母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃん【喉】からゴロゴロ!痰がからむ【咳】は危険?

      2017/05/22

赤ちゃんの喉が「ゴロゴロ」「ゼロゼロ」していることがありませんか?

 

特に、赤ちゃんが風邪をひいて「鼻水が多く出ているとき」に見られる症状かと思います。

 

鼻や喉の調子が悪いときの赤ちゃんは、機嫌が悪くなりますよね?

そんな赤ちゃんが愚図って泣いたりすると、追いうちをかけるように鼻水や咳が止まらなくなることでしょう(汗)。

 

鼻水や咳の症状は長引く傾向にありますので、看病するママも大変なはずです。

少しでも早く赤ちゃんが回復できるよう早めの対処をお勧めします。

 

今回は「赤ちゃんの喉がゴロゴロ鳴る理由と対処法」や「痰の色からわかること」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの喉がゴロゴロして咳をする原因は?

赤ちゃんの喉から「ゴロゴロ」または「ゼロゼロ」と音が聞こえたらびっくりしてしまいますよね?

この音の原因は、何なのでしょうか?

 

赤ちゃんの喉が鳴る原因は「痰がからんでいるから」です!

 

赤ちゃんの体が小さいということは、喉も細いということです。

痰がからんだとしても、大人のように「咳払いをして痰を出す」ということができないのです。

 

また、咳をしてうまく痰が移動したとしても、また痰を飲み込んでしまい再び絡むということが繰り返されてしまうため、なかなか痰を取り除くことができません。

 

このように赤ちゃんの喉から音が聞こえるというのは、よほど痰が絡んでいるサインですから注意が必要です。

 

このほか、喉が「ゴロゴロ」鳴る原因は痰だけでなく、「鼻水」によることも多くあります。

赤ちゃんは、鼻水が多く出て来ても鼻をかむことができません。

すると鼻水が、喉の奥の方で鼻から喉へ垂れ流れてしまい、痰のように絡んでしまうのだそうです。

もし、喉が鳴っているうえ、鼻水も出ている場合は、鼻水が原因だと考えられます。

赤ちゃんの痰の色!黄色や緑色はどんなサイン?

通常、痰は無色透明です。

 

痰の色が、黄色クリーム色をしていたら、風邪によって「細菌」や「ウイルス」に感染しているときです。

風邪が治れば、無色透明に戻って行くので心配はいりません。

 

しかし、痰の色が緑色の場合は、「副鼻腔炎」「蓄膿症」「気管支炎」「RSウイルス」などの感染が疑われるときです。

このような状態になると抗生物質など「薬物治療」が必要になります。

 

もう一つ、痰が赤い色のときは「血液」が混ざっているときです。

咳がひどくて喉が切れてしまうこと以外に、ほかの疾患による可能性もあるので注意が必要です。

 

赤ちゃんが咳き込んで嘔吐したときなど、痰の色をチェックしてみるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの咳や痰は病院に行くべき?

「風邪でなくても咳や痰は出るものだから、病院に行く必要はない」と思われる方や、「小さな赤ちゃんに薬を飲ませるのは抵抗がある」という方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし「痰が絡む咳」というのは初期の風邪ではなく、すでに悪化している可能性があるため安易に考えてはいけません。

このまま放置しておくと気管支炎などに発展するだけでなく、痰が詰まって窒息する可能性もあるそうです。

痰が絡む咳が出始めたら、病院へ行きましょう。

 

また、先ほどご説明したように、痰の色がおかしい場合は適切な治療が必要になります。

原因を特定するためにも、診察を受けて下さい。

 

たとえ、痰が絡んでいない咳であっても、長引く咳は体力を消耗させます。

さらに赤ちゃんの睡眠が妨げられると、咳によって消耗した体力を回復させられず、治るまでに時間がかかってしまいます。

もちろん、看病するママの方も限界が来てしまいますし、風邪を移されるリスクも上がります。

 

「痰が絡む咳」「痰の色の異常」「長引く咳」「眠れないほどの咳」の場合は、病院へ行くことをお勧めします。

 

(「赤ちゃんの【咳】熱はなく元気なのになぜ?」に関連記事を書いています。)

 

赤ちゃんの咳や痰を軽減する方法は?


赤ちゃんの咳や痰を軽くするにはどうしたらいいのでしょうか?

いくつか方法がありますので覚えておくといいでしょう。

 

◇部屋を加湿する

空気が乾燥していると、喉が乾燥し、痰の粘度が高くなってからみやすくなります。

加湿器や濡れタオルを干すなどして、部屋の湿度が50%~60%になるように工夫しましょう。

いつでも部屋の湿度を確認できるよう、湿度計があると便利ですね。

 

◇咳が出たときに赤ちゃんの背中を軽くたたく

赤ちゃんが咳をするタイミングに合わせて軽く背中をたたくことで、喉にはりついた痰が出やすくなるそうです。

 

◇赤ちゃんに水分を与える

喉が渇くと、痰が取れにくくなります。

痰の粘度を下げるために、水分を与えましょう。

母乳のほか、常温またはぬるい白湯や麦茶が適しています。

 

◇鼻水を吸引してあげる

喉に落ちている鼻水が原因と思われるときや、鼻で呼吸ができないほど鼻水が多いときは、こまめに鼻水を吸い取ってあげましょう。

(「赤ちゃんの鼻水の色でわかることは?毎日耳鼻科へ通うべき?」に関連記事を書いています。)

 

◇上半身を高めにする

仰向けの状態で咳をするのは、大人にとっても苦しいですよね?

これは赤ちゃんも同じです!

赤ちゃんが横になっているときは、上半身が高くなるような姿勢をとってあげましょう。

まだ首が座っていない赤ちゃんの場合は横向きでもよいそうです。

 

自分自身に置き換えて考えてみると、咳や痰の対処法が何となくイメージできるかと思います!

おわりに

我が子の場合も、鼻水が出ると必ず咳を伴っていました。

鼻をかめないうちは、鼻水が喉の奥に流れてしまうので仕方がないそうです。

そのため鼻水が治らないうちは、咳もずっと続きましたよ。

咳や痰がからむのは見ていてかわいそうですが、自分で鼻水をかんだり咳払いできないのは「赤ちゃんの時期だけ」と割り切って、できる限りのお世話をしてあげましょう。

私はもともと「薬を飲ませたくない派」でしたが、症状がひどくなる前に薬を飲ませると「治りが早い」または「それ以上悪化しない」ということがわかりました!

「薬ばかり」はよくありませんが、症状が軽いうちに薬を服用することで「早く完治し、結果的に薬の量が少なくて済むこともある」ということを覚えておいて下さいね。

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの風邪と体の異常

  関連記事

赤ちゃんでも夏バテする?夏バテ対処法は?

夏の時期。 風邪やインフルエンザのリスクが減るため、ママにとってはちょっと「一安 …

赤ちゃんが突然に鼻血!朝よく出る?原因と対処法は?

突然赤ちゃんが鼻血を出したら…。 どこかにぶつけたり鼻を強くかんだりしたわけでも …

お腹の風邪!欲しがる赤ちゃんに離乳食は与える?

赤ちゃんがよくかかる風邪の一つに「胃腸炎」があります。 胃腸炎というのは、いわゆ …

赤ちゃん「夏風邪」の種類(嘔吐下痢・発熱・咳・鼻)と予防法は?

赤ちゃんや小さなお子さんは、すぐ風邪を引きますよね? 我が子も「鼻水を垂らさない …

赤ちゃんの頭の形は変わる?いつまでに治す?

生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、片手の中に納まってしまうほど小さく、とても愛らし …

赤ちゃんの鼻水の色でわかることは?毎日耳鼻科へ通うべき?

小さくてとっても弱々しく見える赤ちゃん。 いくら気をつけていても、風邪を引いてし …

赤ちゃんの【咳】熱はなく元気なのになぜ?

赤ちゃんが咳をしているとき、真っ先に疑うのは「風邪」ですよね? でも「熱はないし …

赤ちゃんの口内炎の原因は?痛がるときの食事はどうする?

ビタミン不足、不摂生、体調不良のほか、口の中を傷付けてしまったときなどにできる口 …

赤ちゃんも風邪ひくの?症状と病院へ行く目安は?

ある日突然、赤ちゃんの元気がなくなったり、赤ちゃんの身体が熱くなっていたらびっく …

赤ちゃんの熱は何度から?薬なしでも治る?

赤ちゃんは、突然風邪をひいて熱を出すことがあります。 しかも、高熱! 赤ちゃんの …