母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児中にママが風邪をひいたら?

      2015/10/09

母乳育児を始めてから「風邪を引きやすくなった」という方は、いらっしゃいませんか?

夜間の授乳で睡眠不足だったり、ストレスで免疫力が落ちていたり、体力が落ちていたりと、風邪を引く原因がたくさんあると思います。

「母乳育児で免疫力が低下する?」の記事でもご紹介してます。)

万が一「風邪をひいてしまった!」という時でも、母乳育児中は、なるべく薬を飲みたくないですよね?

母乳育児中のママが風邪をひいたとき、薬に頼らない風邪の治し方を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

母乳で赤ちゃんに風邪が移る?

母乳育児中のママが風邪をひいているときに、赤ちゃんに母乳をあげると、母乳を介して赤ちゃんに風邪が移ってしまうのでしょうか?

答えは「NO」です。

母乳の中に、風邪のウイルスは出てきませんので、赤ちゃんに感染することはありません。

逆に、風邪に対する抗体が、ママの体内で作られているので、積極的に母乳をあげることで、赤ちゃんが強くなるそうです。

母乳のせいで、赤ちゃんに風邪が移ることはありませんが、ママの咳やくしゃみ、唾液などからは移ります。

赤ちゃんの鼻や口に触れないよう、マスクを着用するなど、気を付けましょう。

風邪のときの授乳は、しんどいと思いますが、安心して母乳をあげて下さいね。

母乳育児中でも薬は飲める?

母乳育児中に風邪をひくのは、本当に辛いですよね。

赤ちゃんのお世話や授乳は、ママの体調が悪いからと言って、休ませてくれません。

「薬を飲んで一刻も早く元気になりたい!」と願うママは、多いと思います。

母乳育児中でも飲める薬はありますので、病院へ行けば、授乳中でも飲める薬を、処方してくれます。

しかし、たとえわずかだとしても、薬は母乳の中へ移行します。

場合によっては、薬の服用中は母乳をお休みしたり、服用後の母乳を搾乳し、処分しなければならなくなることもあります。

たとえ短い期間であっても、母乳をお休みした場合、母乳の分泌が減ってしまう可能性や、乳腺炎のトラブルを引き起こす可能性もあります。

ママが風邪をひくたびに、母乳を中断するのは、スムーズな母乳育児を行うためには、あまりお勧めできません。

できる限り、薬は飲まない方がいいと思います。

薬に頼らない風邪の治し方は?

私は風邪をひいても、薬を飲みたくなかったので、自然に治るのを待ちました。

通常の風邪でしたら、3~4日すれば、少しずつ快方に向かうと思います。

風邪薬は、風邪の症状を抑えるものであって、風邪そのものを治すものではありません。

以前、私が体調不良になったとき「明日こそよくなるだろう」と思いながら、一週間ほど自宅で過ごしていたことがあります。しかし、あまりにも長引くので病院へ行ってみたら「インフルエンザだった」なんてこともありました。

もちろんその時は、タミフルなどの、薬の効力が発揮する期間は過ぎてしまい、自然に治るのを待つしかありませんでした。

たとえ「インフルエンザ」でも自然治癒しますので、風邪をひいたからと焦らなくても大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

風邪を早く治すためにポイントは?

授乳中に風邪をひいてしまったときの「早く回復するためのポイント」をご紹介します。

・とにかく休む

風邪をひいたら、まずは休養ですよね。

家事や赤ちゃんのお世話を手伝ってくれる人がいれば、ぜひお願いして下さい。

私の場合、周りに協力者がいなかったので「風邪をひきそうだ」と感じたときは、まだ症状が軽いうちに買い物へ行き、冷蔵庫を満タンにしておくなど、風邪で寝込んだときのために、備えていました。

すぐに食べられる食品や、口当たりのいいものなどを買っておき、熱が出ても慌てないよう、準備をしておくと安心です。

・体を温める

体温を上げると、白血球の働きが高まり、風邪のウイルスをやっつけてくれます。

風邪をひいて発熱するのは、ウイルスを無くすためです。

熱が出ていないときは、お風呂で温まるのも効果的です。

ネックウォーマーで首を温めたり、マスクをすると、顔が温まります。

・食欲がないときは食べなくていい(水分はしっかり摂る)

食べ物を消化するには、エネルギーを使います。

消化のためのエネルギーを節約し、ウイルスと闘うためのエネルギーを確保することが大切です。

しっかり水分を摂っていれば、無理に食べる必要はありません。

「栄養があるもの=消化に負担がかかる」という場合もあるので、できるだけあっさりとした、消化のいいものを食べるようにして下さい。

・睡眠をとる

母乳育児中、十分な睡眠をとることは、一番難しいのではないでしょうか。

「母乳育児は眠れない?睡眠不足の対処法!」も参考にしてみて下さい。)

しっかり眠らなくても、横になっているだけでも体は休まりますので、風邪をひいたら授乳以外はずっと横になっていましょう。

風邪薬の真実!?

風邪の原因は、ほとんどがウイルスですが「ウイルスに効く風邪薬はない」というのが現実だそうです。

つまり「風邪を治す薬はない」のですね。

風邪を治すことができるのは、自分が持っている免疫力だけなのです。

もちろん、インフルエンザウイルスなど、一部のウイルスには効果がある薬も存在するので、服用した方がいい場合もありますが、一般的な風邪であれば、自然に治ってしまうので、薬を飲む必要はないそうです。

逆に、薬の副作用で体がだるくなったり、ぼーっとしたり、眠くなったりと、余計に症状が悪化したように感じることもあるので、特に母乳育児中は、薬を控えたほうがいいと思います。

風邪を予防するためのポイントは?

赤ちゃんのお世話をしながら、風邪を治すのは本当に大変です。
風邪を予防するためのポイントは、こちらです。

・加湿する

ウイルスは湿気に弱いので、部屋の空気を入れ替えたり、加湿を心がけて下さい。
喉の乾燥には、マスクがお勧めです。
ガーゼマスクに、ティーツリーオイルを少し垂らして着用すると、爽快感があって心地いいです。

・体を温める

体温を上げれば、免疫力が上がります。
赤ちゃんがいると、お風呂もゆっくり入れないので、そんなときは足湯がお勧めです。

食品では、しょうがを使った飲み物や料理は、体を内側から温めてくれるので、風邪予防に効果的です。
私が風邪気味の時は、お湯にしょうがと蜂蜜を入れて、飲んでいました。

・腸内環境を良くする

腸には、60%以上の「免疫細胞」があるそうです!

腸内の免疫細胞を活性化させることで、免疫力がアップするのです。

そのために、便秘や下痢を解消して、腸内環境を整えることが大切です。

産後の忙しい時期は、食事だけで腸内環境を良好に保つのは難しいので、腸内環境をサポートする授乳中でも安心な「オリゴ糖」食品を利用するのがお勧めです。

・手洗い、うがい

基本ですが、効果があります。

・ビタミンC

日頃から、果物や野菜からビタミンCを補給しておきましょう。サプリメントでの補給もいいと思います。

まとめ

母乳育児中は、免疫力が低下していたり、寝不足などで、私もよく風邪をひきました。

私の場合「喉が痛くなると熱が出る」「熱が出ると○○しか食べられなくなる」など「自分の風邪のパターン」が分かって来たので、風邪の前触れがあるときは、数日の間、外出しなくてすむように、早めに対策を取っていました。

「どうしても薬を飲んで治したい!」「でも、市販の薬に抵抗がある」という方は、病院で処方された薬を飲んで下さいね。

私は、娘がお世話になっている小児科で、娘と一緒に診てもらっています。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のトラブル(白斑・しこり・乳腺炎など), 母乳育児中のママの体

  関連記事

授乳中に生理を再開させ生理周期を整えるには?

「授乳中は生理が来ない」というのを、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? …

母乳育児は老ける?

産後「老けた?」と感じることがありませんか? 特に「母乳育児を始めてから、何だか …

母乳育児中の激やせは危険?

母乳育児中は、ダイエットに最適なのをご存じですか? 母乳を作るのに、普段より多く …

母乳育児中の胸の痛みの種類は?

母乳育児をしていると、どうしても付きまとうのが「乳房のトラブル」。 その中でも、 …

授乳中に生理が来なければ次の子を妊娠しない?

母乳育児を頑張っているみなさん! 「そろそろ次の子の妊娠を考えている」という方は …

白斑や乳腺炎の原因は?

母乳育児を行っているママの多くが経験する、白斑やしこりなどの「乳腺炎」。 &nb …

母乳育児中のつらい偏頭痛をどうする?

母乳育児に関わらず、誰でも頭痛の経験はあると思います。 特に「偏頭痛」を訴える女 …

乳腺炎と食事は関係ない!?

母乳育児しているママの悩みの一つに「乳腺炎」があります。 「乳腺炎さえなければ、 …

乳腺炎の時に果物はダメ?

母乳育児に付きまとう「乳腺炎」。 乳腺炎を予防したり、少しでも早く治すためには「 …

母乳育児は眠れない?睡眠不足対処法!

母乳育児の大変さはいくつかありますが、その中でも「夜中の授乳が一番辛い!」と感じ …