母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳育児中にカレーはダメなの?

      2017/05/27

母乳育児を行っていると食事制限を強いられることがありますが、「授乳中によくない」とされる代表的な食事の一つに「カレー」があります。

みなさんおそらく、「授乳中にカレーはよくない」「カレーを食べると母乳が詰まる」ということを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

授乳中のママの中には、この言葉を信じて大好きなカレーを我慢して母乳育児に励んでいる方もいらっしゃるでしょう!

しかし、このページを訪れたあなたは「カレーがどうしても食べたい」のではありませんか?

 

今回は、「母乳とカレーの関係」や「カレーがよくないとされる理由」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

カレーは母乳をまずくする!?

ママがカレーを食べると母乳がまずくなる、と言われるのをご存じですか?

 

カレーの主原料は香辛料です。

香辛料は母乳への移行率が高くはないので、唐辛子やターメリックの味が直接母乳に出てくることはありません。

しかし、ニンニクやしょうがは母乳への移行率が比較的高い食品なため、味やにおいが母乳へ出やすいのだそうです。

さらに、市販のカレールーには塩分や油脂が多く含まれているため、母乳の質が低下し味が悪くなると言われています。

 

(「母乳育児中に辛いものはダメなの?」に関連記事を書いています。)

 

カレーを食べると赤ちゃんに影響がある?

香辛料や脂質たっぷりのカレーを食べたママの母乳を飲んだ赤ちゃんは、どんな影響を受けるのでしょうか?

 

赤ちゃんの機嫌

母乳の味が悪くなると、母乳を嫌がって飲まなくなる赤ちゃんもいるようです。

その結果、頻繁に泣く、不機嫌になる、寝つきが悪くなる、夜泣きするなど赤ちゃんの機嫌が悪くなることがあるそうです。

 

赤ちゃんの体調

香辛料に弱い赤ちゃんの場合、稀に消化不良を起こし下痢になることがあるそうです。

ママがカレーを食べると「必ず赤ちゃんが下痢をする」という場合は、カレーが赤ちゃんの胃腸に負担となっている可能性があります。

また、もともと湿疹が出来やすい赤ちゃんの場合はママがカレーを食べると「湿疹がひどくなる」という場合もあるそうです。

 

ママの食事と母乳の味や質には少なからず関係がありますから、ママがカレーを食べることで間接的に赤ちゃんへ影響を与えてしまうことは否定できません。

もし、カレーを食べた後の授乳で赤ちゃんへ何らかの変化があった場合は、カレーを食べるのを控えましょう。

カレーを食べると乳腺炎になる?

カレーは、赤ちゃんへの影響を与えるだけではありません。

母乳の味が悪くなって赤ちゃんの飲みが悪くなると、母乳を飲み干してくれなくなる可能性が出てきます。

すると、赤ちゃんが飲み残した母乳が知らず知らずのうちに溜まって行き、やがて「しこり」や「白斑」そして「乳腺炎」を発症する恐れが出てきます。

また、市販のカレールーには油脂が多く含まれているので、油脂が乳腺炎を引き起こすこともあります。

(「白斑や乳腺炎の原因は?」や「乳腺炎の治し方 その3食べ物」も参考にしてみて下さい。)

 

もちろん、ママがカレーを食べても普段と変わらずしっかり飲んでくれる赤ちゃんもいますので、カレーで乳腺炎になるかどうかは人によって異なります。

ただ、カレーは乳腺炎になりやすい食品であることを覚えておくといいですね。

 

スポンサーリンク

 

カレーは体を冷やして乳腺炎を招く?

辛いカレーを食べると、身体が熱くなりますよね?

一見、体を温めてくれそうなカレーですが、実はカレーは「体を冷やす食品」なのです。

みなさんご存じにように、カレーは暑い国の食べ物です。

カレーに含まれる香辛料には、汗をかいて結果的に体温を下げる働きがあります。

カレーを食べて体が冷えてしまうと血行が悪くなり、乳腺炎などのトラブルが起こりやすい状態になってしまうのです。

もちろん、夏の暑い時期にたまにカレーを食べるのは構わないと思いますが、「冬にカレーを食べて汗をかき、汗が冷えて体も冷える」というのはよくないと思います。

(「冷え性は母乳育児を困難にする!?」に関連記事を書いています。)

 

また、「激辛」など辛すぎるものは胃腸にも負担がかかりますから、赤ちゃんのお世話で疲労がたまっているときは控えた方がよさそうですね。

 

母乳のために、やっぱりカレーはダメなの?

母乳とカレーの関係を見ると、できれば授乳中のカレーは控えるべきだと思います。

しかし、カレーを食べた後の母乳の味は人によって異なりますし、味の変化に敏感な赤ちゃんもいればそうでない赤ちゃんもいます。

たった一度カレーを食べて乳腺炎になるママもいれば、3日間カレーを食べ続けてもトラブル知らずのママもいらっしゃいます。

つまり、授乳中にカレーを食べていいのかどうかは、カレーを食べた後の「赤ちゃんの様子」と「ママの乳房の様子」を見て決めたらいいのではないでしょうか?

授乳中でも安心なカレーとは?

「カレーを食べたいけれど、乳腺炎になるのが心配!」という方は、カレーを手作りしてみてはいかがですか?

市販のカレールーよりも、塩分や脂肪分を減らすことができますし化学調味料も使わずに済みます。

手作りカレー専用に、香辛料がブレンドされているものを使えば簡単に作ることができますよ。

私はよく、カレー用にブレンドされたカレーパウダーとココナッツミルクを使って「野菜たっぷりカレー」を作っています。

お好きな野菜だけでなく、脂肪分の少ない鶏肉、豆などを入れると歯ごたえがあって満足感がありますし、かぼちゃを言えると自然な甘味が出てとても美味しく頂けます!

それでも乳腺炎が気になる方は、乳腺炎予防にお勧めのハーブティを常飲しておくと安心ですね。

おわりに

カレーを食べて、母乳が不味くなったり乳腺炎になったりする可能性はゼロではないと思います。

しかし、食べたいものを食べずにストレス溜めるのもよくありませんよね。

敢えてカレーを食べる必要はありませんが、どうしても食べたいときはまずは一回食べてみることをお勧めします。

乳腺炎になりやすい体質というのは人それぞれですから、授乳中でもカレーを食べていいかどうかは「あなたしか」わかりません。

ぜひ、あなたの身体で試してみて下さいね。

私は、それほどカレー好きではなかったので、第一子の時は用心のためにもカレーは一切食べませんでした。

しかし第二子の時は、上の子と一緒に子供用カレーを食べることがありました。

そして第三子を授乳中の2015年現在は、(娘が既に1歳を過ぎていますので)激辛のレッドカレーを食べることもあります。

今のところカレーのせいで乳腺炎にはなっていませんが、授乳年数を重ねるごとに体質が変化しているのかもしれませんね。

母乳育児中の食事について、いろいろ試してみると面白いですよ。

 

スポンサーリンク

 - 母乳育児中の食生活

  関連記事

授乳中のカニ!母乳と赤ちゃんへの影響は?

母乳育児を行っているママさんにとって、年末年始は「危険」ですよね? クリスマス、 …

母乳育児中に辛いものはダメなの?

母乳育児をしている、みなさん!   「辛い料理」は好きですか? &nb …

母乳育児中の間食は和菓子がいい!?

母乳育児をしていると「母乳によくないから甘いものはだめ!」と言われますよね? 美 …

母乳育児中の暴飲暴食の原因は?

母乳育児を行っているママの身体は、母乳を作り出すためにより多くのエネルギーが必要 …

母乳育児中にもち米はダメなの!?母乳を増やすVS母乳が詰まる?

母乳育児を行っているママにとって、高い関心事と言えば「食事」ではありませんか? …

母乳を増やす水分は?

「母乳不足」だと感じていませんか?   母乳はママが「口にしたもの」か …

母乳育児のママ注意!正月のおせち料理と餅は危険?

母乳育児中のママにとって、年末年始は、危険な時期です。 クリスマスのチキンとケー …

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶!実は母乳に効果なし?

「母乳が出ていないかも?」 「赤ちゃんが泣き止まないのは母乳が足りないから?」 …

乳腺炎の時でも食べられるおやつは?

母乳育児をしているママが、一番恐れているのが「乳腺炎」。 乳腺炎で高熱が出ている …

母乳育児中でも甘いものが食べたい!

スイーツ好きのみなさん! 「甘いものは母乳をまずくする」「スイーツは乳腺炎などト …