母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

中年になっても手をつなごう!夫婦で手をつなぐメリットは?

      2019/10/17

日本において「夫婦で手をつなぐ」というのは、若い夫婦や新婚夫婦だけがするものといったイメージが強いかもしれません。

「いい大人が手をつなぐなんて子供っぽい」「年相応な行為ではない」と大人同士で手をつなぐのをマイナスに捉えている人も少なくないのでは?

また、恋人同士のうちはいいけれど、結婚した後まで手をつなぐ必要はないと考える人もいるでしょう。

 

しかし!

手をつなぐというスキンシップには、夫婦仲を深める効果があるのだそうです!

私は今海外にいますが、外国人は年齢に関わらず夫婦で手をつないでいる人がたくさんいて微笑ましくなります。

手をつなぐというのは仲がいいサインとも捉えられますから、仲良し夫婦であればいくつになっても堂々と手をつないでいて欲しいと思います。

今回は「夫婦が手をつなぐメリット」について書いて行きます。

スポンサーリンク

夫婦で手をつなぐメリットは?

手をつなぐなんて、親が子供の手を引いたり恋人同士がすることのように思えますが、実は手をつなぐことは夫婦になっても続けたほうが良さそうですよ。

なぜなら、手をつなぐという行為には様々なメリットがあるから。

ここからは、手つなぎのメリットについて見て行きます。

 

手をつなぐと得られるメリット

◆幸福度が高まる

ちょっと古い情報ではありますが、2013年に旭化成ホームプロダクツ㈱が行った調査によると、手をつなぐ習慣のある夫婦のうち96%の夫婦が自分たちをいい夫婦だと認識しており、夫と手をつなぐ習慣のある妻のうち95%の妻が「妻として幸せだと感じている」という結果が出たそうです。

手をつなぐことと夫婦の幸福度には、何らかの関係があることがわかりますね。

実際に、手をつなぐと「オキシトシン」という幸福ホルモンが分泌されるのだそうですから、手をつなぐことでパートナーへの愛情度や信頼度が増し、幸せな気持ちになるのは本当のようです。

もちろん、キスやハグなどのスキンシップもオキシトシンを分泌させますが、手をつなぐというのは家でも外でもどこでもできる行為ですし、また長時間し続けることができるスキンシップですから、夫婦の心の距離を縮めるにはもってこいのスキンシップ法だと言えます。

 
◆ストレスが軽減する

誰かと手をつないだとき、気持ちがホッとして安心したという経験はありませんか?

特に、好きな人の手に包まれたときは心が安定しリラックスできたことと思います。

このように、手をつなぐことはストレスを軽減させる力があるのです。

緊張したり怖い思いをしたときに誰かの手を握りたくなるのはそのせいです。

 
◆連帯感ができる

手をつないでいると、相手とつながっているという意識が強まりませんか?

手をつなぐことで、言葉にできない気持ちを相手に伝えたり、夫婦の絆を強めることも不可能ではありません。

 
◆相手の気持ちを確認できる

手をつなぐというのは、相手に愛情があるからこそできること。

夫婦で手をつなげば、パートナーからの愛情を再確認することができます。

 
◆夫婦円満をアピールできる

手をつなぐというのは、夫婦仲のよさをアピールする行為でもあります。

ラブラブであることを周囲に示す効果もありますから、パートナーの浮気予防にもつながるでしょう。

 
◆歩くペースを合わせてもらえる

一緒に外出しても歩くペースが違うと二人で並んで歩くことができませんよね。

そんなとき手をつなぐと一緒に歩くことができます。

スポンサーリンク

寝ているときに手をつなぐメリットは?

パートナーと手をつなぎたいけれど、「外では周囲の目が気になって手をつなぐことができない」「子供のお世話で手がふさがってしまう」というのであれば、寝るときに手をつないでみてはいかがですか?

昼間は生活ペースの異なる二人であれば尚更、寝るときくらいお互いの存在を感じてみるといいでしょう。

手をつないで寝るというのは相手に心を許しているサインとも取れますから、夫婦の信頼度や絆を強めることができると思います。

また、寝るときに手をつなげば安心して眠りにつくことができるでしょうし、喧嘩した後も仲直りしやすいというメリットもありますよね。

手をつないで寝れば、たとえ夜の夫婦生活がなくなったとしても心が離れるのを防いでくれるような気もします。

ぜひ、手をつないで寝ることを習慣にしてみて下さい。

40代を過ぎても手をつないだほうがいい?

若い夫婦やラブラブな新婚夫婦にとって、手をつなぐことは当たり前のことかもしれませんか、ある程度の歳を重ねて来ると、やはり人前で手をつなぐことに抵抗が出て来るかもしれません。

しかし最近では、40代や50代になっても手をつなぐ夫婦は多いそうですよ!

私も外を歩いているとき手をつなぐ中年夫婦をしばしば見かけますが、このように中年になっても手をつなげるのはパートナーのことが大好きな証拠です。

いつまで経ってもパートナーと触れ合っていたいと思える愛を持ち続けていられるなんて、本当にうらやましいことだと思います。

このほか、転ばないよう互いに支え合うために手をつないでいるという中年ならではの理由もあるようですが、これもパートナーへの愛があってこそ。

手をつなぐ習慣のある人は、ぜひいくつになっても手をつなぎ続けて欲しいと思います。

まとめ


小さい子と出かけるとき、親は当たり前のように子供と手をつなぎますね。

私も子供達とよく手をつなぎます。

外出時のみならず、座っている時や寝るときなど家の中でも私はかなりの高い確率で子供と手をつないだり手を握ったりしています。

このように手をつなぐというのは習慣ですから、夫婦で手をつなぐ習慣のある人はこの習慣を続けるようにしましょう。

そうすれば、中年どころか老夫婦になって手をつなぎ続けることができるでしょう。

私達夫婦のように手をつなぐ習慣がなくなってしまった後からでは、また手をつなごうと思ってもなかなか難しいかもしれませんよ。

今回ご紹介してきたように、手をつなぐことにはメリットがあります。

手をつなぐことでよい夫婦関係を維持できるだけでなく、冷めたパートナーへの愛情が復活することだってあるのです!

最近夫婦仲がギクシャクする、パートナーへの気持ちが冷めてきたというカップルこそ手をつないでみるといいですね。

スポンサーリンク

 - 夫婦の会話・スキンシップ・コミュニケーション

  関連記事

夫婦が敬語で話すのは変?それとも普通?

みなさんご夫婦は、敬語で話しをしますか? もしくはどちらか一方が、敬語で話しかけ …

夫とのスキンシップが嫌!妻がスキンシップを嫌がるのはなぜ?

結婚してしばらく経つと、夫婦のスキンシップが減ることがあります。 ここで言うスキ …

夫婦っていつまでキスするの?キスしない理由は?

夫婦のみなさん、結婚前と変わらずパートナーとキスをしていますか? ちょっと古いデ …

妻とのスキンシップを拒否る夫の本音とは?

前回の記事『夫とのスキンシップが嫌!妻がスキンシップを嫌がるのはなぜ?』では、夫 …

夫婦の性の問題は離婚理由になる?レスっていけないこと?

離婚理由で一番多いのは性格の不一致だそうですが、実は“性の不一致”も離婚理由にな …

夫婦の話し合いを拒否る夫。黙り込むのはなぜ?

夫に対し、不満や要望などがあるときや夫婦間の問題を解決したいとき。 みなさんはど …

離婚は避けたい!夫婦の会話を増やすには?

「前回の記事」でご紹介したように、夫婦の会話が少なくなると離婚のリスクが高まると …

無言で食事をする夫婦!会話が面倒くさいの?

みなさんは食事中、”夫婦の会話”を楽しんでいますか? 私 …

夫婦で毎日ラインする?どんなふうに使ってる?

夫婦間のコミュニケーションツールもだいぶ変化してきた昨今。 ほとんどの夫婦は、ラ …

愛情表現のない夫!毎日妻へ「愛している」と言うべき? 

結婚前は「カワイイ」「好きだ」「愛している」と言い合っていたのに、結婚してからそ …