母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

毎日新聞コラム「母と乳」を読んで③

      2015/10/09

毎日新聞の連載コラム「母と乳」の第三回目は、母乳育児にこだわる女性とその女性を支える母乳外来についての内容でした。

私自身、3人の子供たちに母乳育児を行い、現在も末っ子には母乳育児を行っている最中です。

母乳で育てたいと願う女性の気持ちはよくわかりますし、そんな女性たちを支える母乳外来や助産院が、もっと身近にあって欲しいと思っています。

今回も「母と乳」を読んだ感想を書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

母乳で育てたい母親の思いとは?

母乳育児を希望する女性の気持ちを、考えたことがありますか?

母乳のメリット、例えば「栄養面で優れている」とか「免疫力がつく」とか、そういったことも、もちろん考えらると思います。

しかし、栄養面だけならば、ミルクとの併用でも構いませんし、母乳を絞って(搾乳して)誰かほかの人に哺乳瓶で授乳してもらってもいいわけです。

何と言っても、母乳育児にはトラブルが付きものですし、母乳はお母さんしかあげられないので、育児の負担も大きくなります。

 

一方、ミルク育児の場合は、お母さんは、乳房のトラブルを気にせず好きなものを食べることができますし、お酒だって飲めます。

赤ちゃんが、どれくらいミルクを飲んだかを知ることが出来るので「赤ちゃんに栄養が足りないのではないか」と心配する必要もありません。

ミルクは腹持ちがよく、赤ちゃんが朝までぐっすり眠ってくれれば、お母さんの睡眠不足も解消されます。

 

このように考えてみると、ミルク育児の方が、お母さんの肉体的・精神的な負担が減るような気がします。

ミルク育児にだって、いいところ、便利なところがたくさんあるのに、それでも母乳にこだわるのはなぜなのでしょうか?

 

私が母乳育児をやってみたいと思ったのは「自分の体から本当に母乳が出るのか、試してみたかった」「人生初の母乳育児というものに、挑戦してみたかった」というのが、最初の理由です。

もちろん「母乳で育てるのは当たり前」「母乳は自然と出るもの」と思っていたので、母乳育児というものについて、真剣に考えたこともありませんでしたが。

そして、いざ母乳育児を行ってみると、母乳を飲む我が子のあまりの可愛さに「このままずっと、自分の母乳で育てて行きたい」と素直に感じました。

「母乳を与えると母性が芽生える」というのは、本当だと思います。

きっと、母乳にこだわるお母さんたちは、「母乳の栄養面」とか「産後の母体の回復のために」などの理由はわずかであって、ただ純粋に「母乳をあげたい」「母乳で育てたい」と感じるのではないでしょうか?

お母さんの「母乳をあげたい」と思う素直な感情が、「本能」とか「母性」というのであれば、そういう動物的な感覚なのだと思います。

第三回の「母と乳」に出てきた女性は

「混合が嫌だったのではないが、ミルクは私でなくてもあげられる。誰かに預けて授乳をお願いすることは、人に子どもを取られる感覚があり、嫌だった」

(mainichi.jpから引用)

と言っています。

この「子供を取られる感覚」というのも、動物的な感情のような気がします。

辛い思いをしてでも、母乳育児にこだわる人は、結局のところ「母乳育児が好き」「母乳育児をやりたい」のだと思います。

私は、自分の胸に吸い付きながら、安心して眠っている我が子の無防備な姿に「この子にとって一番安心感を得られる場所が、自分の胸であること」に幸せを感じています。

私にとって、母乳育児は楽しいですし、母乳を飲むことが、我が子の「精神的・肉体的なパワーの源」として役に立っていることを、何より嬉しく思っています。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児のサポートしてミルクは役立つ!?

今回のコラムに書かれている女性も含め、母乳育児には、不安や悩みがつきものです。

ただでさえ、母乳で栄養を取られがちなのに、精神的ストレスが加わると、尚更母乳は出なくなってしまいます。

お母さんが疲れてしまったときだけでも、ミルクの力を借り、お母さんの体と心を休めて欲しいと思います。

ミルクを足すことで「母乳が足りないのではないか」という不安を、取り除いて欲しいと思います。

お母さんの疲れやストレスを取り除くことで、結果的に母乳の分泌がよくなることに繋がります。

「母乳育児を軌道に乗せるために、あえてミルクを利用する」という視点で考えてみると、ミルクを足すことに抵抗がなくなるのではないでしょうか?

まとめ

出産後の母親が、母乳育児の練習をするのは、産後の入院期間中だけです。

1週間もありません。

多くの母親は、母乳育児に不安や疑問を残したまま、自宅に帰り、赤ちゃんとの生活をスタートさせることになります。

私も、第一子のときは「自宅に帰ったら看護師も助産師もいない!何かあったらどうしよう?」と不安を抱えたまま、出産した病院を後にした記憶があります。

自宅に戻ってから、分からないことや困ったことがあっても「どこに聞けばいいのか?」「どこへ駈け込めばいいのか?」わからず、孤独な環境の中で、母乳育児を行っていました。

インターネット上では「母乳で育てよう」という情報で溢れかえり、「母乳じゃないとダメなんだ」というプレッシャーを与えかねません。

核家族が多い中、母乳育児の経験者が身近にいるケースは少なく、気軽に相談できる場所がありません。

インターネットなどで情報を受け取るだけでなく、ちょっとした疑問を相談できるような、自分から訴えかけられる場所があれば、母乳育児に悩むお母さんも減ってくるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児のニュース

  関連記事

毎日新聞コラム「母と乳」を読んで②

インターネットによる偽「母乳」の販売問題をきっかけに始まった、毎日新聞のコラム「 …

偽「母乳」通販!母乳育児にこだわるのは危険?

私は、3回の出産経験があり、3人とも完母で育てました。 末っ子はまだ、現役続行中 …

毎日新聞コラム「母と乳」を読んで④

毎日新聞コラム「母と乳」の第4回目は、ミルクで育てているお母さんの悩みについて紹 …

毎日新聞コラム「母と乳」を読んで①

先日の、インターネットによる偽「母乳」の販売問題を機に、毎日新聞では「母と乳(ち …

毎日新聞コラム「母と乳」を読んで⑤

毎日新聞コラム「母と乳」の最終回は、母乳育児の専門家の意見が掲載されていました。 …