母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後に頭が悪くなった?頭が働かないのはなぜ?

      2016/12/14

産後「物忘れが激しくなった」「頭が回らない」「頭がぼーっとする」ということはありませんか?

「自分は頭が悪くなってしまったのではないか?!」と本気で悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

私も、独身時代に比べて、産後は「うっかりミス」が増えたように思います。

年を取ったせいもあるかもしれませんが、私が第一子を出産したのは20代でしたので、年のせいにするのは早すぎますよね?

 

産後に、頭の回転が鈍くなったり、ぼーっとしてしまうことを「産後ボケ」というそうです!

私はこの言葉を知りませんでしたが、ママ達の間ではよく出てくる言葉だそうですよ。

 

なぜ、産後は思考能力が低下したように感じるのでしょうか?

 

今回は、「産後の思考能力の低下の原因と対策」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

産後は頭が悪くなる?頭が働かないママ多数!

出産してから、頭の回転が悪くなったと感じていませんか?

 

例えば

 

・難しいことが考えられなくなった

・物事を頭のなかで整理できなくなった

・自分の考えをうまく話せなくなった

・ものの名前がすぐ出てこない

・テレビや本の内容がよくわからない

・暗算ができない

・集中力の低下

・物忘れが激しい

 

など、心当たりがあるかもしれませんね。

 

私も、ものの名前が出てこなくて「あれ、あれ」とアレを連発してしまうことがよくあります。

さらに、スーパーの駐車場に車を止めたのはいいものの、後になってどこに止めたかわからなくなってしまったり、玄関のカギがないと大騒ぎしていたら、ドアノブに差したままだったり、スーパーでお金を払った後、買ったものを持ち帰るのを忘れたり。。。

けっこう、やらかしているのです・・・。

 

産後のママの中には、あまりのミスやボケボケ具合に、「脳に障害があるのではないか?」と病院で検査する方もいらっしゃるそうですよ!

みなさん、思考能力の低下に悩んでいるようですね。

 

なぜ、産後は頭の回転が鈍くなったと感じるのでしょうか?

産後に頭が働かないのはなぜ?

産後に頭がうまく働かなくなる原因として、いくつか考えられることがありますのでご紹介します。

 

<ホルモンの影響>

妊娠、出産にかけて、女性の体内ではホルモンのバランスが大きく変化します。

記憶力に関わるエストロゲンという女性ホルモンは、産後、急激に減少します。

物忘れが激しくなるのは、ホルモンの影響だと考えられます。

 

<生活スタイルの変化>

産後しばらくは「家にこもりっきり」「赤ちゃんと二人っきり」の生活を送っている方も少なくないのではありませんか?

私も、朝夫が出勤から夜帰宅するまで、一日中誰とも口をきかない日がたくさんありました。

特に、赤ちゃんが小さいうちは、こちらが一方的に話しかけたりあやしたりするだけで、会話そのものをすることがありません。

「難しい言葉」「敬語」「論理的な会話」を忘れてしまうのも仕方ありません。

 

<赤ちゃんに気を取られる>

赤ちゃんが誕生してからは、ママは赤ちゃんの様子が気になりますよね?

「お腹は空いていないか」「おむつは汚れていないか」「熱はないか」「どうして泣いているのか」など、ママは赤ちゃんの様子に敏感になっています。

そのため、誰かと会話していたり、テレビを見ている最中でも、赤ちゃんに気を取られ、心から集中できないのはありませんか?

ママの意識は赤ちゃんのことが最優先なので、ついついミスをしてしまったり、集中力に欠けてしまうと考えられます。

 

<母乳で栄養をとられる>

母乳育児を行っているママの場合、授乳によって多くの栄養が奪われます。

ママの栄養が不足すると、脳まで栄養が行き渡らなくなってしまい、思考力が低下します。

 

<睡眠不足>

産後は夜間の授乳やオムツ替え、夜泣きなどで、睡眠不足が続きます。

睡眠時間が足りなかったり、睡眠が浅いと、誰でも頭が働きませんよね?

産後の睡眠不足や疲れによって、集中力が散漫になったり、思考力が低下することはありうることです。

 

このように、産後の体はホルモンバランスの変化についていけなかったり、心も体も疲れが溜まっている状態です。

そんな状態でも、赤ちゃんのお世話はしなければなりませんし、休むこともできません。

頭が働かなかったとしても、あまり悩まないようにしましょう。

 

ただ、余りにも思考力が低下しており、判断力が鈍くなっている場合、「産後うつ」の可能性も否定できません。

 

思考力の低下に伴い、

 

・音がうるさく感じてしまう、赤ちゃんの鳴き声にイライラする

・ひどい頭痛が続いている

・訳もなく涙が出たり、自分を責める

・日常生活に支障をきたすほどの疲労感がある

・「着る服を選ぶ」など、簡単なことが決められない

・疲れているのに寝付けない

・表情が乏しい、何をしても楽しいと感じない

・食欲が低下したり、過食になる

 

などの症状が現れれば、産後うつの可能性があります。

 

(「産後のマタニティブルーはいつまで続く?」「産後のマタニティブルーに夫がすべき妻への対応は?」に関連記事を書いています。)

 

スポンサーリンク

 

産後の頭が働かないとき、どうする?

産後の思考力の低下は、どのママでも経験することです。

あまり自分を責めたり、うまくできない自分にがっかりしないようにしましょう。

 

頭が働かないのは、頭が働く「余裕がない」からです!

そのため、まずは産後の体の回復につとめ、無理をしないようにしましょう。

産後の体がもとに戻るには、約1年ほどかかると言われています。

この時期に頑張りすぎたり、早く元の生活に戻ろうと無理をすると、産後うつへと発展してしまう可能性もあります。

 

疲労回復のためには、栄養のあるものをしっかり食べることが大切です。

母乳育児中はお腹が好きますが、甘いものばかり食べるのではなく、疲労回復につながる赤身の肉やにんにくなどをしっかり食べましょう。

脳の唯一の栄養素であるブドウ糖は、糖質に含まれますが、甘いものはなく、ご飯やパン、うどん、パスタなどの食事からブドウ糖を摂取するといいですね。

 

そして、寝れるときに寝ることです!

横になるだけでも構いません。

気が進まないのであれば、無理に外に出たり、人に会う必要はありません。

 

産後の物忘れを防ぐために、私は何でもメモを取るようにしていました。

今日やるべきこと、予防接種の予定だけでなく、食事の献立もノートに書いていましたよ。

夕方になって、いざ「食事を作ろう!」としたときに、「アレ?何を作ればいいんだっけ?」となるのを防ぐことができるのでお勧めです。

 

産後の思考力が低下していても、とにかくこの時期を乗り切りましょう。

そのうち、頭が冴えるときが来るはずです。

なぜなら、女性は「出産すると脳が発達する」という報告もあるからです!

産後は脳が発達して頭がよくなる?

妊娠すると、ホルモンの影響によって女性の脳は4%も小さくなるそうです。

中には、記憶障害が起こる例もあるそうです。

「どうりで、産後に頭が悪くなったわけだー」と、納得してしまうのは早いですよ!

 

なぜなら、「出産すると、女性の脳の構造は変化し、脳の一部(視床下部、前頭葉など)のサイズが大きくなる」という研究報告があるからです。

 

脳が発達する原因は、赤ちゃんを抱っこしたり母乳を与えるときに分泌される女性ホルモン「オキシトシン」の影響だと言われています。

オキシトシンは、赤ちゃんへの愛情を抱き、母乳を分泌させる役割以外に、ママの脳を発達させる働きがあるそうです。

オキシトシンの影響によって、ママの脳が発達し、記憶力が高まると考えられてます。

 

さらに、産後は、赤ちゃんが泣いたときや機嫌が悪いときに「素早い対応」を行ったり、予定が狂ったときに「適切な判断」を下す機会が増えることから、ママの視床下部や前頭葉が刺激を受け、脳が発達するのだそうです。

 

「頭が働かない」とお困りのママさん達、大丈夫です!

あなたの頭は、しっかり働いています!

まだ産後の新しい生活に慣れないだけで、あなたの脳はどんどん成長していますよ!

まとめ

私達女性の脳は、妊娠と出産で大きさが変化してしまうなんて・・・驚きではありませんか?

女性ホルモンの影響って、偉大ですよね!

 

私自身、産後の日常生活では、たくさんの失敗をして来ました。

モノの名前が思い出せない、人の名前が覚えられないなんていうのはザラで、お風呂にお湯をためていたら、浴槽の栓をし忘れていた、とか、お湯を沸かしていることを忘れていた、とか・・・危険ですよね(汗)

 

しかし、子どものことに関しては「記憶力が上がった」という経験もあります。

ある時、子供が高熱を出し、近所の小児科へ行って血液検査を行ったことがあります。

その日の夜になって再び熱が上がり、夜間の救急病院へ行ったのですが、昼間の血液検査の結果を医者に聞かれました。

私はうっかり昼間に行った血液検査の結果の用紙を持っていくのを忘れてしまったのですが、そのときの私は、血液検査の数値を一桁単位まで覚えていたのです!

あの時の私は、血液検査の数値がパッと頭の中に浮かびましたよ。

 

私たち産後の女性の脳は、赤ちゃんのことでいっぱいなのです。

そして、子どものことをすべて把握するために、脳がどんどん発達しているのは「事実」だと思います。

 

赤ちゃんのこと、家事、料理、家族の健康、学校や習い事のスケジュール管理、仕事、ママ友との付き合い・・・母親というのは本当に大変だと思います。(男性には申訳ないですが、会社で働いている方がよほど楽かと感じることもありましたよ。)

 

産後に頭が働かないのは、みんな同じです。

みんな同じように大変な思いをしているのです。

ぜひ、自信をもって「母親」として前に進んでいってほしいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後のトラブル

  関連記事

断乳・卒乳後の胸がかゆい!?原因と対処法は?

長いようで短かった母乳育児が終わり、授乳という役目を果たした胸は、見事に「小さく …

悪露のにおいの原因とおすすめナプキンは?

産後の悪露は、約1カ月ほど続きます。 その間は、お風呂に入れませんし、コマメに産 …

産後の便秘を解消する超簡単な運動は?

妊娠中から産後にかけて、長いこと便秘で悩んでいませんか? 便秘がひどくなると、腰 …

産後のお腹の黒ずみは治らないの?

あるとき、産後の自分のお腹を見て「なんだか黒い?」と気付いた方はいませんか? 中 …

妊娠線を病院で消す方法は?

産後にできた妊娠線で悩んでいる方は、意外と多いものです。 お腹ならまだ隠すことが …

妊娠線を消す!?馬油の効果とは?

できてしまった妊娠線で、悩んでいる方はいませんか? 妊娠線は消えないとわかってい …

産後の下腹部痛の原因は?痛みの種類は?

出産という大仕事を終えたばかりのみなさん、お疲れ様でした! 大きなお腹を抱え、身 …

産後に便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?

産後は便秘になる方が多くいらっしゃいますが、その一方で、下痢に悩まされている方も …

産後の妊娠線を消すにはどうしたらいい?

妊娠中「妊娠線は絶対に作らない!」と励んでいた方も、ある時期から一気に出来始めた …

産後のしわしわお腹!皮まで剥けるのはなぜ!?

出産後の伸びきったお腹を見て、驚き、ショックを受けた方は、数知れず… 私も、その …