母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

夫婦の食事の好みが合わない!いつも別メニューってアリ?

      2020/01/13

結婚してしばらくすると、パートナーの新たな一面が次々と見えてくるもの。

中には「こんな人だと思わなかった」と裏切られるような一面もあるのでは?

そんな夫婦間のギャップの一つが「食事」です。

食の好みが合わないだけでなく、「自分が作った料理をパートナーが食べてくれない」とか「食べながら文句ばかり」とか「レストラン選びでいつも揉める」など、食事にまつわる悩みを抱える夫婦は少なくありません。

そんな食事にまつわるストレスを減らすために、毎日の食事の際に夫婦が別々のメニューを食べるというのはアリでしょうか?

今回は「食の好みが合わない夫婦の食卓事情」について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱり夫婦は他人!夫婦間の食の違いはこんなにも多かった?!

みなさんご夫婦は、食の好みが合いますか?

それとも合いませんか?

 

私達夫婦は、まったくもって合いません。

ここまでか?!というくらい、食の好みが合わないのです!

 

例えば。

夫は濃い味が好きで、私は薄味が好き。

夫はコッテリ系の洋食が好きで、私はあっさり系の野菜メニューが好き。

夫はしょうゆ味が好きで、私は塩味が好き。

夫は白米が好きで、私は玄米が好き。

夫はパスタの細麺が好きで、私は平麺が好き。

夫はラーメンが好きで、私はラーメンが苦手。

夫は冷たいそばが好きで、私は温かいそばが好き。

夫はマヨネーズが好きで、私はマヨネーズは嫌い。

夫は肉が好きで、私は魚が好き。

夫はイモやカボチャが苦手で、私はイモもカボチャも大好物。

夫はイカ、タコ、貝類の寿司が好きで、私はこれらが苦手。

夫はしょうゆ系の和風ドレッシングが好きで、私はクリーミーな洋風ドレッシングが好き。

夫はチョコレートが好きで、私は大福が好き。

夫はアイスコーヒーが好きで、私はホットコーヒーが好き。

夫は朝食を食べる派で、私は食べない派。

夫はパンをおやつとして食べ、私はパンを食事として食べる。

夫はだらだら食べが好きで、私はながら食べが嫌い。

 

このように、われわれ夫婦は食一つとってもたくさんの違いがありますが、これは私達夫婦に限ったことではありません。

交際中は相手に合わせてガマンしていた人も結婚後は本性むき出しとなり、夫婦の食のギャップを目の当たりにすることでしょう。

スポンサーリンク

食の好みが合わないなら、夫婦で別メニューはアリ?

夫婦の食の好みが合わない場合、いつもどちらかに合わせていては不満がたまってしまいます。

また、自分が一生懸命作ったものを「美味しくない」「これ無理」とか「味が薄い」とか言われるのは腹が立ちますし、たとえ何も小言を言わなかったとしても目の前でしょうゆやマヨネーズをドバドバとかけられたりするのは不愉快なもの。

そんな相手の食事中の態度に嫌気がさし始めると、食事以外のことにおいても相手の嫌な部分が目に付きやすくなってしまします。

そんな不満やストレスや無駄な喧嘩を避けるために、夫婦で各自が「別メニュー」の食事を取るというのはアリでしょうか?

 

個人的には、アリだと思います。

自分が食べたいものをガマンしたり相手の好みの味付けに合わせてばかりいると、食以外のところで不満が爆発する可能性があるからです。

確かに「同じ釜の飯を食べる」「夫婦で同じメニューを食べる」というのは大切なことだと思いますが、「一緒の時間に食卓を囲む」ということを重要視するのであれば、それぞれが好きなメニューを食べたとしても、それほど悪いことにはならないでしょう。

 

実際、私達夫婦は同じ食卓で別メニューを食べることが多々あります。

例えば、私と子供は魚メニューで夫だけ肉メニューとか、夫と子供は鶏から揚げで私はチキンの照り焼きだったり。

材料は同じだけど、味付けや調理法は夫婦で分けることがよくあります。

特に朝食なんかは、家族みんなが同じものを食べることはあまりありません。

その日の気分や体調によって、夫はごはん、子供はパン、私はコーヒーなど、家族みんなが別々のメニューになることがよくあります。

夫婦で別メニューを作るのは面倒でもありますが、メインメニューだけで分けて副菜は一緒にすればそれほど大きな手間ではありませんし、味付け無しの炒め物を作り食べるときに各自が好きな調味料をかけて頂くという手抜きワザもあります。

このほか、夫は酒の肴を楽しみ私と子供はご飯ものを食べたり、夫一人でダイエットメニューを食べるときもあって、私達夫婦は「夫婦で同じメニューを食べるべき」という考えはありません。

 

このように、各自が好きな味や好きなものを食べることで食への満足度が高まり、そのおかげで会話が弾み食事の時間を楽しむことができるのではないでしょうか?

まとめ

現代社会には「個食」や「孤食」という問題があります。

個々が好きなものを食べる個食は、子供にとっては教育上よくないと思います。

やはり家族や友人と同じものを食べる方が、絆を深め食べる喜びに繋がると思うからです。

しかし夫婦にとっては、同じメニューを食べることより「一緒に食べること」の方が大切ではないでしょうか。

同じメニューを作っても、毎日独りで食べていたら…。

たとえ一緒に食べていたとしても、食事中に文句ばかり聞かされていたら…。

一緒に食べても、無言だったら…。

それは夫婦の溝を深めてしまうことでしょう。

夫婦で同じメニューを食べなければならないという考え方を少し変え、たまにはパートナーの好みに合わせたり、自分の食べたいものを作ってみたり、別メニューの日があったりと食のスタイルに幅を持たせてみると、夫婦の食のギャップを許せるようになり結果的に夫婦円満にも繋がるような気がします。

スポンサーリンク

 - 夫婦の会話・スキンシップ・コミュニケーション

  関連記事

夫婦の性の問題は離婚理由になる?レスっていけないこと?

離婚理由で一番多いのは性格の不一致だそうですが、実は“性の不一致”も離婚理由にな …

妻とのスキンシップを拒否る夫の本音とは?

前回の記事『夫とのスキンシップが嫌!妻がスキンシップを嫌がるのはなぜ?』では、夫 …

夫婦の愛情表現は言葉だけではない?!妻から夫への愛情表現方法は?

最近、夫婦の会話が減って夫からの愛情を感じない(泣)という妻のみなさん! 夫から …

夫婦っていつまでキスするの?キスしない理由は?

夫婦のみなさん、結婚前と変わらずパートナーとキスをしていますか? ちょっと古いデ …

いつまでもキスしよう!夫婦でキスするメリットは?

恋人時代はあんなにラブラブだったのに、結婚した途端「キスしなくなった」という夫婦 …

夫婦の会話がないのは寂しいこと?妻は対策すべき?

「夫婦であれば何でも話しあえるのは当然」と思いきや…。 「会話がない」という夫婦 …

夫婦の会話を面倒くさいと感じるのはなぜ? 

夫婦のコミュニケーションの基本中の基本、それは「会話」ですよね? 夫婦と言えど、 …

夫婦の会話が減るのは離婚の前触れ?

結婚したばかりの頃は毎日たくさん話をしていたという夫婦であっても、結婚してしばら …

夫婦で手をつながないのはなぜ?子供がいるから?夫婦の本音は?

夫婦で近所に買い物や食事に行くとき、またちょっとおしゃれしてデパートへ行ったり映 …

スキンシップがない!妻から夫への効果的なスキンシップの方法は?

恋人時代はラブラブだったのに結婚してからめっきりスキンシップが減ってしまった…と …