母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後に化粧「しない?」「する?」産後の化粧のメリットは?

      2017/05/05

「出産後しばらくは、化粧をしない」という女性は多いものです。

産後は赤ちゃんのお世話が中心となるわけですし、しばらくは外出する機会も減るわけですから、化粧する必要性がなくなりますよね?

しかし、赤ちゃんの月例が進み、外にお出かけするようになると「化粧を再開する派」と「化粧をしない派」にはっきり分かれるよう見受けられます。

私は「化粧する派」ですが、私のママ友の中には「化粧を一切しない」という人も結構います。

 

「化粧をする派」も「しない派」も、それぞれ理由がありますよね?

そんな産後のママの「化粧に対する思い」と「化粧の役割」について考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

そもそも化粧はなぜする?

「化粧が好き」という方はいらっしゃいますか?

私は、化粧をするのが大好きです。

理由は単に「楽しいから」。

チークやアイシャドウの色を選んだり、オンとオフでメイクに変化を付けたり、とにかく化粧の時間が楽しいので休日であっても化粧をしています。

(もちろん、産後の時期は別ですよ)

 

私のように、化粧が好きな女性は多いと思いますが、それ以外にも化粧をする理由があるかと思います。

 

例えば、

・毎日の習慣として

・身だしなみとして

・化粧をしないと恥ずかしいから

・コンプレックスを隠すため

・若々しく見られたいから

・仕事でせざるを得ないから

・化粧をするのは当たり前だから

・紫外線から肌を守るため

 

あたりでしょうか。

こうしてみると、化粧は「誰かのため」ではなく「自分自身のため」にしているように思います。

また、リサーチバンクが15歳~64歳の女性を対象に「化粧をする頻度」についてアンケートを取ったところ、6割以上の女性が「毎日」「ほぼ毎日」化粧をしているとのデータがありました。

化粧の程度(厚化粧orナチュラル)は人それぞれですが、「毎日欠かさずお化粧をしている女性は多い」ということがわかりますね。

化粧には○○効果がある?

「化粧が苦手」「面倒」という方もいらっしゃると思いますが、実は化粧は「精神面においてプラスに働く」のをご存じですか?

女性なら誰でも「化粧をすると気分がウキウキする」という思いをされたことがあるかと思います。

そこには、

・自分が美しくなることで自信が持てる

・気持ちが明るくなる

・化粧に興味を持つことで生き生きする

・なりたいイメージの自分になることで満足感を得られる

など、精神的によい効果が与えられていることがわかります。

 

このような、化粧による気持ちへの有効性を利用して「化粧療法」というものまであるそうです。

化粧品メーカーの資生堂によると、唾液中に含まれる成分を調べた結果「メイクをすると、ストレスが軽減する」ことが証明されており、メイクには「気分の高揚」「リラックス効果」といった心理的効果があることが発表されています。

また、ファンデーションやアイシャドウなどの「配色や色を選ぶ」という行為は、脳を活性化させるため、高齢者の認知症対策にも役立つそうです。

確かに、「化粧をする⇒美しい自分に変身する⇒自分に自信がつく⇒積極的になる、行動範囲が広がる」といったメリットが得られそうですね。

 

スポンサーリンク

 

産後は化粧をしない?その理由を考えてみた

化粧することは、精神的にはプラスの効果があることが実証されています。

しかし、「産後の時期」に限っては、化粧の効果はあまり得られないように思います。

なぜなら、産後の時期は「自分を美しくさせ、外の世界に向かって行動的になる」必要はないからです。

 

産後に化粧をしない人の意見をまとめてみました。

 

<産後に化粧をしない派>

・赤ちゃんのお世話に化粧は必要ないから

・赤ちゃんとスキンシップをするから

・赤ちゃんの衣類などに化粧がつくのが嫌だから

・化粧品の匂いが嫌だから

・外出しないから

・肌が敏感なときなので、化粧をすると肌トラブルが起こるから

・産後のニキビがひどかったから

・化粧する時間がないから

・化粧をする時間があるなら寝ていたいから

・おしゃれへの興味が失せたから

化粧は「自分のため」に行うものですが、産後の女性は「赤ちゃんのため」に生きているので化粧の必要性がなくなるのは当然と言えば当然のことだと思います。

もちろん私も、産後しばらくはすっぴんでした。

そうすれば、我が子に頬をすりよせても抱っこしても化粧がつく心配がありませんので思いっきりスキンシップができます。

産後の女性にとって、自分が美しくあることより、母としての成長することの方が価値あることだと思います

産後「しばらく経っても」化粧しないのはなぜ?

産後すぐ、赤ちゃんと家で過ごす時期は化粧をする必要はないと思います。

しかし、産後数か月を過ぎて、赤ちゃんを連れて外出する機会が増える頃になっても、引き続き化粧をしないというママも多いものです。

その一方で、化粧を再開するママも増えてくる頃ですよね。

 

このように、産後しばらく経過した後、「化粧を再開する派」と「化粧をしない派」に分かれるのはなぜでしょうか?

その理由を考えてみました。

 

<化粧する派>

・化粧をしないと自分にスイッチが入らないから(→私の一番の理由です)

・赤ちゃんがいても身だしなみに気を使いたいから

・産後もおしゃれや化粧を楽しみたいから

・服装のおしゃれがしにくい分、化粧はちゃんとしていたいから

・紫外線から肌を守るため

・すっぴんで人に会いたくないから

・コンプレックスを隠したいから

・顔色が悪いから

 

<化粧しない派>

・朝の準備が簡単だから

・クレンジングの手間が省けるから

・おしゃれへの興味がなくなったから

・化粧品に使う経済的な余裕がないから

・肌の調子が悪いから

・汗っかきになったためすぐに顔を洗えるから

・化粧崩れを気にしなくていいから

 

こうして見ると、化粧をする派の人は、「化粧することを面倒と感じておらず、化粧をすることが生活上プラスに働いている」と考えられ、化粧をしない派の人は「化粧することを負担に感じており、化粧をすることがマイナスに働いている」のではないかと思います。

つまりここでも、「誰かのため」ではなく、「自分のために化粧をするかしないか」を決めているのだと思います。

産後のお勧めの化粧方法は?

化粧は、仕事などで必要とされない限り、必ずしも「しなければならないもの」ではありません。

しかし、お子さんやパートナーからしてみたら「きれいなママ」「キチンとした妻」であって欲しいのではありませんか?

産後の時期に、「ばっちりメイク」をする必要はありませんし「高級な化粧品」を使う必要もありません。

「化粧に時間をかける」必要もありません。

 

もし、「化粧をしてみようかな」と思うのであれば、産後にお勧めな「5分以内におさまる超シンプルなメイク法」はいかがですか?

 

私が産後から現在に至るまで行っているシンプルメイクは、「BBクリーム+フェイスパウダー」です。

ファンデーションはつけません。

BBクリームさえ負担に感じるのであれば「日焼け止め+フェイスパウダー」だけでも構いません。

これなら肌に色を付けず紫外線から肌を守ってくれますので、「化粧が苦手」という方でもできそうですよ。

もし余裕があれば、眉を書き足したり、チークや口紅を追加すれば、かなりキチンとした印象になると思います。

薄化粧なので、クレンジングにも時間がかからないのでお勧めです。

 

それでもやっぱり「化粧はしたくない」というのであれば、「すっぴんでも若々しく見える素肌」を作るために、化粧にかける時間を、産後の敏感肌に適したスキンケアの時間に費やしてみてはいかがでしょうか?

おわりに

結局のところ、化粧を「する」「しない」は、「化粧が好きかどうか」という点に行きつくのだと思います。

化粧が好きであれば、子育てで忙しくてもやりますし、好きでなければどんなに時間があってもしませんからね。

もちろん、赤ちゃんのお世話を放置しておしゃれに没頭するのはよくありませんが…。

私は化粧をしないと外に出れない年齢ですので、化粧は習慣になっていますが、今ではすっぴんでもイケる素肌の持ち主がうらやましいと思います。

産後しばらくは、化粧やオシャレに興味がなくなって当然ですが、赤ちゃんの成長とともにそのままおしゃれへの興味が失せて行ってしまうと一気にオバサン化してしまうのではないでしょうか?

私はいくつになっても「自分のために」化粧をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児で気になること, 産後の肌荒れ・にきび

  関連記事

産後のしわしわお腹!皮まで剥けるのはなぜ!?

出産後の伸びきったお腹を見て、驚き、ショックを受けた方は、数知れず… 私も、その …

授乳中に赤ちゃんが頭を振るのはなぜ?

赤ちゃんに母乳をあげている最中、赤ちゃんが頭を振って暴れ出したり、自分の髪の毛を …

夏の授乳の腕汗対策とお勧めの授乳服&夏パジャマは?

暑い夏がやって来ました! 暑さに強いママも、暑さが苦手なママもいらっしゃると思い …

産後の肌荒れはいつまで?授乳中でも皮膚科に行くべき?

産後に肌が荒れるようになってしまった方が、数多くいらっしゃいます。 「産後の肌荒 …

産後の肌荒れの原因と乾燥肌の対処法は?

出産は、母体に大きな変化を及ぼします。   体の変化の一つに、「産後か …

産後の肌荒れ!あごにきびの原因と対処法は?

産後から、「にきびがたくさんできるようになった(泣)」ということはありませんか? …

授乳中の肌荒れ(カサカサ・にきび)は化粧水で治せる?

産後、化粧水をつけると肌がひりひりしたり、頬がザラついたり、顔中ににきびが出来て …

産後のにきびが治らない!授乳中でも飲めるサプリは?

産後は、肌が極度に乾燥してガサガサになってしまったり、原因不明のかゆみや湿疹が生 …

母乳育児は眠れない?睡眠不足対処法!

母乳育児の大変さはいくつかありますが、その中でも「夜中の授乳が一番辛い!」と感じ …

母乳だけでは足りない?上手なミルク追加の方法は?

出産後、母乳育児を開始してしばらくの間は、母乳の分泌が少ないのはよくあることです …