母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児に自信がなくなったら?

      2015/10/09

母乳育児を始めて、まだ間もないみなさん!

「なかなか母乳が出てこない」「赤ちゃんが吸ってくれない」「授乳間隔が開かなくて睡眠不足が辛い」「乳房が張ってしこりが痛い」など母乳育児の難しさに直面していませんか?

「赤ちゃんを産めば、母乳は自然と出てくるものだ」と思っていた方や、順調で楽しい母乳育児という「理想」を抱いていた方は、大きく異なる母乳育児の現実に、くじけそうになっているかもしれませんね。

母乳育児を行っている、もしくは行ってきた多くのママ達が、一度は味わったかもしれないもの。

それが、母乳育児への「自信喪失感」ではないでしょうか?

 

「これ以上、母乳育児を頑張れない!」

「母乳育児を続けて行く自信がない!」

「母乳育児はもう限界!」

 

大丈夫です!

このような気持ちになるのは、よくあることですし、母乳育児が大好きな私ですら、このように感じたことは何度もあります。

今回は、母乳育児への不安や疑問を抱いたときに、心に留めて欲しいことをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児の良さがわからない!?

母乳育児には、赤ちゃんにとってもママにとってもたくさんのメリットがあることは、周知の事実です。

それと同時に、もちろんデメリットもあります。

(「母乳育児のメリットとは?」や「母乳育児のデメリットとは?」の記事でご紹介しています。)

一般的なメリットやデメリットとは別に、ママの体質や生活の環境、赤ちゃんの個性などによって、母乳育児のメリットを享受できる人もいれば、デメリットばかりが強調されて見える人もいると思います。

母乳育児が上手くいかない(実際は、うまくいかないと思い込む)人はこのようなケースが考えられます。

・母乳(初乳)が出始める時期が遅い

産後すぐから母乳が出る人もいますが、なかなか出ないと「自分は母乳が出ない体質だ」と思い込む原因になります。

・母乳のトラブルが多い

産後すぐから、母乳のトラブルを経験すると、母乳育児が嫌になるのは当然ですよね?

母乳の分泌を増やすために行う頻回授乳によって乳首が切れてしまったり、しこりを繰り返したり、乳腺炎で高熱が出たりすると、「授乳の時間が辛い」と感じることもあります。

・赤ちゃんが乳首を吸うのが下手

赤ちゃんにも個性があります。

産まれたときから乳首に吸い付くのが上手な子もいれば、上手に吸い付けない子もいます。

母乳の分泌が良く、ママ側に問題がなかったとしても、赤ちゃん側に問題がある場合、ママはどうすることもできません。

「母乳が上手に飲めない」「母乳を与えようとすると泣いて嫌がる」のに「哺乳瓶ならあっという間に飲み干してしまう」という赤ちゃんもいます。

そんな我が子を目の前にすると「この先母乳育児ができるのだろうか?」と途方にくれてしまうのも仕方ありません。

・赤ちゃんが愚図りやすく、まとめて寝てくれない

母乳をあげても、グズグズと泣き続ける赤ちゃんもいます。

母乳の分泌量は足りているし、授乳回数も多いはずなのに、乳首を離すとグズグズと泣き続け、何度も起きる…。

そんなとき「試しにミルクをあげたら、朝までぐっすり寝てくれた」という場合は、ママの睡眠不足の時期と重なって、母乳育児の大変さが際立って見えてしまいます。

また、母乳育児を難しく感じてしまうのは、ママの性格もあるかもしれません。

例えば、

・赤ちゃんが飲んだ母乳量がわからないことへの不安感が大きい

・赤ちゃんの機嫌が悪いのは、母乳が足りていないからだと自分を責めてしまう

・母乳育児がうまくいかないことをストレスに感じる

・ミルクを足すことに罪悪感がある

など、「細かいことまで目が行き届く人」「完璧に行いたい人」「手が抜けない人」に多いような気がします。

このように、母乳育児は全てのママにとって「いいもの」ではありません。

実際に、母乳育児そのものが生理的に受け入れられないという人も、たくさんいるのです。

(「母乳育児に嫌悪感を抱くことも?」で関連記事を書いています。)

母乳育児が合わないママからしてみたら「母乳育児の良さが味わえない」「母乳育児の良さがわからない」のは仕方がないような気もします。

そんなママにとって、母乳育児は「ストレス」や「苦痛」でしかないのかもしれません。

母乳育児は頑張らなくていい?

母乳育児をやめて、ミルクに切り替えたママもたくさんいます。

そんなママ達は

・子供が一層かわいく思えて、育児が楽しくなった
・ストレスが減った
・赤ちゃんが長時間寝てくれるようになったので、自分の気持ちに余裕ができた
・授乳時間のイライラがなくなった
・「母乳」というプレッシャーから解放された

など、精神的に楽になっているように見えます。

もちろん、母乳育児をやめることで、食事制限もしなくてよくなりますし、お酒だって飲めるようになります。

家族に預けて一人でお出かけしやすくなりますし、育児の負担が軽くなることも考えられます。

母乳育児を行うことでストレスを感じ、育児ノイローゼになってしまうのであれば、それは本末転倒です。

そこまでして、母乳育児を頑張る必要はないような気がします。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児に自信がなくなったら?

母乳育児をやっていくことに不安と疑問を感じ、毎回泣きながら授乳しているという方もいるでしょう。

本当によく頑張っていると思います!

「もう母乳育児を終わりにしよう!」と決めたのであれば、それでいいと思います!

ただ、もし「本当は完母でやっていきたい」「母乳育児を諦めきれない」「ミルクに抵抗がある」などの気持ちがわずかでもあるのなら、あと少し、頑張ってみませんか?

母乳が出ない人は1%!?

母乳が全くでない人は、全体の1%です。

もし、あなたの母乳が、少しでも滲んでくるのであれば、あなたはその1%ではありません!

母乳をたっぷり出すためには、もう少し時間と工夫が必要かもしれませんが、きっと出るようになるでしょう!

母乳が軌道にのるには、母乳育児を開始して「約3か月」が目安になります。

(「母乳育児が軌道に乗るには?」や「母乳をあげる時間はどれくらい?」の記事で、母乳を増やすコツをご紹介しています。)

もし、あなたが今、産後3か月未満であれば、3か月までは「母乳育児お試し期間」として、あと少しだけ続けてみませんか?

そして、たとえわずかな量であっても、母乳が出ているのであれば、母乳で育てて行ける可能性は十分にありますよ!

人間も哺乳類である以上、あなたにも自然の力が備わっているのです。

「命を産み育てる」という母体の力を、もう少しの間、信じてみませんか?

ミルクに切り替えるのは、いつでもできます!

まとめ

もしあなたが「母乳が出ない」と感じ、そのせいで「母乳育児に限界」を感じているのであれば、母乳育児を諦める勇気を持つことをお勧めします。

(「偽『母乳』通販!母乳育児にこだわるのは危険?」に関連記事を書いています。)

母乳育児は、産後の母体の戻り、周囲の環境、赤ちゃんの個性など、たくさんの要因が影響します。

「母乳が出ない」「母乳育児ができない」のは「あなたのせいではない」ということを覚えておいて下さいね。

周囲の人に「母乳で育てなさい!がんばりなさい!」と言われても、育児をするのは「あなた」です。

母乳でなければならない理由などなく、ミルクを与えることに罪悪感を感じる必要はありません。

「母乳育児」か「ミルク育児」かを選ぶのはあなたです。

その決定に、誰もあなたを責めることはできません。

国や地域によっては「ミルクが手に入らない」というところもあると思います。

「ミルク育児という選択肢がある」というだけでも、恵まれていると思いますよ!

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のママの心

  関連記事

母乳育児に嫌悪感を抱くことも?

出産を経験したママなら、誰でも「我が子に母乳を与えたい!」「母乳で育てたい!」と …