母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児に嫌悪感を抱くことも?

      2015/10/09

出産を経験したママなら、誰でも「我が子に母乳を与えたい!」「母乳で育てたい!」と思うのは、当然のことでしょうか?

答えは「NO」です。

「なるべく母乳で育てたい」と願うママは9割近くに上るそうですが、その一方で「母乳を与えるのに抵抗がある」という意見もあるのです。

今回は「母乳に対する嫌悪感を抱くママの気持ち」を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

母乳を上げたくない理由とは?

「母乳を上げたくない」のには、こんな理由があります。

・生理的に母乳をあげることに抵抗がある
・授乳している自分に嫌悪感がある
・胸を触られるれるのが嫌で母乳マッサージも苦痛
・赤ちゃんが母乳を吸っている姿も生理的に受け付けない
・自分の体から母乳が出ていること自体が嫌
・自分で搾乳するのも嫌
・他人が授乳している姿を見るのも嫌悪感がありデパートの授乳室も苦手
・目の前で授乳されると苦痛
・授乳の最中にイライラ感がある
・授乳中に気分が落ち込む
・授乳そのものに感覚的な抵抗がある
・赤ちゃんに胸を吸われるのも触られるのも生理的に耐えられない

このように、母乳育児を行っていくことに「抵抗」を感じているママもいます。

母乳をあげたくない理由は「理屈」ではなく「生理的、本能的、感覚的」なものなので、うまく説明ができるものではないようです。

母乳育児に嫌悪感を抱くママの悩みとは?

「母乳をあげたくない」「授乳が感覚的に嫌」というママは、周囲からなかなか理解してもらえず、苦しんでいることもあります。

「子供を産めば、誰でも母乳を上げたくなり、母性が芽生える」という極端な考えも、周囲の理解を得られない原因の一つだと思います。

母乳育児に嫌悪感を抱くママ達は、

・母乳育児をしている周囲のママ友と共感できない
・母親失格かも?と悩んだ
・母性が足りない、と言われて辛かった
・授乳が嫌だなんて精神的におかしいのではないか?と悩んだ
・誰にも理解されず精神的に追い詰められた

と、悩みやストレスを抱えており、周囲に相談できずにいる方も多いようです。

 

スポンサーリンク

 

母乳で愛情は測れない!

母乳育児をしようがしまいが、それはママの自由です。

ストレスを溜めながら、いやいや母乳をあげるのと、リラックスして、笑顔でミルクをあげるのでは、どちらが母子にとっていいでしょうか?

私は、多くのママと同じように「母乳育児をしたい」と思いましたし「自分にも母乳育児ができるのだろうか?」と挑戦してみたかったこと、自分の子育てのやり方に「母乳育児が合っていた」ということから、三人の娘を完母で育てることができました。

「母乳育児のメリットとは?」「母乳育児のデメリットとは?」で書いたように、母乳育児には、いいことも、大変なことも、たくさんあります。

しかし、大事なことは「母乳か混合かミルクか」ということではなく、もっと大きな視野から子育てを考えて行くことではないでしょうか?子育ては、母乳を必要とする1~2年で終わるものではありませんからね。

子育てのやり方を考える時「母乳育児にするかどうか?」の優先順位は、それほど高くはない、と個人的には思います。

ミルクでも栄養は十分ですし、母乳育児じゃないからと言って、スキンシップが少ない、ということもないでしょう。

表現方法は異なるとしても「子供への親の気持ち」は皆同じなのではないでしょうか?

母乳育児で気を付けたいことは?

母乳育児に一生懸命になるあまり「母乳をあげられない、あげたくない」というママさんに対して「母乳育児を強制」したり「ミルク育児を否定」したりすることがないよう、気を付けたいものです。

「母乳とミルクの優劣をつける」のは、無意味な議論だと思います。

また、私自身、授乳に対して嫌悪感を抱く方がいるのを知ったのは、つい最近のことなので、今後は「公共の場での授乳」には気を付けたいと思います。

まとめ

母乳育児は「誰でもできる」「誰でもしたい」と思われがちですが、当てはまらないケースがあることを、理解することが大切だと思います。

母乳かミルクかは、赤ちゃんの個性とママの個性を認めながら選択するべきであり「母乳じゃないから」と肩身の狭い思いをするママが、少しでも減っていくといいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のママの心

  関連記事

母乳育児に自信がなくなったら?

母乳育児を始めて、まだ間もないみなさん! 「なかなか母乳が出てこない」「赤ちゃん …