母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

友達のような夫婦関係の特徴は?友達夫婦が増えているのはなぜ?

      2019/07/17

まるで友達のように仲がいい夫婦を「友達夫婦」といい、ここ数年で友達夫婦は増えていると言われています。

どんな夫婦でも倦怠期というのは訪れるものですから、「結婚してもいつまでも友達のように仲がいい」なんてうらやましいことだと思いませんか?

とはいえ私は、夫を「友達だ」と感じたことは一度もありませんから友達感覚で過ごす夫婦の実態についてよくわかりません。

 

そこで今回は、「友達夫婦の特徴」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

”友達感覚”な夫婦ってどんな関係?

友達感覚でいる夫婦とは、どんな関係なのでしょうか?

ここでは、友達夫婦の特徴についてご紹介してみたいと思います。

友達夫婦の特徴

1、何でも話す

「どんなことでも相手に話すことができる」というのは友達夫婦の最大の特徴のようです。

大切な話からくだらないことやバカげた冗談まで「何でも話せる親友」のような存在なのだそうです。

2、趣味が同じ

趣味が同じという点も、友達夫婦の特徴です。

楽しいことや好きなものが一緒なので話も合います。

趣味仲間から恋愛に発展し、結婚したカップルに多いようです。

3、一緒にいる時間が長い

休日には一緒に出掛けたり家の中に居ても一緒に過ごすことが多く、「夫婦で一緒にいる時間」に飽きることがありません。

夫婦で飲みに行くこともあるようです。

4、けんかが少ない

話が合い一緒にいて楽しい時間を過ごすことができるのですから、けんかの回数も少ないようです。

けんかどころか、一緒にふざけ合っている時間の方が長いのでしょう。

5、安心感がある

男女の関係というより友達という感覚が強いため、ドキドキ感の代わりに安らぎや安心感があるようです。

6、お互いをあだ名で呼び合う

お互いを「お父さん、お母さん」とか「あなた、おまえ」と呼ぶのではなく、あだ名で呼び合う傾向にあります。

7、生計が別

友達夫婦の場合、それぞれが仕事を持ち生計を別にしていることも珍しくありません。

お互いの収入や支出には口出しせず、それぞれが自立しているカップルも多いようです。

8、対等な立場

夫婦が対等であるという意識が強く、例えば夫が妻の家事や育児を手伝うというより「分担」「分業」という意識が強いようです。

また、お互いのライフスタイルや趣味を尊重するため、休日や家にいる時間を別々で過ごすことにも抵抗がないようです。

 

こうしてみると、友達夫婦というのは結婚生活にありがちな「不満」「忍耐」「妥協」「喧嘩」といったマイナスな面が少なく、まるで親友と暮らしているような理想的な関係のように見えますね。

 

スポンサーリンク

友達夫婦が増加しているのはなぜ?

現在40代の私が結婚適齢期だった遠い昔(?)、「友達夫婦」は少なかったように思います。

私の周りには専業主婦の人も多かったですし、まだまだ「男性は外で働き、女性が家庭を支える」というスタイルが強かったように思います。

 

では、なぜここ数年で友達夫婦が増えて来たのでしょうか?

 

その背景には、「共働き家庭の増加」や「晩婚化」が関係していると言えそうです。

お互いに収入を持ち相手に依存しない生き方を選ぶ人が増えている現代、男女差や価値観の相違を感じにくい友達のような夫婦関係が彼らの生き方に合っているのでしょう。

また晩婚化に伴い、「子供のいる家庭を築く」というよりは「夫婦で一緒に趣味を楽しみ互いに気を使わない生活を送りたい」と考えるカップルが増えて行くのもわかるような気がします。

今後も結婚相手へ求める条件の中に「友達のような関係を築ける人」を上げる人は増えて行くのではないでしょうか。

友達夫婦にはデメリットもある?

一見すると、友達夫婦は喧嘩が少なく楽しい関係を築ける理想的でうらやましい夫婦のように見えますが、実はそうではないこともあるようです。

実際に、友達のような関係になってしまった夫婦にも悩みがあります。

例えば、「夫を友達として見てしまうため男として見れずレスになってしまった」「お互いのライフスタイルを尊重するあまり一緒にいる時間が少なくなってしまった」「異性に対するドキドキ感をほかに求めるようになってしまった」など。

仲はいいけれど夫婦としては成り立っていないという友達夫婦もあるようです。

(関連記事:友達みたいな夫婦は離婚のリスクが高い?

まとめ

今回は、友達夫婦の特徴をまとめてみましたが、あなた方ご夫婦に当てはまることはありましたか?

私達夫婦について考えてみたところ、私達は何でも話し合いバカげたことや冗談を言って笑い合う気を使わない関柄です。

休日もほとんど一緒に過ごしますし、夫をあだ名で呼び、互いに安心感も得られているはず。

ですから今回の記事を書いているうちに「もしかしてうちも友達夫婦?」と私は疑いましたが、冒頭でも述べたように私は夫を友達だと思ったことは一度たりともありません。

それは、趣味や価値観がまったく逆で、生計も一緒だからでしょうか?

いいえ、それだけではないと思います。

私の場合、夫と話したい話題と親友と話したい話題は違います。

夫と一緒に過ごしたい日もあれば、親友と一緒にいたい時もあります。

私は「夫に求めるもの」と「親友に求めるもの」が違うので、「夫=親友」にはなりえないのだと思います。

個人的には、子供がいないのであれば友達夫婦を続けることができると思いますが、子供を持ちそれぞれが親になってからはいつまでも友達を続けていくことは難しいのでは?とも思いました。

スポンサーリンク

 - 友達夫婦・周りの夫婦

  関連記事

友達みたいな夫婦は離婚のリスクが高い?

友達から恋人へ発展し、そして結婚。 そんなカップルは少なくありません。 &nbs …