母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

授乳中の肩こりにお勧めのストレッチやツボは?

      2016/11/04

出産した直後から、母乳育児は始まります。

母乳が出る出ないにかかわらず、授乳が始まり、赤ちゃんのお世話にが始まります。

 

授乳や赤ちゃんのお世話というのは、前かがみになる姿勢が多く、抱っこも長時間にわたることもあり、ママの体には大きな負担がかかっています。

特に、母乳育児が軌道に乗るまでは、授乳のやり方や姿勢などのコツがつかめず、どうしても赤ちゃんのことだけに意識が集中してしまいますよね?

 

そのため、産後のママの体は、出産と授乳でガチガチに固くなってしまっているのです!

 

体の痛みの中でも「肩こり」の症状を訴える方は多くいらっしゃり、肩が凝っているせいで肩甲骨のあたりまで痛くなってくることもあります。

 

肩こりがひどくなると、母乳の出も悪くなってしまいますので、肩こりの自覚症状があるなしに関わらず、肩こりは悪化する前に解消しておきましょう!

 

今回は「授乳中の肩こりが楽になるストレッチやツボ」についてご紹介していきますので、赤ちゃんのお世話の隙間時間に試してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

産後の肩こりは甘くみてはいけない?

産後、肩が痛くありませんか?

肩こりが軽度の場合は自覚症状がないことがありますが、あなたが気付かないうちに、肩の周りの筋肉が日に日に固くなっているかもしれません!

 

肩こりを放置しておくと、肩の痛みや重さ、手足のしびれだけでなく、美容にまで悪影響を及ぼすため、安易に考えるのは危険です!

 

肩こりが及ぼす健康と美容への悪影響はこちらです。

 

<太りやすくなる>

肩の筋肉が硬くなることで、リンパの流れが悪くなります。

そのため、老廃物がたまりやすくなり、代謝が悪くなりますので、むくんだり、太りやすくなります。

 

<猫背>

授乳や赤ちゃんのお世話に多い「前かがみの姿勢」が長時間続くと、そのまま肩や肩甲骨の周りの筋肉が硬くなり、猫背になります。

猫背になると、内臓が圧迫させるため、胃腸の働きが悪くなったり、便秘になる可能性があります。

また、猫背になると、背中の筋肉が使われないため、背中に脂肪がたまりやすくなります。

さらに、下方を向き続けることで、顔のたるみ、首のしわ、バストの位置が下がる、ぽっこりお腹など、美容にも悪影響を及ぼします。

猫背の姿勢によって、首の自然なカーブが失われる「ストレートネック」になると、首の痛みが引き起こされます。

 

このように、肩こりというのは、肩の痛みやだるさだけでなく、産後の健康や美容にも関わってくる問題なのです!

肩こりを解消し、肩甲骨まわりの筋肉を柔らかくしておくことで、猫背を改善し、正しい姿勢が保てるようになるでしょう。

 

肩や肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなると、リンパの流れがよくなり、代謝がよくなります。

食べたものを効率よくエネルギーに変えることができるので、産後のダイエットにもつながりますよ。

背筋を伸ばして胸を開くことで、バストアップにもなりますし、背中の筋肉が刺激されて背中に脂肪がつきにくくなります。

産後は、育児のプレッシャーやストレスで、呼吸が浅くなりがちです。

猫背が改善されれば、自然と呼吸が深くなり、リラックス効果も得られそうですね!

 

(「産後の首の痛みの症状はストレートネックかも?!」に関連記事を書いています。)

 

母乳育児の肩こりを解消するストレッチは?

ご説明したとおり、産後の肩こりを放置おくことは、健康にも美容にもよくありません!

産後の生活スタイルを考えた場合、たとえ自覚症状がない方であっても、肩の筋肉が硬くなっている可能性があります。

 

肩こりを解消するには、肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことが大切です。

肩こりが重症化する前に、肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、猫背を改善していきましょう。

 

赤ちゃんのお世話の間に手軽にできるストレッチをご紹介します。

 

<ストレッチ1>

手のひらを肩に当て、肘を大きくグルグルと回します。

両手とも、前後、5~10回ほど行います。

 

<ストレッチ2>

両腕を背中で組み、後ろに引っ張って胸を開きます。

その状態を10秒間キープします。

 

<ストレッチ3>

1、四つん這いになります。

2、右手を首の後ろにあてます。

3、その状態で肘を天井に向かって上げ、5秒キープします。

4、これを5回ほど行い、左側も行います。

 

<ストレッチ4>

1、タオルを両手で持ちます。肩幅より広めに持ってください。

2、肘を曲げないよう、タオルを上に持っていきます。

3、次に肘を曲げ、タオルを首の後ろに下します。

4、肘を伸ばし、タオルを頭の上に戻します。

この動きをゆっくり、10回ほど、行います。

 

<ストレッチ5>

1、バスタオルを縦にくるくると巻き、長いポール状にします。

2、バスタオルを縦において、仰向けに寝ます。肩甲骨の間にバスタオルが来るようにします。

3、両手を広げます。

これ以外にも、肩こり解消ストレッチはたくさんありますが、立ったまま、座ったまま、思い立ったらすぐにできるものを厳選しました。

私も実行しています!

 

スポンサーリンク

 

肩こり解消のツボで母乳の出もよくなる?

肩こりを解消するには、ストレッチだけでなく、ツボを刺激する方法もあります。

特に、肩こりのツボを押すことで、血流がよくなると、乳腺への血液の流れもよくなります。

つまり、肩こりのツボは、母乳の分泌を促すツボでもあると言えそうですね!

肩こりと同時に、母乳の出が悪くなっているときは、ぜひ肩こりのツボを刺激してみて下さいね。

代表的な肩こりのツボを、3つご紹介します。

 

<肩井>

肩井と書いて、「けんせい」と読みます。

肩井の場所は、肩のてっぺん、首の付け根と肩先の真ん中にあります。

肩が痛いときに、よくマッサージする箇所です。

肩井の下には、太い血管がありますので、ここを刺激することで、肩の血流がよくなります。

 

<天宗>

天宗と書いて「てんそう」と読みます。

天宗の場所は、肩甲骨の中央付近の、くぼみがある箇所です。

自分では押しにくいので、テニスボールを2つ床に置き、その上に寝転んでください。

天宗にテニスボールが当たるようにしてください。

天宗を刺激するには、S字形のマッサージグッズも役に立ちます。

 

<天柱>

天柱と書いて「てんちゅう」と読みます。

首の後ろ、髪の毛の生え際にある太い筋肉の脇、左右にあります。

天柱のつぼは、自律神経にも作用すると言われていますので、ここの血流をよくすることで、肩こりだけでなく、精神的な疲労回復にも効果的だそうです。

育児中のストレスやリフレッシュにも繋がりそうですね!

 

ツボを刺激する際は、消化不良を避けるために、食前食後の30分は避けるようにしましょう。

授乳期間中の肩こりで整体に行ってもいい?

肩こりがひどい場合「整体に行って、プロの手で体を調整して欲しい!」と願うママもいらっしゃるでしょう。

整体と聞くと、バキバキと骨格を整えるイメージがありますが、母乳育児中に整体を受けることは可能なのでしょうか?

 

授乳中の整体は、もちろんOKです。

 

最近では、授乳疲れだけでなく、育児中の携帯やスマホによって肩こりになる方も増えています。

そのため、赤ちゃん連れでも行ける整体や、産後の緩んだ骨盤を整えるための骨盤整体などもあります。

産後は一人で出かけることも難しいと思いますが、赤ちゃんも連れていける整体などを探し、たまにはプロの手で肩こりを解消してもらうのもいいですね。

まとめ

私も産後の授乳期間中は、肩こりや肩甲骨の痛みに悩まされました。

育児に夢中になっていると、肩をマッサージすることすら忘れてしまうのですよね・・・。

しかし、肩や肩甲骨が凝り固まっていると、痛みや頭痛だけでなく、産後太りや老け顔にもつながってしまうのです!!

そう考えると、肩こりを放置しておくわけにはいきませんよね。

産後太りを解消し、若々しくいるために、肩甲骨をほぐして正しい姿勢を保つよう、心がけましょう!

たとえ卒乳しても、お子さんがある程度成長するまでは、前かがみの姿勢が続きます。

鏡を見るたびに姿勢を意識する、トイレのたびにストレッチをする、など、マッサージやストレッチを習慣化できるといいですね。

私も、猫背改善のために、日々肩甲骨を引き寄せてみたり、寝るときにベッドの上に横になってバンザイをしています!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の首・肩・腰の痛み

  関連記事

授乳中の肩甲骨の痛みは母乳が原因なの?

現在、授乳中の方の中で、「肩甲骨の痛み」に悩まされている方はいらっしゃいませんか …

授乳中の肩こりに薬や湿布は使える?

産後の肩こりにお困りですか? 産後の生活は、赤ちゃんの抱っこにおむつ替え、あやし …

産後の肩こりによる頭痛と吐き気を改善するには?

産後の肩こりに悩まされていませんか? そして最近「頭痛までするようになった(泣) …

産後に肩が痛いのは授乳が原因?解消法は?

出産して一息つく暇もなく、子育ては始まります。   自分の体のケアもま …

産後の首の痛みの症状はストレートネックかも?!

産後、子育てが初めての方も、上のお子さんがいらっしゃる方も、新しい生活が始まり緊 …

産後の首の痛みの原因と対処法は?首にしこりも?

出産後、体の回復もままならないうちに、育児というのはスタートしてしまいます。 & …

産後の腰痛は整形外科では治らない?

産後、腰痛を訴える方は多くいらっしゃいます。 特に、妊娠中から腰に痛みがあった方 …