母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児のデメリットとは?

      2017/05/20

母乳育児には、赤ちゃんにとってもママにとってもたくさんのメリットがあります。

 

それと同時に「デメリット」もあるのをご存じですか?

 

母乳育児はメリットばかりが取り上げられがちですが、デメリットを知ることで、母乳育児の「こんなはずじゃなかった!」を無くし、トラブル回避に役立てることができるでしょう。

 

私も「ミルク育児だったらこんな思いをしなくて済んだのに!」という経験がたくさんあります。

しかしそんな苦労や失敗も「私だけが経験しているわけではない」と思うと勇気が湧いて来ますよ!

 

今回は、母乳育児のデメリットについてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

【母乳育児】ママのデメリット

・母乳に関する悩みが尽きない

「母乳の出が悪い」「母乳の出が良すぎる」「授乳間隔がわからない」など母乳育児が軌道に乗るまで、母乳に関する悩みが尽きません。

小さな悩みから大きな悩みまで、何らかの問題を抱えているママが多いようです。

 

・母乳トラブルのリスクがつきまとう

乳首の詰まり、乳房のチクチクした軽い痛みから乳腺炎の激痛まで、母乳育児中は、常に母乳トラブルのリスクがあります。

特に母乳トラブルが起きやすい人は、四六時中母乳のことを考えてしまい、母乳育児をストレスに感じることもあります。

 

・食事に注意しなければならない

母乳の質は、食べ物に左右されます。

しこりや乳腺炎になりやすい「揚げ物」や「甘いもの」を我慢したり、質のいい美味しい母乳を出すために栄養バランスを考えた食生活をしなければなりません。

食事を制限しなければならないのは、母乳育児のデメリットだと思います。

 

・母乳マッサージ代がかかる

完母の場合は、ミルク代がかからないので「経済的」なのは事実です。

しかし、母乳の分泌を増やしたい人や、母乳のトラブルが多い人は、母乳マッサージに通うケースもあり、母乳マッサージに通う頻度が多く方の場合、母乳マッサージ代がミルク代より高くつくこともあります。

 

・授乳場所を探す手間がある

外出の際は、授乳する場所を探さなければなりません。

授乳室は、どこにでもあるものではありませんので、授乳する場所探しに苦労することもあります。

 

・人に預けにくい

母乳に慣れている子は、哺乳瓶を嫌がることがあります。

哺乳瓶でミルクを飲んでくれない赤ちゃんの場合、授乳をほかの人に代わってもらえず、誰かに預けることができません。

ママの育児の負担が増えてしまう可能性があります。

また、授乳間隔が長くなると乳房が張ってきてしまうため、赤ちゃんを置いて長時間外出することが難しくなります。

ママが一人外出しづらいのも、母乳育児ならではのデメリットですね。

 

・疲れる

母乳を作るには、より多くのエネルギーを消耗します。

産後ダイエットに適しているとはいえ、慣れない育児や睡眠不足も重なって、とにかく疲れます。

ママの中には、母乳育児のせいで激やせしてやつれてしまう人もいます。

(「母乳育児中の激やせは危険?」や「母乳育児は老ける?」や「母乳育児の疲労感の正体は?」なども参考にしてみて下さい。)

 

・好きな服が着れない

一日に何度も授乳しなければならないので、授乳服やサッとまくれるTシャツなど「授乳しやすい服」を着ることが増えます。

私はワンピースやチュニックが好きなので「好きな服が着れない」「したいおしゃれができない」のは残念でした。

 

・母乳で服が汚れる

母乳の分泌が良すぎる方は、母乳で服が濡れてしまうことがあります。

洗濯の回数が増えるだけでなく、外出の際は「服が汚れていないか?」と常に気になります。

 

スポンサーリンク

 

【母乳育児】赤ちゃんのデメリット「くる病」とは?

「母乳は赤ちゃんへの最高のプレゼント」と言われるくらいですから、赤ちゃんにとっての母乳のデメリットはないはずです。

しかし、一つだけあります。

 

それは「くる病」です。

 

◆くる病とは?

「くる病」とは、赤ちゃんにビタミンDが不足することで起こる、骨の成長障害です。

身長の伸びが悪かったり、極端にO脚になったりします。

母乳には、この「ビタミンD」の含有量が少ないので、くる病の心配をするママが、少なくありません。

ミルクには、このビタミンDが添加されているので「敢えてミルクを飲ませる」というママもいるようです。

 

◆くる病の原因は?

「母乳にはビタミンDが少ない」ことはくる病の原因の一つでもありますが、これだけではありません。

例えば、

・紫外線や日焼けを気にして、赤ちゃんが日光に当たらないようにしている

・アレルギーを心配して「極端な食事制限」や「極端に離乳食を遅らせる」など栄養が不足気味

という場合も、くる病の原因となるそうです。

特に、食物アレルギーによって卵や魚などを制限している赤ちゃんはくる病のリスクが高まりますので医師に相談してみましょう。

 

◆くる病を防ぐには?

くる病を防ぐには、ママの食事が大切です。

ビタミンDの多い食品(卵、魚、干ししいたけなど)を積極的に摂って下さい。(ビタミンDの摂取量は、卵一個で十分だそうです。)

また、赤ちゃんに日光浴をさせることも重要です。

生後6か月以降からは、離乳食を始め、母乳に不足しがちな栄養素を食事から摂れるようにしてあげて下さい。

また「母乳にはビタミンDが少ない」のは事実ですが「ビタミンDの吸収率が高い」ことも事実です。

そして、赤ちゃんは生後しばらくの間、胎児期に体内に蓄えられたビタミンDを持っているので、完母だからと言ってすぐにくる病の心配をする必要はありません。

万が一、ビタミンDが不足してきても、離乳食でビタミンDを補うことが出来れば骨に異常は残らないそうです。

おわりに

母乳育児は、思った以上にデメリットが多くて驚きませんか?

「何をメリット・デメリットに感じるか?」は、人それぞれですが「母乳育児は楽ちん」ということは「決してない」と思います。

それでも「母乳で育てたい」「母乳育児を続けたい」と思うのは、生き物の本能なのでしょうか?

母乳育児ができるのは、わずかな時間です。

「授乳中は大変だったな~」「あのときは辛かったな~」と「母乳育児のデメリットさえも、懐かしくなるときが来る」と思って、私は母乳育児を続けています。

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児のメリット・デメリット

  関連記事

母乳育児のメリットとは?

「わが子を母乳で育てよう」と決めたみなさん! 母乳育児は大変なことも多いですが、 …