるよりも、受動喫煙の方が健康への被害が高いという意見もあるのです。

実際に、日常的に受動喫煙を行っているお子さんのうちの半数以上の子供の体内から、ニコチンが検出されたという報告があります。

赤ちゃんが受動喫煙を行っていた場合、どんな被害が考えられるのでしょうか?

 

<乳幼児突然死症候群>

乳幼児突然死症候群の原因は、明らかにされていません。

しかし、母親が喫煙者だった場合、乳幼児突然死症候群の発生率を高めことは、数々の調査で証明されています。

そして両親が喫煙者だった場合の乳幼児突然死症候群の発生率は、4.7倍にも増加します。

乳幼児突然死症候群の原因は、産後の喫煙だけでなく、妊娠中の喫煙が影響していることも関係していると言われています。

 

<喘息・肺炎・アレルギー>

親が喫煙者だった場合、その子供が喘息になるリスクは3倍にも上がると言われています。

副流煙を吸い込むことで、赤ちゃんの気管支、呼吸器、肺などに負担がかかり、その結果、喘息になってしまうのです。

喘息持ちになってしまうと、わずかなたばこの煙にも発作を起こし、入退院を繰り返す赤ちゃんも珍しくありません。

大きな病気を免れた場合でも、風邪を引きやすい、喉が弱い、肌が弱い、アトピー、アレルギーなど、虚弱体質になる可能性があります

 

<中耳炎>

副流煙は、耳の中に入って行きます。

そのため中耳炎や難聴の原因になります。

実際に、喫煙中のママの中には、「うちの子はよく中耳炎になる」と自覚している方もいらっしゃるようです。

 

<発育の遅れ>

たばこは血流を悪くすることから、赤ちゃんの発育を悪くします。

身体への影響としては、低身長や低体重があげられます。

さらに、脳への血流が不足すると、知能が低下したり多動性障害などの脳の障害を引き起こす可能性があります。

アメリカでの研究によると、家庭での受動喫煙が多い子供ほど試験の結果が悪いという結果があるほどです。

 

<たばこを食べてしまう>

受動喫煙を免れたとしても、赤ちゃんにとっては「たばこの存在自体」が危険であると考えられます。

なぜなら、赤ちゃんはたばこを口に入れてしまう可能性があるからです。

ニコチンは毒物ですから、万が一食べてしまった場合、最悪死亡するかもしれません。

死亡を免れても、ニコチンを洗い流すために赤ちゃんの胃の中を洗浄するのはあまりにも残酷です。

 

<子供が将来喫煙する可能性が上がる>

親が喫煙者の場合、その子供も喫煙者になる確率が高いと言われています。

私の周りでも、未成年のうちからたばこを吸っている人は、大抵その母親が喫煙者です。

あなたは今、禁煙できずに苦しんでいるかもしれませんが、その苦しみを、将来、わが子が味わうことになるかもしれません。

 

たばこを吸う方の中には、受動喫煙を考えて、換気扇の下やベランダでたばこを吸う方がいらっしゃいますが、赤ちゃんと離れて吸っているからといって安心してはいけません。

換気扇を回していても、たばこの煙は漂って来ます。

料理中に換気扇を回しても、何を作っているかわかってしまうのと同じように、たばこの煙や有害物質も部屋中に広がっています。

 

さらに、たばこを吸った後の息、手、皮膚、髪の毛、服にも副流煙はついています。

つまり喫煙後は、体中に有害物質がついているのです。

そんな状態で赤ちゃんを抱いたりあやしたりするのはとても危険です。

 

このように「母乳をあげなければたばこを吸っても大丈夫」という考えは、大きな間違いであることを理解してほしいと思います。

産後のたばこがやめられないのはなぜ?

たばこが赤ちゃんにとってよくない、と分かってはいるものの、たばこがやめられないのはなぜでしょうか?

たばこがやめられない原因は、ニコチン中毒のせいです。

たばこを吸い始める年齢が早ければ早いほど、ニコチンへの依存度が高くなり、妊娠中や授乳中にも関わらず禁煙できなくなってしまうようです。

 

禁煙するためには、ニコチン中毒から脱しなければなりません。

そのためには禁煙外来など、第三者の力を借りることも考えて下さい。

禁煙ガムやシールタイプの禁煙補助剤は、体内にニコチンが吸収されますので使わないようにしてください。

まとめ

私は喫煙しませんが、出産当時、夫は喫煙者でした。

換気扇の下でたばこを吸っていましたが、それでもたばこの匂いは隣の部屋まで漂ってきましたよ。

さらに、たばこを吸った後の夫の体がクサイ…

もちろん、手洗いとうがいをしてもらっていましたが、それでも髪や衣類についた臭いは取れません。

そんな状態でわが子に触れるのを見て、ハラハラしてしまいました。

たばこを吸わない人からすると、たばこの匂いは本当に不快なものです。

 

喫煙者は、たばこでストレス発散しているのかもしれませんが、その反面、赤ちゃんへはストレスを与えています。

そしてもし、たばこが原因で赤ちゃんが病弱になってしまったら・・・?

通院を繰り返したり、薬を飲ませたり、ぐずったり…子育てが大変になり、さらにストレスフルな生活になってしまう可能性があります。

 

喫煙は、ママ自信の健康も懸念されます。

たばこは、肺がんや心筋梗塞など深刻な病気の引き金になります。

あなたが健康ではなかったら、誰が赤ちゃんを守っていくのですか?

母乳育児、ミルク育児に関わらず、たばこは誰にとってもいいものではありません。

目の前の「吸いたい欲求」ではなく、もっと長い目で「将来的なたばこのデメリット」についても考えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のたばことお酒

  関連記事

赤ちゃんはタバコの臭いが嫌いって本当?

「タバコを吸った後、赤ちゃんを抱っこしようとしたら嫌がられた」「タバコを吸ったパ …

授乳中のお酒!アルコールは赤ちゃんの脳へ影響する?

お酒が大好きな皆さん! 妊娠中は、お酒を我慢していましたよね? 「出産したら、お …

お酒を一口飲んだら次の授乳まで何時間あけるべき?飲酒の適量は?

産後、お酒を解禁した方はいらっしゃいますか? 妊娠中に禁酒していたお酒好きなみな …

料理やお菓子のアルコールは授乳中でもOK? 

出産後、お酒を楽しみにしていた方がいらっしゃると思いますが、アルコールは母乳に出 …

産後にたばこを吸ってるママはどれくらい?吸いたいときの対処法は?

ここ数年の間に、女性の喫煙者が増えているのは、みなさんもご存じだと思います。 あ …

授乳中にたばこを吸ってしまった!授乳間隔は?何本までいい?

「出産後、たばこを吸い始めた」というママは意外と多くいらっしゃるようです。 &n …

赤ちゃんがタバコを食べたかも?!舐めただけなら大丈夫?

赤ちゃんというのは、大人のすることをよく見ています。 そして赤ちゃんは、大人のマ …

赤ちゃんへのタバコの影響は「煙」の方が有害って本当?

タバコの「煙」には2種類あります。 タバコを吸いながら直接吸い込む煙を「主流煙」 …