母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の肌荒れはいつまで?授乳中でも皮膚科に行くべき?

      2017/05/04

産後に肌が荒れるようになってしまった方が、数多くいらっしゃいます。

「産後の肌荒れ」と言っても、乾燥肌、ニキビ、シミ、湿疹、じっましん、手あれなど、様々なタイプがあります。

私の場合は、シミが一気に増え、顔だけでなく全身が乾燥肌になってしまいました。

産後数年立った現在でも、シミは増える一方ですし、全身の乾燥は続いていますので、産後の肌荒れが完治したわけではありません。

 

産後の肌荒れは、いったいいつまで続くのでしょうか?

 

また、産後の肌荒れがひどい場合は、皮膚科に行くべきかどうか、迷いますよね?

「肌荒れくらいで皮膚科に行くべきか?」と感じる方や、「授乳中だから薬は使いたくない!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は、「産後の肌荒れが続く時期の目安」と「皮膚科ではどんな対処をしてくれるのか?」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後の肌荒れが治らない!いつまで続くの?

産後の肌荒れがなかなか治らない、と困っていませんか?

産後の肌荒れは、いったいいつまで続くのでしょうか?

 

産後ママの多くは「産後1年くらいまで続いた」という方が多いようです。

 

産後の肌荒れの期間は個人差がありますが、出産による体のダメージから体が回復するには、産後1年くらいかかると言われています。

そのため、産後1年間は、体力の低下と共に、肌のバリア機能が低下しており、肌荒れが起こりやすい状態です。

また、赤ちゃんが1歳になるまでは、母乳育児を行っているママが多いため、授乳によって水分や栄養が取られたり、夜間の授乳で睡眠不足が続くことから、産後1年は肌荒れが続いてしまうようです。

産後しばらくは、赤ちゃん優先の生活が続きますので、ママ自身の肌のお手入れをする余裕がなかったり、食事がおろそかになったり、授乳でお腹が空いて甘いモノを食べ過ぎてしまうこともあって、産後1年間は肌トラブルが起こりやすい期間だと言えます。

 

産後ママの中には、

 

・2年経っても治らない

・3年経ってやっと治った

・母乳をやめたら改善した

 

という方もいらっしゃいますので、産後の肌荒れが長引く方もいらっしゃいます。

赤ちゃんが朝まで寝てくれるようになったり、ママが育児に慣れてくるまでは、肌荒れも続くと考えた方がよさそうですね。

産後の肌荒れの原因は?

産後の肌荒れは、出産後すぐに現れるというよりは、産後しばらく経ってから現れることが多いようです。

なぜなら、肌が生まれ変わる(ターンオーバー)には約1ヶ月かかるからです。

そのため、出産のホルモンバランスや産後の生活環境によって生じた肌荒れが表面化してくるのは、産後2~3ヶ月くらい経ってからだと言われています。

産後の時期は、ホルモンバランスの変化、睡眠不足、ストレス、授乳による水分不足、栄養不足、便秘、ストレス、疲労など、ママの体は心身ともにダメージを受けています。

そのため、肌のバリア機能も低下してしまい、肌荒れが起きてしまうのです。

 

 (「産後の肌荒れの原因と乾燥肌の対処法は?」に関連記事を書いています。)

 

授乳中でも皮膚科に行くべき?

産後の肌荒れが原因で、皮膚科へ行くママも少なくありません。

皮膚科では、どのような処置がされるのでしょうか?

 

皮膚科へ行くと、まず問診を行います。

蕁麻疹の場合は、蕁麻疹の原因が特定できるのであれば、その原因と取り除くように言われるでしょう。

蕁麻疹の原因が特定できない場合、皮膚科で血液検査などを行って原因を特定したり、アレルギーの有無を調べることができます。

 

肌荒れや湿疹の場合は、かゆみを抑える外用薬(ぬり薬)や内服薬(飲み薬)が処方されます。

自己判断で、市販薬を使用するよりは、皮膚科で処方された薬を使う方が安心だと思いますし、原因が「出産」以外のこともありますので、長引く湿疹や極度の肌荒れが続く場合は、皮膚科を受診した方が安心だと思います。

 

スポンサーリンク

 

皮膚科で処方される薬は?

皮膚科では、どのような薬が処方されるのでしょうか?

薬の種類によっては、授乳中は使用できないものや、長期間の使用は控えた方がいい薬もありますので、薬を使用する場合は医師とよく相談しましょう。

 

皮膚科で処方される代表的な薬をご紹介します。

 

・抗ヒスタミン剤(授乳中NG)

アレルギーによるかゆみを抑える薬です。

蕁麻疹など、原因が特定できずに除去が難しい場合は、抗ヒスタミン剤を使用することがあります。

抗ヒスタミン剤は、授乳中は使用できませんので、場合によっては断乳せざるを得ないこともあります。

 

・ステロイド剤(授乳中要注意)

外用の副腎皮質ホルモン剤です。

かゆみを抑える高い効果がありますが、副作用として皮膚が薄くなったり、使用をやめた途端にさらに悪化し、薬の使用をやめられなくなるなどのリスクがあります。

医師からも、長期に渡る使用は注意されるお薬です。

皮膚から吸収された副腎皮質ホルモンが、血液中に溶け込み母乳へ出る可能性がゼロではありませんので、授乳中は控えた方が安心だと思います。

 

・保湿剤

肌の保湿のために出される塗り薬です。

乾燥肌を改善するものであり、直接かゆみを抑える効果はありません。

代表的なものには、ヒルドイドローション、ヒルドイドクリーム、ワセリン、尿素クリームなどがあります。

 

「ヒルドイドローション」は、血行を促進し、肌の乾燥を防ぐ働きがあり、赤ちゃんの乾燥肌にも使えます。

我が子の乾燥肌がひどかったときも、ヒルドイドローションが処方され、私も使っていました。

 

「ワセリン」は、皮膚を保護する働きがあります。

油性なのでべたつきますが、液ダレしないので、オイルよりも塗りやすくなっています。

 

「尿素クリーム」は、尿素という天然保湿成分が配合された保湿剤です。

尿素には、肌を保湿するだけでなく、肌の角質を落とす働きもあるので、肌のターンオーバをサポートする働きも期待できるそうです。

 保湿剤は薬ではないの、授乳中のママでも安心して使うことが出来ます。

 

・非ステロイドのかゆみ止め

かゆみがある場合は、かゆみを抑える効果のある抗ヒスタミン剤が配合されている非ステロイドのお薬が処方されます。

代表的なものでは、オイラックスやレスタミン、ラナケイン、などがあります。

 

・内服薬

肌の保湿を促すビタミン剤や、漢方薬を処方されることもあります。

皮膚科に行けないときは?

産後の肌荒れを改善するために、皮膚科に行く方もいらしゃると思いますが、「授乳中は薬お使いたくない」という方や「皮膚科へ行く時間が取れない」という方もいらっしゃるでしょう。

それに、皮膚科の薬で肌荒れが改善されたとしても、お薬をやめた途端ぶり返したり、副作用のことを気にしながら使い続けるは不安ですよね?

皮膚科のお薬と同じような効果を得るために、産後のママでもできることがあります!

 

<保湿効果の高い化粧品を使用する>

皮膚科で出される保湿剤と同様の効果が得られるものを使いましょう。

尿素が配合されたものや、敏感肌専用の化粧品、無添加で保湿効果の高いものがオススメです。

ワセリンはスーパーや薬局でも手に入りますし、無添加の保湿剤でしたら、馬油などでもいいでしょう。

 

<美肌を作る食品を多めに取る>

肌の血行を良くしたり、肌の粘膜を強くする働きのあるビタミンBを摂取しましょう。

卵、納豆、レバー、まぐろ、野菜、果物を意識して食べるといいですね。

産後の忙しさで、食生活が乱れがちな方は、コラーゲンが配合された授乳中でも飲める乾燥肌にお勧めなサプリメントを飲むと、肌の保湿に効果的だと思います。

 

<生活習慣を見直す>

産後の時期はなかなか難しいと思いますが、なるべく疲れを溜めないように、赤ちゃんと一緒に昼寝をしたり、ストレスを溜めないように心がけましょう。

規則正しい生活や、便秘解消も、肌荒れを改善するために必要です。

 

<正しい肌のお手入れ>

肌のお手入れに、たっぷり時間をかけることはできないと思います。

しかし、最低限の正しいケアをするだけでも、肌荒れの改善が期待できます。

肌をゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗うのは控えましょう。

肌に刺激の少ない衣類を着用することも効果的です。

産後の肌トラブル全般にお勧めのオールインワンなら、保湿効果抜群なうえ、ひと塗りするだけなので、肌への摩擦を減らすことにも繋がります。

まとめ

私も産後、体の肌荒れがひどい時期がありましたが、忙しさのあまり、産後しばらくは皮膚科へ行くことができませんでした。

様々な種類のボディクリームを試しましたが、香りがきついものや添加物が多いものは、逆に肌が荒れてしまったことがあります。

産後の体の乾燥肌に効果があったのは、ワセリンです。

化粧水のあとや、入浴後の「肌が濡れている状態」で、ワセリンを塗ります。

多少のべたつきはありますが、洋服を着てしまえば気になりませんし、正しい使い方をすれば、保湿剤としてとても優れていると思います。

ワセリンなら、赤ちゃんの保湿にも使えますので安心ですし、家族みんなで使えるのでモノが増えずに済みます。

ワセリンにもいくつか種類があるそうなので、ワセリンを試すときは、できるだけ純度の高いものを選ぶようにしてくださいね。

フェイスケアには、やっぱりオールインワンを使っていましたが、当時はヘラですくうタイプのものしかなかったので、ちょっと使いにくかったです・・・。

現在では、ワンプッシュで使えるものも売られているので、とても便利だと思います!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の肌荒れ・にきび

  関連記事

産後のにきびはおでこだけではない!鼻の下や体にも?

産後から、にきびが出来始めたということはありませんか? しかも、にきびのできやす …

産後の肌荒れの原因と乾燥肌の対処法は?

出産は、母体に大きな変化を及ぼします。   体の変化の一つに、「産後か …

産後のにきびが治らない!授乳中でも飲めるサプリは?

産後は、肌が極度に乾燥してガサガサになってしまったり、原因不明のかゆみや湿疹が生 …

授乳中の肌荒れ(カサカサ・にきび)は化粧水で治せる?

産後、化粧水をつけると肌がひりひりしたり、頬がザラついたり、顔中ににきびが出来て …

産後のしわしわお腹!皮まで剥けるのはなぜ!?

出産後の伸びきったお腹を見て、驚き、ショックを受けた方は、数知れず… 私も、その …

授乳中のにきびは生理再開のサイン?

産後、しばらく経つと、顔だけではなく全身ににきびができ始めることがあります。 & …

産後の肌荒れ!あごにきびの原因と対処法は?

産後から、「にきびがたくさんできるようになった(泣)」ということはありませんか? …

産後にきびは皮膚科で治療?授乳中に塗り薬は使える?

「産後のにきび」にお困りですか? 妊娠中は、にきび知らずの美しい肌をキープしてい …

産後にきび!授乳中に漢方薬を飲んでいいの?

産後しばらくしてから、急ににきびができ始めることがあります。   突然 …

産後に化粧「しない?」「する?」産後の化粧のメリットは?

「出産後しばらくは、化粧をしない」という女性は多いものです。 産後は赤ちゃんのお …