母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

【赤ちゃんのお風呂】口に泡が入ったらどうする?

      2017/10/10

生後間もない赤ちゃんは、大人と一緒のお風呂に入ることはできません。

なぜなら生後まもない赤ちゃんというのは抵抗力が弱いため、大人と同じお風呂に入ると細菌などに感染する心配があるからです。

また、生まれたばかりの赤ちゃんというのは本当に小さいですから、大きなお風呂では入れにくいということもありますね。

 

そんな「沐浴」しかできなかった赤ちゃんも、生後1か月を過ぎる頃には大人と一緒のお風呂に入ることができるようになります。

赤ちゃんと一緒に入るお風呂は楽しみでもありますが、ちょっと緊張しませんか?

特に「赤ちゃんの目や口に、石鹸の泡が入ってしまうのではないか」とヒヤヒヤしながら赤ちゃんを洗っているママもいらっしゃるかと思います。

 

今回は、赤ちゃんのお風呂に入れる際「赤ちゃんの口に石鹸の泡が入らないための対策」や「泡を食べてしまったときの対処法」についてご紹介して来ます。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとのお風呂!口に泡が入っても平気なの?

赤ちゃんは、興味があるものは「何でも口に入れて」確認します。

もちろん、入浴の際の石鹸の泡にも興味津々なはずです。

そんな時期の赤ちゃんが「手に付いた泡を口に入れてしまう」というのは少なからず起こりうることです。

では、赤ちゃんが石鹸の泡を舐めても大丈夫なのでしょうか?

 

これは私の経験によるものですが、ほんの少しであれば赤ちゃんが舐めてしまったとしても大丈夫だと思います。

私も我が子が石鹸の泡を口にしてしまった経験が何度かありますが、その後も特に下痢や嘔吐の症状はありませでした。

また、このような経験をお持ちのママの意見を調べてみても「特に問題がなかった」というケースが多く見受けられました。

 

赤ちゃんが石鹸の泡を少し舐めたからと言って、それほど神経質になる必要はありませんが、これも程度の問題です。

大量に舐めてしまった場合やその後嘔吐などが起こるようであれば、念のため病院で診てもらうようにしましょう。

 

ベビー石鹸なら舐めても安心?

一般的に、赤ちゃんを洗う際には「ベビー用石鹸」を使っていらっしゃる方が多いと思います。

「赤ちゃん用だから、安心できる成分で作られているはず!」と思いがちですが、実はそうとは言い切れないものあるようです。

スーパーやドラッグストアなどで市販されているベビー用石鹸は「低刺激」と表記されているものがほとんどですが、裏面の成分表示を確認すると「よくわからないような材料」「化学記号ばかり」な商品もたくさんあります。

そのため、できれば赤ちゃんの口に入れない方が安心ですね。

 

万が一赤ちゃんの口に入った時のことを考えるであれば、

 

◆無添加なもの

◆食品基準で作られた安全性の高いもの

 

など、赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープを選ぶといいと思います。

 

赤ちゃんの口に泡が入らないようにするには?

赤ちゃんの体を洗う際、赤ちゃんの口に泡が入らないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

基本的なことですが、これをやるだけで防止できます。

 

・赤ちゃんの手を洗ったらすぐにすすぐ

とても単純な方法ですが、赤ちゃんの手を洗ったら手すぐにお湯で洗い流しましょう。

こうすれば、赤ちゃんが手を口に入れても安心です。

 

・洗った箇所から流す

上記と似た方法ではありますが、腕、足、お腹など泡を付けた箇所からすぐさま洗い流してしまうという方法も効果的です。

 

・ガーゼやおもちゃを赤ちゃんの手に握らせておく

少し成長した赤ちゃんであれば「自分の体についた泡を手で取って食べてしまう」ということもあります。

赤ちゃんが手で泡を触らないよう、赤ちゃんの手に小さいガーゼやタオル、濡れても平気なおもちゃなどを握らせておくといいでしょう。

 

赤ちゃんの口に泡が入ってしまったときの対処法は?

赤ちゃんの口に石鹸の泡が入らないように注意していても、泡が口に入ってしまうことはありますよね。

万が一赤ちゃんの口に泡が入ってしまった場合は、ガーゼでぬぐい取ったり、口の周りを洗い流すようにして下さい。

その後、母乳やミルクを飲ませて様子を見ましょう。

もしも、石鹸の泡を大量に飲んでしまったり様子がいつもと違うようであれば、使用したベビー石鹸を持参して小児科を受診して下さい。

病院へ行くべきかの判断に迷うときは「#8000(小児救急電話相談)」に電話をし相談してみてもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんにベビー石鹸はいつまで使う?

万が一赤ちゃんが泡を口に入れてしまったときのことを考えて、赤ちゃんに使う石鹸は「無添加のベビー石鹸」がお勧めです。

そうでなくても、赤ちゃんの肌は薄くて弱いため、大人と同じタイプの洗浄剤では刺激が強すぎることがあるため、ベビー用石鹸の方が安心だと言えます。

 

ただ、赤ちゃん用と大人用で別々の石鹸を用意したり使い分けたりするのは面倒でもありますよね?

では、いつまで赤ちゃんにベビー用石鹸を使用しなければならないのでしょうか?

 

これには、明確な時期は定められていません。

もしも、赤ちゃんに乳児湿疹や乾燥、肌荒れなどの症状がないのであれば、刺激の少ない商品であれば大人と同じものでも構わないと思います。

 

逆に、家族みんなでベビー用石鹸を使うという方法もあります。

ベビー用石鹸は、肌が弱い人や敏感肌な人、肌が過敏なときの洗顔などに使うこともできます。

知り合いのお子さんでも「中学生の男の子のニキビの改善に一番効果があったのはベビー石鹸に切り替えたことだった」という話を聞いたこともありますので、無添加で肌に優しいベビーソープであれば、赤ちゃんの肌を守るだけでなく、家族みんなの肌を守ってくれるかもしれません。

 

おわりに

赤ちゃんをお風呂に入れるのは、とても神経を使いますよね?

泡が目や口に入らないようにと、私も我が子の「顔を洗う」のが苦手でした。

お風呂で暴れる赤ちゃんや大泣きして嫌がる赤ちゃんもいますから、赤ちゃんをお風呂に入れた後はぐったりしてしまうママもいらっしゃるのではないでしょうか?

私は、赤ちゃんの体に汚れが残っていることより、泡が残っている方が嫌だったので、シャワーで流しにくいところはあえて泡を付けずに洗っていました。

汗などの汚れはお湯だけでも落ちますから、泡でゴシゴシ洗わなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんが泡を口に入れてしまう可能性があるうちは、赤ちゃんを「泡だらけにしない」ことも一つの方法だと思います。

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの悩み・育児トラブル

  関連記事

赤ちゃんと添い寝は危険?上手な添い寝の仕方は?

みなさんは、赤ちゃんとどのように寝ていますか? 赤ちゃんと同じベッドで寝ている方 …

赤ちゃんが声を出して笑うようになる時期と笑わせるコツは?

生後間もない赤ちゃんは、基本的には無表情ですよね。 そんな赤ちゃんも生後1~2か …

赤ちゃんがタバコを食べたかも?!舐めただけなら大丈夫?

赤ちゃんというのは、大人のすることをよく見ています。 そして赤ちゃんは、大人のマ …

赤ちゃんがいる部屋の虫除け方法は?

大人の私達であっても、虫に刺されるとかゆみや痛みが出てくることがあります。 虫刺 …

頭をぶつけた赤ちゃん!よく寝るけど大丈夫?

子供というのは怪我をしながら成長していくものですが・・・。   怪我の …

虫除けスプレーは赤ちゃんにも使える?ディートは危険?

赤ちゃんを虫刺されから守るために、虫除けスプレーを使用している方は多いと思います …

赤ちゃんの口の中の異変!白いカスやブツブツの正体は?

言葉を話せない赤ちゃんの健康状態を知るために、ママは日々赤ちゃんの全身をチェック …

寝てるとき赤ちゃんの手が冷たい!紫色でも大丈夫?

冬の時期だけでなく、春や秋など涼しい季節に新生児の赤ちゃんを迎えたみなさん! & …

赤ちゃんへのテレビの影響は?

「赤ちゃんにテレビを見せる」ことについて、多くのママは不安や疑問を抱いているので …

赤ちゃんの指差しはいつ頃から?どんな意味がある?

赤ちゃんが人やモノを指すことを「指さし」と言います。   赤ちゃんの指 …