母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

フリースクールで義務教育が修了できる?問題点は?

      2019/10/11

現在、日本における不登校の生徒の数は約70万人に上ると言われています。

そして不登校の生徒数の増加に伴い、学校に通えない子供達の受け皿となるフリースクールの数も増えています。

フリースクールの中には、それぞれの子供達が抱える問題を解決するために学校と連携を取っているところもあり、なんとフリースクールに通っているだけで義務教育を修了できるケースもあるのだとか。

親であれば少なくとも子供を中学校までは卒業させる義務がありますから、学校に行けない子をもつ親御さんにとって義務教育を修了できるフリースクールは有難いことだと思います。

ただ、義務教育を修了できたとしてもフリースクールにはまだまだ問題点が残されているのも事実ですから、フリースクールの問題点についても知っておいたほうがいいでしょう。

 

今回は「フリースクールと義務教育の関係と問題点」を中心にご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

フリースクールで義務教育を修了できる?

フリースクールに通っていれば、義務教育を修了することができるのでしょうか?

 

結論からいうと、場合によっては義務教育を修了することができます。

義務教育を修了できるケースというのは、本来通うはずの学校の校長がフリースクールでの活動を出席日数としてカウントすることを承諾してくれた場合です。

ですから、フリースクールで義務教育を修了したいと考えている場合は、

☑子供が通うはずの学校がフリースクールと連携を取っているか

☑子供が通うはずの学校が連携を取っているフリースクールはどこか

☑フリースクールの出席日数を学校の出席日数としてカウントしてくれるか

☑信用できるフリースクールはどこか

など、事前に学校側に確認をしておく必要があります。

フリースクールで義務教育修了!次の問題点は?

ここまで述べてきたように、場合によってはフリースクールで義務教育を修了することも可能です。

ただ義務教育を修了できたとしても、フリースクールの場合、これまでの学習内容がどれだけ身についているかといった「学習の習熟度」を測ることが難しいという問題があります。

学校に通っていれば定期的にテストが実施されますから、そこで成績という評価が下されます。

同じ条件のもと、大勢の生徒達の中から出された結果(成績)を見れば自分の学力を客観的に知ることができますし、定期テストを繰り返すことで成績が上がったのか下がったのか自分の学習の習熟度を測ることができます。

また、保護側が子供の学習状況を把握する一つの手段としても成績は参考になりますよね。

しかしフリースクールでは、テストを実施したとしても比較対象となる生徒の数が格段に少なく、さらにはテストさえも実施されないところもあるため、自分の学力レベルを把握することが難しいのです。

また、現状のフリースクールの指導方針は学習指導より基本的な学校生活や基本動作の習得がメインであるところがほとんどですので、学力を上げるという目的であればフリースクールはちょっと物足りないかもしれません。

つまり、本気で学力アップを目指すのであれば、自分の力で勉強をしなければならないということになります。

このように、自分の学力の把握が難しく学力の向上も困難であるという問題がフリースクールにはあります。

 

そして次に、さらなる問題が出て来ます。

学力アップが困難であるということは、「進学が難しい」ということです。

もちろん学校を選ばなければ進学できるのかもしれませんが、少しでもよい学校へ入りたい場合や希望の学校がある場合、ある程度の学力をつけておかないと合格できませんから、フリースクールだけでは進学が難しいという問題があるのです。

これ以外にも、進学の際に学校での成績が合否に関わってくる場合、どんなにフリースクールに出席して勉強を頑張っていたとしても、この出席日数を学校がカウントしてくれなければ、「学校の出席日数が少ない」という理由で学校成績は低くなってしまいますから、やはり進学にはマイナスに働いてしまうことになります。

 

日本におけるフリースクールの認知度はまだ低いですし、フリースクールの指導内容は学習とはちょっと違う点に置かれていることが多いですから、たとえ義務教育を修了できたとしても、その先には多くの課題が残されていると言えますね。

スポンサーリンク

フリースクールのメリットは?

フリースクールの問題点をご紹介した後は、フリースクールのメリットを考えてみたいと思います。

 

フリースクールの一番のメリットは、子供へのストレスが少ないということが言えるでしょう。

現代はストレス社会と言われていますが、これは大人に限らず子供も同じです。

現在の学校生活では、先生との関係や友人との関係など人間関係のストレスがあります。

いじめなども昔と比べてひどくなっていたり、学校が犯罪の場となっているケースもあります。

また限られた時間の中で教師はたくさんのことを教えなければならないですから、子供が理解できるより速いペースで授業が進められて行きます。

すると子供達は、学校の授業そのものにストレスを感じてしまうのです。

しかしフリースクールであれば授業のペースもそこまで早くないうえ、好きな学習を好きなように勉強できますからストレスが減ります。

また、職業体験などを通じて自分の趣味や将来の夢へ向けた学習をしても良いのですから、学ぶことを楽しいと感じることもできるでしょう。

このほか、フリースクールは全体的な人数が少ないですから教師の目が生徒一人ひとりに届きやすいですし、フリースクールに通っている生徒たちは同じような状況にあることが多いく、「自分だけ変な目で見られる」といったストレスもなければ、周囲に悩みなどを相談しやすくストレスがたまりにくいと言ったメリットもあります。

 

このように、フリースクールは煩わしいストレスを減らせるというのが最大のメリットだと言えるでしょう。

まとめ

フリースクールで義務教育が修了できるのであれば、何等かの理由で学校にいけない子供たちにとっては朗報ですね!

もちろん、フリースクールは学校とは異なるところですから、その子の人生においてマイナスに働くことがあるかもしれませんが、「学びの場は学校だけではない」「学校に通うことが全てではない」ということを知るだけでも、子供達の視野が広がり「学校」というプレッシャーから少しは解放されるのではないでしょうか?

フリースクールが特殊なものではなく数ある学習の場の選択肢の一つになると、不登校の生徒の数も減っていくように思います。

スポンサーリンク

 - 教育全般・脳トレ・お手伝い

  関連記事

読書が与える子供へのメリットは?学力にも影響あり?

一般的に「読書をすることは良いことだ」と言われており、学校でも読書週間などが設け …

子供の手伝い!料理は何歳からやらせる?

子供にお手伝いをさせると、いろんなメリットがあると言われています。 例えば、人の …

料理で脳が活性化?料理と脳の関係は?

働く主婦である私は、毎日必ず料理をします。 我が家には育ち盛りの子供3人とよく食 …

読解力とは何?子供の読解力低下の原因は?

最近では、「子供の読解力が低下している」と話題になることが少なくありませんが、そ …

シュタイナー教育にはどんな問題点があるの?

シュタイナー教育という言葉をご存知でしょうか? 人気俳優が受けていた教育というこ …

掃除で脳トレ?どんな掃除が効果的?

脳を活性化させるためにはさまざまな方法があるようですが、その中の一つに「掃除」が …

勉強効率UP!正しい姿勢と椅子の高さは?

「勉強への効率が悪い」「長時間集中できない」   このような悩みはよく …

ぬりえは子供の教育にお勧め?脳トレ効果あり?

子供が大好きな『ぬりえ』。 実は、ぬりえは子供の成長にとってよい効果があるのだと …