母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後に痩せないのはホルモンの乱れ!?

      2015/10/09

「産後しばらくしても痩せない」とがっかりしている方はいませんか?

赤ちゃんとの忙しい生活の合間に、ふと鏡を見て、妊娠前と変化した自分の姿に、がっかりすることもあるでしょう。

産後は、外出しにくいため運動不足になったり、ストレスが溜まって食べ過ぎてしまったり、母乳のために食事制限できなかったりと、思うようなダイエットができませんよね?

そんな中、何かしらの努力を行っているのに体重が減って行かない場合は、ホルモンのバランスが乱れていることが考えられます。

今回は「産後のホルモンバランスの変化と痩せない原因」について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後はホルモンバランスが激変!?

妊娠すると、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンが多く分泌されます。

妊娠してから出産までの10か月間のうちに、この2つの女性ホルモンがどんどん増加し、妊娠後期には大量の女性ホルモンが分泌されるようになります。

この大量の女性ホルモンは、出産と同時に一気に減少し、少しずつ妊娠前の状態に戻っていきます。

このように、妊娠から出産にかけては、女性ホルモンが劇的に変化する時期なので、産後の体は、ホルモンバランスが大きく崩れている状態と言えます。

産後に痩せないのはホルモンのせい?

出産と同時に、女性ホルモンのバランスが大きく変化するのは、述べた通りです。

一般的に、産後は女性ホルモンのエストロゲンもプロゲステロンも減少するのですが、中には、エストロゲンだけが減少し、プロゲステロンの分泌が、産後しばらくの間続く人もいます。

エストロゲンは「脂肪の代謝を促し、食欲を抑える」働きがあるのに対し、プロゲステロンは「水分や脂肪を溜めこみやすく、食欲が抑えられない」といった症状を引き起こします。

産後、プロゲステロンの分泌が多いままというのは「太りやすく」「暴食しやすい」状態であると言えます。

母乳でも痩せないのはホルモンのせい?

「母乳を出せば痩せる!」「母乳育児で体重を戻そう!」と考えていたのに「母乳をあげてもぜんぜん体重が減らない」とお困りの方もいると思います。

母乳を出すには、多くのエネルギーが必要になるため、摂取カロリーが増えすぎない限り、痩せて行くと考えられます。

母乳でも痩せない原因として考えられるのは、母乳育児による「消費カロリーよりも摂取カロリーが多い」ことが考えられます。

(「母乳育児でも体重が減らないのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

それだけでなく、先程ご紹介したように、プロゲステロンの分泌が多いせいで、痩せにくくなっていることが考えられます。

 

スポンサーリンク

 

産後のホルモンバランスを整えるには?

産後のホルモンバランスが整えば、産後ダイエットも成功しやすくなります。

しかし、女性ホルモンの量を、自分の意志でコントロールすることはできませんよね?

少しでもホルモンバランスを整えるために、産後のママができることをご紹介します。

★食生活

食事制限や偏食による栄養バランスの乱れは、ホルモンバランスを崩してしまいます。

特に、高カロリーな食事は、ホルモンバランスを乱し、太りやすい体質になってしまいます。

甘い物の食べ過ぎや、欠食(一日一食など)や溜め食いなどをせず、バランスのよい食生活を行いましょう。

 

また、ホルモンバランスを整えるのに効果的な栄養素には、次のようなものがあります。

・亜鉛 ⇒ 牡蠣、うなぎ、卵、レバーなど
・ビタミンB6 ⇒ 魚(サーモン、マグロなど)、バナナ、さつまいもなど
・ビタミンE ⇒ かぼちゃ、アボカド、アーモンド、ごまなど
・不飽和脂肪酸 ⇒ オリーブオイル、えごま油、魚の脂など

どの食品も、食事やおやつに取り入れやすいものなので、意識して食べてみて下さいね。

★睡眠

産後は、赤ちゃんのお世話で、どうしても睡眠不足になりがちです。

極端な睡眠不足はホルモンバランスを乱してしまうので、夜間の授乳で眠れない方は、昼寝で補うなどの工夫をしましょう。

(「母乳育児は眠れない?睡眠不足の対処法!」に関連記事を書いています。)

★ストレス

ストレスは、ホルモンバランスに大きな影響を与えます。

ストレスを溜めないことは、脂肪を溜めないことに繋がります。

(「産後に痩せない原因はストレスだった!?」に関連記事を書いています。)

★骨盤の開き

産後の骨盤は、出産によって大きく開き、骨盤周りの筋肉が緩んでいます。

骨盤が開いていると、内臓が下腹部まで下がってしまい「内臓下垂」となってしまいます。

内臓下垂は、子宮や卵巣に負担がかかり、女性ホルモンの分泌に影響を与える可能性が出て来ます。

ホルモンバランスを整えるためは、骨盤を正しい位置に締めてあげることが必要です。

骨盤ケアを行うことは、産後ダイエットに繋がるだけでなく、体の不調を改善することにも効果的です。

(「産後の下腹部の肉をなくすには骨盤ケアが必要?」に関連記事を書いています。)

まとめ

「産後、なかなか痩せない!」と悩んでいるママさんが、私の周りにもたくさんいました。

「母乳を出しても痩せない」とか「食事は腹八分にしているのに痩せない」という人もいて、みなさん「自分は痩せない体質なんだわ」と諦めていました。

しかし、痩せないのは体質ではなく、ホルモンバランスの乱れが原因なのかもしれませんね!

自力でホルモンの分泌を増やしたり減らしたりすることはできませんが、ホルモンバランスを整える生活習慣を心がけることはできます!

ホルモンバランスの改善は「食事」「睡眠」「ストレス」「骨盤」がポイントです!

ダイエットのために「食事制限」するのではなく、ダイエットに繋がるような「食事内容」や「生活習慣」「身体のメンテナンス」を心がけて行きましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のママの体重・ダイエット, 産後の体型戻し・骨盤ケア

  関連記事

産後にお勧め?授乳中でも出来る酵素ダイエットとは?

出産したその日から、赤ちゃんのお世話が始まります。 そんな、息つく暇もないほど忙 …

母乳育児中の激やせは危険?

母乳育児中は、ダイエットに最適なのをご存じですか? 母乳を作るのに、普段より多く …

母乳育児でも体重が減らないのはなぜ?

妊娠すると、ほとんどの女性は平均で10キロくらいは体重が増えます。 中には15キ …

産後の骨盤ベルトの効果的な使い方と期間は?

妊娠中から出産に向けて、体内で増えるホルモンの影響により、骨盤が大きく開き、緩み …

産後のお腹のたるみは「腹筋」で戻る?

みなさんは、出産後の「シワシワなお腹」を見て、どう思われましたか? 「赤ちゃんを …

産後のお腹の膨らみはすぐ戻らない!?

出産を終えて、間もないママ達! 「まだ、お腹が膨らんでいる!」「お腹の大きさが戻 …

骨盤が歪むとお尻が痛い!?

産後の体は、あちこちガタが出てきませんか? 肌荒れや抜け毛はもちろん、足腰の痛み …

産後のお腹の引き締めはいつから?その理由は?

出産後の大仕事を終えた後、初めて自分のお腹を見たとき、どう思われましたか? 腹筋 …

産後の骨盤ベルトは夜寝るときもつけるの?

産後、腰や足の痛みに悩まされていませんか? 「痛くて仰向けになって寝れない」とか …

産後の骨盤ケアはいつからいつまでに行うべき?

出産すると骨盤が開くのは、当たり前のことです。 しかし、開いた骨盤をそのままにし …