母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

夫婦の会話が減るのは離婚の前触れ?

      2019/10/19

結婚したばかりの頃は毎日たくさん話をしていたという夫婦であっても、結婚してしばらく経つと夫婦の会話が徐々に少なくなって来たというのはよくあることです。

お互いのことを知り尽くしているからこそ、敢えて聞くことも話すこともなくなって来てしまうのは仕方のないことかもしれませんが…。

とはいえ、たとえ長く一緒に暮らしていたとしても、夫婦の会話がゼロになることはありませんよね。

もしもあなたが「うちの夫婦は会話が少なすぎるのでは?」と気になっているのであれば、ちょっと気を付けた方がいいかもしれません!

なぜなら、会話時間の少ない夫婦は会話時間の多い夫婦に比べて離婚しやすいと言われているからです!

 

今回は「夫婦の会話と離婚の関係」について書いて行きます。

 

スポンサーリンク

 

「結婚して夫婦の会話が減った」その理由は?

結婚しても毎日会話が絶えない夫婦もいれば、会話がなくなってしまう夫婦もいます。

夫婦の会話というのは、「おはよう」「おやすみ」といった小さな挨拶から今日一日の出来事やニュースの話題など日々の生活の中に自然とあるものですが、コレがなくなってしまうというのはどういうことなのでしょうか?

ここでは、結婚後に夫婦の会話が減った理由について見てみましょう。

 

結婚してから夫婦の会話が減った理由

・話すといつも同じ返事しか返ってこないため話そうという気が起こらなくなったから

・相手の反応が薄いから

・話をすると喧嘩になるから

・話しても相手に伝わらないから、伝えることを諦めたから

・話すことが面倒になったから

・「話そう」と思いながらも忙しくてつい後回しにしてしまうから

・連絡事項はLINEで済ませるから

・こちらの話を聞いていないから、話しかけても無視するから

・話をすると批判されるから

・話をしても覚えていてくれないから

・お互い干渉しあわない方がいいと思うから

・お互い仕事をしているため生活時間がまったく合わず話をする時間がないから

・夫婦で話題が合わないから

 

こうしてみると、会話のない夫婦というのは「パートナーへの諦め」という理由が大きいように見えますが…。

しかし、最初から夫婦の会話を諦めていたわけではありませんよね?

結婚当初はお互いに「話そう」「聞こう」と努力してきたはず。

しかしそこで相手の反応が薄かったり、話しても言い返されたて喧嘩になったり、または話をしても相手が聞く耳を持ってくれないことによって、しだいに「話をしたくない」「話しかけても無駄」「話すのが面倒」と感じるようになり、夫婦の会話がどんどん減って行ってしまったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

夫婦の会話が減ると離婚しやすいのはなぜ?

会話のない夫婦は実際にいます。

私の周りでも、家ではほとんど口をきかず、夫婦で食事をしているときも無言で食べるという人がいます。

しかし本人は「夫婦円満だ」と言っています。

夫婦の在り方はそれぞれですから、会話がなくても仲のいい夫婦は確かにいるでしょう。

しかし統計的に見ると「夫婦の会話が少ないと離婚しやすい」と言われています。

ここからは、その理由について見て行きます。

 

まず、夫婦の会話が減るということはコミュニケーションが不足するということです。

会話どころか意志の疎通までなくなってしまうと、当然ですが夫婦関係が悪くなってきますよね。

さらに生活時間まで合わないとなれば「食事の時間も別、寝室も別、会話は連絡事項のみ」になってしまうことも。

すると、「パートナーは自分のことをわかってくれない」「パートナーの考えていることがわからない」「夫婦として一緒にいる意味がない」と感じてしまい離婚に至ってしまうというわけです。

このほか、女性は男性よりも「話を聞いて欲しい」「自分の気持ちを理解して欲しい」という欲求が強いもの。

ですからこういった欲求を満たせないままでいると、やがて夫に不満がたまりそれが「夫への嫌悪感」という形で表れてくるそうです。

すると「夫と一緒にいたくない」と感じるようになり離婚を考えてしまうとも。

このほか、会話がないというのは「相手への関心がない」「相手に自分をわかってもらおうという気持ちがない」という現れでもありますから、夫婦仲が冷め始めているサインとも言えるでしょう。

まとめ

私達夫婦は会話は少なくない方だと思います。

一日の出来事や週末の予定から仕事の人間関係や子供のことなど、話す話題には事欠きません。

ですから、一緒に生活しているのに会話がないという状態はあまり考えにくいのですが、記事中でも述べたように「家ではほとんど口をきかない、でも夫婦円満だ」という人も実際にいますから、夫婦関係というのはおもしろいものだと感じています。

また、夫婦の会話量というのは、夫婦の性格にもよりますよね?

自分の思いをすぐ口に出す人もいれば、自分の中で消化してしまう人もいます。

ですから、「会話が多いから夫婦円満」「会話が少ないと仲が悪い」とは言い切れないのですが、会話というのは生活の中に自然に在るものですしコミュニケーション手段のひとつであることは事実です。

会話量と夫婦の円満度には関係性があることに間違いはないでしょう。

そして、「夫婦の会話が少ないから離婚のリスクが高まる」というよりは、「これまで積み上げてきた夫婦関係の結果として会話が減ったから離婚に至る」と言えるのだと思います。

 

スポンサーリンク

 - 夫婦の会話・スキンシップ・コミュニケーション

  関連記事

夫婦の会話を面倒くさいと感じるのはなぜ? 

夫婦のコミュニケーションの基本中の基本、それは「会話」ですよね? 夫婦と言えど、 …

離婚は避けたい!夫婦の会話を増やすには?

「前回の記事」でご紹介したように、夫婦の会話が少なくなると離婚のリスクが高まると …

夫婦の話し合いを拒否る夫。黙り込むのはなぜ?

夫に対し、不満や要望などがあるときや夫婦間の問題を解決したいとき。 みなさんはど …

中年になっても手をつなごう!夫婦で手をつなぐメリットは?

日本において「夫婦で手をつなぐ」というのは、若い夫婦や新婚夫婦だけがするものとい …

夫婦で話し合うベストタイミングは?夜はNG?

結婚すると、夫婦で話し合わなければならないことが山ほど出て来ます。 例えば、夫婦 …

夫婦の会話がないのは寂しいこと?妻は対策すべき?

「夫婦であれば何でも話しあえるのは当然」と思いきや…。 「会話がない」という夫婦 …

無言で食事をする夫婦!会話が面倒くさいの?

みなさんは食事中、”夫婦の会話”を楽しんでいますか? 私 …