母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

【6カ月】赤ちゃんがお風呂で泣く!上手な入れ方と洗い方は?

      2017/12/30

これまで機嫌よくお風呂の時間を過ごしていた赤ちゃんが、ある時期から急にお風呂を嫌がるようになったり、大泣きし始めることがあります。

 

そんな赤ちゃんの変化が見られる時期として多いのは「生後6か月前後」。

 

生後6か月前後というのは、周囲の状況や自分が置かれている状況がわかるようになって来たり、自我が芽生え始める時期なのですが、なぜか「お風呂の時間を嫌がる時期」でもあるようです。

 

赤ちゃんがなぜお風呂の時間を嫌がるのか、その理由は「赤ちゃんのみぞ知る」わけですから、我々大人は赤ちゃんの気持ちを探って行くしかありません。

 

毎日、思考錯誤しながら赤ちゃんをお風呂に入れている・・・というママへ!

 

今回は、赤ちゃんの機嫌を損ねにくい「入浴のタイミング」や「赤ちゃん洗う時の注意点」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

6か月頃の赤ちゃんがお風呂で泣くのはなぜ?

生後6か月頃になると「赤ちゃんが突然お風呂を嫌がるようになった!」という声はよく聞かれるものです。

なぜ赤ちゃんはお風呂を嫌がって泣くようになるのでしょうか?

その原因を明確に知ることはできませんが、考えられる理由にはいくつかあります。

 

<お風呂場の要因>

・浴室が暑い・寒い

・シャワーやお湯の温度が熱い・冷たい

・シャワーの水圧が強い

・音が響く、音が大きい

など。

<赤ちゃんの要因>

・眠い

・おなかが空いた

・部屋で遊んでいたい

など。

 

赤ちゃんが泣いている原因について、赤ちゃんの気持ちになっていろいろ探ってみましょう。

 

(「【6カ月】赤ちゃんがお風呂の時間に泣くのはママのせい?」に関連記事を書いています。)

 

6カ月頃の赤ちゃんの入浴時間は何分くらいがベスト?

生後6か月というと、既にママやパパと一緒にお風呂に入る赤ちゃんも増えてきている時期です。

しかし、大人の入浴時間に合わせていると、赤ちゃんがのぼせてしまったり、飽きてしまったり、赤ちゃんが機嫌を損ねて大泣きする原因になりかねません。

もしも赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうと、入浴後のお世話まで大変になってしまいますから、赤ちゃんを機嫌よくお風呂に入れるには「入浴にかける時間」も大切なのです。

では、この時期の赤ちゃんにとって最適な入浴時間はどれくらいでしょうか?

 

それは「10分~15分程度」だそうです。

これは洗う時間を含めての時間ですから、ちょっと慌ただしいと感じるかもしれませんね。

 

そして、赤ちゃんにとって最適なお湯の温度は「38~40度」くらいです。

熱いお風呂が好きな方であれば、38度ではぬるいと感じるかもしれませんが、赤ちゃんにとっては十分なのだそうですよ。

 

当時の私はとても冷え性だったため、38度程度のお湯に数分浸かるだけでは全く体が温まらず、我が子が小さい時期のお風呂はリラックスタイムどころか苦痛でしたね・・・。

 

大人の私達とは対照的に、赤ちゃんにとっては「ぬるい温度で、短時間の入浴」が望ましいと覚えておいて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

6カ月頃の赤ちゃんをお風呂に入れる時間は何時がよい?

赤ちゃんがお風呂の時間に泣くのは、ある程度仕方のないことです。

しかし、入浴後もそのまま泣き続けているとママもしんどくなってしまいますよね?

お風呂の後赤ちゃんがスムーズに眠りにつけるよう、入浴するタイミングにも注意してみましょう。

 

まず、大人の私達にも言えることですが、赤ちゃんにとっての「お風呂の時間」と言うのは、ただ単に「体を清潔にするため」だけではありません。

毎日の生活リズムを整え、ゆったりと眠りにつけるようにするためにも「お風呂で体を温める」ということが大切なのです。

 

一般的に「入浴後30分が最も入眠するのに適している」とされているようですから、赤ちゃんをお風呂に入れる最適な時間というのは、「赤ちゃんの就寝時間の30分前にお風呂から上がれる時間」ということになります。

 

例えば、赤ちゃんの就寝時間が「20時」の場合で逆算してみると、お風呂から出なければならない時間は「19時30分」となります。

仮に、入浴時間を15分、入浴前後の着替えや授乳時間(15分×2)を30分とした場合、赤ちゃんをお風呂に入れ始める時間は「18時45分」となります。

 

毎日の入浴時間をほぼ同じ時間帯にすると、赤ちゃんに就寝リズムがつきますので、寝ぐずりせずスヤスヤ寝てくれるようになるかもしれません!

 

また、夏の時期には「1日に2回」入浴することもありますが、この場合は「昼間の時間はぬるめのシャワーのみ」で済ませ、「夜はしっかりと洗って体を温める」と言ったように、昼と夜で入浴方法を分けるとよいのだそうです。

 

このような育児のちょっとしたコツを知っていると、毎日のお世話が楽になりますよ!

 

6カ月頃の赤ちゃんが泣くのは洗い方が悪いから?

初めて赤ちゃんのお世話をするママであれば、赤ちゃんをお風呂で洗うというのは「至難の業」ではありませんか?

赤ちゃんというのはよく動きますし、泡で手が滑りやすく、口や目に泡が入らないようにと慎重になるあまり、赤ちゃんを洗うのに時間がかかってしまうママもいらっしゃるでしょう。

もしも赤ちゃんを洗うのに手間取っているのであれば、その洗い方が原因で赤ちゃんが泣いているのかもしれません!

そんなときは初心に帰り、赤ちゃんを洗う手順や方法を見直してみましょう。

 

まず「洗い方」ですが、沐浴をしていた時のように「顔→頭→上半身→下半身」の順番で洗って行きます。

汚れやすい首や関節などはママの指を使ってしっかりと洗いたいものですが、腕、足、背中、お腹など面積の広い部分はゴシゴシせずに優しく洗えば十分です。

そして洗った箇所からすぐにお湯で流していけば、泡で手が滑ることもないですし、5分もかからずに赤ちゃんの全身を洗い上げることができるでしょう。

 

また、赤ちゃんが嫌がる「顔」を洗うときは、どのパーツから洗うかといったことも大切です。

顔の中でも、目の周りを洗うのを嫌がる赤ちゃんは多いですから、まず初めに「おでこ・頬・顎」を洗い、最後に目の周りをサッと洗ってすぐに顔全体をお湯で流し、すぐにガーゼで水分を拭き取ってあげると、比較的赤ちゃんは嫌がらないかと思います。

「時間をかけずに優しく洗う」ということが、赤ちゃんの機嫌を損ねない一番のコツだと覚えておいて下さいね。

 

おわりに

お風呂で赤ちゃんが泣く原因についてあれこれ考えてみて、さらにできる限りの対策をとってみても「赤ちゃんが泣き止まない」ことがあるかと思います。

おそらく、赤ちゃん自身ですら泣いている理由がわかってないのでしょう。

このように何をしても解決できない場合は、時が解決してくれるのを待つしかありません。

「今はこういう時期なのだ」「お風呂の間、泣いていたいのだ」と割り切る気持ちも大切です。

6か月前後の赤ちゃんがお風呂の間泣きっぱなしというのはよくあることですから、「一時的なもの」として乗り越えて下さい。

また「パパがお風呂に入れると泣かない」というパターンもあるそうなので、たまにはパパにも協力をお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの悩み・育児トラブル

  関連記事

赤ちゃんが声を出して笑うようになる時期と笑わせるコツは?

生後間もない赤ちゃんは、基本的には無表情ですよね。 そんな赤ちゃんも生後1~2か …

赤ちゃんへ日焼け止めクリームと虫除けスプレーを塗る順番は?

赤ちゃんを連れて公園や海や山へお出かけするとき・・・。 気になるのが、「日焼け」 …

授乳中に赤ちゃんが頭を振るのはなぜ?

赤ちゃんに母乳をあげている最中、赤ちゃんが頭を振って暴れ出したり、自分の髪の毛を …

赤ちゃんは泣きすぎで声かれる?声かれの対処法は?

「今日はなんだか赤ちゃんの泣き声がかれているなあ」と気付いたママはいらっしゃいま …

赤ちゃんの口の中の異変!白いカスやブツブツの正体は?

言葉を話せない赤ちゃんの健康状態を知るために、ママは日々赤ちゃんの全身をチェック …

赤ちゃんが口の中を切ったときの対処法は?

赤ちゃんは怪我をしながら成長して行くものです。 擦り傷や切り傷はよくあることです …

no image
赤ちゃんの日焼け止めクリームは皮膚科で処方してもらえる?

これまでの記事でも書いて来ましたが、日焼け止めクリームには様々な化学物質が含まれ …

【赤ちゃんのお風呂】口に泡が入ったらどうする?

生後間もない赤ちゃんは、大人と一緒のお風呂に入ることはできません。 なぜなら生後 …

赤ちゃんがタバコを食べたかも?!舐めただけなら大丈夫?

赤ちゃんというのは、大人のすることをよく見ています。 そして赤ちゃんは、大人のマ …

【6カ月】赤ちゃんがお風呂の時間に泣くのはママのせい?

生後6か月頃の赤ちゃんというのは、自我が出始めてくる時期です。 自分でできること …