母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後のバストアップ!女性ホルモンを増やす食べ物は?

      2015/12/07

産後は女性ホルモンの分泌が低下している状態です。

女性ホルモンが低下していると、バストが小さくなるだけでなく、バストの下垂や肌の乾燥、イライラしたり、落ち込んだりと、体にもココロにも悪影響を与えることが考えられます。

しかし、産後の時期や授乳期間中は、「女性ホルモンを増やすサプリメント」など人工的なものは控えた方がいいと思いますので、「食べ物」から摂取したほうが安心です。

「女性ホルモンを増やす食事メニュー」を取り入れて、生活の中で工夫してみませんか?

今回は、産後のバストアップを目指すための「産後の女性ホルモンを増やす食べ物」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後のバストアップ!女性ホルモンを増やす栄養素とは?

産後や断乳・卒乳後の小さくなった胸にショックを受けている女性は、山ほどいらっしゃいます。

産後のバストアップケアには、

 

・胸の筋肉を鍛える

バスト専用クリームでのバストマッサージ

・十分な睡眠

・規則正しい生活

バストアップ専用のブラジャーの着用

・適度な運動

・適度に太る

 

など、総合的なケアを長期的に行っていく必要があります。

 

そして、忘れてはならないのが、「十分な栄養」です。

バストの90%は脂肪でできています。

栄養が不足していたり、産後ダイエットを行っている方、産後の授乳で痩せ過ぎてしまった方は、とくに女性ホルモンが不足している可能性があるため、バストアップが難しくなります。

バストアップするには、女性ホルモンが欠かせませんので、女性ホルモンの元となる栄養素をしっかり取る必要があります。

 

では、どのような栄養素が必要なのか、ご紹介します。

 

★たんぱく質

女性ホルモンが分泌される「卵巣」を活性化させるためには、たんぱく質が欠かせません。

ダイエットなどでたんぱく質が不足してしまうと、生命維持に必要な器官へ優先的に栄養が補給されてしまうため、生殖ホルモンや女性ホルモンを分泌する卵巣まで、栄養が行き渡らなくなります。

そうなると、生理不順や、無月経、無排卵などの症状が出てくるようになります。

肉や魚、大豆製品、乳製品などのたんぱく質を積極的に取り、卵巣を元気にして女性ホルモンの分泌を促すようにしましょう。

 

★ビタミン・ミネラル

ビタミン類や鉄分も、卵巣を活性化させるために必要です。

 

★コレステロール

女性ホルモンの原料は、コレステロールです。

産後ダイエットや食事制限で、肉や卵、油などを控え過ぎていると、コレステロール不足になってしまいます。

 

女性ホルモンを活性化させるには、これらの栄養素を含んだ食べ物を積極的に取るといいでしょう。

女性ホルモンの分泌が増えていくことで、バストアップに繋がって行くと思います。

 

スポンサーリンク

 

産後のバストアップ!女性ホルモンを増やす食べ物は?

女性ホルモンを活性化させるために必要な栄養素は、ご紹介したとおりです。

これらの栄養素は、比較的どんな食品にも含まれている栄養素なので、摂取しやすいと思います。

 

さらに、女性ホルモンにフォーカスした食べ物もあるのですよ!

女性ホルモンを増やす具体的な食べ物はこちらです。

 

★キャベツ

女性ホルモンに「キャベツ」とは、意外ですよね?

キャベツに含まれる「ボロン」という成分が、女性ホルモンの「エストロゲン」を活性化させる働きがあると言われています。

 

★わかめ、こんぶなどの海藻類

海藻類には、キャベツと同じく「ボロン」が豊富に含まれています。

食物繊維やカルシウムを含まれていますので、産後の便秘改善や、骨粗しょう症予防にもお勧めです。

 

★りんご

同じく、ボロンが含まれています。

おやつやデザートに、リンゴを食べるのを習慣にしてみませんか。

 

★ナッツ類

アーモンドなどのナッツ類にも、ボロンが豊富です。

ナッツ類には、油脂(コレステロール)やたんぱく質も含まれていますので、女性ホルモンを活性化させるにはお勧めの食品だと思います。

 

★はちみつ

同じく「ボロン」が含まれています。

はちみつには、ミネラルも豊富ですし、砂糖よりも低カロリーなので、砂糖の代用として使うといいでしょう。

 

★豆乳

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、「女性ホルモンと似たような働きがある」として有名ですよね?

豆腐、みそ、納豆、きな粉など、大豆から作られた食品はたくさんありますので、飽きずに食べることができそうです。

中でも、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、消化吸収率が90%以上と高いのでお勧めです。

 

★アボカド

アボカドには、脂肪分が多く含まれます。

さらに、女性ホルモンのエストロゲンの代謝に必要な「ビタミンB6」も多く含まれています。

アボカドには、ビタミン・ミネラルが豊富なため、「老化防止」や「美肌」にも効果的だと言われています。

 

★チーズ

バストは「1%の乳腺と90%の脂肪」でできています。

脂肪分を増やさないことには、バストアップはできません。

脂肪分とタンパク質が豊富なチーズは、バストアップに効果的だと言われています。

チーズにはカルシウムも豊富なので、骨粗しょう症予防にも繋がります。

 

★肉

バストアップを望むなら、たんぱく質が欠かせません。

たんぱく質が豊富なお肉を、こまめに食べるといいそうです。

たんぱく質が取れればいいので、鶏・豚・牛などの肉の種類は何でもいいと思います。

お肉が苦手な方は、魚でもいいでしょう。

 

いかがですか?

食べ物だけで、バストアップを行うのは難しいと思いますが、その他のバストアップケアと並行して行うことで、何かしら変化を感じるかもしれませんね!

何も対策せずに小さくなった胸を悲しむより、食事メニューを工夫して楽しみながらバストアップしていきませんか?

まとめ

私は、断乳後の小さくなったバストに、現在も悩み中です。

授乳中は、乳腺炎などのトラブルが心配で、肉や乳製品、脂肪分を控えた食生活をしている方が多いと思います。

しかし、母乳にいいと言われている「粗食」が、実は女性ホルモンの低下を招いているのかもしれませんね。

母乳育児を卒業したママ達は、母乳育児用の食事メニューから、バストアップ用の食事メニューに変えていくといいと思います。

私は、母乳のおかげ(?)で、産後は痩せてしまいましたので、もう少し筋肉を増やし、体重を増やしていくことを目標にしています。

健康的に太ることはバストアップに繋がります。

目安として、体重が3~5キロ増えると、バストのサイズが1カップ上がるそうですよ!

私はもう若くはないので、増えた体重が「お腹とお尻に付くのではないか?」と若干、不安ではありますが…。

 

スポンサーリンク

 

 - 産後のバストアップ

  関連記事

産後のバストアップに効く豆乳の飲み方は?

産後のシワシワに垂れて小さくなった胸を「何とかしたい!」「少しでも元に戻したい! …

産後のバストアップ!効果的な筋トレとその頻度は?

産後の「垂れたバスト」にがっかりしていませんか? 毎日のお風呂や着替えのたびに、 …

バストアップするための豆乳の種類とは?

産後「垂れて」「小さくなった」胸を少しでも元に戻すために、日々、試行錯誤している …

卒乳後の垂れた胸にバストアップブラは効果的?

断乳・卒乳後は、胸が小さくなったり、胸が垂れてしまう女性は多いものです。 断乳・ …

断乳・卒乳時の胸の張りはいつまで?

赤ちゃんが、1歳~1歳半を過ぎてくると、母乳中心で子育てを行ってきたママも、断乳 …

バストアップできる食べ物はマシュマロ?!

断乳・卒乳してからというものの「胸が小さくなった」「垂れた」「しぼんだ」「しわし …

断乳・卒乳後の小さくなった胸をバストアップするには?

赤ちゃんを母乳で育ててきたママ達、お疲れ様でした! 授乳を通じて、赤ちゃんと過ご …

授乳中に胸が垂れるのを予防するには?

断乳・卒乳すると、「胸が小さくなる」「垂れてしまう」と言われますよね? しかし、 …

断乳・卒乳後、垂れた胸を戻すには?

断乳・卒乳後、しばらくして母乳の分泌が落ち着いてくると、胸のサイズがとっても小さ …

産後の垂れた胸にお勧めのバストアップクリームは?

産後の垂れ下がった胸に、がっかりしていませんか? ハリやつやを失った胸は、バスト …