母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児中にもらって嬉しい手土産は?

      2017/05/14

誰かにプレゼントを渡すとき、もしその相手が「母乳育児の真っ最中」であったら・・・?

 

「母乳育児中のママって、どんなものが欲しいのだろうか?」「逆にもらって困るものはあるのだろうか?」と気になりますよね?

せっかく渡すのですから、相手が喜んでもらえるものを選びたいものです。

 

特に「食べ物」を渡す場合、手土産選びにはちょっと気を付けなければなりません。

 

なぜなら、母乳育児中のママは、母乳トラブルを防いだり美味しい母乳を出すために「食事制限」や「食時管理」を行っていることがあるからです!

 

今回は、食事に気を使っているママへ渡す手土産として「相手が安心して食べられるもの」を考えてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

母乳育児のママには貰って困るものもある!?

母乳育児をしているママの中には「○○を食べて乳腺炎になった!」「乳腺が詰まった!」など、母乳のトラブルを抱えている方が多くいます。

そんなママ達は、食生活にとても気を使い、赤ちゃんのために美味しい母乳を出すために、日々努力しています。

母乳育児中のママには「食べたいけれど、食べられない」ものがあるので、手土産を選ぶときは注意が必要です。

「乳腺炎の治し方 その3食べ物」で関連記事を載せています。ぜひ参考にしてみて下さい。)

 

 

母乳育児中のママが、貰って困ったケースはこちら!

 

ケース1・甘いもの全般的に母乳が詰まるので、和菓子をもらっても食べれなかった

ケース2・赤ちゃんに卵アレルギーがあるので、クッキーを頂いて困った

ケース3・母乳が出やすかったので、大福をもらって困った(もち米は母乳を詰まりやすくさせます)

ケース4・おこわを炊いてきてもらったけど、食べたら一発で乳腺が詰まり、熱が出た

ケース5・メロン、スイカなど、体を冷やす果物は母乳の出が悪くなるので食べれなかった

ケース6・カフェインの入ったスイーツ(コーヒー味や抹茶味)は断った

ケース7・頂いたプリンを食べたら、赤ちゃんの湿疹がひどくなった

 

このように、食べ物が母乳のトラブルに繋がりやすい方は、多くいます。

一番いいのは、相手が欲しいものを、リクエストしてもらうことですが、「何もいらないよ~」と返されてしまうこともありますよね?

そんなときは、これからご紹介するものを、参考にしてみて下さい。

実際に、私が貰って嬉しかったものや、欲しかったものです。

 

スポンサーリンク

母乳育児中にお勧めの手土産は?

・果物

母乳が詰まる心配がないので、果物はお勧めです。

赤ちゃんのお世話で忙しいママには、いちごやみかんなど、手軽に食べれる果物の方が助かります。

気を付けたいのが、南国のフルーツ(スイカ、マンゴー、パイナップルなど)です。

「南国のフルーツは体を冷やす」ので、母乳の出が悪くなる可能性があります。

南国のフルーツは控えているという方もいますので、季節外れのフルーツはやめたほうがいいかもしれません。

 

・ゼリー

寒天やゼラチンから作られているゼリーは、母乳トラブルになりにくいので、母乳育児中のママでも安心して食べられます。

フルーツが乗っていたり、クラッシュゼリーが乗っていたりすれば、見た目も華やかでいいと思います!

杏仁豆腐やあんみつなど、和洋中問わず、お勧めです。

私も、友人に頂くときはゼリーをリクエストしていました。

しかし、コーヒーゼリーや抹茶ゼリーは、カフェインを気にして控えている人もいるので要注意です。

また、コーヒーゼリーの場合は、生クリームが添えてあったりしますので、生クリームがNGになることもあります。

 

・プリン

卵と牛乳と砂糖だけで作られた、シンプルな素材のプリンならいいと思います。

生クリーム入りのもの、洋酒が入ったものは、食べられない人もいます。

 

ドライフルーツ

ヘルシーで栄養価も高いドライフルーツは、母乳育児のママにとっていいおやつになります。

一口でつまめるので、赤ちゃんのお世話をしながら食べることができて便利です。

ドライみかん、ドライリンゴ、ドライキウイなど、ドライフルーツの世界も様々な種類があるので、オリジナリティのある手土産として喜ばれると思います。

 

ようかん、水ようかん

小豆は母乳の分泌や母乳の質を良くするので、母乳育児中のママには積極的に取ってほしい食材です。

おはぎやお団子は、人によっては乳腺を詰まらせる可能性があるので、もち米を使っていないあんこのお菓子なら安心です。

あんこのお菓子は、砂糖が多く使われているので、甘さ控えめのものを選ぶと、さらにいいと思います。

(「母乳育児中の間食は和菓子がいい!?」「母乳育児中にもち米はダメなの!?」の記事で、詳しく説明しています。)

 

ノンカフェインの飲み物

母乳育児をしていると、とても喉が渇きますし、授乳中のママには、たっぷりの水分が必要です。

ノンカフェインのコーヒーや紅茶、母乳不足を解消をサポートする「たんぽぽコーヒー」、しょうが茶、はちみつレモンなど、ほっと一息つきたいときに楽しめる飲み物がお勧めです。

ノンカフェインのコーヒーは手に入りやすいですが、ノンカフェインの紅茶は、なかなか売っていないので、私はノンカフェインの紅茶を頂いたときは嬉しかったです。

母乳のトラブルに悩んでいるママ達の間では「乳腺炎を予防するハーブティ」も、人気の高い商品です!

 

・さつまいものお菓子

イモ類は、母乳にいい食べ物の一つです。

さつまいもを使った、スイートポテトや芋羊羹、大学芋などいかがですか? 

材料に、バターや生クリームが使われているものもあるので、母乳が詰まりやすい人には、不向きかもしれませんが…。

 

・天然酵母のパン、ベーグル

パンが好きな人であれば、無添加の天然酵母パンも、お勧めです。

赤ちゃんのお世話をしながらの「一人ランチ」にも助かります。

デニッシュ系は、バターたっぷりなのでNGですが、くるみやレーズンの入ったシンプルな天然酵母パンなら、母乳育児中のママでも食べられます。

ベーグルも、材料にバターが使われていないのでお勧めです。

「ベーグルは、赤ちゃんを抱っこしながらでも食べられて重宝した!」と母乳育児中のママからの評価は高いですよ!

最近では、ベーグルの味もたくさん出ているので、野菜系やドライフルーツ系の味なら、食事にもおやつにもぴったりです。

私もパン好きなので、ベーグルはよく冷凍庫にストックしていました。

 

・はちみつ、ジャム

母乳育児中のママでも、はちみつは食べられます。

はちみつには栄養がたっぷりですし、白砂糖よりも体に優しいので、母乳育児中のママにぜひ食べて頂きたい食品です。

天然酵母パンに塗っておやつに食べたり、紅茶に入れたりと、用途が広いので喜ばれると思います。

ジャムは、砂糖不使用で無添加のものがいいでしょう。

 

・クッキーやビスケット

バターや卵を使用していないクッキーなら、いいと思います。

子供用のお菓子売り場や、自然食品のお店などで売られています。

 

・健康食品

授乳中は貧血になりやすいため、鉄分が強化されたビスケットやおせんべいなどもお勧めです。

白米と一緒に炊ける発芽玄米や麦なども、産後の栄養補給になります。

一般的なサプリメントは抵抗がある方もいらっしゃいますので、品質面で信頼がおける授乳中のママ専用の「母乳のためのサプリ」なら、母乳不足のママに喜ばれると思います。

 

まとめ

私は、甘いもので母乳が詰まりやすい体質だったので、せっかくケーキやシュークリームなどを頂いても食べることが出来ず、相手に申し訳ない思いを何度もしました。

せっかく頂いても食べれないのは、手土産を持っていく側も、受け取る側も、ハッピーじゃありませんよね?

こんな経験をもとに、母乳育児中のママへの手土産を考えてみましたが、参考になりましたでしょうか??

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児で気になること

  関連記事

授乳中の夏バテの原因と対策!お勧めの食べ物と飲み物は?

夏の暑さが本格的になってきましたね!   体がだるくなったり、やる気が …

母乳だけでは足りない?上手なミルク追加の方法は?

出産後、母乳育児を開始してしばらくの間は、母乳の分泌が少ないのはよくあることです …

授乳中に赤ちゃんが頭を振るのはなぜ?

赤ちゃんに母乳をあげている最中、赤ちゃんが頭を振って暴れ出したり、自分の髪の毛を …

母乳育児っ子は離乳食を食べない!?

母乳育児は順調に進んで来たものの「離乳食が進まない!」とお困りですか? 「生後○ …

よく寝る赤ちゃんは母乳が足りない?起こして授乳すべき?

赤ちゃんといえば・・・ 「おっぱい飲んでねんねして」の繰り返しだと思っていません …

搾乳した母乳の持ち時間と持ち運び方法は?

「完母で育てたい!でも・・・母乳があげられない」というシーンはありませんか? & …

夏の授乳の腕汗対策とお勧めの授乳服&夏パジャマは?

暑い夏がやって来ました! 暑さに強いママも、暑さが苦手なママもいらっしゃると思い …

母乳で汚れたタオルがピンクに?臭いを取る洗濯方法は?

授乳中に母乳を拭き取ったり、搾乳したり、または母乳パッドの代わりとして「タオル」 …

乳腺炎と食事は関係ない!?

母乳育児しているママの悩みの一つに「乳腺炎」があります。 「乳腺炎さえなければ、 …

母乳育児は眠れない?睡眠不足対処法!

母乳育児の大変さはいくつかありますが、その中でも「夜中の授乳が一番辛い!」と感じ …