母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の足のむくみの原因は?母乳も関係している?

      2017/03/07

出産後、足のむくみが気になりませんか?

 

「足がむくんでパンパン!」

「だるくて重たい」

「足を動かすたびに痛みを感じる」

 

など、むくみの程度は人それぞれですが、不快であることに変わりはありませんよね?

 

私も出産後しばらくは、足の太さが2倍になるほどむくんでしまい、とてもショックだったのを覚えています。

 

むくみがあると、その分、体重も重たくなりますので「産後いつまで経っても体重が減って行かない(泣)」という残念な事態を招くことにもなります。

 

なぜ、産後は足がむくんでしまうのでしょうか?

足のむくみを解消するには、どうしたらいいのでしょうか?

 

今回は、「産後の足のむくみの原因と対処法」についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

産後の足のむくみの原因は?

産後、足のむくみに悩まされていませんか?

一般的に「むくみ」というのは、血液やリンパの流れが悪くなることによって、細胞と細胞の間に水分がたまってしまう症状を指します。

そのため、立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けることによって生じる「血行不良」が主な原因と考えられます。

 

しかし、産後のむくみは、血行不良だけが原因ではないのです!

 

産後のむくみの主な原因はこちらです。

 

 

<体内の水分量の変化>

出産時、体内から大量の水分が排出されます。

この水分とは、羊水や血液、妊娠中にため込んでいた水分などが含まれます。

そのため、出産直後の体は「水分が不足している状態」です。

すると体は、「急いで水分を取り戻そう」と働き、たくさんの水分を溜め込もうとするのです。

これによって、産後のむくみが起こります。

産後のむくみは、体の生理的な反応の一つだと言えますね。

 

<ホルモンバランスの変化>

妊娠中に増加した女性ホルモン「エストロゲン」は出産と同時に、一気に減少します。

エストロゲンは代謝機能に関わるホルモンですので、エストロゲンが減少すると代謝が悪くなり、水分が溜まりやすくなってしまいます。

 

<産後の生活スタイルの変化>

産後、授乳によって座りっぱなしだったり、赤ちゃんの抱っこや夜間の授乳によって体を起こしている時間が長くなると思います。

すると、下半身に水分が溜まりやすくなるため、足がむくんでしまうのです。

また、産後は妊娠中から引き続いて運動不足になりやすく、育児のために家で過ごす時間が長くなることから、足の筋肉量が低下し、代謝や血行が悪くなって、むくみやすくなります。

このほか、過度な疲労やストレスによって血行が悪くなると体が冷えてしまい、冷えによってむくんでしまうこともあります。

 

このように、産後のむくみは「生理的な現象」と「産後特有の生活スタイル」に原因があるということです。

 

スポンサーリンク

 

母乳育児は産後のむくみを引き起こす?

産後の足のむくみというのは、出産で奪われた水分を取り戻そうとする体の自然な反応と、女性ホルモンの減少、そして産後の生活スタイルが大きくかかわっているとご紹介しました。

 

しかし、それだけではないのです!

 

実は、母乳育児がむくみの原因の一つであるのをご存じですか?

 

「母乳の成分の90%は水分」ですので、「授乳中は体内の水分が失われ、むくみとは無縁!」のような気がしますよね?

しかし、産後のむくみと母乳は大きく関わっているのです!

 

上でも述べたように、母乳の成分は90%が水分でできています。

そのため、母乳育児を行っていると、ママの体からは多くの水分が失われていきます。

授乳中はとてものどが渇くと思いますが、これは体内から大量の水分が失われている証拠です。

 

そしてここでも、体は「水分をため込もう」と働きます。

つまり、授乳による水分不足がむくみを引き起こしているのです。

 

また、授乳中の水分不足によって便秘になってしまうと、腸が膨らみ、しだいに腸周辺の臓器を圧迫し始めます。

すると、お腹回りの血流やリンパの流れがスムーズに流れにくくなるため、足がむくみやすくなると言われています。

 

このように、授乳中の「水分不足」や「便秘」が、足のむくみに繋がっているということです。

産後のむくみを解消するには?

足のむくみはだるさや痛みを引き起こすだけでなく、見た目的にも気になりますよね?

産後の不快なむくみを解消するには、どうしたらいいのでしょうか?

次のことを試してみましょう。

 

<水分補給>

産後のむくみは、「体に不足している水分を補おうとする生理的な現象」でしたよね?

そのため、むくみを解消するには、しっかり水分を補給しましょう。

「水分を取ったら余計にむくんでしまうのでは?」と思いがちですが、我慢せずにどんどん水分を取って下さい。

産後の生理的なむくみは、産後1か月くらいで気にならなくなってきますので、あとは時が経つのを待つのみです!

 

<足の血行促進>

産後の足は、運動不足や筋力低下によって、冷えやすい状態です。

足に溜まった水分を循環させるために、足の血行をよくするように心がけましょう。

それには、足首を回したり、ストレッチしたり、足の付け根をマッサージすると効果的です。

 

<ナトリウムを控える>

塩化ナトリウム(精製された塩、食卓塩や一般的な塩のこと)を取りすぎると、体内の塩分濃度を下げようと体が働くため、体は水分をため込もうと働きます。

そのため、塩化ナトリウムの多い食事は、むくみつながってしまいます。

自宅での調理は、塩化ナトリウムはなく、ミネラルが豊富な「自然塩」を使うようにしましょう。

外食やお惣菜、スナック菓子などに使わている塩は、ほとんど塩化ナトリウムですので、これらの食品の過剰摂取には気を付けたいものですね。

 

<糖質の取りすぎに注意>

塩分がむくみにつながるのはよく知られていることですが、実は「糖質」もむくみの原因になるのです。

糖質には、体内に水分をため込む働きがあるそうです。

そのため、産後のストレスなどによって甘いものを食べ過ぎていたり、育児の忙しさからおにぎりやうどんなど「糖質オンリー」の食事が続いたりすると、むくんでしまうことになります。

バランスのいい食生活を行うとともに、糖質の取りすぎには注意してくださいね。

 

<利尿作用のある食品を取る>

食品の中には、排尿を促す「利尿作用」が期待できるものがあります。

利尿作用のある食品は、カリウムが含まれているものです。

カリウムという栄養素は、体内の水分量を調節する働きがありますので、体内の余計な水分を排出することに役立ちます。

カリウムが多い食品は、野菜全般、果物(スイカやバナナ)、海藻類があげられます。

カリウムは加熱すると溶け出す性質がありますので、食事の際は生野菜や新鮮な果物を食べるようにしましょう。

また、ノンカフェインのたんぽぽコーヒー(茶)、ルイボスティやごぼう茶などもむくみ改善につながりますので、飲み物を変えてみるのもお勧めです。

 

<着圧ソックスをはく>

足のむくみを改善するために「着圧ソックスをはく」という手もあります。

実際に、産後のむくみがひどい場合は、病院や産院で支給されるところもあるようです。

しかし、着圧ソックスは血行不良によるむくみには効果的ですが、体内の水分を排出してくれる働きがあるわけではありませんので、根本的な改善にはならない気もしますが。

私もむくみが気になるときは着圧ソックスを使用していますが、一時的にむくみが解消されるものの、着圧ソックスを脱ぐとまたむくんでしまうのですよね・・・。

 

<足を高くして寝る>

足にたまった水分を循環させるために、横になるときは足を高くしてみましょう。

足の下に、まくらやクッションを置くだけです。

しかし、この方法も根本的にむくみを解消するわけではないので、一時的な効果しか得られないと思います。

産後のむくみに効果的な漢方薬は?

産後のむくみがあまりにつらいときは、漢方薬に頼るという方法もあります。

むくみを解消すると言われている漢方薬はこちらです。

 

<当帰芍薬散>

体内の水分代謝を高めて、余計な水分を排出する働きがあります。

体が冷えて、むくみがちな方にお勧めです。

 

<五苓散>

こちらも体内の水分を調整する働きがあります。

体が冷えて下痢しやすい方にお勧めです。

 

<防己黄耆湯>

体内の水分代謝を高めてくれます。

産後の疲労や体力低下によってむくみがちな方にお勧めです。

 

<柴苓湯>

体内の水分の流れを促してくれます。

ストレス過多で、体内に熱がこもりやすい方にお勧めです。

 

このように、むくみに効く漢方薬はありますが、漢方薬というのは個人の体質によって合う合わないがあります。

漢方薬を試す場合は、専門の病院を受診し自己判断で飲まないようにしましょう。

もちろん、授乳中の方は医師とよく相談してくださいね。

まとめ

私も産後の生理的なむくみはありましたが、それほど長くは続かなかったように思います。

それより、「日常的なむくみ」に悩まされました。

「塩分を控えめにしているのに、なぜ?」とずっと疑問だったのですが、なぜだかわかりました。

それは「ごはんの食べ過ぎ」です!

授乳中は、乳腺炎などの母乳のトラブルを恐れて、お菓子を控える代わりに、その分「ごはん」をよく食べていました。

おにぎりが大好きで、授乳の合間によくおにぎりをつまんでいました。

そのため、私のむくみの原因は「実は、ごはんだったのかもしれない!」と今更ながら思い出します。

ごはん党の方は、ごはんと一緒にカリウムが豊富なおかずも一緒に食べるようにしてくださいね。

 

足のむくみを放置しておくと、足の太さがもとに戻らなくなってしまうそうなので、それだけは何としてでも阻止しましょう!!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の冷え性・むくみ

  関連記事

冷え性は母乳育児を困難にする!?

「冷え性」で悩んでいる女性は多いですよね? 「冷えは万病の元」と言われるように、 …

産後の顔のむくみはいつまで続く?原因と解消法は?

出産後、手足のむくみに悩まされていませんか?   実は、「産後のむくみ …

産後の冷え性の原因と解消法は?

産後から、急に体が冷えるようになったという方はいらっしゃいませんか? 私は、もと …

産後のむくみにごぼう茶は効果ない?母乳への効果は?

産後は、手足や顔がむくみがちですよね? むくみがひどくて足が太くなってしまったり …

産後は冷え性が悪化?冷え性改善に効くお茶は?

産後から「体質が変わった」ということはありませんか? 例えば、肌質が変わったり、 …