母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

授乳中の頭痛の原因は貧血だった?!

      2016/12/28

産後から、頭痛がひどくなったと感じていませんか?

中には、頭痛と同時にめまい、疲れ、だるさ、イライラなどの症状が現れている方もいらっしゃるかもしれません。

 

産後のママは、出産のダメージから体が回復していないだけでなく、赤ちゃんのお世話による疲労、睡眠不足、ストレスなどによって頭痛が起こりやすいと考えられますが、日常生活に支障をきたすほどの頭痛や、あまりにも頭痛が長引く場合は、「貧血」を起こしている可能性があります!

 

貧血になると、ママ自身が辛いだけでなく、赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうので、放置しておくのはよくありません。

 

今回は「授乳ママの頭痛の原因」と「頭痛と貧血の関係」「貧血の改善法」についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

産後は貧血になりやすい?貧血と頭痛の関係は?

妊娠中に引き続き、産後も貧血になりやすいのをご存じですか?

産後に貧血になりやすいのは、次に当てはまる方です。

 

・分娩が長引いた方、出産の際、出血が多かった方
⇒分娩時間が長く、出産の際に大量出血した方は、産後の母体の回復に時間がかかるだけでなく、鉄分が不足していることがあります。

 

・母乳育児を行っている方
⇒母乳は血液から作られますので、ママが母乳を与えるたびに、ママの体からは血液が失われていきます。
特に「鉄分」は、優先的に母乳となって赤ちゃんへ届けられますので、授乳中のママは慢性的に鉄分不足に陥る可能性があります。

 

・生理の戻りが早い方
⇒生理の出血によって、鉄分が不足しやすくなります。

 

このような原因に加え、産後は疲労が蓄積していますし、バランスの取れた食事を取る時間もないですよね?

赤ちゃんのお世話の合間に、テキトーなモノしか口にしないでいると、栄養が不足して貧血となってしまいます。

そして、貧血になると、血行が悪くなるため、頭痛が起こってしまうのです。

 

もちろん、頭痛の原因は貧血だけではありません。

産後のホルモンバランスの影響や、育児による肩コリや首コリ、慢性的な睡眠不足、育児ストレスやプレッシャーなども、頭痛やめまいの原因になります。

 

このように、産後の頭痛はさまざまな原因がありますが、「貧血も頭痛の要因の一つ」であることを覚えておいて下さい。

 

(「産後の頭痛は母乳育児が原因?」に関連記事を書いています。)

 

産後の貧血の症状とリスクは?

産後に貧血になった場合、どのような症状が現れるのでしょうか?

 

頭痛に加え、次の症状が現れた場合は、貧血を疑ってみて下さい。

 

・めまい、ふらつき

・イライラ、怒りっぽくなる

・重度の疲労感、だるさ

・極度の眠気

・やる気が起きず、うつに似た精神状態になる

 

産後の赤ちゃんのお世話で「ぐったり」だったり、睡眠不足によって「常に眠たい」というのは誰にもあり得ることですが、起き上がれないほど体が重たかったり、知らないうちに寝てしまうほどの眠気がある場合は、鉄分が不足している可能性があります。

 

鉄分不足を放置していると、産後の体の回復が遅れるだけでなく、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、育児への活力が沸かなくなってきます。

ただでさえ、赤ちゃんのお世話は大変なのに「だるい」「眠い」「やる気が出ない」という状況では、産後の生活が辛いものになってしまいますよね?

鉄分不足になると「顔色が悪い」「クマができる」「肌や爪がボロボロになる」など、美容にもいいことはありません。

 

さらに、産後の貧血は、ママの健康と美容だけでなく、赤ちゃんの健康にも悪影響を与えてしまうのです。

なぜなら、ママが貧血だと母乳に含まれる栄養分が減ってしまうため、赤ちゃんも貧血になるリスクがあるからです!

元気な赤ちゃんを育てるためにも「ママの貧血は改善しておくべき」だと言えますね。

 

(「母乳だと赤ちゃんが鉄分不足に?」に関連記事を書いています。)

 

 

スポンサーリンク

 

産後の貧血を改善するには?

産後の貧血は、ママにとっても、赤ちゃんにとってもいいことではありません。

貧血が悪化する前に、改善するようにしてくださいね。

 

貧血を改善するには「鉄分が多く含まれた食品を摂取すること」が一番です。

 

鉄分は、肉類(特にレバー)、海藻類(ひじき、わかめ、のりなど)、大豆類、緑黄色野菜(ほうれん草、小松菜など)などに多く含まれています。

また、たんぽぽの根には鉄分が多く含まれており、体を温める効果も期待できます。

たんぽぽの根で作られた「たんぽぽコーヒー」や「たんぽぽ茶」や、造血作用のある葉酸が含まれた「たんぽぽエキス」なら、血流がよくなり、頭痛解消にも繋がりますね。

 

貧血解消のためには、鉄分のほかに、タンパク質、ビタミンB12、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル、葉酸なども欠かせません。

これらの栄養素を摂取するために、バランスのいい食生活を行いたいものですが「産後の忙しい時期に、食生活の管理まで徹底できない!」という方は、妊婦さんでも飲める安全性の高いサプリメントで栄養を補給するという手もあります。

食事やサプリメントなどの食品で、貧血が改善できない場合は、病院で鉄剤の薬を処方してもらうようにしましょう。

 

(「母乳育児中のだるさは鉄分不足が原因?」に関連記事を書いています、

 

まとめ

産後のママは、疲れ、授乳、睡眠不足、ストレスなどが重なり、貧血になりやすい状態です。

毎日、赤ちゃんのお世話に追われていては、自分の食事など満足に食べることすらできませんよね?

赤ちゃんが寝ている隙に、冷蔵庫にある残り物を急いでかき込んだり、赤ちゃんを抱っこしながら片手でパンをかじったり・・・私もそんな生活をしていました。

幸い、私は貧血になりませんでしたが、その理由として考えられるのでは、毎日玄米を食べていたからかもしれません!

たんぽぽコーヒーも毎朝欠かさず飲んでいました。

ちょっとした食生活の変化で、貧血が改善されるかもしれませんね。

 

産後の貧血は、育児に支障をきたします!

何より、ママ自身が辛いと思います!

鉄分の強化されたおやつや牛乳なども売られていますので、これらを上手に取り入れながら、貧血を治してくださいね。

貧血が改善されると、驚くほど体が軽くなりますよ!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の頭痛

  関連記事

産後の頭痛は母乳育児が原因?

出産してから、たびたび襲ってくる頭痛に困っていませんか? 特に授乳中は薬に頼るこ …